人気ブログランキング |

カテゴリ:All The Kings Men( 73 )

chic

伯母が亡くなった。母より20歳近く年長なので卒寿を超えているし、見事な長寿だと思うのですが、白寿、紀寿ともう少し歳を重ねてほしかったというのが素直な気持ちです。

お正月に貰うお年玉が子供では到底もらえない高額だったこともあり、子供の頃の私の中では気前の良いおばさん(=VIP)という感じだった伯母。なかなか聡明な人だったそうで、若い頃は小倉の砂津にあった朝日新聞の西部本社に務めており、司馬遼太郎の「街道をゆく」の九州関連の取材をサポートしていたらしい。時期的に考えると、70年の長州路、72年の肥薩のみち、75年の豊後・日田街道あたりでしょう。

e0147206_23495199.jpg


当時の思い出というか、司馬遼太郎、伯母は司馬先生と呼んでいましたが、との思い出話も確かに聞いた記憶があるのですが、はっきり覚えていないというか、そんなに興味を持てずに深く突っ込まなかった自分が残念です。ま、ティーンエイジャーなんて、誰でもそんなもんなのでしょうが、それでも今となっては残念なのです。

私が長じてからは、スーツの着方や選び方等について私に色々教え諭してくれた伯母ですが、やはりすぐに思い出すのは、とにかくセンスが良くてお洒落だったこと。これは子供の頃には全く気付いていなかったので、もう少し大きくなってからのことですが。色や素材の選択と組み合わせ、全体から細部に至るまでのバランスの良さ。最近死後になりつつあるシックという言葉を体現したような、上品で洗練されている姿は本当に格好良かったのです。加えて、毅然とした立ち居振る舞い、同時に穏やかな表情と優しい眼差し、私には到底届かないものでもありました。

80を超えていたけど私の結婚式に参加してくれただけでなく、式場の担当者がドン引きする爆音でJBやファンカデリックやミーターズを演奏した我々に対して、アンタ達とても良かったよ、結婚おめでとう!と言ってくれたのも今となってはしみじみと嬉しい言葉なのでありますね。加寿栄という、寿を加えて栄えるという、なかなかにおめでたい名前を持っていた人ですが、そのおめでたさは暖かさと一緒にしみじみと周囲にも深く沁み通っていたなあと思うのです。いろいろな思い出を大切に胸にしまって、折々にそっと引き出しを開けて愛でてみたいと思うのです。

さようなら。ありがとう。









.
by zhimuqing | 2019-07-18 00:28 | All The Kings Men | Comments(0)

ああ、安美錦

安美錦が引退ということで、私がある程度熱心に相撲を見ていた頃の贔屓の力士がこれでいなくなっちゃいましたね。

e0147206_2320336.jpg


何とも言えない哀愁感というかやるせなさが全身から漂う唯一無二の肌触り(実際に触れたことはありませんが)は幼稚園の時に祖母と見ていた時代から今に至るまで角界にありそうでなかったものでした。あえて比肩するとしたら90年代中盤の全盛期のキース・スウェットぐらいなものでしょうか?

e0147206_23205740.jpg


お疲れ様でした。大技小技にレアな技の多彩な取り口で有名な人ですが、結局私は上手出し投げが一番好きでした。ということで、これでますますお相撲から遠ざかる私ですが、そのうち私好みの力士が出てくるのをゆっくりと待つことにしましょう。可能であれば、同じように哀愁と楽しさを併せ持ったお弟子さんを安美錦が育ててくれれば、それに越したことはないのですけどね。

e0147206_23212979.jpg


勝ち名乗りを上げるにも関わらず染み出してくる、このやるせなさを見よ!


そうそう、NBA界ではキングスのセンター、コスタ・クーファスが頭一つ抜けておりますね。

e0147206_23241042.jpg


やるせなさ界ではかねてから期待されているクーファス、しかし最近キングスとの契約が切れたはず。なんとかキングスに戻ってきてほしいけど、でもセンターは3番手になるし、よそのチームに行っちゃうのかな?
by zhimuqing | 2019-07-16 00:28 | All The Kings Men | Comments(0)

ストーブリーグは熱い(文字通り)

NBAのオフシーズン、FAが解禁になって一週間。いわゆるストーブリーグですが、7月にストーブと言われても?というのはさておき、今年は色々ビックリする話が連発して、例年にない盛り上がりですね。熱いです。もう驚くことはないだろうと思っていた昨日6日目のカワイ・レナードとポール・ジョージのクリッパーズ移籍には本当にビックリです。個人的に驚いたのは、ディアンジェロ・ラッセルのウォーリアーズへのトレードかな。

e0147206_12395357.jpeg

それにしても初日の契約金額の合計が3.157ビリオンダラー。31億5700万ドル。円じゃなくて、ドルですから。たったの48人ですから。想像を絶しますね。

さて、我らがキングスはビッグネームの動向への狂想曲を尻目に堅実な動きで嬉しくなります。ビッグネームよりも献身的に動く脇役の充実の方が、最終的に大事ですからね。アリーザ(大好き!)、コーリー・ジョセフ(結構好き)、デットモン(まあまあ好き)、ホルムズ(ごめん、名前しか知らない)と、ディフェンスを得意とする選手を強化してくれたのはやはり嬉しいところ。同じポジションの選手とはタイプも違うし、いい感じで厚みが出ました。向こうの言葉で言えば、depthってやつですね。ドラフトでの新加入の選手に即期待しなくていいというのが、近年のキングスと異なるところ。

一方で去っていく選手もいて、それはそれで寂しいものです。コーリーステインは格安でウォーリアーズへ。ファンからはあまり人気のなかった選手でしたが、私は好きでした。カズンズトレード直後の試合で大爆発したのは忘れられません。オフには絵を描くドラゴンのようなWCS、スティーブ・カーの元で改造されて大成してほしいものです。

e0147206_12221076.jpeg

e0147206_12175294.jpeg

フォックスからのロブパスでタンクを決めるウィリコーが好きでした。来季はカリーやディアンジェロからのロブパスを受けるかと思うと胸が熱くなるぞ!


それともう1人、寂しいのが2年前にドラフトで入ったフランク・メイソン。小さい身体でドタバタ突っ込んで行く姿はスマートでカッコいいフォックスと比べると随分泥臭いものでしたが、私みたいなドタバタタイプの人間にシンパシーを抱かせるのに十二分な条件がありました。

e0147206_12235680.jpeg

ロッカーでも素晴らしい人だったそうですが、試合に出れなくてもベンチで盛り上がる姿も好きでした。他のチームを早く見つけるためのこの時期の契約解除ですが、何とかしぶとく食らいついてほしいものです。

e0147206_12250137.jpeg

踊るメイソン。来季見られないのはやっぱり寂しいっす。


そうそう、怪我で評価を著しく下げているカズンズ、無事にレイカーズと契約とのこと。

e0147206_12393708.jpeg

個人的にはジャズかスパーズに行って欲しかったのですが、AD、ロンドとのペリカンズビッグ3の再結成には少し興味がありますね。この夏、何とか復調して万全な姿を見せてほしいものです。

e0147206_12335427.jpeg

完成直前でカズンズの怪我で夢に終わったADとのツインタワー。カズンズ100%ではないとは言え、60%カズンズでもまだ夢はある!
(追記)ADから説得されたのレイカーズ入りだった模様。何となく嬉しい。

e0147206_12325905.jpeg

本当は優しい漢なんですけどね、カズンズ。

by zhimuqing | 2019-07-07 11:28 | All The Kings Men | Comments(0)

Representing Japan!

いよいよドラフト!

育成の上手なスパーズやヒートに指名されてほしいものです!
なんと全体9位で指名。ワシントン・ウィザーズ!

e0147206_17414481.jpeg

e0147206_17415739.jpeg

いつも思うけど、アダム・シルバーってデカイよね。

ロッカーの雰囲気がサグな空気で満たされていることで有名なチーム笑ですが、サンズやティンバーウルブズよりも育成上手なイメージあるし、再建モードでもあるチームなんで、ハッチにもチャンスありますよね!

e0147206_17423281.jpeg

アキレス腱断裂で苦しんでいるジョン・ウォールの怪我が回復して、ブラッドリー・ビールとのコンビが復活すれば、八村の活躍も見えてくると思うわけで、楽しみです、はい。

e0147206_17424774.jpeg

e0147206_00200178.jpeg

e0147206_00202610.jpeg

by zhimuqing | 2019-06-21 00:19 | All The Kings Men | Comments(0)

トロント

e0147206_11042732.jpeg

e0147206_11035015.jpeg

e0147206_11040570.jpeg

e0147206_11044511.jpeg

ラプターズの優勝パレードに150万人集結!人口260万の都市の約6割。凄いもんです。

発砲事件があったけど、怪我人2人で済んだことは幸いです。(怪我した人は本当に災難ですが)

e0147206_11091245.jpeg

驚いたのは負けたウォーリアーズがラプターズを讃える広告を出したこと。色々揶揄されますが、ドライなアメリカのスポーツ界で、大怪我した選手2人にマックス契約のオファーを出すと噂されていたり、なかなか男気をみせているのは気持ちがいいもんです。

by zhimuqing | 2019-06-18 12:28 | All The Kings Men | Comments(0)

おめでとう

トロント・ラプターズがゴールデンステイト・ウォーリアーズに競り勝ち、見事初優勝!

e0147206_14305541.jpeg

1年で移籍してしまうかもしれないレナードと生え抜きのデローザンをトレードした、ラプターズの一世一代の勝負が実った形。おめでとう!勝ち進むごとにはっきりと強くなっていくチームというのは、ありそうで実はあまり無いのですね。お見事です。

e0147206_14310847.jpeg

ファイナルMVPはカワイ・レナード!トレード志願でラプターズにトレードされていきなり優勝!凄まじいです。オフの契約をどうするか?が分かりませんが、ラプターズに初優勝をもたらし、自身は2度目のファイナルMVP。やり残したことはないような気もしますが、はてさて。なんだったらキングスに来てくれてもいいんだよー。

e0147206_14312225.jpeg

e0147206_14313407.jpeg

三連覇を狙ったウォーリアーズは残念ながら敗戦。とはいえ5年連続ファイナル進出、怪我人続出の中、本当に頑張りました。ケヴィン・デュラントもクレイ・トンプソンもケヴォン・ルーニーもオフの間にしっかり怪我を治してほしいものです。

e0147206_14421865.jpeg
カリーのスリーが外れたの敗戦だと外野としてはまだ諦めつきますよね。

個人的に応援していたカズンズもリング獲得ならず。ファーストラウンドで怪我してからのまさかの復活でしたが、微妙な活躍しか出来なかったのが残念。怪我を治して少しでも昔の姿を取り戻してもらえれば。来期はどこに行くのでしょう?

e0147206_14374358.jpeg

ということで、楽しかったNBAの今シーズンもこれで終了。オフの動きは楽しみですが、秋まで少し退屈しそう。でも、まあ来期はキングス爆裂躍進の年ですから。楽しみすぎますね。

e0147206_14442696.jpeg




by zhimuqing | 2019-06-14 14:17 | All The Kings Men | Comments(0)

バーグリーおめでとう

サクラメント・キングスのマーヴィン・バーグリーIIIがNNAオール・ルーキー・ファースト・チームに選出。おめでとう!

e0147206_07322333.jpeg

とは言っても本来の実力とポテンシャルから考えると当たり前!だと思うし、途中の怪我がなければ新人王だったと思うし、何より本人が納得していないかとも思うのですが、本当の勝負はこれからなので、素直に喜んでいいのではないのでしょうか?

e0147206_07324042.jpeg

外もあるし、中でゴリゴリも出来るし、柔らかいフックシュートもある。PFとしてはキングス久々の本格派、ウェバー以来かも。(思えばウェバーは早すぎた天才ですね。今のNBAのスタイルにはバッチリ合っていただろうに)現在、NBAはプレーオフが大詰めを迎えようとしていますが、来年の今頃はまだキングスが残っているような気がしてきたぞ!ということで、夢は広がります。

by zhimuqing | 2019-05-23 07:15 | All The Kings Men | Comments(0)

覚悟しておくのだ!

NBAの今季の各賞のファイナリストが発表になった訳ですが、Most Improved Player(NBA最成長選手賞)の3人のうちに、ディアーロン・フォックスが選出。

e0147206_19453634.jpeg

フォックスとラッセルとシアカム。他の2人はプレーオフに出ていて、シアカムは結構な活躍を見せているので、プレーオフに出ていないキングスのフォックスの受賞は厳しいかもね。現在進行形のインパクトには欠けるので。とは言え、昨年のチーム成績からの積み増しという部分では12勝。1勝減ったラプターズよりもインパクトありますね。ネッツはどうだっけ?あれまあ、14勝積み増しなのね、ということで、うーむ、なかなか敵もさるものです、はい。

e0147206_20045842.jpeg

が、しかし未来のスーパースターということで言えば、間違いなくフォックスでしょう。頭八個ぶんぐらいぬけてます

e0147206_20052659.jpeg

ちなみに、私としてはフォックスもそうですが、バディ・ヒールドも同じぐらいの伸び率があったはずだと思っていて、しかも17年→18年もまた同じように伸びていたと思うだけに、なんともなあという感じなのですが、天性のスター性を持つフォックスに比べると、ヒールドは少し地味だからなあとも。そこがまたヒールドの良さなんですけどね。

e0147206_20063614.jpeg

ヒールドは来年あたりオールスターに選ばれる予定。それにしても派手な写真が見つからない笑

e0147206_20122610.jpeg

そうそう、ルーキー・オブ・ザ・イヤーにキングスのバーグリーが選ばれていないのは気に喰わない。はっきり言って1位指名のエイトンよりも2位のバーグリーの方が凄かったと思うのです。キングスファンとしての贔屓目を差し引いたとしても。怪我で離脱が響いたのかもしれませんが。まあ、でもROYよりもその後の伸びの方が大事だよね!ということで、今年のところはこのくらいにしといたろう、という感じでしょうか?来年はその辺無視できない感じに育ってるからな、気がつくとオールスターはキングスだらけになりまっせ、ということなのです、はい。

e0147206_20104735.jpeg

e0147206_20110001.jpeg


by zhimuqing | 2019-05-18 19:25 | All The Kings Men | Comments(0)

ザイオン

NBAのドラフトというのはよく出来ているなと感心する昨日のロッタリー。

e0147206_13525170.jpg

少人数で成績がガラっと変わってしまう競技ならではの創意工夫がなされていて感心します。負け数が多い方がドラフトでの指名順が高くなるけど、わざと負けるのを防ぐために指名順は最終的に抽選で決まるという仕組み、本当によく出来ています。

e0147206_13523599.jpg

昨日のロッタリーでは1位指名権をペリカンズがゲット、一位獲得確率6%からの大逆転。一番負けていたニックスは14%だったのに3位、同じく14%だったキャブスとサンズは5位と6位。なかなかドラマがあります。

アンソニー・デイヴィスがトレード志願を出して一気にテンションが下がってしまったニューオリンズ・ペリカンズですが、これで10年?20年?に一人の逸材と言われるザイオン・ウィリアムスンが指名できることが確定。

e0147206_13532624.jpg






それにしてもザイオンは凄まじい!怪我だけはしないでほしい!


さっそくNBA好きの間では来年のペリカンズの編成をどうするのか?騒ぎになっておりますね。これでAD放出待ったなし、対価として誰(複数)を貰うのか?とかね。個人的にはセルティックスのジェイレン・ブラウン(お気に入りなんです)とジェイソン・テイタム+指名権かな?ホリデー+ブラウンでなかなかカチカチのディフェンス、すごく面白そうだし。ま、本当のところはAD残して、AD+ザイオン+ランドルが観たかったりするのですけど。
e0147206_14002994.jpeg

ジェイレン・ブラウン、本当はキングスに欲しいのですけどね。

by zhimuqing | 2019-05-16 00:28 | All The Kings Men | Comments(0)

安心して応援出来るというもんだ

ラプターズが激闘の末に76ersを下してカンファレンス・ファイナルへ。

e0147206_12231725.jpeg

それにしても今年のプレーオフの面白さは近年まれにみるレベルかと。カズンズが怪我した瞬間に今年はこれで終了と思ったのが嘘みたいです。今プレーオフで今のところもっとも男を上げたのはデミアン・リラードでしたが、カワイ・レナードのこのラストのショットもプレーオフ史に残る一撃でしょう。





e0147206_1137033.jpg
直前にフリースロー1本外して同点に追いつかれてのブザービーター。たまりません。



さすがNBAで一番ジェダイの騎士っぽい選手だけあります。

e0147206_11362898.jpg

これでオフには移籍せずにラプターズに残留確定するのかな。スパーズにいた時から好きな選手ですが、何せスパーズですから応援しにくかったわけですが、東にいてもらうと安心して応援できるというもんです。というか、西海岸に戻りたくなったらいつでもサクラメントに来てもらってもいいのですが!

e0147206_11564877.jpeg

e0147206_11570390.jpeg

e0147206_11571602.jpeg

e0147206_11573386.jpeg





負けて涙を流すエンビードと健闘を称えるガソル。あれだけ試合でバチバチやってたのに。とても良いシーンです。

最後の瞬間を見守った後に爆発するトロント市民の皆さん

e0147206_12192281.jpeg

e0147206_12193594.jpeg

e0147206_12194930.jpeg

e0147206_12200018.jpeg

羨ましい!

by zhimuqing | 2019-05-13 12:00 | All The Kings Men | Comments(0)