ゲローラ(涙)

9月12日にボビーバードが星になったそうです。
e0147206_050012.jpg

ああもういやになってしまうなあ。
貴方の声は間違いなく私の体に刻まれてますよ。
ミスターブラウン、最高で至高の相棒が行くので、
一緒に楽しくやってください。
ありがとう。
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-18 09:18 | Funkentelechy | Comments(0)

野生の王国

もう五十回以上中国に来てると流石に異国の地の
トキメキなんてものを感じる事はほとんど無くなる訳で、
酒の飲めない私なんかは仕事が終わると
時間を持て余すことになりますが、といって繰り出した街で、
おおナンジャイこれは!といった面白い音楽に出くわす事も無く、
もうただマッサージ屋に駆け込むしかないのです。
(たまに多分凄腕の胡弓弾いてるお爺さんを見る事もありますが)

いやしかし大陸のマッサージは本当に安いね。
足裏+全身、計2時間で千円弱。
まあ確かにあんまりキレイじゃないし、
いろんな意味で怪しげですよ。
もっと高級でオサレな所もいっぱいあるけど、
でもそんなのファンキーじゃないでしょ?

ニンニクの芳香成分アリシンを強力に漂わせたお姉さんがいたり、
力を入れたお姉さんの足の付け根の方角からPoohとかBooとか想定外の音声が
耳に飛び込んできたりする所じゃないと、グルーブしないでしょ?

ということで飽きもせず今回も行ってきた訳ですが、
今回はスペシャルコースですよ。
何と言ってもスペシャルドリンク頂きましたからね。
「大型ヤモリと蛇の白酒漬、鹿の角とオットセイのXXXを添えて」
幸か不幸か「具」は食さなくてよかったんで、
エキス?だけグビィィと飲んだ訳です。
e0147206_0452143.jpg

えぇっとですね、一言で言うと「野性の王国」ですな。
もっと具体的にいうと、動物園の檻の前で深呼吸してみたら
鼻が慣れてて気が付かなかったけど、実は物凄く獣臭かったっていう
アノ瞬間に近い感じですかね。

でもって野獣化した私は強力にマッサージを行ってもらおうと、
マッサージ屋に居並ぶ女性陣から1番パワーがありそうな人を指名、
当社比250%のパワフルマッサージを受けたのですが、
足裏は不必要に痛いし、背中踏みはやたらと重いし
(これはパワフル女性を指名したのが主原因だと思われる)で
散々な夜なのであったのでありますが、
マッサージの後ホテルに帰ってテレビつけると、
北京で背中マッサージに乗った女性が重過ぎて
おじさんが亡くなったとのニュースが流れてて、
全く危ない所だったと一人寂しく感じ入る青島の秋の夜でした。
e0147206_0465712.jpg

野生の王国酒、飲み続けると、こんなに元気に!
建物の中でフラフープ回す店員のお姉さん。
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-15 18:39 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

R.I.P.

写メがうまく送信できなくて日記が更新できないとか、
「職責にしがみつくことはない」との宣言通りに
ベーアーが仕事を放棄したり、とか
色々書きたいことはあるのですが….

ジョー サビヌルさんが亡くなりましたね。
ウェザーリポートにはあんまり興味が無い私ですが、
キャノンボールのマーシー・マーシー・マーシーとか
マイルスのサイレントウェイとかは大好きで、
7,8年前に出たパコセリとかボナとやってたライブアルバムは
非常に愛聴してたので、とても寂しいですね。
e0147206_3534099.jpg

ボーコーダーよく使うし、独特のウネウネした演奏は
バーニーとも違った意味でファンキーで
一回生で聞いて見たかったなぁ。

向こうでも頑張って活動してください。
e0147206_3535517.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-12 22:12 | On The Corner | Comments(0)

耳の大きな人

パーラメント爆音で聞きながら、
赤坂までミュージカル・ラムネ見て行って参りました。
e0147206_3495668.jpg

役者の皆さん、色々な役を演じてお疲れ様ですが、
Gの半ズボン姿(小学生役)は随分久し振りに見たなぁ。

わりと小さい場所で、しかも前のほうだったんで
ステージに近くて、役者さんと目が合いそうになって
時々恥ずかしい想いをしましたが、
あれだけ近いと、流石に迫力ありますね。
Gさんはと言いますと、演技も歌も昔に比べると
上達してきてるとおもいますね。
まあ今回は本来の自分自身(実は3枚目)に近い感じで
演じやすかったのかもしれませんが。

それより何より我々の横に俳優のKD芳正氏が座っておられ、
結構ワタクシ、あの方のこと好きなもんで、
「有頂天ホテルの耳の大きな人ですか?」とか、
「ジョージになってラジオドラマに乱入する所、最高!」なんて、
言いたくなってしまったのでした。
でもブラウン管で拝見してるイメージよりも、
貴方の私服姿は結構オサレでしたわよ。
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-09 01:03 | Popper's Delight | Comments(0)

乾杯

CDやレコード集めていると、結構家に色々な在庫が溜まってきて
渋谷のタワレコとかそこそこ大型のお店に行っても、
そんなに驚くこともなくなってしまってるわけです。
せいぜいレア盤の再発ぐらいですね、驚くとしても。
(再発関係もネットで大体分かるんで、そんなにビビラなくなりました。)

最近だとディスクXXオンなんかの高額買取盤(廃盤)の値段を見て
おお、これはウチにあるばい、そうかそこまで出世したか!!、なんて
楽しんだりしているわけです。

そんなこんなで、CD屋に刺激を感じなくなってきた私を見かねてか、
ある日タマイ君が言いました。
「御茶ノ水のジャニスに行きました?あそこは凄いですよ。」

ネットで調べると、基本はレンタル屋さんのようです。
ジャンル設定を見ると、相当細かく分かれていて、
なんと「Pファンク」「オハイオ・ファンク」「GO-GO」なんてのもあります。
むむむ、隠し切れないオーラが漂っていますねえ。

というわけで、会社帰りに早速行って来ましたよ、ジャニスへ。
ええ、完敗で乾杯です。
レンタルCD屋さんなのに、脅威の品揃えです。

45回転のファンカデリックも、オールスターズ名義の3枚組ライブは勿論、
我が家の宝パーレットの3枚やジュニー、バーニーのソロも揃ってます。
クリントンの初期ソロ4枚も、エディもハンプトンもギターアミーも。
(クリントンのソロ2作目、3作目はLPあるけど、CD持ってないんだよねー.)
マニアックなところでは、ファンカの初期メンバー、タウルロスのソロ作まで。
ニューホライズンとかLAコネクションとかシビルアタックとか
有名バンドの派生グループもばっちり押さえています。
SOSバンドの中期作(ジャム&ルイス)やらプリンスのクリスタルボールやら
サザン系だとドンブライアントにO.V.、ビルコデイにスペンサーウィギンス、
ソウルジャズ系だと基本のグラントからオーデルブラウンやオドネルまで、
デトロイト系もロスエルマノスにセオパリッシュにホアンワトキンス、
そうそうカエターノもいっぱい、ジョルジベンもいっぱい。
カン(愛は勝つじゃないですよ)もボ・ガンボスもぜ~んぶあります。

これはもう会員になるしかありませんね。
免許証の住所変更に早く行かねば!!

でも、こうなると逆に心配ですね。
貴重盤を紛失された場合には相応の額で買い取って頂きますって
規約にあるけどタチの悪いマニアはワザと「紛失」するんじゃないのかな?
大丈夫なんでしょうか?

お店で見たCDの数々
買いそびれてシマッタ度ランキング1位のクリスタルボール
e0147206_3455430.jpg
タウルロスさん 内容は未確認
e0147206_3461621.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-06 12:10 | Funkentelechy | Comments(0)

V.I.P.

本日は戸田恵子さんのニューアルバム発売日ですよ。
ええ、皆さん興味ないのは分かってますけど・・・。
宣伝資料を抜粋すると、

「戸田恵子が“歌手”としてついに復活!」
「超豪華作家陣をわがままに(笑)召集し、とびきり贅沢なアルバムが完成」

ということらしいですよ。

この超豪華作家陣の面々といいますと、
三谷幸喜、秋元 康、宇崎竜童、中村 中、と続いてて確かに豪華です。
(三谷氏のドラマ等以外は私の生活にはそんなに関係ないですが)
e0147206_3402097.jpg
で、その豪華な面々の後にマイブラザーが名前を連ねているわけですよ!!!
前の方々の余韻を引きずって豪華になっているというか
彗星の尻尾の光の中に入っている感じというか、
ちょっと大袈裟でちょっと恥ずかしいなぁ。
まあ、確かに半分ぐらいはある意味で「豪華」ですけど・・・。

問題の曲は1曲目の「V.I.P.」ですが、9曲目にリミックスが入ってて
曰く「キャリンホワイトの2枚目のアルバムを意識してみた」そうですが、
07年の今、そんなの誰も分かってくれないよー。
次はアトミックドッグかニーディープ意識したのをお願いします。
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-05 10:49 | Popper's Delight | Comments(0)

パパさんお誕生日でファンクパワー

本日はウエキンパパさんの誕生日ですね。
いくつになったんでしょう?本人に聞いてみましょう。
e0147206_3354469.jpg

「今年で30歳になりました」ってことで、孫が産まれたのに
ボケのセンスはまだまだ発展途上というか改善の余地があるみたい。
しっかり昨日お祝いしましたが、まだまだ元気でいて下さいまし。
ウチの姫の成長を見てもらわんとね。

お祝いのお礼にモヤン氏にプレゼントしたUAのライブ@福岡、
非常に良かったようで、大コーフン電話がかかって来ました。
「久々にそそられた」とか「完全にイカせてくれる」とか、
一言ずつを抜き出すと、もう完全に別の話題と取られかねません。

興奮している彼はプリマク師匠に電話するのも忘れて
山の中まで車をぶっ飛ばして帰ったそうです。
外山和尚に「アキラスヮ~ン」と黄色い声援を飛ばし損ねたのが 唯一の心残りだそう。
翌日からはオイカワの産卵の実験で忙しいそうで、
相変わらずマニアックなお方です。

プリマク師匠の協力でようやくゲットできたJBの「Funk Power」。
e0147206_336912.jpg

これはブーチー時代の未発表ロングバージョン満載の必携盤ですが、
一時期あんなに売っていたのに今では廃盤で本当に見つかりません。
カーティスの「ROOTS」国内盤と並んで、ここ1年探しまくってたものです。
JBなんかの基本アイテムはいつでも簡単に買えると思っていたのですが、
CDがやっぱり売れていないのか、最近はプレス枚数が少ないみたいで、
すぐ入手困難になるので困ったもんです。

70年前後のブーチー時代ということは、JB最盛期の後期って感じで、
ヘッメェーィイギィーなJBシャウトも採れたてビチビチで最強で、
寝ているうちの娘も起きるってなもんだ。

相方バードもこの頃が一番カッチョよくて、JBとのコントラストが最高。
ブラザG(当時高校生)が胸をチョップ連打しながら声を出すと
バード風震え声が出る事を発見して、青痣が出来るまでチョップして
エンドレスで「ゲローラ」ってシャウトしていたのが懐かしいなあ。

ブーチーグルグルでその上をフレッドが飛んでいくんだから、もう。
艶々に黒光りしている様が最高にカッチョよくて、
最近流行りのディープファンクなんて、この時期のJBに比べると
所詮三軍レベルやがな、なんて暴言も吐きたくなるってもんです。

この編集盤、実は全部で4種類計7枚の壮大な流れになってて、
JBファンクをスターウォーズばりに追体験できるようになってます。

ファンク第1号Out of sightからMother Popcornまで入った 世界遺産の「Foundations of Funk」、
Sex MachineのSuper Badで殺気満載問答無用な「Funk Power」、
JB'SがバックでHot Pantsでまだまだいけるぜ「Make It Funky」、
で1975年以降の「Dead on the Heavy Funk」でおしまい。

この最後の「Dead…」ですが、これはどこにも売っていないというより、
お店で売られているのを見たことが無いです、私は。
そうなると欲しくなるのが人情山脈ですが、
多分入手してもほとんど聞かないでしょうね。
プリマク師匠のいう「殺気」がないからね、この時代には。
e0147206_3363947.jpg
と思ってたら、アマゾンには出品されていましたよ!!!
フムフム最安値:10812円、最高値:22800円ってなめとんのかー!!
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-03 12:13 | Funkentelechy | Comments(0)

デーブの言うことほっとけ

ええ、数日前シッコ見に行った話を書きましたが、
凝り性なもんでキリがなくなりそうだから、
パンフレットなんかは買わないように努力している私ですが、
余韻が中々消えないし、会社でもみんなに勧めているし、
記憶をはっきりさせたかったので、パンフ買いに豊洲まで突撃。

内容が詳しく書かれてあるし、
全国保険団体の三浦氏の記事は勉強になったし、
何故か「日本一の突撃男」ヨネスケのシールは付いてるし、で
もうちょっと硬派な記事が欲しかったけど、
ただ一つだけ致命的な欠点が!

デーブスペクター、あんた意味不明ですわよ。
以下一部抜粋(原文ママ)。
e0147206_3283931.jpg

『アメリカの医療技術や製薬技術は世界ナンバーワンなんですよ。
映画ではフランスやキューバの医療が天国みたいに描かれているけど、
ヨーロッパでも中東でも世界のお金持ちはみんなアメリカで手術を
受けたがるんです。』

子供が見たって分かると思うけど、映画のテーマは医療保険制度。
お金の無い人が「世界ナンバーワン」のアメリカの医療や薬の恩恵に
預かれないことを問題にしているの。
保険会社が利益率ばかりを重視して保険を支払わないことで
起き続けている悲劇を取り上げてるの。
金のある人はそんな苦労をしないっつーの。

パンフレットを製作したギャガコミュニケーションズさん。
アンチムーア側のオマヌケぶりをうまく表現しましたね。
まさかと思うけどムーアに否定的な意見を載せることで
内容の「公正さ」「中立性」を取ろうとしたんではないですよね?
誰が見てもバランス取れてないしね。
製作会社はそんなセンスの無いことしないよね。

しかしまあ、吾妻光良大先生のお言葉に誤り無し!が
今回も見事に実証されましたね。
02年の名作「Squeezin' & Blowin'」収録の「バッチグー」を聞くと
♪サムの言うこと聞いとけ、デーブのことならほっとけ♪
♪多分ね それでバッチグー♪

やはり吾妻先生、見事な表現者ですねぇ。
e0147206_3274343.jpg

やはり名作!「嫁の里帰り」「肉を喰おう」「俺のカツ丼」収録
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-01 00:52 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)