<   2017年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

無事入手

フリーペーパーのRiddim最新号は石田昌隆の大特集、しかもポスターもあるらしい!ということを知って、慌てて入手。と言っても、店舗に出向くのは結構不発のこともあるし、前から買おうと思っていてなかなかお店で見つからない(本当に見つからないのです)MATT SOUNDSのCDをOVERHEATから通販で購入することで、すべて一気に解決してしまう作戦を実施。
e0147206_0355492.jpg
ということで、我が家にCDと一緒に届いたRiddimは期待に違わぬ42ページに及ぶ大特集。UK1984と銘打たれた特集で、1984年夏に訪れたロンドンやブリクストンのヒリヒリした写真が満載で、もうね、最高としか言いようがありません。この辺の詳細については、名著「黒いグルーヴ」や「オルタナティブ・ミュージック」に結構詳しく書かれていますが、以前もここで書いてこともあるのですが、その時の市井の人々の写真がもっと見たかった私には、今回の写真集(ですよね)は大変ありがたいものですね。(しかもタダですよ!)サウンドシステムの風景やドミノやってる写真はもちろん、街の風景を移した何気ない写真にもヒリヒリした肌ざわりが感じられるのは、やはり写し手の空気の切り取り方がすごいからなのだと思います。
e0147206_0382618.jpg
e0147206_0384010.jpg
e0147206_0385787.jpg
ミュージシャン系では、何ともキュートなフェラ・クティの写真は私が見たことがないもので、キュートな上、衣装も格好良すぎて鼻血が出るレベル。後ろでサックス吹いているのはおそらくはフェミではなかろうかと。サニー・アデもバスターもデニスもかっちょいいですが、一番見ていて痺れるのは突き刺さる視線のLKJ。もう溜息しか出ません。
e0147206_0391415.jpg
フェラ、かわいい!
e0147206_0392456.jpg
LKJ!!

ちなみに今回すこし遅れて購入したMATT SOUNDS、何故に買うのが遅れたかと言えば、一つは発売日にタイにいて買うことが出来なかったということもありますが、実はアナログで出ることを期待していたというのもあります。
e0147206_0403128.jpg
ま、アナログはなかなか出なさそうだと思い、ディスクユニオンやタワレコで探したのですが、意外にどこにも置かれていないという信じがたい状況。でもまあ、今回OVERHEATから買ったおかげで石井志津男さんの署名入りの文章も一緒に送られてきて、気持ちがほっこりするというおまけもついて、これはこれで大正解なのでした。そうそう、一緒に発注した石田さんのポスター、部屋に無事に貼りました、はい。
e0147206_0404614.jpg
本当にちょっとしたことなんだけど、受け手の気持ちがほっこりするのです。
e0147206_0413279.jpg
MATT SOUNDSの7インチ“How Good And How Plesant”はカップリングがリン・テイトの“Under The Hellshire Moon”。はっきり言ってどちらも最高過ぎます。ターンテーブルの乗せるのが本当に楽しい、というかうれしくなるもの。在庫あるうちに是非とも。
[PR]
by zhimuqing | 2017-04-29 00:28 | Open the gate | Comments(2)

雷猫

ということで、話題のサンダーキャット。Dub Usと迷ったんですが。
e0147206_161155.jpg
前に演奏を観たのはエリカ・バドゥのバックで来日した14年のスターフェス。その時に比べると圧倒的に知名度が上がりまくった中でのライブ。リキッドルームはソールドアウト、会場の周りにはチケットを求める人もチラホラ。会場は若人ばかりかと思いきや、かなり年配のオジサンも多く、客層はバラバラ。男女比は7:3ぐらい。田島貴男と音楽評論家の吉岡正晴の姿も。というか、このお二人はライブに出かけるとよく見かけます。

ライブはドラムと鍵盤とのトリオ。アリアプロの6弦ベースを抱えたサンダーキャットの演奏は言うまでもなく別の銀河系の使者という感じにもの凄いのだが、演奏自体はほぼワンパターン。低音部分はシンセベースに任せて、本人はコードのアルペジオをメインに、ソロは基本ハイCの弦がメインのもの。歌を歌いながら演奏するのだけど、歌の合間にオブリ的に猛烈に早いパッセージのフィルを入れる感じで、立ち位置としては歌を歌うギタリストの趣。
e0147206_1613791.jpg
高音でのパッセージは妙にひねくれたフレージングを奏でるので面白く聴けるのですが、時としてシンセのソロとも混じりあうところもあり、猛烈にソロバトルするジャズのホーン二人のような感じ。終始叩きまくるドラムとのトリオの音はとんがりまくったジャズそのもので、ちょっと前のンデゲオチェロを感じることもあったけど、姐さんのほうがグルーヴ重視ですね、やっぱり。

正直に言わせてもらうと、あの演奏スタイルだったらベースじゃなくて鍵盤かギターの方がいいんじゃない?と思ってしまった私は多分オールドスクール過ぎるのでしょうね。他の楽器とのコンビネーションこそがベースの醍醐味だと思っている私には、やっぱりバドゥのバンドでバドゥの声に瞬時に反応するサンダーキャットの方が好きだし、もっと言えばケンドリック・ラマーやカマシ・ワシントンで弾いている時の方がもっと好きなんですよね。観ていて面白いのは間違いないし、ジャズとしてみると痛快なんですけどね。ま、私がオッサンになったってことなんでしょうね。
e0147206_1624293.jpg
来日した時のサンダーキャット。この辺のセンスは抜群としか言いようがない。
[PR]
by zhimuqing | 2017-04-27 01:28 | On The Corner | Comments(0)

それにしても4月は盛りだくさんだ

出張から家に帰るとヨメさんが、海外から何か来とったで、小さい小包、と言う。
e0147206_00543672.jpg
まあ、私は海外からCDやら本やらLPやらを結構買うので、実際海外から色々と送られてくるのは事実で、しかも最近それがヒートアップしているとの噂もあったりするので、何か届くと部屋でこっそり開けて見るというのが、いつもの習性。
e0147206_00545815.jpg
ただ、今回のブツは送り先その他が上海、中身が眼鏡と書いてある。私は中国に結構友人もいるのですが、私の住所を知っている人、さらに言えばわざわざ国際宅急便で眼鏡二個を送って来るようなきとくな人は全く思いつかない。そもそも眼鏡を買った記憶すらない。

これはおそらくは送りつけ詐欺なのだろうが、仮にメールや何かで金払え的な言いがかりをつけてこられたとしても、こちらが無視すれば済む話で、騙そうとする側に労力に見合った利益があるとも思えないわけで、世の中にはまだまだ不思議なことがあるもんだと感心しつつ、とりあえず明日にでも郵便局に覚えがないと返しに行こうと思うのであります。

それにしてもこの4月は指が化膿したり、犬に噛まれたり、送り付け詐欺が起きたりと、なかなか濃厚な感じです。残り4日、無事平穏にすぎるのか、それとも。

[PR]
by zhimuqing | 2017-04-27 00:42 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

Keep Calm, Save D

e0147206_17271366.jpg
e0147206_17124658.jpg
e0147206_17265180.jpg



e0147206_17292881.jpg




e0147206_17272250.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-04-25 18:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

DJ BETO!!!

音楽評論家/DJの大石初さんはとても信頼できるセンスを持っていて、クァンティックのライナー等を書いている他、日本の音頭や祭りについてもかなり面白い本を出している人。その大石さんが所属するDJ集団、Tokyo Sabrosoの活動も当然最高に面白いのですが、昨日ネットに出ていた情報を見て驚きましたよ。Soundwayから素晴らしいラテンのコンピを山ほど出しているDJ BETOを6月に呼んでしまうみたい。
e0147206_1303293.jpg
もうね、このSoundwayから6枚も出ている編集盤はコロンビアやパナマの隠れたクンビアやサルサ、ファンクなんかをこれでもか!というぐらいてんこ盛りにしているウルトラお買い得盤で、それこそ一昨日も車の中で聴いていたほどの愛聴盤。

やはり個人的に衝撃だったのは、PANAMA!でしょう。これとクァンティックのTradition in transitionが私のとっての決定打でしたね。それまでも結構聴いていたラテンがソウルやファンクと繋がったというか、カリブ海を中心とするアフロな音楽が自分の中ではっきりと等高線で結ばれたと言いますか。
e0147206_1301954.jpg
はっきり言って、PANAMA!シリーズの3枚は必携です!

編集盤に入っている名曲群はその時の自分の気分、モード次第で聞こえ方が変わる(=お勧め曲が変わる)ので、一曲一曲を挙げていくのはやめておきますが、何度聴いても想像力がかき立てられる上、収録曲も多い実にお買い得盤であることも特筆すべきことですね。正直言うと、かっこいい曲が多いので、あまり人に教えたくない気持ちも。

なんといっても、クァンティックをコロンビアに導いた男ですからね。6月16日からの日本ツアーは本当に楽しみですね。私は18日の東京で行く予定!うっ!
e0147206_1304524.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-04-25 07:28 | Rumba DE Manbo! | Comments(0)

面倒くさい、ああ面倒くさい

帰国時に羽田空港の検疫所で狂犬病の件について相談。いつも素通りするだけで自分には縁のないところだと思っていたので、なかなか新鮮な感じですね。医療機関について相談したいと申し出ると、分かりましたと快く?奥の医務室に連れていかれ、ドクターへ状況を相談することに。
e0147206_20592550.jpg
噛まれた時の状況について説明すると同時に、タイの病院で受けた医療行為について確認される。向こうで貰ってきたメディカル・サーティフィケイトとワクチン接種状況の用紙を提出すると、ドクターが首を傾げ、二つの書類に書かれているワクチンの種類が違う、どちらか分かりますか?と聞かれ、一瞬困ったことになったなあと思うも、ワクチンの箱を貰っていたことを思い出す。ドクターに箱を渡すと、これは日本というかWHOでよく使われるタイプのワクチンでないので、このワクチンを日本で規定数継続させることは出来ない、とのこと。
e0147206_2132184.jpg
ネタ用で持って帰った箱が役に立つとは!

可能な限り新しいワクチン接種を始めたほうが良いとのことなのだが、いかんせん帰国日は土曜日なので、どこに行けばよいか分からないと伝えると、紹介状を書いてくれるとのことで、一回家に荷物を置いたのち、新宿の病院へ行くことに。
e0147206_21341027.jpg


という事でやってきたのがこの立派な病院。
e0147206_21345595.jpg
受付では時間外の診察は紹介状がない場合、8000円+消費税を別途徴収される模様。紹介状のありがたみに感謝する。受付ではなぜか警察官二人に付き添われた女性が待っていたり、弓道着を着た二人組がいたりと、やや不思議な感じだったわけですが、ほどなく案内された待合室がここ。
e0147206_21371559.jpg
さすが国立の施設ともなると、診察の段階で私の精神状態を見破ってしまったか、もしくはタイ帰りで女性化したと思われたか?はたまた悪魔に契約の印をつけられたとの私の妄想がばれたのか。

すこぶる丁寧で感じの良いドクターに細かな診察を受けつつ、日本の場合は全部で6回ワクチンを打たないといけないと言われる、。面倒くさいのですが、さすがに背に腹は代えられないわけですが、大阪やタイへの出張のタイミングを考慮せざるを得ないのが更に面倒。それにしても高い代償となった夜の散歩ですね。皆さんも気を付けましょう。
[PR]
by zhimuqing | 2017-04-23 21:38 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

C'mon save my soul tonight

e0147206_14512385.jpg
e0147206_14472516.jpg
e0147206_144835.jpg
e0147206_14482854.jpg
e0147206_14484291.jpg
e0147206_14485152.jpg
e0147206_1449233.jpg
e0147206_14491295.jpg
e0147206_1449238.jpg
e0147206_14501081.jpg
e0147206_14504920.jpg
e0147206_14505743.jpg
Take my hand, it'll be alright
C'mon save my soul tonight
[PR]
by zhimuqing | 2017-04-22 00:00 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

そろそろ帰りましょう

e0147206_1513163.jpg
タイ恒例の美人猫。私は父親じゃないぞ。
e0147206_17113374.jpg
e0147206_15408.jpg
体がやせているから、よけいお腹が目立ちますね。

こちらは別のお店の猫。
e0147206_1511527.jpg
生傷の絶えない女。おねだりするくせに肉を上げても見向きもしない。女心は難しい。

タイは今が夏真っ盛り(でも雨ばかり)なので、この時期色々な虫が出てきます。
e0147206_156250.jpg
キリギリス系は正直あまり得意ではない。
e0147206_1562373.jpg
コンビニに飛んできていた女王蟻。かなりのデカさ。でもこの直後、男の子に踏みつぶされる運命に。

さて、タイのアパート用に購入したアンペグのアンプ、送料込みで4000バーツ弱。値段的には日本とあまり変わりませんね。注文した翌日に届いたので驚きました。
e0147206_15124982.jpg
部屋で弾く分には十分すぎるサイズ。でもこうなると、しっかりしたベースも欲しくなるなぁ。
e0147206_1584472.jpg
傾けてモニター的に使用できるのですが、ここではあまり意味はないかも。
[PR]
by zhimuqing | 2017-04-21 18:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

君はRabiesを知っているか?

ところで、あなたはRabiesという単語を知っていますか?

なんだか最近ここで書いたような文章ですね。昨日夜10時頃、いつものように音楽を聴きながら一人でぶらぶら散歩をしていたのです。その瞬間、聴いていた音楽はメイタルズのバスター制作のThe Original Golden Oldies、当然ノリノリです。人通りもなくなった入り組んだ路地をウネウネ実にいい感じで歩いていると、夜の生鮮市場の横にヤツラがいたのですな。超短足の雑種の犬が3匹、黒と茶色ともう一匹は覚えてない。超短足揃いなんで、おおDNAは凄いなと思って横を歩いていると、黒いやつがワンワンと吠えて近寄ってくる。構うつもりもないので、そのまま横を通り過ぎようとした瞬間にガブリ、ほどではないのですが、ガブリのガぐらいかな、脹脛を噛まれたわけですよ。

瞬間、頭に血が上って犬を追いかけるも、私の瞬発力が犬を凌駕するべくもなく、しかも他の犬も一斉に吠えまくるわけで、その昔マスター・キートンで読んだ「服を腕に巻いて噛みつかせて捕まえる」技を披露しようにも上着も無いし、犬どもはますます荒れ狂って吠えまくるし、挙句の果てには犬をいじめていると思われたのか、おばさんが窓から何か怒鳴るし、実際に犬を捕まえたとしてどうするのだということもあり、おばさんに日本語で怒鳴り返して、結局退散することに。

さて、日本ではあまり話題になりませんが、犬に噛まれるとアジアやアフリカでは非常にやばいわけです。そうですね、狂犬病です。一回発症すると致死率はほぼ100%ということで、インドでは年間7000人、中国では年間3000人ぐらいが亡くなっているとのこと。近年タイでは国を挙げて対策を打っているようで、亡くなる方は年間二桁前半だとのことですが、タイの犬の3割強が保菌しているとの話もあり、これは非常にやばいわけです。
e0147206_21386.jpg
夜中の市場の横で野獣につけられた傷といえば、何となくブルース的な、ヴードゥー的な響きがありますね。

私の傷はほんのかすり傷程度のものですが、そうなると気持ち悪くて仕方がない。アパートに帰って調べていると、まずは患部を石鹸で念入りに10分間洗いなさい、その後消毒し、病院に行ってワクチンを打つべし打つべし、とありますね。私も念入りに患部を石鹸で洗い、夜が明けた本日病院に行くことに。

さてこうなると、タイ人Pさんの出番です。一緒に病院に来てもらうわけですが、なぜか問診のところで写真を撮られるPさん。なぜか付き添いのはずなのに、私のことをほったらかしで他の患者さんと談笑するPさん(私は看護師さんと英語で交渉)、なぜか看護師がドクターに渡すカルテに笑顔の写真が印刷されているPさん、挙句の果てに私を診ているドクターと友達のPさん、診察が終わり、インドの方が中国よりも死者数が多いことを教えると、それは中国と違ってインドは犬を食べないからですよ、と力説するPさん。やはり面白い人です。
e0147206_2132593.jpg
e0147206_21122886.jpg
ワクチン未接種の人はこの場合5回注射をしなくてはならないそうで、残り4回の予定は22日、26日、5月3日、19日。もう日本に帰国しているから言葉の問題はないのですが、果たして連休のさなかに狂犬病のワクチンを打ってくれる病院があるのか、というか、そもそも日本で狂犬病のワクチンを持っている病院が何軒あるのか?謎は尽きないのでありますね。
e0147206_2113711.jpg
注射は別に痛くなかったのですが、この手の注射の常として後から少し腫れて痛くなりますね。というより、帰国後に受けるであろう冷たい視線の痛みをすでに感じておりますね。お前さん、タイに出張して何をしているの?っていうね。
[PR]
by zhimuqing | 2017-04-19 20:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

You gently touched my heart somehow

シルヴィア・モイが亡くなったらしい。

60年代モータウンが抱える優秀なソングライターにして、若き日のスティーヴィーの後見人、モータウン発の女性プロヂューサー。まさに才媛という言葉がふさわしい人。声変わりしてヒットが出なくなったスティーヴィーのモータウンでの立場が危うくなった時に、私がスティーヴィーと一緒にヒットを作るから早まるな、とゴーディーに掛け合った人。ということで、世界中の心ある音楽好きが足を向けて眠りことが許されない人でもありますね。
e0147206_20403686.jpg
代表曲は山ほどあるけど、やっぱりスティーヴィー関連が鉄板かな。スティーヴィーとのコラボ作では、“Uptight”、 “I Was Made to Love Her”、“My Cherrie Amour”の3曲が今でもスティーヴィーが歌い続けている超有名曲。個人的にはファンキーな“You Can't Judge A Book By Its Cover”、“Shoo Be Doo Be Doo Da Day”なんかも大好きな曲ですね。

スティーヴィー以外でもどんどん出てきますね。アイズレーの問答無用の大傑作“This Old Heart of Mine”、キム・ウェストンとマーヴィンのデュオ “It Takes Two”、グラディス・ナイトの“Ain't No Sun Since You've Been Gone”や“And This Is Love”、 ショーティー・ロング“Don't Mess With My Weekend”に“Here Comes Fat Albert”、ヴァンデラスの“Honey Chile”、ジュニア・ウォーカーの“Home Cookin'”、“Baby Ain't You Shame”、 エドウィン・スターの“Adios Senorita”、そしてダレル・バンクスの“Angel baby (Don't You Ever Leave Me)”。

こうやって並べてみると、モータウンの中でもアーシーな歌手が多いかな。それが私がシルヴィア・モイが好きな理由。決してルックスがいいからだけではない!と、ここは各方面にアピールしておきたいところです。そんなに派手なソングライターではなかったシルヴィア・モイですが、06年にヘンリー・コスビーとSongwriters Hall Of Fameを受賞しているし、スティーヴィーの名曲3曲のカバー数はもの凄い数だし、きちんと評価されているようで、そういう意味では良かったのかな。
e0147206_20411579.jpg
授賞式にかけつけるスティーヴィー、仁義熱き男!

ヒッツヴィルUSAを訪問する動画。




スティーヴィーの初期の名作≪Down to Earth≫には“Sylvia”という曲がありますね。本人はごまかしていたそうですが、誰がどう考えてもシルヴィア・モイを歌った曲でしょう。この曲を聴いて今日はモイを偲びましょう。




Whoa, oh, oh, yeah Mmm, hmm

Sylvia
You Know you're getting to me now
Mmm, mmm, mmm, Sylvia
You gently touched my heart somehow

Yesterday you made me happy as a child at play
Just like the summer sun that warms my heart
And move on, now you are gone

Whoa, oh, oh, Sylvia
You're everything that I adore
That sweet song, that caught a spark I'm me more, yeah
Tenderly that's how you whisper that you loved me
As if a raindrop kissed my ear and disappeared, now you are gone

Oh, oh, oh, yeah
You know I love my little Sylvia

Sylvia, uh, uh, uh, uh, ah
And yeah, whoa, uh, yeah

And yesterday I feel in love with you all the way
Tenderly you lit a spark in my heart, now you are gone

Mmm, hmm, Sylvia
I gently miss Sylvia
I'm crazy 'bout ya, Sylvia
You know I love my little Sylvia

[PR]
by zhimuqing | 2017-04-17 20:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)