人気ブログランキング |

<   2018年 04月 ( 13 )   > この月の画像一覧

遂に発売!

e0147206_104523.jpg
遂に発売。帰国後、家に荷物置くや否や出発、方々を探し回ってゲット。ディスクユニオンにはまだ入荷されておらず、タワレコでもコーナーが設置していないという状況に憤懣やるかたない(少し大げさ)。

まだあまり通して聴くことが出来ていないのですが、現時点ではやっぱり"Make Me Feel"ですかね。



by zhimuqing | 2018-04-27 21:28 | Funkentelechy | Comments(0)

イントロクイズ

e0147206_0382189.jpg
ジミー・ファロンのTonight Showでクエストラブがプリンス1秒イントロクイズに挑戦。



私も一緒にトライ。1秒クイズ、ラストは2分の1秒、4分の1秒になるのですが、意外に分かるものです。といっても全問正解にならず、2曲目で間違えたのですが。ファロンも間違えやすいよね?と言っており、苦笑。もっとも新しめの曲は出題されておらず、時代を最近までに広げると、正解率はぐっと下がるはず。というか、プリンス、インパクトのあるイントロ、多いよね!ということで、皆さんもぜひとも!
e0147206_039363.jpg
クエストラブのこの本、翻訳出ないかな?絶対買いますけど。
e0147206_041861.jpg
間違いなく今年前半の音楽界最大の話題はこの本でしょう。
by zhimuqing | 2018-04-26 17:28 | Funkentelechy | Comments(0)

タイはなぜか雨

การไว้ทุกข์การตายของนักร้องเพลงยอดเยี่ยม
e0147206_2352469.jpg
真夏のタイで雨がずっと降っているのは、たぶんボブ・ドロウを悼んでいるからでしょう。
e0147206_23503429.jpg
e0147206_23504786.jpg
e0147206_2351355.jpg
e0147206_23514011.jpg
e0147206_23522389.jpg
e0147206_23524722.jpg
ヒップスターがまた一人星になったこの日。
by zhimuqing | 2018-04-25 23:55 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

いよいよ今週末!









いよいよ今週末!震えて待て!というか、震えて待ってます!


by zhimuqing | 2018-04-25 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)

タンク!

レコード・ストア・デイ2018。事前にリリース情報は出るのですが、ひっそりとリリースされるものがあるので油断できません。タンク&ザ・バンガーズのレコードが出ると知ったのは当日でしたよ。危ない危ない。
e0147206_15353692.jpg
タンク&ザ・バンガーズ、私もご多分に漏れず昨年のTiny Deskで初めて知ったクチ。あのライブとその先行用のヴィデオは本当に面白くて、1年経った今もよく見返すのですが、まさかRSDでLPが出てくるとは!ちなみに今回のLPはなんとVerveから発売!ということは、おそらくは近々ヴァーヴからメジャーデビューするのでしょう。

件のライブ映像はドラムセットでなくてヤマハのパッドを使っていて、そこに面白みがあったわけですが、今回のアルバムはドラムセット。コーラスもジェリーだけでなく、もう一人いる。リードにコーラス2人、ギター+ベース+ドラムにキーボード3人、管が2人。これが本来の編成なんでしょう。メンバーのことは何もわかっていないのですが、ドラムとベースとキーボードの一人はJohnson姓。ジョンスンさんはアメリカにたくさんいるとは思いますが、JonathanにJoeにJoshua、さすがにこれは兄弟でしょう。
e0147206_1813833.jpg
最近凝っているLPでの顔同化作戦、手がいっぱいありすぎて思ったようにいかない。

LPは6曲のみのミニアルバム的な作り。うち“Quick”、“Boxes And Squares”の2曲はTiny Deskでも演奏していた曲なので、耳によく馴染んでいるのですが、特に“Quick”は迫力のあるドラムのおかげで元々際立っていた緩急のダイナミズムがさらに増幅。特にサビに行くところ、燃えます!バスバスとぶっこんでくるジョシュア・ジョンスンのドラミング!バンドのミュージカル・ディレクターというのも納得の演奏!曲の骨組みとしてのドラムとテリアナ・ポールの声。完璧な調和。

きちんとした音源で聞くと結構新しい発見もありますね。まずはバンドとしてのまとまりの良さと演奏のうまさ。演奏陣はかなりの手練れだと思うのですが、それを見せつけずに丁寧に歌をサポート。でもこっそりと小技を挟み込みますけどね。音色の選び方も好みの鍵盤は音の重ね方にセンスを。サックスも吹くコーラスが二人になることでの厚み。サックスも吹くアルバート・アレンバックのフルートにラサーンに変身する前の初期カークの匂いを感じますが、気のせいでしょうか?

やはりテリアナ・”タンク”・ポールの声でしょうね。コミカルかつパワフルかつ包容力に満ちた声を圧倒的にポジティブな心意気で包み込んだパフォーマンス。周りの仲間たちと組んで自分たちの世界を築き上げているのは、ブレイク前のモネイちゃんのようでもありますし、フィリーから飛び出したジル・スコットのようでもあります。キャラも立っているので気が付くとメジャーなシーンに浮上してきてもおかしくない。願わくはこのまま仲間たちと共に道を進んで行かんことを。特にジェリーとのコンビ。この対比の妙は他ではなかなか味わえないものなのでね。(VerveのHPの写真にはコーラスの二人の写真がないのでちょっと心配してます)
e0147206_1895046.jpg
あとは、圧倒的に優れている“Quick”と“Boxes And Squares”、この辺の曲を今後どう超えてくるか?でしょう。私が何度も聞き返していることもあるのかもしれないけど、あまりにも出来が良いのでね。そしてライブの良さをスタジオ盤にどう落とし込むか?でしょうか。もっともその辺は軽く超えてきそうな予感もひしひしと感じますが。ヴァーヴからの新作(アナウンスされたわけではないけど)が楽しみすぎます。

ちなみに4枚ほど地元でCDを出しているようですが、Amazon.comでは売っているものの、マーケットプレイスでの販売なので、日本まで発送してくれないのが悔しい限り。どうせお金出すんだったら、フィジカルが欲しいんですけどね。うーむ。
e0147206_18141248.jpg
黄色のカラー・ヴァイナル、それだけでもいい気分。
e0147206_1816462.jpg
LP取り出すと、真ん中はこんな感じ。こういうのにも惹かれます。
by zhimuqing | 2018-04-24 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)

P

e0147206_143042100.png
e0147206_14305376.jpg
e0147206_14311438.jpg
e0147206_14312683.jpg
e0147206_1431782.jpg
e0147206_143111.jpg
e0147206_14313476.jpg
e0147206_14312083.jpg
e0147206_14314420.jpg
e0147206_14315067.jpg
e0147206_14315747.jpg
e0147206_1432425.jpg
e0147206_14321170.jpg
e0147206_14322230.jpg
e0147206_14324755.jpg
e0147206_14323679.jpg

by zhimuqing | 2018-04-20 14:36 | Funkentelechy | Comments(0)

何も分かっていないのに

証拠がないまま、疑惑のまま、軍事介入。
そしてそれを条件反射的に支持する壺三。

大量破壊兵器が結局見つからなかったことを思い出す。

少し前に出ていた映像だって本物かどうか分からないが(これもフェイクな気もする)、化学兵器が本当に使われたのか、そして誰が使ったのかもよく分からない現時点での空爆は絶対に避けるべきだとも思う。現時点では、トランプの中間選挙目当ての姑息なアピールに過ぎないのではないかとしか思えないのだ。
e0147206_0564926.jpg
あの戦争の後、イラクが一体どういう国になってしまったか、簡単に思い出せるはずだ。

これに介入するのだったら、3月30日のガザでのイスラエルの行為にこそ介入するべきだったはず。2千人が負傷、未成年を含む16名が死亡。18歳の青年は逃げているのに背後から射殺。



More
by zhimuqing | 2018-04-15 00:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

帰国後のミッション2連発

以前の会社の後輩、たしか10歳年下、が脳梗塞で入院したという知らせがあり、タイから帰国後お見舞いに。もっとも入院した2日後に、退屈で退屈で云々と本人からメールが来ていたので、そんなに心配していなかったのですが。酒豪なので、やはり飲みすぎが原因かと。

幸いなことに本人は元気そのもので、明日にでも退院とのことで、不幸中の幸いです。なんでも眩暈がして立てなくなり、頭も痛いので病院に行ってCTスキャンを取ってもらったが異常ないと言われ、薬を飲んで寝ていたが翌日また頭が痛くなり、もう一度同じ病院に。たまたま脳外科の先生が来ていて、MRIをやったところ、脳幹の軽い梗塞だったとのこと。重要な商談があれば、休まずに仕事に行っていたかも、とのことで、実に恐ろしいことです、はい。
e0147206_23544686.jpg
お見舞いにお菓子と一緒に持って行ったのは、高野秀行「イスラム飲酒紀行」。やはりお見舞いに来ていた奥さんを前に本人は「これからはイスラム教徒のように隠れてお酒を飲もうと思います!」とのことで、まあひとまず良かった良かった。

さて、帰国してすぐにやったことその2。突然再発されたラリー・ウーの12インチ”Let Me Show You”を買いにレコード屋に走る。モダニークでの名歌唱で知られるラリー・ウーがアトランティックに残した唯一の12インチ。時々レコ屋の廃盤セールでの目玉商品として出ているのだけど、なかなか値段とコンディションが折り合わなかったので、こういう正規の再発は嬉しい限り。
e0147206_23574128.jpg
ウーと名乗るだけで何となく何故か嬉しいもんですが、歌唱のスタイルがまた抜群。ディープさと同時に華麗さを持ち合わせた人。鮮やかな身のこなし、力を込めてシャウトしても胃にもたれない按配、同じ84年の曲という事で、打ち込みのドラムの音、ための効いたシンセベース、そこで魅せる華麗な身のこなし、歌い手のタイプは少し違うものの、“Treat Her Like A Lady”を少し思い起こさせます。絶妙な力の抜き差しや天衣無縫なアドリブ、特にブレイクの後で聴かせる歌、とかね。続けてかけるとかなり気持ちの良さそうでもあります。

この後、87年にグループ仕立てでモダニークとしてアルバムを発表するわけですが、この曲を超えた曲は入っておらず、その後は裏方として活動している模様。というか、私がこの人で欲しい曲は実はもう1曲あって、なんとボストン・セルティックスの応援歌“No More Games”。1980年リリースなので、ラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュがいた史上最強のフロントラインを揃えた時代のセルティックスですね。これまたカッコいい歌いっぷりで欲しいんですが、現物をまだ見たことないんですよね。今年は怪我人が出つつもプレーオフに楽々進出したセルティックス、来年はうまくすれば優勝する可能性もあるし、勢いに乗ってどこかが再発してくれないですかね?


by zhimuqing | 2018-04-14 18:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

46の春、大コーフン!

どうしても寄りたいところがあったので、帰国前に無理矢理時間を作る私。

ホテルから歩いて出発。ワンコもおります。
e0147206_22425574.jpg
そうそう、タイでは狂犬病が流行っておりますが、私は一年前に諸事情?で少々改造されて抗体ブリブリですので、かかって来んかい!ってなもんです。
e0147206_22432264.jpg
もっともこの犬は猫可愛がり?されていそうだったので、大丈夫でしょうけど。

e0147206_22434050.jpg
目的地は公園。なかなか気持ちの良いところです。
e0147206_2244062.jpg


e0147206_22442692.jpg
けだるい雰囲気を漂わせた美人猫もおります。
e0147206_22444676.jpg
e0147206_2245134.jpg
何故かカメラに興味を示す妙な猫もいます。
e0147206_22454358.jpg
遊んでいる猫もいますね。よく見ると、蛇との決闘の最中。
e0147206_2246985.jpg

押さえつけてからの~~
e0147206_22463532.jpg
猫パンチ猫パンチ猫パンチ!
e0147206_22465833.jpg


公園は結構大きな木が生えていて根っこがゴツゴツしておりま・・・
e0147206_22474451.jpg

根っこではなかった模様。
e0147206_22484021.jpg


e0147206_2249576.jpg
なに見とるんじゃい、ワレ。
e0147206_22493981.jpg
しばいたろか?
e0147206_22495967.jpg
人生で初めてトカゲにガンを付けられる私。

e0147206_22523949.jpg
ミズオオトカゲ!素晴らしきは爬虫類。大きければ大きいほど燃えますね!

実はこのルンピニ公園には野生のミズオオトカゲがたくさんいるのですね。秘かな野望として、無理矢理ヘッドロックを極めてみたいと思っていたのですが、あまりのデカさ、そして周りの人の目を考えて断念。真面目に怒られそうですしね。でも、こっそり尻尾触ってみましたよ。ブルブルってなったので、ビビッてすぐに手を放しましたけど。
e0147206_22532139.jpg
触ったのはこの個体。

ただね、デカいのにやっぱり逃げるんですよね。そりゃ向こうから見ると人間も結構デカいからね。やはり自撮り棒的な何かが必要かと。
e0147206_2253596.jpg
若い個体はやっぱり贅肉がついてなくてシュっとしてますね。
e0147206_22544348.jpg
私もそんな時期があったと思いたい笑

e0147206_22552419.jpg
カラスがオオトカゲの周りに集まっている。
e0147206_22555081.jpg
魚を食べているのだが、魚はやや腐敗していて、結構匂う。ティラノサウルスが腐肉食だったという説もありますが、まあこのトカゲのように腐った肉もあれば当然食べるよ!という感じだったのでしょう。初めに見つけたトカゲが食べていた魚も結構匂って、ハエがたかっていました。でもそこが生々しくて良いではないですか!

ということで、大コーフン!トカゲの写真を撮りまくっているのは私だけ、というか、カップル多数の皆様からは私が珍獣的な眼で見られていた気も無きにしも非ずですが、ま、そんなことは気にしない!自撮り棒をもって、また行くぞ!
e0147206_2256544.jpg

by zhimuqing | 2018-04-10 22:57 | Starship Troopers | Comments(0)

プレーオフ決定!

e0147206_0124461.jpg
それにしても今年のNBAのウエスタンカンファレンスは面白くて、ラスト2試合の状態で4枠を争う5チームが同じ勝率で並ぶという展開。
e0147206_0111847.jpg
早々に、そう、本当に早々に、正確に言えば早々々々にプレーオフ争いから脱落したキングスはまあ置いておくとして、アキレス腱断裂でデマーカス・カズンズが離脱して、もうだめか?と思ったペリカンズが本日見事に勝利して、最終戦を前にプレーオフ決定!

何といってもアンソニー・デイヴィスの踏ん張りが第一なわけですが、ホリデーの成長ぶり、ヒルの復活、イートワンモアの頑張り、途中加入のミロティッチの闘志、そして何よりロンドの漢気かな、と。クラークも良かった!そうそう、奥さんの支えと共にあったオカファーの復活も欠かせません。
e0147206_010518.jpg
それにしても、カズンズ離脱以降のフロントの動きが実に素晴らしかった。グズグズになっているキングスとは一味違います。フロント、コーチ、選手、ファンの一体化がもっと進むと、プレーオフも結構いけるのではないか!と思うわけです。来期は復活したカズンズときっちりサインして云々の話もありますが、まずはプレーオフで楽しませてくれないとね!
e0147206_012953.jpg
デイヴィスの眉毛もクールに見えてくる今日この頃。
e0147206_0131729.jpg
それにしてもこのマスコットキャラの破壊力はもの凄い!ファンクネスの塊。さすがニューオリンズ!
by zhimuqing | 2018-04-10 12:28 | All The Kings Men | Comments(0)