人気ブログランキング |

今年も踊らされる

e0147206_3102591.jpg
昨日はレコード・ストア・デイ。HMVの渋谷が1番早く開店する上、ツイッターで入荷点数に自信あり!9時開店、8時半に整理券配ります!と煽るので、煽り耐性の弱い私は頑張って早起きして渋谷へ。

e0147206_02350836.jpeg

土曜の朝8時過ぎの渋谷。スクランブル交差点もガラガラです。

センター街を心待ち急ぎあしで抜けて、お店の前に着くと、すでに並んでいる人多数。

e0147206_02363124.jpeg

私もそそくさと行列に並んで、8時半に整理券ゲット。112番。

e0147206_02374178.jpeg

北京語を話す人もチラホラ。もちろん英語も。みなさま、朝早くからご苦労様です。

e0147206_03053223.jpeg

さて、私のお目当てのブツはとりあえず2点。エリカ・バドゥとジェイムズ・ポイザーのコンビの7inch 。これは入荷数はそこそこありそうなんで、心配はないかと判断。

そしてこれが相当悩ましいアル・グリーンのハイ時代の7inchシングルをコンプリートで詰め合わせたボックス。馴染みのお茶の水のお店に問い合わせると、当日入荷するかどうか微妙、競争率は特に高くはないと思いますけど入荷数は一点のみ、値段は入荷していないのでまだ確定しません、とのことで、私を悩ませます。アル・グリーンのボーカルのスタイルの如く、私を悩ませます。

時間つぶしで読んでいた本がちょうどデッカードが懸賞金を握りしめ山羊を買う場面に差し掛かったところで、9時開店で微苦笑。

e0147206_02382158.jpeg

e0147206_02384333.jpeg

整理券の番号順なので、なかなか入店出来ませんが、なんとか入店し、波をかき分けかき分け、ソウル・ダンス・レゲエ・ジャズ売り場の2階を目指します。

ま、結論から言いますと、やはり皆さん、ロックがお好きなのね、という感じで、大混雑している1階と違い、2階はわりと優雅に空いている。アル・グリーン箱はやはり倍率は高くなかった模様で、優雅に2箱置かれているのを発見。素早く手に取り、たくさん置いてあるバドゥも手に取り、まずは一安心。

悩むのは、その他のブツ。パーラメンツの60年代未発表曲の10インチ、そしてプリンスの当時日本限定だったPop Lifeの拡大シングル、”His Majesty’s Pop Life”に大いに悩む。“Erotic City”のロングバージョンが入っているし。

でもまあパーラメンツは貴重だけどほとんど聞かないだろうし、プリンスの12inchはRSDで過去再発されているけど結構後まで売れ残っていることが多かったはず。来週から連休前までタイに出張なので、帰国して残っていたら買いに行こう!ということで、なんとか踏み止まる。単純に資金の問題でもあるわけですが。

e0147206_384578.jpg


スライのウッドストック完全盤はスタンドとの抱き合わせCDで出ていること、結構な入荷数だったこと、3年前にRSDで出たフィルモアイーストが割と売れ残っていたことを思い出し、これも我慢。レジの長蛇の列に並んでいた時に店内でかかっていたので心揺らぎましたが、もう長蛇の列に並び直す忍耐がなかったというのもあります。

e0147206_395366.png


リー・ペリーのブラックアーク・ボックスも当然気になりましたが、並んでいる最中に確認すると、昔の音源を最近ミックスし直したものであることが分かり、これは却下。アリサのシングルとオーティスのライブ盤は早々に買われてしまったのか見当たらず。まあ、これは狙っていなかったので、特に問題なし。

ということで、結局なんだかんだと踊らされるレコード・ストア・デイ。今年も見事に踊らされた訳ですが、それはそれで楽しいということで、本日のブツ。

e0147206_02402743.jpeg

あれっ?なぜかスライもありますね。結局夕方に買いに行きましたとさ。完全に金欠です、はい。

e0147206_02431483.jpeg

アル・グリーンの箱はこれはやっぱり買っておいてよかったかと。箱を開けると、シングルがごそっと入っていて、分厚いブックレットに可愛い7inchアダプターも。なぜかうっすらとチョコレートの香りが漂って来るのはわざとかしらん?

e0147206_02435430.jpeg

音はリマスターされただけあって、なかなか分厚くてよろしい。ハイでのデビュー作から順に聴いております。1枚目のシングルのA面とB面、ラベル貼り間違えてて、いきなりずっこけますが、中身は極上。良い曲揃いで延々リピートしてしまってなかなか進まない。家族に怒られない程度に部屋に篭ってずっと聴いているの、なかなか進まない。別に早く進める必要は全くないのですが。

e0147206_02444845.jpeg

とりあえず今日のところはブックレット読みつつ、7枚目まで。つまりはハイでのアルバム二枚から切られたシングルまでで終了。スタイルを確立する直前までの音ですが、なかなかにファンキー。ミーターズの音にも共通する良さがあって猛烈に好みです。この辺、きちんと聴いてなかった自分に猛反省を促したいところです。(おかげで今楽しめているのですけどね)

ということで、なかなか長く楽しめそうな予感しかありませんが、これまた火曜から出張なのが口惜しいところです。いっそのこと、タイのアパートにもプレーヤーを置こうか?と思いつつも、流石にそこまでは踏み切れないところなのであります。

by zhimuqing | 2019-04-14 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)
<< BlacKkKlansman 流石にかっこいい >>