Dirty Computar

e0147206_14401939.png
さて相も変わらず聞き続けているジャネール・モネイの新作。先月27日に入手して以来、1か月経った今日まで毎日聴き続けている私。タイの片田舎のレストランでも小さなCD屋でも私の前に登場するほど一気にブレイクを果たしたモネイちゃん。当然ですね、はい。見事な映画出演を連発、満を持しての新作は果たして全方位に開かれていて、聴けば聴くほど素晴らしい。
e0147206_14343128.png
モネイとネイト・ワンダー、チャック・ライトニングのホーリー・トリニティによる製作。歌詞中にシンディ・メイフェザーは出てこないものの、路線を大きく変えることは当然ありません。スペースエイジな肌触りを残しつつ、アフロセントリックな芯をしっかり残した音は依然として抜群の説得力と包容力に満ち満ちています。曲中の展開に合わせて、様々な表情を見せる歌いっぷりにはわざとらしさがなく、この声のおかげで聴くたびに曲が緩やかにこなれていき、細胞に染み渡る。ジャネール・モネイが一人の人間として届けたいであろう層までこの声が届くとよいのですが。
e0147206_14344689.jpg
ディープ・コットンの二人に、脇を固めるのもケリンドゥ・パーカーにローマン・ジャンアーサー。ベースに新顔のジョン・ジョン・トラックスを迎えた他はいつもの面々。コードの使い方やメロの乗せ方には既視感もあり、圧倒的な遠投力を見せ付けた前作、前々作に比べると控えめな印象を初めに感じたのもまた事実。期待を高めるコーラスが美しすぎるオープニングの後に続くのが、淀みのない展開と割と素直な歌唱なだけに。
e0147206_1435199.jpg
が、しかし、ここはしっかりと踏みとどまって聴きこんでいくべきなのです。聴きこんでいくとまた違った表情が見えてくるので、素通りしてしまうのはもったいない。オハイオ・プレイヤーズがワープする宇宙船の中で演奏しているような“Take A Byte”でのレイドバックした喉から生まれるグルーヴ。ブレイクの前後からこっそり変えていく表情。サンダーキャットのウニウニしたベースは少し前のエリカ・バドゥとのライブを思い出します。この手の曲をサンダーキャットには期待しているのだけど。ケリンドゥのこの上なくキャッチーなリフで始まる “Screwed”では筋肉質なジョン・ジョン・トラックスのベースの波を自在に乗りこなす天性のバランスの良さが際立ちます。トラックスのベースはネイト・ワンダーに比べるとリズムに対する粒立ちが良いので、モネイの技がより冴える気がしますね。
e0147206_14352642.jpg
更に言うと、アルバムと同時に発表された映像集”Dirty Computer”、これは必見です。これを観る前と後で音の印象が全く変わってくるので。映像を見て、声の使い方や重ね方の深みに気が付き、ため息が漏れる私。それにしても改めて映像で見ると、プリンス趣味よりもやっぱりマイケル風味が強いのが面白いし、モネイの存在に初めて気付いた2010年のあの夜からその印象が私の中でずっと変わらないのも面白いです。
e0147206_14353944.jpg
多分結構な数の人が期待していたプリンス色は思ったほど濃いものではない。全面的にプリンス色を出す方向に振り切ることも出来たのだろうけど、あえて成分(精分?)を宇宙全体に散りばめてきたという方が正しいかと。

もっとも映像を観ないと魅力が伝わらないのかと言えば、そんなことは全くないのがジャネール・モネイ(それでも映像観た方が良いけれども)。殊にジャネール・モネイに求める様々なエッセンスが凝縮されている中盤以降は理想的な流れを魅せます。映画ブラックパンサーのオコエにインスパイアーされた“Django”は得意のローリン・ヒル直系のフロウを披露。オコエのカッコよさに勝るとも劣らないモネイ。ブラックパンサーに足りなかったものはモネイの存在なのか?続く“Pynk”は単なる可愛い曲と思わせておいて、実は歌詞を含めこのアルバムの核となる曲。コーラスのアレンジとギターの組み合わせも素晴らしい。
e0147206_14355337.jpg
アルバム発売の報と共に紹介された“Make Me Feel”は文句なし。プリンス色全開の曲調。シンセのリフはプリンス作という噂もありますが、クレジットはありません。“Kiss”と同じくコーラスには本当に一緒に口ずさめば気持ちが良くなっていく魔法がかかっている。後半のイケイケなファンキーな歯切れのよい声、正直言うと2曲目でこの声が聴きたかったのです。続く“I Got The Juice”でのファレル・ウィリアムズとのコンビネーションの良さ。後半のスクリューになってロボ声が全面に出てくるパートの美しさも◎。ファレルとの相性の良さは誰もが認めるところなので、そろそろがっぷり四つで組んでもらいたいものです。
e0147206_14365149.png
今日の時点(おそらく今後もずっと)では、続く“I Like That”、“Don’t Judge Me”、特に“Don’t Judge Me”がアルバムの中核かと。徐々にむき出しになる生身のジャネール・モネイ。この人の本質的な魅力とは、常にどことなく苦みやビターな響きを伴っていて、その苦味を温かく包み込んでみせる声だと思うのですが、その温もりをこんな形で聴かせてくれると私はただひたすら満たされてしまいます。アルバムに合わせて行われたローリング・ストーン誌のインタビューではパン・セクシャル発言と共に過去に受けてきた苦しみについても吐露していたモネイ。インタビューを踏まえて聴いたので更に深みが出るかもしれませんが、もっと単純に歌だけで酔わせてくれる、そういう曲だと思うのです。
e0147206_1437221.jpg
おそらく過去2枚ともっとも違う点はこの生身のジャネール・モネイ・ロビンソンとしての感情の開放かもしれなません。希望が確信に変わっていく中での自信。ソーシャル・アクティビストとしての自身の思いをどこまで遠くまで届けられるか、どこまで遠くの人を抱きしめられるか。ムーンライトでのあの慈愛に満ちた眼差し、ヒドゥン・フュギュアでのあの自己肯定と未来への確信。アルバムの最後を締めくくる“Americans”を聴きながら、ジャネール・モネイの未来への広がりに思いがぐんぐんと膨らんでいくのです。
e0147206_14373411.jpg
e0147206_14381716.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-26 14:28 | Funkentelechy | Comments(0)

過労死促進法案

e0147206_373288.jpg
データをねつ造してまで進めたい自民党と公明党、おまけの維新。まともに仕事をしたことがない二世、三世議員の面々。年収1075万円以上だって?あっという間に基準は下げられるだろうし、年収1075万以上だって、労働時間の規制を外して良いものでもないことは誰が考えてもわかるはず。

経団連 榊原定征
制度が適用される範囲をできるだけ広げていってほしい

厚労相(元) 塩崎恭久
(法案は)小さく産んで大きく育てる。とりあえず通すことだ


e0147206_2541664.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-26 03:07 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

ああ、レジー・ルーカス

e0147206_14581.jpg
世の中にギタリストのコンビは星の数ほどありますが、私の好きなジャンルではあまりないのですね。むしろ単品?で目立つ人が多いというか。JBではジミー・ノーランともう一人いますが、結構メンツは変わるし、ノーランほどキャラもたっていない。Pファンクでは、エディとハンプトンは基本的にかぶらないし、シャイダーやグレンはむしろシンガー。あえて言うと、ブラックバードとハンプトン、でもブラックバードがいるとハンプトンはあまり目立たないし。プリンスだとデスとかウェンディとかミコとかリーヴァイの名前が上がりますが、あくまでも主役を支える人。スライとフレディーも多分同じ関係ですよね。

二人のキャラが立ちまくっているコンビとして、さっと思いつく中では、カーティス・メイフィールドとクレイグ・マクマレン、ディアンジェロでのジェシとシャーキー、リン・テイトとハックス・ブラウン、アフリカ70の皆さん、ハウンドドッグ・テイラーとブリューワー・フィリップス、そして忘れてならないレジー・ルーカスとピート・コージー。
e0147206_1668.jpg
ルーカスとコージーのコンビはワイルドネスもさることながら、何よりも二人のスタイルの対比から生まれる緊張感が素晴らしい。無尽蔵に聴き手のイマジネーションを煽る音。当時のマイルスのバンドは人類史上屈指のファンクネスを誇るバンドだと思いますが、それもこの二人の作り出す音があってこそ。二人のキャラ(ルックス)も立っていたけど、音のキャラもやっぱり負けていない。特にルーカスのぐにゃぐにゃしたカッティングの貢献度は過小評価されている気がしてなりません。
e0147206_15225.jpg
このバンド、生で見たかった!

マイルスの元を離れたルーカスは元同僚のジェイムズ・エムトゥーメイとプロデューサーチームを結成するわけですが、この時期は結構正当に評価されているかと。後追いだった私はこの二人の作り出す魅力に結構時間がかかったものです。マイルス時代に比べて全然ファンキーじゃないし、日和ったんじゃないかと。歌い手の実力を存分に引き出す曲作りと強靭なグルーヴ。フィリス・ハイマンもステファニー・ミルズもこのチームと組んだ時が一番かっこよかったかと。フィリーの音とはまた違う熱を引き出したテディ・ペンとのコラボがもっと聴きたかったのは私だけではないはず。
e0147206_163720.jpg
フィリス・ハイマンとの“You Know How To Love Me”、ステファニー・ミルズの“Wht Cha Gonna Do With My Lovin’”、マーク・サダーン “One Minutes From Love”あたりでしょうか。もちろんエムトゥーメイでの数々の名曲も捨てがたいし、上ほど触れたテディ・ペンとミルズとのデュエットも本当に素晴らしい。

マドンナでのブレイクで方向が変わってしまったのは少し残念かな。お金が入ったのはお勝ったとは思いますが。80年代半ばの殺伐としたソウル・ファンクでの音に対してだって、この人なら十二分にソウルを込めることが出来たと思うし、マイルス時代のあの音作りが復活する可能性だってあったと妄想は広がるわけですが、それもまた一つの人生。残してくれた見事な音楽をありがたく味わい続けていけるだけでも我々は幸せなものです。ありがとうございました。安らかにお休みください。
e0147206_17230.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-21 23:28 | Funkentelechy | Comments(0)

ごめんね、おばさん

タイの田舎のレストランでいきなり“Pynk”がかかるほど、モネイちゃんの勢いを感じる今日この頃、皆様いかがお過ごしですか?

いつものようにタイに出張に来ておりますが、今回はお客さんもタイ在住19年のF氏もおらず、晩御飯は一人で食しているわけです。ま、他の人と来ても、おっ! Pynkがかかっている!モネイちゃんやん!等の会話はないわけですけれども。

で、そのままアパートに帰っても退屈なわけで、日本から持ち込んだ本を読んでいるわけですね。アパートの部屋に置き忘れて鞄に入ったまんまの本が三冊あったので、まとめてテーブルの上に置いて、つらつらと本を読んでいたわけですが、レストランのオーナー、在タイのイタリア人と結婚しているおばさん、が置いてある本を見て感心するわけです。
e0147206_20365069.jpg
本を読む人はなかなか素晴らしい、とかなんとか。で、持っていた中で一番分厚い本を指して、難しい本なのでしょうね?等と聞いてくるわけです。ちなみに本には全てカバーをかけているので、どういう本かは分からないわけです。会話を再現してみましょう。



難しい本なのでしょ?


アメリカの詩人の詩について書かれた本なのです。


ワンダフル!ビューティフル!


イタリア人と結婚しているせいか、表現もストレートです!






・・・ごめんね、おばさん。確かに詩について書かれた本ではありますが、その正体はこれ。
e0147206_20371787.jpg
R&B馬鹿リリック大行進 ~本当はウットリできない海外R&B歌詞の世界~
e0147206_20374075.jpg
・・・ごめんね、おばさん。私はそんなに知的なタイプではないのですよ。ケリスとかケリスとかケリスとかの馬鹿すぎる歌詞を徹底的にいじりまくる宇多丸師匠のラジオをまとめた本なのでした。自分のブログでもそのまま引用するのは抵抗がある、そんな歌詞が羅列された本。海外とはいえ、外でそのまま読むのはアレなんでカバーをかけておりました、はい。なんだか騙したようで申し訳ないです、はい。とまあ、そんなわけで、読んでる本でその人となりが分かるといいますが、やはり外で読む本にはカバーが必須だな、ということで。
[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-16 00:28 | La Sombra Del Viento | Comments(0)

Break Free

Break Free

1st - 27th August 2018, 4.35pm

Wasabeats Crew present the European premiere of Break Free featuring champion break dancers, each with world titles, who are ready to carve up the floor to reach dizzying new heights. Direct from Tokyo, this crew are world-class urban dancers, fusing the very best in skill and technique, state of the art technology and a thumping soundscape, alongside breath-taking never before seen tricks! Break Free is the ultimate breakdance fairy-tale suitable for all the family.

e0147206_18314263.jpg


なんか自分が緊張してきた・・・。お腹痛くなりそう笑。
[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-14 18:27 | Popper's Delight | Comments(0)

Lovesexy 30周年!

LOVESEXY、30年前の今日、発売!
e0147206_15966.jpg
昔からものすごく大好きなアルバム。プリンスのアルバムでベストと思ったこともあるが、今でも月の1/3ぐらいの頻度でそう感じております。
e0147206_284799.jpg
ブラックアルバムが未発表になった時、様々な理由が噂されましたが、発売中止の理由はこのアルバムを聴けばよく分かる。だって完成度や密度が桁違いに違いますもん。あの一筆書きなアルバムはあれはあれで素晴らしいのですが、当時のプリンスが求めたものはもっと細部まで作りこんだアルバムだということがよく分かる。
e0147206_29567.jpg
やっぱり好きなのはA面の流れ。そして猛烈にファンキーなDance Onにつながるところ。ボニやキャットやシーラの声が入り乱れるところがまたたまりません。文句なしのマスターピース。
e0147206_2104045.jpg
誰が何と言おうと、プリンス史上最強のバンド編成は87-89年、これだけは譲れません!
[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-12 02:10 | Funkentelechy | Comments(0)

かぶりつく!

การเยี่ยมชมครั้งแรก Baker Bouce@Sangenjaya! กับเพื่อนที่ดีที่สุดของฉัน!! อร่อยมาก!!!
三軒茶屋の噂の名店Baker Bounceへ初見参。
e0147206_164526.jpg
噂にたがわぬ肉肉しい?ハンバーガーに感嘆。
e0147206_173985.jpg
サラーム師匠お勧めのベーコンチーズバーガーをお願いする。
e0147206_1131210.jpg
組み立てて
e0147206_1133950.jpg
包んで
e0147206_114220.jpg
かぶりつく!野生に戻る瞬間!
e0147206_1143669.jpg
ボン兄さんも冷静に写真を撮っていると見せかけて
e0147206_115467.jpg
かぶりつく!

18時半に行ったのに最後の2枚で危うく食べられないことになりそうに。
e0147206_171290.jpg
自他ともに認める大食漢の私ですが、ベーコンチーズバーガーとフィッシュ&チップスであえなく満腹。メニューを制覇するのはなかなか大変そうなのであります。
[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-11 21:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

楽しいこどもの日!

人生でもトップレベルに嬉しいことが起きた子供の日。そのおかげか天気も良い感じに晴れ渡り、我が家は秩父の中へ。と言っても、そんなにハードコアな山に行けるはずもないわけで、軽く整備された山道を軽く歩くという催し?ですが、それでも自然の中でわさわさみんなで歩くというのはなかなか精神衛生上よろしいわけで、気分は上々です。シマヘビ二匹見つけたし。
e0147206_203440.jpg
e0147206_205846.jpg
e0147206_214625.jpg
e0147206_221644.jpg
地図を読む?
e0147206_23256.jpg
自閉症の常?なのか、暗い所や知らない場所を嫌がることが多い我が家の隊長ヨウ先生ですが、この日はなぜか積極的に山道を歩きたがる。喜んでもらえるのはうれしいのですが、明らかにそちらに行くとドツボにはまるのが確実!という道を率先進んで行くのは、道に迷いまくる祖父の特性を引き継いでいるのかと。
e0147206_233875.jpg
疲れて座り込む。
e0147206_24144.jpg
帰りに川でちょっと遊ぶ。
e0147206_243758.jpg
水切りに挑戦!また行こう!
[PR]
# by zhimuqing | 2018-05-06 00:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)