たしかに力強い!

ちょっと前に買っていたけど、ここで触れていないアルバムがあるので、お蔵出し。
e0147206_001491.jpg
最近はヒップホップ聴いても古いやつばかりで、新しい人を追いかけなくなってきているので、ジョーイ・バッドアス、恥ずかしながら実はきちんと聴いたのはこのアルバムが初めて。エムトゥーメイの“Juicy Fruit”使いでの“Land of the Free”に惹かれて、遅ればせながら聴いてみたわけです。
e0147206_013224.jpg
話題のこのアルバム、誰が聴いてもケンドリック・ラマー昨年の大傑作“To Pimp A Butterfly”に影響を受けていることが分かるもの。とは言っても、あれほどの一大ジャズ絵巻ではなく、もっと90年代ライクな音。それはそれで私の好みだったりするわけですが、そこで畳みかけられるリリックは驚くほどコンシャスで鋭いもの。 “All Lives Matter”ではなく、あくまでも“Black Lives Matter”、徹底して。

ブックレットにも小さな(本当に小さくて読みにくいぞ!)字でびっしりと書かれており、この読みにくさ、さらに言えばリリックが殆ど聞き取れないことを考えると、日本盤が良かったのかな?とも思ったのですが、邦盤出ていないような感じ。というか、邦盤でも対訳ついていないCD、増えているし、ここは自力で頑張るしかないのですね。もっともネットで調べるとリリックが簡単に探せるのは本当にありがたいところです。

全体的に私の好きだったころのヒップホップの空気感に満ち満ちているのですが、特に1曲目から6曲目まで続く一連の流れはとても力強く、もう無条件に好きです。2曲目で“Always wanted to have super powers”と宣言したのも頷けます。流石にリリック、全部読めてはいないのですが、“Look up in the sky, it’s a bird, it’s a plane. No, it's the young black god livin’ out his dreams”なんて愉快なフックもある。こういうところも猛烈に私の好みです。



ベストは3曲目の“Temptation”でしょう。Zianna Oliphantのあの心を打つスピーチを前後に、静かに、しかし力強く語るバッドアスの声。 たしかにYoung Black God livin' out his dreamsなのかもしれない。



聴き手をレイドバックさせる部分と耳をそばだてさせる部分の緩急の付け方が猛烈にカッコイイ。アダム・パリンの音作りも絶妙なのかもしれませんが、いかんせんリトル・ジャッキーもちゃんと聞いたことがないので、何とも言えないっす。
e0147206_0105580.jpg
もっともゲストが入り乱れる後半はなんだかしっくり来ていなくて、リリックもきちんと読んでいない。ハーコーって言っていた昔のニューヨークのあの感じの音が好きな人だったら文句なしなんでしょうけど。私の耳がまだ開いていないのかな。(とはいえ、結構時間は経っているのだけど)

ちなみに今のところ一番かっこいいと思った表現はこれ。

I'm just a vessel channeling inside this universe

そうだよねー、最終的にはここですよ、というか、ここに結び付けたくなりますよね。
e0147206_0111814.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-30 23:28 | Funkentelechy | Comments(0)

やられた!

突然、こんな入荷報告を見たわけです。

1977年にマディソン・スクウェア・ガーデンで行われたライヴ音源がCD/LPの2仕様でリリース!WPLJ-FMラジオ放送用ライヴ音源として残されていた PARLIAMENT & FUNKADELICのライヴ音源が待望の音盤化です!

Pファンクの未発表ライヴ!しかも77年!ともなると、これは黄金期中の黄金期!MSGでのライヴ音源というのも初めて聞く!流石にいてもたってもいられなくない私。速攻でディ〇クユニ〇ンに向かい、購入してきたわけです。
e0147206_13533337.jpg
LPにするかCDにするか迷ったのですが、ライヴ盤なのでCDをチョイス。曲順はこんな感じ。

1. Mothership Connection (Star Child)
2. Dr. Funkenstein
3. Do That Stuff
4. Standing On The Verge Of Getting It On > UnDisco Kidd
5. Getten' To Know You
6. Comin' Round The Mountain
7. Maggot Brain > Good To Your Earhole


まさに黄金期の選曲。ライナーを読んでみると、これは全然ダメダメ。ギター3本が云々と書いていますが、そこにある名前はハンプトンとゴーインズ、そしてジェローム・ビッグフット・ブレイリーと書いてあり、思わず笑ってしまいます。他のメンバーについての記載もなし。

ということで、気を取り直してCDをかけてみる。1曲目でいきなりマザーシップ・コネクション。非常に馴染み深い感じなのは、この辺の音を聴きこんでいるからなのか?観客の声は全く聞こえません。いきなり入ってくるグレンは素晴らしい。でもやっぱりどこかで聞いたことがある気が。2曲目は必殺のドクター・ファンケンシュタイン。イントロのクリントンが入ってくるところで完全に確信しました。

①まずマジソンスクエアガーデンではない
②そもそもライヴ音源でもない
③マスタリングがちょっと異なるが、これは既発音源


みるみるコーフンが覚めていく私。そう、これは96年ぐらいにPヴァインから発売されたマザーシップコネクション・ツアーのゲネプロ音源。だって楽器がミスするところやクリントンのちょっとした合いの手までが一緒なので。ああ、完全に騙されましたね。

もちろん、ここに収められた音の価値はありますよ。まさに全盛期直前のPファンク。オリジナルのパーラメンツの面々、ゴーインズのディープな歌、若々しいシャイダー。ゴーインズ、シャイダ―、ハンプトンのギター3本。うねりまくるバーニー、大好きなブギー。全盛期のブレイリー。ブライズの二人にホーニーホーンズ。そしてクリントン。曲目も完璧。最後のマゴットブレインは93年の日本公演のものだと思うけど。

ちなみにマスタリングはちょっと異なって、どちらが良い音かは微妙ですが、Pヴァイン盤のほうが相対的に上かな。このRoxbox盤のほうは低音を強調してノイズを消しているのだけど、生々しさが薄れた感じがあり、クリントンやゴーインズのオフマイクでの呻き声なんかが聞き取りにくくなっている。
e0147206_13531157.jpg
ジャケはPヴァインの圧勝。

まあPヴァイン盤は日本でしか発売されておらず、しかもとっくに廃盤(だって20年前ですから)なので、結構プレミアがついているよう。そういう意味では再発の意義はあると思うけど、こういう姑息な発売はやめてほしいです。きちんと「再発」扱いしてもらわないと。まったく。

e0147206_13594394.jpg
ちなみにブーツィーのボルティモアでのライヴ盤も同時に発売されていますが、これも多分既発のルイズヴィルのライブの焼き直し出ないかと予想。ルイズヴィルのライブは持っていないんで買ってもいいかな?という気もしていますが、この時期のラバーバンドのライブには実はそんなに触手が動かないなぁ。
[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-30 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)

おおっ!

e0147206_11493767.jpg

[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-29 12:00 | Funkentelechy | Comments(0)

凄い

私にも便宜を図ってもらいたいものだ。
e0147206_11361290.jpg
e0147206_11362592.jpg
e0147206_11363324.jpg
e0147206_11364242.jpg
川内博史の面目躍如!


[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-29 00:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

ううっ買えず!

e0147206_12255322.jpg
本日一般発売の坂本慎太郎のチケット、10時かっきりにアクセス集中で繋がらなくなり、3分後に繋がった時にはソールドアウト。そりゃあそうだ、ソロとしての初のライブ(日本での)。先行の抽選にもはずれ、某HPでは4500円のチケットが26000円~という状態に。
[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-26 10:10 | Funkentelechy | Comments(0)

友人の息子が目覚めつつある件!

大阪で旧友ロンマク氏に1年半ぶりぐらいに会ったのだが、なんと息子のコハマク君が4年生にしてファンキーなジャズに目覚めたそう。色々と報告を受けたのだが、もう話を聞いているだけでこちらが嬉しくなってしまう。なんだかこちらの気分までモゾモゾしてくるほど。
e0147206_059749.jpg
大阪某所の焼き鳥屋で熱く語るロンマク氏。

倉敷でやっているストリートジャズフェスティバルを観に行ったときに聴いた“Watermelon Man”がいたく気に入り、ドラムを始めたのがちょうど一年前。とりあえず最寄りの音楽教室に習いに行き始めたそうだが、ブレイキーとかのファンキーな曲をYoutubeで熱心に日夜探究している4年生、ドラム教室でのスクエアな8ビート等に興味があるはずもなく、これは全然かっこよくない、先生こんなのどうでしょう?と言って、自身考案の16系のフレーズを叩いてみたがるという状況らしい。当然のことながら、周りの同級生と話が合うはずもなく、あいつらは音楽が分かっていないと愚痴をこぼす始末。ほとほと疲れ果てるといった体のロンマク氏だが、話を聞いた感想としては、あの親にしてこの子あり、という感じで最高に微笑ましい。

しかもメロンマンを昨年演奏していた少年ジャズオーケストラ(中学生がメインで高校生もいる)に今年も件のジャズフェスで遭遇し、父親が目を離したすきに一人でそのオーケストラの責任者(もちろん大人)に、バンドに入れてくれ、ここで叩きたい、と勝手に交渉し、次回の練習のスケジュール等を聞いてくる手際の良さ。手際の良さと言えば、その練習の見学の際にロンマク氏がバンドや練習等について他の父兄へ聞いている間に、いつの間にか2個目のドラムセットを組み立てて、演奏に参加させてもらっていたというのだから、これまたなかなかの手際の良さ。というか、9歳の男子、度胸満点です。

マイケルの事も大好きらしく、先日ブカレストでのデンジャラス・ツアーのDVDを父親と一緒に観たそうなのだが、オープニングで微動だにせずに観客を熱狂させるマイケル、腕を一振りするだけで観客を失神させるマイケルを見て、父ちゃん、おれもドラムの一撃で客を気絶させるドラマーになると宣言していたという。もう、オッチャン、ベタぼれです。今すぐ関東に引っ越しさせて一緒にバンド組んでみたいぞ!とりあえず、聴かせてみたい音楽はオッチャンの部屋に山ほどあるぞ!どれから聴かせて調教、いや間違えた、体に染み込ませてやるか、あれこれ想像するだけで楽しくなってしまう。

おそらくロンマクとは近々また大阪で会うことになりそうなので、CD1枚作って進呈してみよう。頭の中でざっくりと浮かんだ案はこんな感じ。大人げない?いえいえ、相手は子供なので、本気でいかなければ!相手が女の子だと遠慮もありますが、小学4年生、遠慮はいりません。本人が曲を知っているであろう2曲からスタートさせ、日本語詞を入れたり、ポップで分かりやすいファンキビートを入れつつ、要所要所に濃厚すぎる味わいを入れておくという、オッサンの老獪さをご覧ください。

Fred Wesley & The J.B.s / Watermelon Man
James Brown / Chicken
坂本慎太郎 / 出来れば愛を
James Brown / Cold Sweat
Burning Spear / I And I Survive
The Meters / Look A Py Py
A Tribe Called Quest / Steve Biko (Stir It Up)
The Upsetters / Popcorn
Clarence Wheeler & The Enforcers / Right On
Questluv / Lady
Yesterdays New Quintet / Golden Lady
Mix Master Mike / Kalakuta Show
The Meters / Funky Miracle
Jimmy Smith / Root Down (And Get It)
Cyril Neville / Gossip
A Tribe Called Quest / Award Tour
Yesterdays New Quintet / Rocket Love
Roy Montrell / Ooh Wow
Jackie Mittoo / Get Up And Get It
坂本慎太郎 / 鬼退治

e0147206_035421.jpg
うーん、反応が楽しみすぎる!
[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-24 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

勝手にハードル上げただけなのですが

私が現役のベーシストで一番好きなのはここで何度も触れているようにラファエル・サディーク。最近は以前よりも活動のペースが活発でないですが、それでも基本フットワークが軽い人なので、要注意なのです。
e0147206_14223206.jpg
ということで、最近発見した仕事がなんとエルトン・ジョンの近作《The Diving Board》。アルバム全編にベースで参加、ライブ音源もあるよ!という、サディーク好きにはたまらないクレジットを発見。他にも耳寄りなクレジットがあるのがミソ。タンバリンに元ファンクブラザーズのジャック・アシュフォード!更には、バックコーラスにアルヴィン・チアとルイス・プライスの名前も。

アルヴィン・チアはテイク6のベース・ヴォーカル、テイク6ともずいぶん離れた生活を送っておりますが、私には決して忘れられない名ベース・ヴォーカル。笑顔と人柄(多分)も素晴らしい人。ルイス・プライスは元テンプスのリード。アトランティックでの2枚のアルバムでリードを取り、91年になかなかの力作ソロアルバムも出していた人。この二人はアルバムのプロデューサーのTボーン・バーネット絡みでの起用でしょう。ここまでクレジットが揃うと触手も伸びてしまうてなもんです。
e0147206_14313794.jpg
ルイス・プライスは当然相当な実力派なのに無名。ま、ラフィン,デニス、アリオリと、テンプス歴代のリードの人々はみんなキャラが立ちすぎているので埋もれてしまうのは仕方ないのですけどね。

e0147206_14222667.jpg
エルトン・ジョンの普段のバンドメンバーを使わないアルバムのようですが、冒頭からエルトン姐さんがピアノを弾きまくり、雄大に歌いまくるという壮大?なアルバム。私にとってもエルトン・ジョンは80年代後半で止まっておりますが、ファンにはたまらない展開かもしれません。が、私は70年代初期の簡素なエルトンが好きなもんで、ちょっとあれですね。

で、肝心要のサディークですが、もうね、何というかサー・エルトンともなると贅沢な使い方をするというか、もったいない使い方をするというか,譜面通りにきちんと弾きましたという体で、サディークである必要性を全く感じさせないもの。違った意味で驚きました。別に派手な演奏を期待していた訳ではなく、あの絶妙な音価で音を置いていくあのサディーク印が欲しかっただけなのですけど。
e0147206_14223798.jpg

もう一つの売りのバックコーラスも分厚いのだけど、ホーリーゴーストが舞い降りてくることもなく、これまた勿体ない。流石にプライスの声もチアの声が聞きわけられるわけもなく、これは近い将来、我が家から家出してしまいそうなアルバム決定かもしれません。私が勝手に期待を膨らませてハードルを上げただけですが、なんとも残念。やはり現在準備中のサディークの新作、これを待つしか無いのでしょうね。


[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-21 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)

Keep on Jammin'

無事に新宿JAMでのライブ終了。
e0147206_23354354.jpg
前日に家族の体調不良でワチャワチャしたり、さあPさん全曲代わりに歌ってもらおうか?とムチャブリしたり、このライブに向けて練習してきた曲を急遽ボツにしたりと、いつもながらにバタバタした展開だったわけですが、アットホームな空気感では新宿JAMは東京随一ですし、そもそもお客さんがアットホームというか、ホームそのものだったりで、無事終了。
e0147206_2339281.jpg
e0147206_23384272.jpg
それにしても新宿JAM。歌舞伎町のはずれにいつでも店長の石塚さんとJAMがあるという安心感、これが無くなってしまうのは寂しい限りです。JAMの長い歴史の中で我々がお世話になったことなんて、ほんの一瞬のそのまた一瞬なのですが、楽屋に入ったり、ステージに立ったりしてみると、なかなか感慨深いものがありますな。私は残念ながら福岡にあったライブハウスJA-JAとはお別れ出来ず終いでしたが、JAMにはきちんとお別れの挨拶が出来たのはとてもありがたいことです。これも全て店長の石塚さんが各方面に調整していただいたおかげ、いくら感謝しても感謝しきれない私です。スタッフの皆様も色々とお世話になりました。スケジュールを無理矢理空けていただいた前後の時間帯のバンドの皆様にも感謝しかありません。皆様、大変ありがとうございました。
e0147206_23392660.jpg
というわけで、今年のライブはこれにて終了。アイデアだけは色々と膨らんでいて、さてこれを実現するにはどうしたらよいのか、思案が続く日々ですが、はてさて。

新宿JAM 2017年11月18日 (土)
Keep on Jammin’ ~ Farewell 新宿JAM

VOODOO LOTUS

Kendrix - Lead Vox
Mr. P the Chef - Hypeman, MC, Dancer, Percussions, BG Vox
Preacher – Guitar
Dr. Sandee –Keyborad, Melodica, Rhyming, BG Vox
Ladies Love Cool Bon - Drums, BG Vox
Magonosheen - Bass, BG Vox
Masheeno - Spiritual Forces

1. Intro Jam ~ Here Comes Voodoo Lotus
2. 草いきれ
3. 蛹の間
4. いまさら
5. 光る糸
6. Here Comes Voodoo Lotus Reprise


おまけ

ステージでくつろぐ親娘、いい感じ
e0147206_2340676.jpg


本日の髪型
[PR]
# by zhimuqing | 2017-11-19 23:40 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)