カテゴリ:All The Kings Men( 52 )

プレーオフ決定!

e0147206_0124461.jpg
それにしても今年のNBAのウエスタンカンファレンスは面白くて、ラスト2試合の状態で4枠を争う5チームが同じ勝率で並ぶという展開。
e0147206_0111847.jpg
早々に、そう、本当に早々に、正確に言えば早々々々にプレーオフ争いから脱落したキングスはまあ置いておくとして、アキレス腱断裂でデマーカス・カズンズが離脱して、もうだめか?と思ったペリカンズが本日見事に勝利して、最終戦を前にプレーオフ決定!

何といってもアンソニー・デイヴィスの踏ん張りが第一なわけですが、ホリデーの成長ぶり、ヒルの復活、イートワンモアの頑張り、途中加入のミロティッチの闘志、そして何よりロンドの漢気かな、と。クラークも良かった!そうそう、奥さんの支えと共にあったオカファーの復活も欠かせません。
e0147206_010518.jpg
それにしても、カズンズ離脱以降のフロントの動きが実に素晴らしかった。グズグズになっているキングスとは一味違います。フロント、コーチ、選手、ファンの一体化がもっと進むと、プレーオフも結構いけるのではないか!と思うわけです。来期は復活したカズンズときっちりサインして云々の話もありますが、まずはプレーオフで楽しませてくれないとね!
e0147206_012953.jpg
デイヴィスの眉毛もクールに見えてくる今日この頃。
e0147206_0131729.jpg
それにしてもこのマスコットキャラの破壊力はもの凄い!ファンクネスの塊。さすがニューオリンズ!
[PR]
by zhimuqing | 2018-04-10 12:28 | All The Kings Men | Comments(0)

ウェイド!

e0147206_23573583.jpg
ドウェイン・ウェイドの大ファンだったフロリダの高校での銃乱射事件の被害者、ホアキン・オリヴァー。
e0147206_23592330.jpg
オリヴァーの葬儀の後のシクサーズとの負けられない試合の最終盤。ボールをウェイドに集めるヒート。残り27秒で3本のフリースローを決め同点にし、最後にタフなミドルショットを決めて逆転させるウェイド。亡きオリヴァーにしっかりと勝利をささげるウェイドはやはり真の意味でのスーパースター。またそれを選択するマイアミ・ヒート。アメリカという国ははやはり侮れない。
e0147206_23562812.jpg



[PR]
by zhimuqing | 2018-03-02 23:59 | All The Kings Men | Comments(0)

Tough to see bro but I know you gonna come back stronger than ever.

カズンズの事を書いて一週間もたたないうちにアキレス腱断裂で今季絶望のニュースが飛び込んできた一昨日。なかなかショックが大きいです。強敵ロケッツに競り勝って大喜びの直後の衝撃。カズンズ涙のトレードで怒り心頭だった去年の今頃に引き続き、今年はまさかの大怪我で呆然。とっくにキングス終わってるし、今期のわたしのNBAは終了…と言いたいところですが・・・

We just have to keep going, that's all we can do. It was a great win. ... So, we've got to keep going. I mean, next guy up, honestly. We can't keep our head down and just pray. We have just got to move on to the next game Sunday and try and go out there and do the same thing.

Everybody’s playing well. Jrue’s playing well, E’Twaun, Darius. We’ve just got to carry that over to the rest of the season. Of course missing one of our main guys is tough, but it means guys have to step up and be prepared.


カズンズの離脱を受けたADのコメント。こういう時の向こうの人のコメントって文化の違いもあるのでしょうが、結構グッとくるものが多くて鼓舞されます。そう、諦めたらそこで終わり。カズンズを追いかけて1年見てきたペリカンズ、メンツへの思い入れは結構深くなってきているし、ここで意地を見せてくれたら、私の気持ちは西海岸からニューオリンズに移ってしまうかも。そんな踏ん張りを大いに期待したいところです。
e0147206_9181269.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2018-01-29 05:28 | All The Kings Men | Comments(0)

カズンズ

ディヴィジョン最下位を爆走するサクラメント・キングスを尻目に、昨年ペリカンズにトレードされたデマーカス・カズンズは4度目のオールスター選出。
e0147206_19594024.jpg
昨日はブルズとの一戦で44ポイント、24リバウンド、10アシスト、4スティールともの凄い数字。史上5人目、なんと46年ぶりらしい。同じくオールスターに選出された(3回目)アンソニー・デイヴィスとのリーグ最高峰のツインタワーには夢があります。
e0147206_2012052.jpg
一方で、昨年のトレードでドラフト指名権を得て若返りを狙ったキングスは今年のトレード期限で今度は若手を放出するという噂。いったい何を目指しているのか分からない。ううっ。



カズンズとデイヴィスのコンビには何としてもプレーオフで大暴れしてほしいものです。

[PR]
by zhimuqing | 2018-01-24 00:28 | All The Kings Men | Comments(0)

Had a cool 15yr run!!

マット・バーンズが引退。
e0147206_1672584.jpg
昨季、ウォーリアーズで遂に優勝するも、その後の契約が決まらなかったので、もしかすると!と思いつつも、ペリカンズでカズンズと合流してくれないかな?と願っていたのですが。でも本人にもやり切った感があるのでしょうね。Had a cool 15yr run!!という言葉にもその心情が溢れていると思います。
e0147206_1674652.jpg
バーンズというと、ダーティーなプレイ(そうは思わないけど)とか、素行が悪いとか(たしかに一理ある)とか、そういう印象でしか語られないのですが、10年前に母親をがんで失った直後、2007年から癌患者への医療費援助の基金Athletes vs. Cancerや小児癌の子供のための奨学金制度Teen Cancer Americaを設立して頑張っていることはほとんど知られていないのですね。でも、そんな心根の優しい本当の姿は意地を張ったヤサグレた風貌では完全に隠しきれておらず、プレイの端々から見えていた気もするのだ。
e0147206_16112240.jpg
e0147206_16113835.jpg
e0147206_16114757.jpg
あのスタイルの良いスヌープの横でさらに見栄えがいい!というのは驚くべきことですね。羨ましい。
e0147206_16122938.jpg
こちらはDJクイック兄貴とジョンBと。
クイックとジョンBってコラボありましたっけ?あれば聴いてみたい!

e0147206_16132627.jpg
敵に回すとしぶとくて物凄く厄介な、でも味方になると本当に頼もしいプレイヤーでした。
e0147206_16134416.jpg
お疲れ様!
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-13 16:28 | All The Kings Men | Comments(0)

ブギーの帰還

e0147206_23191419.jpg
デマーカス・カズンズ、2月の涙のトレードから8カ月、ニューオリンズ・ペリカンズとしてサクラメントに帰還。この日だけはキングスを応援しなかった私。大爆発。41点、23リバウンド、6アシスト、1スティール、1ブロック。




3を決めまくって、ゲームも作るというポイントガードみたいなセンター。外からも打てるけど、中にゴリゴリ入って落としても自ら取るっっ!みたいなのがいいですね。カズンズをトレードに出したおかげでフォックスが取れたのだけど、それでもやっぱり心残りなのは変わりません。(というか、フォックスとカズンズのコンビが見たかった)

e0147206_23171303.jpg

15番のユニフォームを着て、スタンディングオベーションするファン。いいですね。ゲーム終了後、それに答えるカズンズ。サクラメントの人々と良い関係を築くことが出来ていたのだな、と思うのです。

e0147206_23174594.jpg
e0147206_23173603.jpg
e0147206_23172860.jpg




カズンズには是非とも優勝してほしいものです。

e0147206_23172065.jpg


[PR]
by zhimuqing | 2017-10-28 23:22 | All The Kings Men | Comments(0)

NASTY NBA DEBUT!!!!

NBAが開幕。各誌、各氏の予想ではぶっちぎりで最下位と予想されている我らがサクラメント・キングスですが、いえいえどうして今年いきなり大ブレイクは難しいでしょうけど、結構いいところまで行けるのではないか?と秘かに期待しているわけです。
e0147206_00575081.jpg
2年目、3年目の選手(特にWCSとラビシエ)にも大いに期待をしているわけですが、やはりどうしても期待してしまうのは今年の新人5人。いや、マジで私は今年のルーキーのベスト5の中に3人入ってもおかしくないと思っておりますよ。メイソン、ボグダノビッチ、ジャクソン、ジャイルズ、そしてフォックス。

中でもキングスのファンだったら誰もが期待してしまうのは、ディアーロン・フォックス。NBAデビューの昨日のプレイは素晴らしい。噂以上のスピード。スーパーサイヤ人になるのもそんな遠い話ではなさそう。



ルックスもキュートで、プレイも派手となると、人気が爆発しそうですが、ドラフトの時に乳がんサポートのために特注のスーツを仕立ててくるあたりも本当に好印象!もう明るい未来しかない!
e0147206_01002600.jpg
ドラフト時のインタビューで「乳がんの啓蒙活動も積極的気にやってみたい」と言っていたフォックス、母親が乳がんを克服してから今年で21年になるそう。
e0147206_01004861.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-10-20 13:28 | All The Kings Men | Comments(0)

まさしくWhy notですね!

2016-17年のNBAのMVPはラッセル・ウエストブルック!
e0147206_1441560.jpg
年間平均でトリプルダブル、当たり前でしょう。31.6得点、10.7リバウンド、10.4アシスト。大幅戦力ダウンしたこのシーズンなのに、いや逆か、逆境だからこそのこの数字。小さな体(と言ってもNBAだからで、実際は191㎝だけど)で闘志むき出しにアタックする姿は見ているだけで燃えますもんね。熱くなりすぎる?冷静さに欠ける?そこがいいんじゃないですか。
e0147206_1484858.jpg
この人はタトゥーを一つも入れていないのだ!

ということで、MVPなミックス



いいですね、やっぱり燃えますね。私の愛するキングスがボコボコにやられてるのはまあご愛敬。アダムスとのコンビがまたいい感じ。もう少しブロックのシーンが見たかったかも。



ただね、この受賞式というかNBAアワード、一つだけ文句があるんですよね。ラッセル・ウエストブルックですよ!あのラス!といえば、なんといっても独自路線を歩んでいるファッション出来てほしかったよね。サプールに非常に近いイメージで、そこがまた私がウエストブルックが好きな理由なんですけどね。本当に自分の魅せ方を知っている人だと思いますよ。私も真似したいものですが、その前に体を絞らなきゃ無理ですな。
e0147206_1531566.jpg
おめでとう!でも来年はキングスはサンダーに負けません。
e0147206_149591.jpg
e0147206_1501086.jpg
e0147206_1502352.jpg
e0147206_1503329.jpg
e0147206_15046100.jpg
e0147206_1505870.jpg
e0147206_1511125.jpg
e0147206_1512174.jpg
e0147206_1513592.jpg
e0147206_151485.jpg
e0147206_1521569.jpg
e0147206_1523236.jpg
e0147206_1524336.jpg
e0147206_1525650.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-06-27 18:28 | All The Kings Men | Comments(0)

今年は大成功すぎる!

本日はNBAのドラフト。
e0147206_20303466.jpg
近年稀にみる豊作のドラフトでキングスは5位と10位の指名権という、これまた近年稀にみるナイスなポジション。キングスだけではなく各チームともぎりぎりまで変な動きをすることがあるのでドキドキものなのですが、キングスのファンだったら誰もが期待していたスピードスターのディアロン・フォックスを5位で指名!
e0147206_2031182.jpg
10位の指名権はブレイザーズの15位と20位に交換して、15位で運動能力が高くディフェンスも3PもいけるSFのジャスティン・ジャクスン、20位でこれまた機動力とハンドリング能力が高い万能PFのハリー・ジャイルズ、34位でこれまた運動能力の塊のPGフランク・メイスン。なに?この敏腕なドラフト捌き?ああ、最高のドラフトです。やっ
e0147206_20312310.png
ぱり期待してしまうのはフォックスですね。なにせドラフト会場には紫色のスーツを着て登場しているほど、キングスと相思相愛の仲。2位のレイカーズとか4位のサンズに指名されてしまうのではないかとハラハラしましたね。噂ではジョン・ウォールに似たタイプだということで、期待が高まります。かねてから欲しいと思っていたディアンジェロ・ラッセルの事はすっかり忘れました。
e0147206_20315221.jpg
ルックスも可愛くて良いではないか!?
e0147206_20323079.jpg
ドラフト前にこんな写真アップされたら、キングスファンとしてはたまったもんじゃない。



裏切りのカズンズのトレードに怒りに打ち震えた16‐17シーズンのことはもう忘れましょう。ルーキー4名に、WCS、ラビシエ、ヒールド、マラカイ、パパ。さすがに来年いきなり大ブレイクは厳しいかもしれませんが、もう明るい未来しか見えません。なんかこの中から新人王が出る気がしてならないぞ!はやく10月にならないかな?
e0147206_20332019.jpg
ジャクスンにも大いに期待しております!というか、この人が活躍しないと困ります!
e0147206_2036620.jpg
怪我をしていたとはいえ、ハリー・ジャイルズが20位で取れるとは!ラッキーというしかない!
e0147206_20382510.jpg
豆タンクのようなメイスンもキングス希望だった選手。実は大化けするのではないかと期待しております!
[PR]
by zhimuqing | 2017-06-23 20:28 | All The Kings Men | Comments(0)

おめでとう!マット・バーンズ!

e0147206_15414931.jpg
NBAのファイナルが決着して、ウォリアーズが優勝したのですが、キングスを応援している私はあまり関係が無いと思わせておいて、実は元キングスの選手(の一部)を応援しているわけで、そうなると今年の2月にロースター整理でマット・バーンズが解雇されたこと怒りまくった私としては、ウォリアーズを応援せざるを得ないわけです。
e0147206_15424211.jpg
e0147206_1543426.jpg
e0147206_15432030.jpg
ケヴィン・デュラントの怪我で今シーズンの最終盤にウォリアーズに加入したバーンズ、棚からぼた餅的にリングを手にすることが出来たわけですが、プロ15年目、移籍12回、所属チーム11チームのジャーニーマンが自身のポジションを築いたウォリアーズに戻って、リングを手にしたわけですから、これはやはりおめでとうとしか言い様がないわけですね。労無くしてリングとか陰口叩かれそうだけど、陰口なんぼのもんじゃい!と言いそうなバーンズだから好きなのだ!
e0147206_154357100.jpg
ちなみにウォリアーズではアンドレ・イグダーラも好きなのだ。
e0147206_15441458.jpg
でも、やはり紫のユニフォームで優勝してほしかった気持ちはどうしようもないですけどね。



おめでとう!

次はデマーカス・カズンズにリング取らせてあげたいね。
e0147206_1821722.jpg
悪童コンビ、素行は悪いけど、気のいい二人。
[PR]
by zhimuqing | 2017-06-14 00:22 | All The Kings Men | Comments(0)