参列

友達の幸せそうな笑顔を見ていると、
手慣れた司会も不思議と気にならなくなる。
月並みだけど、やはり「おめでとう」という言葉こそが相応しい。

しかし何年後になるのかまったく分からないのだが、
娘が結婚する時に号泣しないでいられないだろう自分に気が付き、
今現在も動揺が隠せない。
九州生まれの男として早急に対策を検討する必要があるのは
言うまでもないだろう。

いい笑顔やっど。
e0147206_9123266.jpg
すぐ横には日本有数の男前な山が!
e0147206_9124885.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2007-10-07 02:40 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

出張中

出張でマイホームタウンの近くです。

朝3時、唐津の男の朝は早いのだ。
e0147206_99037.jpg

男ウエキンとの対決前に気合の入る巨大イカさん。
e0147206_991352.jpg

極上ワタリガニは対決前に気合が入り、真っ赤に変色。
e0147206_992320.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2007-10-05 20:06 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

この一瞬は永遠なのだ?

8月13日に恵比寿で撮影された井上都紀監督の短編映画「大地を叩く女」、
ついに完成したようで、東京ネットムービーフェスティバルのHPで配信開始ですわよ!

http://www.netmovie-fes.jp/2007/jpn/scholorship/index.html

映画の内容は見てもらうのが一番ですけど、
自分が多少なりとも(っていうか超微量ですけど)関わったものは
冷静に評価出来ませんね。

え?私の出番?
エキストラなんで、なんというか瞬間です。
この一瞬は永遠なのだ、ってピカード艦長が言ってた一瞬より短いな。
動体視力が優れていたら、ライブシーンで踊っている私に気付くでしょう。
『音楽を体に浴び、自由に』泳げているのかいないのか?
こんな感じにて、ウォーリーを探せよりも見つけにくいかと思われます。
e0147206_95922.jpg


あと撮影の時はあんまり気が付かなかったですが、
ヘッドホンで聞いて分かったのですが、流石にスーパージャンキーモンキー!!
かわいしのぶのベースの音は実にしぶとくて、極めて良いなぁ。
[PR]
# by zhimuqing | 2007-10-03 11:47 | Hot Barbeque | Comments(0)

アストログッズ

本日10月2日は我らが50艦長の生誕記念日ですね。
ウン歳のお誕生日おめでとうございます。
ますますフォンケィにお願いします。

さてさて昨日本屋に立ち寄ったわけですが、
そこで見つけちゃいましたよ、大人の科学 17号!
「大人の…」なんて言うと、周りの人がムクムク反応したりしそうですが、
流石にそんなことはありません。
大鉄人ワンセブンにちなんだのか?(って何にちなむのか分からないけど)
今回の付録?は手作りテルミン!!!

テルミンはですね、映画で公開されて話題になるずっと前に存在した
ウーヌケモブスターズ(だったっけ?)というバンドで
某プリマク佐藤さんが大々的に使用していたんですね。
(で、ブラザGがポッピングしながら操作したりしてたのですが、
ポッピングしてもテルミンの音にはそんなに影響なかったんですけどね。)

スペイシーでアストロでギャラクシーなんでずっと欲しかったし、
子供の想像力を刺激する良い遊び道具だぁ、とプリマクさんは言うしで
なんとか手に入れたいなあ、と常々考えていたんですが、
ビシバシ楽器が出してた2万円ぐらいのテルミンはとっくの昔に在庫切れ、
一番かっちょいいマトリョミンは4万ぐらいするとなると、
こうなるともう手が出ないな、と感じている状況だったわけです。
e0147206_1184113.jpg
それが2300円で手に入るとなれば、これは文句無しですね。
ガンダムのプラモデルまともに完成できなかったこの私が
自分で組み立てることが出来るのか?という心配する声もありましたが、
そんな私でも大丈夫でしたね。
マイベイビィがパーツを食べようとするのを阻止しつつ、
僅か15分で完成しました。
e0147206_118572.jpg

感想はといいますと、音が小さすぎる。
でもアンプに繋ぐ改造方法とかも、しっかり本のほうに書いてあるので、
私の超不器用な手先で大丈夫かという問題は置いとけば、大丈夫そうです。
改造してエフェクターを繋ぎまくって、浦安をスペイシーにするのだ!!
e0147206_1191641.jpg

これも手作り、豆乳カボチャシチュー
[PR]
# by zhimuqing | 2007-10-02 10:35 | All The Kings Men | Comments(0)

ケンヂ

とうとう完結しましたね、20世紀少年。
これでPLUTOが完結したら、何を集めたらよいのだ?
e0147206_113203.jpg

1巻目買ったのが2000年だから、もう7年前!
大阪でバンド組めずに悶々としつつも
プリマクさんやロンマクさんが良く大阪に遊びに来て
会社の寮にこっそり泊まっていたあの頃
アンディホレスとかオーガスタスパブロとかが主食で
大阪南港にリーペリーのライブ見に行ったり
ミナミのレコ屋でドライアンドヘビーご一行様に遭遇したり
朝起きてすぐにタイ料理食いに行ったり
動物園近くの怪しげな所でデジカメで撮影してるのが見つかって
足がパンパンになるまでチャリ2ケツで必死に逃げたり
カッチョイイお店で寝てしまった人をお店に置き去りにしたり
なんだかやってることはあんまり変わってないけど
ケンヂも世界ツアーに出るというし、私も頑張ろう!
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-28 22:47 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

早期教育

娘が登場してはや8ヶ月に突入しようとしている今日この頃、
まだハイハイ完全型になってはいませんが、
準ハイハイ?出来るようになったベイビィマクンヴァは
部屋の床で私と一緒にハイハイ合戦の日々です。
やってみると匍匐前進みたいで意外と難しいハイハイ、
カロリー消費にも役立つし、ビリー隊長に連絡してみようかな。

で同時に「取り合えず口に入れてまうぞ」期に入ったので、
何でも食べるというか舐めるというか、そんな感じです。
ヘイゼルサンラーアルセニオ甘茶ソウル百科にウチの三姉妹。
美味しそうですね、舐めたくなりますね、そうですソウルは味覚から。
ファロア・サンダースのCDとか湯浅学著「人情山脈の逆襲」とか
確かに栄養満点ですが、それは大人でも食べるの難しいよ。

早期教育でニューソウルの歴史を少々。
e0147206_110071.jpg
ディスコ3000、サンラーの中で一番良い凄く良いこれは良い。これで更なる高みに!!
e0147206_1101741.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-26 13:38 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

ドゥビィリビィドゥルゥバ

行って来ました、鶯谷!
鶯谷はなんだか雰囲気ありますね。
インド人カレー屋の横にモツ焼きの立ち飲み屋とかあるし。

でお目当ては勿論スウィンギンバッパーズ!
いや、久し振りですね、バッパーズ。
大阪で行って以来なので、もう4、5年ぶりかな?

髪の毛をカットされて気合ばっちりな昨日の吾妻さん。
ライブを見に行くたびに新しい発見がある吾妻さん関係ですが、
今回最大の収穫はゲストのマクバウティ藤井さん。
(前回の収穫は伝説のバンド よのすけとホームランブラザーーズ)
日本のジャイブ王の藤井さんのことは、
以前から色々な所で目にしたり耳にしたりしていましたが、
ゲストとして登場した瞬間から私の目はもう釘付け。
あと3歳若ければ、結婚してくださいとお願いするところでしたね。
吾妻さんとのファーストコンタクト以来の感涙。

バブスとかスリム&スラムとかを好んで聞いている私には
もう直球ド真ん中。
流石にスリムゲイラードと渡り合ったことがある藤井さんだけに
ジャイブなスキャットはもう絶品。
ステージでのアクションというか動きというか立ち居振る舞いは
これは出来る限り真似して自分の体に浸透させたいですね。

ということで、終演後会場の隣のコンビニで飲み物買う時に、
嫁さんと二人で藤井式ポージングの練習を実施しましたが、
「こうかな」「なんか違う」と没頭する我々がふと横を見ると
コンビニの店員さんが笑っていたとかいないとか。

バッパーズの皆さん 
カメラで撮ってたんで、
DVD出るかもよ出るかもよ。
e0147206_112940.jpg

新憧れの人、藤井康一氏、弟子にしてください。
e0147206_123587.jpg
 
[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-23 12:30 | Funkentelechy | Comments(0)

来るぞ来るぞ来るぞ

さあさあ今年の真打が来ますよ。
デニス・エドワーズ率いるテンプテーションズ・レビュー!
テンプス70年代のリード、デニスがグループ脱退後に作った
通称?「偽テンプス」ですが、今回は一味違います。
メンバー凄いです。
10数年前にディープソウルのミニブームを起こしたディヴィッド・シー!
そしてそして至高・魅惑・最高峰・奇跡・色男なアリ・オリ・ウッドソン様!
なんという豪華な二枚看板!!(すまん、デニス)
これでは完全に本家よりも凄いでしょう。

今まで見てきた数々のソウルシンガーの中でも、アリオリは別格ですね。
本当に心震えますもん。
歌の説得力、表現力、コントロール、男っぷり、どれをとっても№1です。
アリオリに匹敵出来るのは、ジェラルド・アルストンぐらいですね。
でもアリオリのほうがファンク成分高いもんね。(当社測定比:280%)
シャウトからファルセットに繋ぐ時なんか、何度聞いても悶絶しますもんね。
一回本格的にファンクに取り組んだアルバムなんか出してくれないかなぁ。
アンファンキーUFOとかファイヤーとかバップガンとか歌って欲しいっす。

まあ今回はテンプスの括りで来るわけですから、
当然テンプスの有名曲を歌うことになるのは仕方ないでしょう。
多分ラストはマイガールでしょう。
でも頼むからレディソウルとソウルトゥソウルを歌ってください。
あと心配なのは喉の調子ですね。
最近発売されたテンプスレビューのDVDでもデヴィッドシーのほうが
調子良かったし。
ああ、それでも期待は募る一方なのだ。
デヴT、アップチャーチ、ワーワーにエリックゲイルのCD
アリオリが3曲歌ってます。もう最高!
e0147206_0562341.jpg

97年来日公演のチラシ
ドラムがギャドソンで、怪しげな髪形はXXXではないかと話題に!
ウーマックとかルーサーとかも歌ってくれたあの極上の夜。
e0147206_0565243.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2007-09-22 10:42 | Funkentelechy | Comments(0)