やはり感動しかない

e0147206_00344212.jpg
実は相当迷ったのですが、やはり六本木のBで4万3000円はどうしても出せないと判断して(当たり前だ)、エリカ・バドゥの3回目のライブはSoul Campのみで我慢することに。前回がたしか14年の夏だったので、3年ぶりですか?その前が8年前か。


新作も出ていないし、ネットでも頻繁に新しい映像をチェックしているのに、エリカ・バドゥが登場しただけで全身の産毛どころか剛毛まで全てそそり立つのはなぜでしょう。デビュー20周年、この3年強で正直かなりふくよかになったバドゥですが、そのパフォーマンスには一点の曇りなし。いきなり、あの小柄な体から飛び出してくる、張り裂けるようなシャウトを喰らってしまうと、我々観衆は一発でノックアウト。
e0147206_00320448.jpg
バンドの編成はここ最近と同じもの。ドラム、ベース(なんとブレイロン・レーシー‼)、鍵盤、パーカッション、ラップトップ、DJにコーラス3人。コーラスは男性が二人なのが新しいかな。フルートがいなくなったのはちょっともったいない。エリカ・バドゥのハンドサインで自在に演奏のペースを変える鍛え抜かれたバンドなのも変わらず。中心のただ一点、つまり真ん中で歌い踊るバドゥへのバンドの集中力は凄まじい。

曲目やステージの全体的な展開は大きく変わってはいないのですが、バドゥから出るサインで細かい部分がかなり変わっていくのが刺激的。指先、爪の先まで意識を集中しているバドゥのステージパフォーマンス、バンドの勢いを一気に堰き止めてからのクネクネと変化する絹の糸のようなヴォーカル・コントロール(これこそがこの人の醍醐味ですよね)、ホーリーゴーストを呼び込むコーラス隊との駆け引き。後ろのモニターに映し出される映像。溜息しか出ない場面がたくさんあったなぁと溜息をつきながら昔書いたブログを読むとほぼほぼ同じようなことが書いてあり、我ながら少し面白く感じたのですが、それほどエリカ・バドゥ以外のステージではなかなか味わえない旨味だということなのでしょう。

No more HATE、No More War。シンプルな言葉で観ている我々を鼓舞するMCも相変わらず素晴らしい。話している言葉が分からなくても必ず分かりあえるという言葉も。と、コンシャスな姿勢を見せつつ、服をめくって下着をチラ見せしたり(2回もやった!)、投げ込み素振りを見せていたタオルでXXXをぬぐった挙句、客席に投げ込んで、ええ臭いやろ(意訳です)とスラックネスに軽々走るその振れ幅も美しい。完璧なファンクマスターにして、現役最高のヴードゥー司祭だな、と感激させられたのもいつもの通り。
e0147206_00314893.jpg
少しふくよかになってクリンゴン的にもなってきていますが、慣れるとそんなことも気にならず、やはり凛とした自己を持つ横顔は大変美しい。プーマちゃんはイイ感じに育ってきているようですが、やはり別次元、圧倒的に突き抜けている様は変わらない。もっともっといけます!新作を早く!


[PR]
# by zhimuqing | 2017-10-08 00:39 | Funkentelechy | Comments(0)

磨き抜かれた音

クアトロでKODAMA AND THE DUB STATION BAND。

こだま和文のバンド、なかなかスケジュールが合わなかったのですが、ようやく体験。自分の中にある様々な感情が体表から染み出してくるようなそういう音。ジャズのスタンダード中のスタンダードをレゲエ化、その研ぎ澄まされた音に乗せるこだまさんのトランペット。手垢のつきまくったはずのスタンダードであっても演奏する人の心の乗せ方で景色の見え方も随分と変わるものだと感嘆。

e0147206_01150993.jpg
コーチさんのしぶといベース(音がよく聴こえて本当に良かった)も凄いが、ハカセサンの鍵盤、これが凄かった。メレンゲを掻き立てるような、花で翼を休める蝶のようなカッティング。リトル・テンポでのライブで観たのはKedaco Soundsの時だから16年ぐらい前ですが、当時はそのすごさがあまりわかっておりませんでした。

 

e0147206_01153163.jpg

 それにしても精鋭部隊というのがふさわしいバンド。音から感じる乾いたロマンティシズムに「馬賊」という言葉を思い出したのですが、その武器は磨き抜かれた美しい音。帰りに興奮して最新12インチを買いましたが、これまた素晴らしい。早いところ、ワンマンを観に行かなくてはいけないと痛感した夜。いいものを聴かせてもらいました。

e0147206_01201112.jpg

e0147206_01152011.jpg
ランキン・タクシー乱入!呼ばれてないのに乱入!というのが最高だ!


[PR]
# by zhimuqing | 2017-10-06 23:28 | Open the gate | Comments(0)

折り紙を置く方にまわりたいよね

e0147206_00464765.jpg
e0147206_00463474.jpg
折り紙を置く方にまわりたいよね。
e0147206_00464002.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2017-10-06 19:28 | Change! | Comments(0)

ハラヂュクJINGUS

自分の弟がトーキョートライブの住人になるとは!

e0147206_02055066.jpg
なんでも君にぴったりの役があるからとの紹介だったようですが、シヴヤSARUとブクロWU-RONZの間に挟まれているハラヂュクJINGUSの號。性格的には一切ギャング要素ないのですけどね。笑。相変わらず美味しい役を頂いております。JINGUSには愛知君をいて、何となくそれだけで私なんか安心してしまいます。いつみても、そうそう、同じJINGUSに魚地菜緒という子のダンスが凄い。女の子であんなに踊れる人は初めて見ました。
e0147206_02055704.jpg
舞台には私でも知っているラッパーが参加しているのですが、実はまじまじと見たのは初めてなのですが、その技に驚きました。ACEの反則技的な存在感にも驚きましたが、一番心惹かれたのはKEN THE 390。ストレートなライミング、かっこいいです、はい。

とはいえ、実は私は仕事の流れで見に行ったものですので、仕事モードでいきなりコール&レスポンスやるテンションになれず、これは少し勿体なかったかな、と。ま、オッサンが張り切って叫んでいると、ドン引きされそうなのでありますが。

e0147206_02084937.jpg
会場で配っていたトーキョーとらい棒。密かに嬉しかったぞ!


[PR]
# by zhimuqing | 2017-10-06 00:28 | Popper's Delight | Comments(0)

おめでとう!

ノーベル文学賞にこれほどふさわしい人はいない!
e0147206_20132798.jpg
おめでとうございます!
e0147206_20130858.jpg
e0147206_20133518.jpg
e0147206_20134032.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2017-10-05 20:14 | Comments(0)

今のうちに噛みしめておきたい

e0147206_22452249.jpg
さじ加減一つで自治権も選挙権すらも簡単に奪われるという事。

良識があると一般に思われている周辺の国もそのことを指示するという事。

そういうことが分かり過ぎるほど分かります。

肝に銘じておきたい。
e0147206_22453285.jpg
e0147206_22460200.jpg
警察隊から投票所と市民を守る消防隊の人々。胸が熱くなる。
e0147206_22524155.jpg
e0147206_22455589.jpg


希望という看板を掲げて、排除という言葉を笑顔で語る政治家はどちらの側に立つ人なのか?

いわんやいたずらに国難を煽る政治家をや。

憲法をもう一度しっかりと噛みしめてみなければ。


第九十七条 

この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の成果であつて、これらの権利は、過去幾多の試錬に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである。


e0147206_22454863.jpg
e0147206_22454087.jpg


[PR]
# by zhimuqing | 2017-10-02 22:57 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

なんとか帰還

空飛ぶこぶたや、終了。

色々な準備不足がたたり、初めて大気圏に突入する宇宙船のような展開でしたが、無事地球に帰還出来たのは、全てお客様とお店のお二人のおかげでございます。感謝しかありません。
e0147206_19370534.jpg
突貫工事だった割には新規のネタは使えそうだという事が分かったのは収穫。これはもっともっとブラッシュアップしなければなりませんね。個人的に密かに仕込んでいるネタも含め、私も練習を重ねなければ。
e0147206_19405760.jpg
e0147206_19395296.jpg
e0147206_19392941.jpg
e0147206_19403426.jpg
e0147206_19384016.jpg
e0147206_19415547.jpg

が、しかし、今回最大の収穫、というかこの1年最大の収穫かもしれませんが、はこれまで全く接点がなかった系統のミュージシャンの方々とファーストコンタクトが出来たことですね。袖振り合うも他生の縁とは言いますが、袖をかすめただけで強引に縁を作ってしまおう意気込んでおります。ここから広がる新機軸、自分の事ながら大いに期待したいのであります、はい。
e0147206_19390745.jpg
e0147206_19374640.jpg

とはいえ、そういう方々をおもてなしするには我々がしっかりしなくてはならないわけで、この1か月および今回のライブで丸見えになっている課題を一つ一つ潰していかないといかんばいとも思うわけですね。気合を入れ直さないとね。

次回は船橋ミュージックストリート。午後13時から船橋Buddy’sに登場です。もしかしてもしかすると、大いなる新機軸をお見せできるかも!です。楽しみすぎます。

下北沢 空飛ぶこぶたや 
2017年9月30日 (土)

VOODOO LOTUS are

Kendrix - Lead Vox, Flute, Trombone
Mr. P the Chef - Hypeman, MC, Dancer, Percussions, BG Vox
Preacher – Guitar
Dr. Sandee –Keyborad, Melodica, Rhyming
Ladies Love Cool Bon - Drums, BG Vox
Magonosheen - Bass, BG Vox
Masheeno - Spiritual Forces

1. Intro Jam ~ Here Comes Voodoo Lotus
2. Don’t Think, Feel
3. いまさら
4. ハトサブレ
5. ピンクのお尻
6. 蛹の間
--------------------------------------
7. 黄色い太陽
8. パンツ
9. タイクキョーシ
10. タイトル未定
11. 草いきれ
12. Human Nature (MJ cover)
13. 光る糸
14. Closing Theme
--------------------------------------
Encore
1. Smooth Criminal (MJ cover)
2. Here Comes Voodoo Lotus (Reprise)


[PR]
# by zhimuqing | 2017-10-01 19:45 | Funkentelechy | Comments(0)

いよいよ明日!

いよいよ明日、VOODOO LOTUS、ライブです。
e0147206_15465878.jpg
@下北沢 空飛ぶこぶたや
スタート:19時過ぎの予定

とりあえず私はごはんが楽しみです。

当日演奏がまずいと料理にされてしまうかもしれないので、頑張ります!
e0147206_15480595.jpg
こんな姿にならないようにね。


[PR]
# by zhimuqing | 2017-09-29 15:48 | Funkentelechy | Comments(0)