カテゴリ:U GOTTA FRIEND( 147 )

小学生の部活とオッサンの趣味と

一昨日の土曜日はムスメが入っている吹奏楽部のコンクールの千葉県大会。
e0147206_0491990.jpg
人数が圧倒的に少ない (27人、一番多い学校は100人!もいるのだ) 中、なかなかの演奏で全国大会には行けなかったものの、見事金賞を受賞。星明子のように陰から見守っていた私、素直に喜ぶの巻。
e0147206_0515982.jpg
こちらはムスメの楽譜。なかなかの書き込みっぷり。
e0147206_0444330.jpg
諸事情で思いっきり引いた写真です、はい。

さて、今週の日曜日は船橋ミュージックストリート。我々はライブに向けてスタジオで相も変わらず試行錯誤しているわけですが、セットリストが決まっていないことが練習前に初めて分かるというポンコツぶりもいつもの通り。とはいえ、スタジオでなかなか充実したリハも出来て、なんとか本番に間に合いそう。実に楽しみです。
e0147206_050114.jpg
決して煮詰まっていないですからね。歳のせいで疲れているだけです。
曲の展開もばっちり決まりました!
e0147206_052415.jpg
ネタではないです。本物です。

昨年当日に直撃した台風も現時点で発生していないようで何より。あとは30分しかない持ち時間との勝負ですね。調子に乗って演奏しないように注意しなければいけませんね。下手すると 2曲ぐらいで終わってしますからね。

ということで、日曜日はお暇な方もそうでない方も是非とも船橋まで。我々の登場は何とお昼12時、場所はLive酒場バディーズ、お待ちしております!

VOODOO LOTUS

Kendrix:Lead-Vox, Fl, Tb
Mr.P the Chef:Emcee, Perc. Bg Vox, Dancer
Preacher:Gt
Dr. Sandee:Keys, Rhyme, Bg Vox
Muddy the purple grinder formally known as Hernia and the old power generation or spiders from Mars:Drums
Magonosheen:Ba, Bg Vox
Masheeno:空気感

[PR]
by zhimuqing | 2018-10-15 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

夏と言えばニシキ屋

e0147206_14482089.jpg
初日は58 Special。当日になるまでセットリストも決定せず、曲の展開も手探り。本番の前にスタジオで打ち合わせをしてこれで一安心かと思いきや、本番でほぼほぼ変えられてしまうという展開。ま、58 Specialですから、これも平常運転なのではありますが。純江姐さんとランチの二人揃うと、やっぱり空気が変わりますね。バックで弾いていて本当に楽しくなります。展開が変わるんでドキドキしますけど、Pさんがカホーンを叩いているので、最低限の安心感があるのが非常に助かります。
e0147206_1448218.jpg
スペシャルゲストは松川純一郎さん。本当にありがたいことです。バンドに加わるだけでパキーンと通る筋、全体をグイィっと引っ張る力、乱れそうになるバンドをクィッとまとめる展開力。当然のことながら大技小技、自在に繰り出す多彩な技。松川さんのお力でバンドが数倍かっこよく変わっていくということですね。途中で飛び入りしていただいたDigabitsの河辺さん、はじめてお目にかかりましたが、The Weightでの歌、聞きほれました。本物ですね!かっこいい!
e0147206_14473850.jpg
それにしても58さんの謎のダブルネックのシガーボックスギター、あれはいったい何だったんでしょう。三味線的なペンペンスライド奏法、新しいものを見せてもらいました。松川さんとのバトルでのカントリー技の連発も見事なものです。どうやっているのかよく分かりません。
e0147206_14484687.jpg
そうそう、ニシキ屋のお客さんは熱いですね!ただの酔っぱらいという噂もありますが、ああいう雰囲気は他では得難い空気感。私の中では夏の風物詩。また来年の夏にお会いしましょう!58さん、大変ですが来年もよろしくお願いいたします!

2018年8月18日 ニシキ屋 18:30~

58 Special
58△:6弦
スミエ:歌とお喋り
ランチ:歌とお喋り
Mr. P:カホーン
マゴノシーン:4弦

スペシャルゲスト:松川純一郎 歌とギター

セットリストはよく分からないので無し
e0147206_1449323.jpg
戸惑う二人!
e0147206_14495180.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2018-08-20 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

週末はいよいよスミジャズ!

いよいよ迫ってまいりました第9回すみだストリートジャズフェスティバル。
e0147206_823287.jpg
順調にリハーサルが進むVOODOO LOTUSですが、要のドクトル・サンディー海外脱出で不在の中、曲を演奏するたびに新しいネタがぶちこまれていくので、なかなか最終形態が決まりません。ま、いつもの通りと言えばいつもの通りですけどね。でも、それがバンドの醍醐味でもあるし、楽しみでもあるのですね。

VOODOO LOTUSの出番は19日日曜日。大黒湯12:40~、ジャズバスかいしゅう号16:00~。もう一つのバンド、58 Specialは前日18日、場所は例年の通り、聖地ニシキ屋、18:30~。アリーサが少しでも元気になれるような演奏をしたいものです。素粒子レベルの力ではありますが。
[PR]
by zhimuqing | 2018-08-16 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

25年後の7月29日

私が二十歳そこそこの時、ある催しに参加する機会があり、そこでいきなりダニー・ハザウェイ版“What’s going on”が演奏され、ずいぶん驚いたものです。その時に何より印象に残ったのが、ハザウェイのスムーズなのにざらついた節回しをマスターしている歌い手M氏(芸名未定)。なんとかお近づきになりたいと思い、2年の雌伏期間を経て、バンドにお誘いしたのです。

2年の雌伏というのが何を指すのかよく分かりませんが、自分の腕前を顧みず声をかける私。度胸だけはあったようです。思いは成就?し、少しの間バンドをやったり、知り合いの結婚式で一緒に演奏したり、アリオリやオーティス・クレイのライブに言ってサインをもらったり、と仲良くさせていただいていたのですね。
e0147206_273641.jpg
クレイのサイン。どさくさに紛れて楽屋に押し掛けた我々。

私の就職後は流石に疎遠になり、年賀状のやり取りだけとなっていたのですが、私のM氏(芸名未定)への思い?は変わらず、スムーズな歌い手や曲を聴く度に、M氏(芸名未定)にこの曲は合いそうだとか、この曲だったらどう歌うか?等と考えていたものですが、あれから25年、柏祭りにゲストで参加してもらえることとなりました。パチパチパチ。個人的にとても嬉しいっす。

さて昨日土曜日にM氏(芸名未定)が練習のためにわざわざ上京。練習の成果はまあ当日の柏祭りまで楽しみに取っておくとして、車の中でM氏(芸名未定)と聴くためCDを何枚か準備していたのですが、そこは同好の士、やはり会話がかみ合うのが楽しすぎます。準備していたのは、アーティスティックスにインディペンデンツ、ドレルズ、ファンタスティック・フォーの幻のセカンド、メイズのトリビュート盤、それにアルトン・エリス。
e0147206_271269.jpg
あまり聴いていなさそうなCDを選んだつもりだったのですが、アーティスティックスはおそらく未聴だと踏んでいたのですが、いいよね、マーヴィン・スミスの一声で退散。ファタスティック・フォーのケントから出たセカンドのことは知らなかった模様ですが、ACE/KENTの編集盤は散財のもとで困るという話で意気投合。インディペンデンツを聴きながら、シカゴ・ソウルを聴かない人は勿体ないよねとか。一番興味を示してもらえたのがアルトン・エリス。さすがにジャメイカまでは行きついていなかった模様。ですが、アルトンのカッコよさ、凄みを一発で理解してもらえたのが嬉しくなり、車中大いに盛り上がったのであります。

練習が終わって、ネットでしか知らないディスク・ユニオン、本当に実在するのか?ということになり、御茶ノ水のソウル・ブルース館に。中古のCDもLPもじっくり見てまわり、ウィリー・クレイトンの中古盤ゲット、これは福岡じゃお店じゃ買えんばい!と喜んでいただいたので、私としても嬉しい限りです。ということで、29日は柏祭り。M氏(芸名はまだない)はソウルの名曲を4曲か5曲歌う予定。楽しみです、はい。

アルトンに続くジャメイカの名歌手として、誰をレコメンドするかで楽しく悩んでいる最中。ジョン・ホルトもいいし、トゥーツ・ヒバーツも外せない。ジャスティン・ハインズの渋さも捨てがたい。スリム・スミスの癖も他では得難い。でもジャッキー・オペルかな、やっぱり。
e0147206_28592.jpg
こちらはアルトンに並ぶほどソウルフルな築地「ととや」の焼き鳥丼。久しぶりですが、やっぱり旨いっす!
[PR]
by zhimuqing | 2018-07-08 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

帰国後のミッション2連発

以前の会社の後輩、たしか10歳年下、が脳梗塞で入院したという知らせがあり、タイから帰国後お見舞いに。もっとも入院した2日後に、退屈で退屈で云々と本人からメールが来ていたので、そんなに心配していなかったのですが。酒豪なので、やはり飲みすぎが原因かと。

幸いなことに本人は元気そのもので、明日にでも退院とのことで、不幸中の幸いです。なんでも眩暈がして立てなくなり、頭も痛いので病院に行ってCTスキャンを取ってもらったが異常ないと言われ、薬を飲んで寝ていたが翌日また頭が痛くなり、もう一度同じ病院に。たまたま脳外科の先生が来ていて、MRIをやったところ、脳幹の軽い梗塞だったとのこと。重要な商談があれば、休まずに仕事に行っていたかも、とのことで、実に恐ろしいことです、はい。
e0147206_23544686.jpg
お見舞いにお菓子と一緒に持って行ったのは、高野秀行「イスラム飲酒紀行」。やはりお見舞いに来ていた奥さんを前に本人は「これからはイスラム教徒のように隠れてお酒を飲もうと思います!」とのことで、まあひとまず良かった良かった。

さて、帰国してすぐにやったことその2。突然再発されたラリー・ウーの12インチ”Let Me Show You”を買いにレコード屋に走る。モダニークでの名歌唱で知られるラリー・ウーがアトランティックに残した唯一の12インチ。時々レコ屋の廃盤セールでの目玉商品として出ているのだけど、なかなか値段とコンディションが折り合わなかったので、こういう正規の再発は嬉しい限り。
e0147206_23574128.jpg
ウーと名乗るだけで何となく何故か嬉しいもんですが、歌唱のスタイルがまた抜群。ディープさと同時に華麗さを持ち合わせた人。鮮やかな身のこなし、力を込めてシャウトしても胃にもたれない按配、同じ84年の曲という事で、打ち込みのドラムの音、ための効いたシンセベース、そこで魅せる華麗な身のこなし、歌い手のタイプは少し違うものの、“Treat Her Like A Lady”を少し思い起こさせます。絶妙な力の抜き差しや天衣無縫なアドリブ、特にブレイクの後で聴かせる歌、とかね。続けてかけるとかなり気持ちの良さそうでもあります。

この後、87年にグループ仕立てでモダニークとしてアルバムを発表するわけですが、この曲を超えた曲は入っておらず、その後は裏方として活動している模様。というか、私がこの人で欲しい曲は実はもう1曲あって、なんとボストン・セルティックスの応援歌“No More Games”。1980年リリースなので、ラリー・バード、ケビン・マクヘイル、ロバート・パリッシュがいた史上最強のフロントラインを揃えた時代のセルティックスですね。これまたカッコいい歌いっぷりで欲しいんですが、現物をまだ見たことないんですよね。今年は怪我人が出つつもプレーオフに楽々進出したセルティックス、来年はうまくすれば優勝する可能性もあるし、勢いに乗ってどこかが再発してくれないですかね?


[PR]
by zhimuqing | 2018-04-14 18:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

一つの決意表明

無事新宿スモーキン・ブギでのライブ終了。前日に細かな微修正を加えたのですが、何とかこなせたし、演奏自体は荒っぽかったけど、まあ良い出来だったかも。何はともあれ、ハコとお客様に恵まれたというのが一番でしょう。良い写真もたくさんゲットできました。Tさん、いつもありがとうございます!次のライブも早くやってほしいとのお言葉もいただき、感謝の言葉しかありません。
e0147206_16424884.jpg
このバンドの結成は7年前の本日3月11日。あの震災の翌日だったこともあり、実際にはその日の練習は出来なかったのですが、あれから早7年。長かったような短かったようなそういう7年なのであります。ここでいきなりバンドからお知らせになりますが、VOODOO LOTUS、この新宿スモーキン・ブギのライブでひとまずバンド結成以来の形、現在の形を変えてみることとなりました。よくあるメンバーの不仲による「方向性の違い」ではなく(こういうバンドにしてはみんな仲が良いと思っております)、ファンクの沼地に頭の先までどっぷり浸かってみたい、宇宙の果てまで飛び立ちたい、平たく言えばバンドの可能性を追求してみたい、そういう欲求を抑えることが難しくなってきたことがその理由です。
e0147206_16434887.jpg
おおむね私個人の我儘での再編成であるわけで、趣味でやってて、しかも仲の良い友達になれたのになんで?という話もあるのですが、趣味でやっているからこそ自分が満足するまで突き詰めてみたいという、ただそれだけの欲求なのですね。これまでの活動があってこそ更に大きな目標が見えてくるわけで、我儘を聞きいれてくれたメンバーには感謝の念しかありません。その度量の大きさに応えるだけの変身、これは必ず成し遂げなくてはなりません。

そういうわけで、どのような形で復活するかは未定ではございますが、皆様におかれましては、しばしご猶予をいただき、新たな形でのバンドの再生をお待ちいただきたく存じます。

新宿スモーキン・ブギ 2018年3月10日(土) 
VOODOO LOTUS

Kendrix - Lead Vox
Mr. P the Chef - Hypeman, MC, Dancer, Percussions, BG Vox
Preacher – Guitar
Dr. Sandee –Keyborad, Melodica, Rhyming, BG Vox
Ladies Love Cool Bon - Drums, BG Vox
Magonosheen - Bass, BG Vox
Masheeno - Spiritual Forces

1. Intro Jam ~ Here Comes Voodoo Lotus
2. パンツ
3. 草いきれ
4. いまさら
5. 蛹の間
6. 光る糸
7. ピンクのお尻
8. Here Comes VOODOO LOTUS Reprise
e0147206_16483134.jpg
e0147206_164493.jpg
e0147206_16441960.jpg
e0147206_1649271.jpg
e0147206_16473828.jpg
e0147206_164881.jpg
e0147206_16484860.jpg
e0147206_16492091.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2018-03-12 16:50 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

10歳ドラマーKハク君

先日ここで書き、ごくごく一部で話題となった旧友の息子、10歳(になったばかり)ドラマーのKハク君と久しぶりにご対面。何年ぶりかな。多分5,6年ぶりになるのではないかな。大きくなっていてびっくり。

あの後、両親の懸念を振り切って、無事地元のジャズバンドに入り見習いの日々のKハク君ですが、大きな声では言えませんが、クラスに好きな娘がいるそう。で、その娘を含む女の子数名を家に遊びに来させることに成功したそうなのですが、なんとその日が入団したばかりのビッグバンドのイベント(地元のコンテスト)とバッティング。両親に懇願しまくってビッグバンドに入ったのに、女の子軍団の訪問に舞い上がる一方のKハク君。とうとうキレたお母さんに怒鳴られます。


あんた、ジャズと女、どっちを取るの!


小学3年生、齢9歳にして、ジャズと女のどちらを取るか迫られるという、なかなか稀有な経験をしているKハク君、迷わず答えます。


女に決まっとるやん!



ジャズマンとしてもファンカティアーとしてもブルースマンとしても満点の答えでしょう。


さて、そんなKハク君が遂に私と相方モヤーン氏と年の瀬にご対面。モヤーン氏にいっちょ揉んでもらおう、という試み。
e0147206_1743199.jpg
そこは小学3年生、リズムキープなんかよりも派手なフィルインがやりたくて仕方ない模様。10歳の男子だもの、それは仕方ないよね。サンバキックの練習(そんなの教えるなよという話もありますが)は地味すぎたのか、あまり乗り気ではありませんでしたが、コールドスウェットの基礎フレーズはなんとか時間内にこなせるようになり、どや顔で決めるところも超かわいいもんです。今度またゆっくり遊んでみたいものです。
e0147206_17432198.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-12-30 16:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

尊敬の念が深まる

先日色々と難しい決断を迫られ、本当につらい話し合いを行いました。もやもやした気持ちは今も整理することは出来ませんが、一人の人間として大きなものを見せていただいて、尊敬の念が更に深まりました。貴方のような素晴らしい人になりたいと心から思いました。私の大切な友達。46回目の誕生日の今日もそんなことを考えます。
e0147206_2010279.jpg
私も頑張る
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-28 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

ぬあー

追加公演もゲットならず。
ご協力いただいた皆様、お手数をおかけしました!
うー残念!
e0147206_20515296.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-12-23 10:05 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

バルサミコス@横浜

ワイルド・バルサミコス@横浜
e0147206_120122.jpg
久しぶりのバルサミコス。いや、横浜も久しぶりなわけですが、いかんせん土地勘がないので、少し戸惑います。仕事が立て込んでいたので、行けるかどうか微妙だったのですが、なんとか。
e0147206_1205272.jpg
大学関係のイベントということで、ピアノの弾き語りで歌謡曲を甘く歌う人なんかもいて、しかもドラムの岡シャチョーは体調劣悪ということで、勝手にバルサミコスにアウェー感が漂う中、当人たちは全く構うことなく、いつものあのルーズなのにタイトという、いいお湯加減でニューオリンズの名曲を。そうそう、新曲もありましたよ。スティーヴィーのハイアーグラウンド。ギターのヒデキ先生のギターはいつもにも増して良い音でした、はい。サンディー得意のジミ―・スミスから盗んだという一音連打技は隣にいた女性がうわっと言ってましたが、あれは間違えてもキモイとかそういうのではなく凄いという声だったのだと思います。

盛り上がる子供を見て、さらに盛り上がるサンディー。
e0147206_121121.jpg
e0147206_1214682.jpg

それにしても何気なくスタジオで声をかけて友人になった(なってもらった)サンディー、この人は本当にポテンシャルが凄いというか、エンターテイナーとして全方位でなかなか底を見せない、本当に愉快な人なわけですが、やはり今日もキーボードスタンドがいきなり倒れるというアクシデントにもめげずにパフォームするという、素晴らしさ。私なんかはもうこれを見ることが出来ただけで大いに満足なのであります。

キーボードスタンドが突然折りたたまれ、床に落ちるキーボード。迷わず弾きに行くサンディー。
e0147206_1233440.jpg
構わず弾く男。とっさのことにベースのMD氏、まだ気が付いていない模様。
e0147206_123735.jpg
堪らずバンドが演奏をストップしてたので演奏を止めるサンディー。やや呆然としているようにも見えます笑
e0147206_1243268.jpg
即座にマイクパフォーマンスで自分をいじるサンディー、お見事。
e0147206_1245840.jpg
勉強になります!
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-02 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)