02年



ジョン・ブラックウェル、ロンダ・スミス、メイシオ、エリック・リーズ、グレッグ・ボイヤー、レナート・ネト、そしてシーラE。

シーラEはやっぱりプリンスの横にいてこそ映える人だし、また自分の活かされ方もよく分かっている人だと思います。ブラックウェルとシーラとロンダのコンビネーションもまた格別。メイシオ+グレッグ+リーズはJB+Pファンク(+チャック・ブラウン)+プリンス!ネトの演奏の凄さに似つかわしくないとぼけた顔も◎。バンド全員から最高のパフォーマンスを引き出すプリンス。しかもその本人が一番かっこいい。02年当時最高のバンドはソウルトロニックス説を強く推していた私ですが、この強靭な演奏と最高のルックスを見ると、やっぱり常に最高だったのはプリンスかなと思います。

かっこよすぎます。涙が出ます。
[PR]
by zhimuqing | 2018-06-19 00:27 | Funkentelechy | Comments(0)
<< Welcome to Marwen ケン・リュウ! >>