10歳ドラマーKハク君

先日ここで書き、ごくごく一部で話題となった旧友の息子、10歳(になったばかり)ドラマーのKハク君と久しぶりにご対面。何年ぶりかな。多分5,6年ぶりになるのではないかな。大きくなっていてびっくり。

あの後、両親の懸念を振り切って、無事地元のジャズバンドに入り見習いの日々のKハク君ですが、大きな声では言えませんが、クラスに好きな娘がいるそう。で、その娘を含む女の子数名を家に遊びに来させることに成功したそうなのですが、なんとその日が入団したばかりのビッグバンドのイベント(地元のコンテスト)とバッティング。両親に懇願しまくってビッグバンドに入ったのに、女の子軍団の訪問に舞い上がる一方のKハク君。とうとうキレたお母さんに怒鳴られます。


あんた、ジャズと女、どっちを取るの!


小学3年生、齢9歳にして、ジャズと女のどちらを取るか迫られるという、なかなか稀有な経験をしているKハク君、迷わず答えます。


女に決まっとるやん!



ジャズマンとしてもファンカティアーとしてもブルースマンとしても満点の答えでしょう。


さて、そんなKハク君が遂に私と相方モヤーン氏と年の瀬にご対面。モヤーン氏にいっちょ揉んでもらおう、という試み。
e0147206_1743199.jpg
そこは小学3年生、リズムキープなんかよりも派手なフィルインがやりたくて仕方ない模様。10歳の男子だもの、それは仕方ないよね。サンバキックの練習(そんなの教えるなよという話もありますが)は地味すぎたのか、あまり乗り気ではありませんでしたが、コールドスウェットの基礎フレーズはなんとか時間内にこなせるようになり、どや顔で決めるところも超かわいいもんです。今度またゆっくり遊んでみたいものです。
e0147206_17432198.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-12-30 16:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)
<< それではよいお年を! 確かに賛否分かれるよね >>