残業帰りの山手線のモニターで知りました

e0147206_2237022.jpg
その革新性や鋭さを書いていけばキリがないのだろう。
でも、ひたむきに前を向いているような、聴き手を励ますような、
そして包み込むような、その力強い歌こそが一番。
私を含め、その声に励まされた人は世界中に文字通り星の数ほどいるし、
これからもずっと増え続けていくのだろう。
CDやLPをかければ、これからも私を励ましてくれ続けるのでしょう。
でもやっぱりとても寂しいよ。
[PR]
by zhimuqing | 2015-05-15 22:38 | Blues 4 Terapin | Comments(0)
<< これは大コーフンだ!!! 数冊ばかし >>