聴覚細胞が冴えてしまう件

モヤーン氏久々の上京で都内某所にてセッション。

大分の片田舎(失礼)で仙人のように一人研究を進めているだけあり、今回はキューバのリズムを中心に実に面白いリズムを次々と繰り出してきて、迎え撃つ側の我々としても実に想像力を掻き立てられるというか、やはり得難い体験です。潜れるところまで潜る、みたいな。とはいえ短い時間、しかも今回は金曜の半日のみということで、いかんせん時間が足りないのが残念。もう少し上京できる回数が増えてくれるといいのですが。ある程度形になったものもあるので、その辺はまたそのうち紹介出来たらいいな、と。

大昔からそうなのですが、このモヤーン氏と一緒に音楽を聴きながら話をすると、聴覚細胞に化学反応が起きるというか、結構な割合で色々音楽の細かい部分に発見があるのが面白いところ。
e0147206_0201645.jpg
パナマのマキシモ・ロドリゲスのオルケスタ、68年の名曲“Flora”の途中のパートに突如登場するバスドラ?トゥンバドーラ?の低音三連符乱れ打ちの醍醐味に大興奮して何度もそのパートを繰り返して聴いたり、サー・ジャブロンスキのレゲエとカリプソが渾然一体となったグルーヴに痺れてみたり、ジナ・マーティンの58年ヴィンテージ録音のポンコツなのにかっこよすぎるリズムセクションに痺れたり、アルセニオのトレースのソロに身をよじらせてみたり、というのはなかなか身近にはない体験なので、本当に刺激になりますね。猛烈にモチベーションが上がった気がするぞっということで、さ、今日も練習頑張ろうとのことですね。
e0147206_0204320.jpg
今回のアルセニオはド定番のこれ。
e0147206_0213845.jpg
個人的にはバニー・ウェイラーの赤盤を気に入ってもらえたのが嬉しかったりも。
[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-11 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

兄弟で悪だくみ

都内某所でホースを選ぶ兄弟。
e0147206_954040.jpg
このホースの具合が良さそうだと結論。安いのがありがたい!
e0147206_9542633.jpg
お店の人によると売れているのはもっと太いものだとのこと。ただしその用途は違うと思いますが。
[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-09 23:28 | Popper's Delight | Comments(0)

予告されたアルバム

随分前から予告されていたニディア・ゴンゴーラをメインに据えたクァンティックのアルバムが満を持して5月に発売!
e0147206_9365484.jpg
あの台風の中での最高のライブで我々を魅了したニディア・ゴンゴーラの実質ソロ、楽しみすぎます。アルバム通してあの声が聴けるとなれば、それだけでも十分ではありますが、可能であれば最近のクァンティックの音ではなく、ちょい前の優雅できらびやかなボゴタの香り満載で仕上げてきてくれたら、嬉しいのですが。でも、シングルは最近の音っぽいかな。



リミテッド・エディションというのがあるらしく、先走って英Tru Thoughtsに注文しそうになりましたが、英ポンドおよび送料が高く5000円になってしまうので、ぐっとこらえました、はい。でも発売より1週間前に発送してくれるんですよね。ウーン、ガマンガマン。
[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-09 00:28 | Rumba DE Manbo! | Comments(0)

胸糞悪い

こんなオッサンが視界に入ってしまうと、確実にオッサンを張り倒してしまいそうな自分がいる。


[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-08 12:25 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

惚れました

過去にライブでやったことがある曲は一曲だけ、しかもお客様は皆様、近藤房之助を見に来ているという圧倒的なアウェー感かと思いきや、お客さんは皆さん温かく、58 Specialなんとか無事にライブ終了。AC/DCなんか今回のライブのために初めて聴きましたよ。

当日の興奮がものすごく、二夜明けた今日も何だかふわふわとしております。もっともこれは自分たちのライブが良かったとかそういうのではないのが残念なところ。近藤房之助、私も房さんって呼んでいいのかな?のカッコよさは2年前のすみジャズで存分に味わったはずなのに、またもその色気にやられてしまいました。
e0147206_13222599.jpg
当日は房さんご一行が会場入りする前にスタンバイしていた我々、もうね、立ち姿からして超かっこいいんですね。セッティングの前におもむろにケースからギターを取り出し、ギターを慈しむようにやさしく磨いている姿、あれほど絵になる人はなかなかいません。その姿に見惚れながら、自分の楽器の扱いを思って大いに反省しましたよ、私は。
e0147206_13235384.jpg
以前見た時は野外のステージだったので、近藤房之助の世界をしっかりと味わって聴くのは初めて。歌の良さは分かっていたつもりですが、やはりもの凄いね。前日まで風邪で寝込んでいたというのが信じられない。で、前回も感じたのですが、ギターがこれまたすごい。Pさんと話していたのですが、あの凄い歌と同じように(もしかしたらそれ以上に)歌うギター。ギタリストのソロではなく、歌い手ならではの琴線に触れるソロ。あと、何気ないフレーズやピアノのバッキングなんかでのカッティングから滴り落ちる漆黒の艶。ブルースだけでなく、黒人音楽の粋の部分を鷲掴みしていることがよく分かります。見ているこちらは口があんぐりになるどころか、顎が床に落ちてタップを踏みまくるような、といったほうが分かりやすいかな。
e0147206_13241035.jpg
ライブ終了後に、ゆっくり話を聞かせてもらえたのもまた良かったですね。また話が滅茶苦茶面白い。男女の機微をショウサイフグに譬えるかと思うと、雑草の生態について語る。かと思いきや、今の時代はもはや戦前の時代としか思えない、安保法案の次は徴兵制だぞ、戦争というのは馬鹿馬鹿しくてやってられないねとの話も。リスペクトするのはその人の音楽的技量でなく、その人そのものでなければダメだと諭された(ボビー・ブランドに‼)という話も大変面白かったのですが、そういう意味では音楽と会話を通してひたすら魅了され続けた私はもう房さんへのリスペクトしかないわけで、いやあ、心底惚れました。尊敬しかありません、はい。
e0147206_13243374.jpg
スミエ姐さんのこんな表情も初めて見た(笑)

そうそう、肝心のライブはといえば、下手な感想休むに似たりてなもんで、一回見て感じてもらうしかないと思うのですが、もうブルースのスタンダードをそのアレンジで!と驚かされる場面が多々あったのですが、そのアレンジがまた絶妙。ベースの江口さんは凄腕過ぎるわけですが、絶対にディアンジェロとかその辺までしっかり聴きこんでいる演奏でもの凄い。エレナさんの鍵盤は跳ね回っても良し、メロウに空間を敷き詰めても良し、一音だけでも必殺のこれまたもの凄い演奏。そこに必殺の声とギターが重なるという至福。ああ、なんたる理想郷。

.
[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-07 18:28 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

初の定演

四年から学校の吹奏楽に入ったうちの娘、定期演奏があるというので、小学校の体育館まで。少し余裕をもって行ったのですが、たくさんのお客様がご来場で、結構後ろの方に。
e0147206_17535077.jpg
さて、肝心の演奏はなかなか上手で驚いたのですが、どうしてもムスメの演奏が気になってしまうのは仕方ない。パーカッションなんでポジションチェンジがあるのが、観ている方としてもなかなか楽しいものです。音が目立つ楽器、タンバリンとかトライアングルはなかなかドキドキしますが、それもいいもんです。何より本人が楽しくやっているのが何より良い!

レパートリーの選び方が謎なのも面白い。シングシングシングとか999なんかはよく分かる。アニメの曲やディズニーの曲もよく分かる。ただ、そこに混じるのが、冬のソナタとか津軽海峡冬景色が混じるのがよく分からない。ま、老若男女、全方位に向けた選曲ってことなんでしょうな。
[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-04 22:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

桃李自芳

桃李不言下自成蹊、桃李もの言わず、下自ずから蹊を成す。
e0147206_9552429.jpg
桃も李もものを言わないが、芳香に誘われて人が集まるので、自然に道が出来る。さらに神戸や四国に広がりそうなこの一連の流れで、言葉に新しい意味が付与される瞬間を見ている感じ。
[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-02 03:11 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

うう、興奮するぜい

今度の日曜日は錦糸町のOLD SCOTで近藤房之助さんのライブがあるのですが、なんと58兄さん率いる58 Special がオープニングアクトをするという事で、おお凄いじゃないか!と他人事のように考えていたのですが、よく考えたら恐れ多くも私も出演出来てしまうわけで、前座と言えども何曲かは演奏する事になったのですね。
e0147206_174621.jpg
とはいえ、58 Specialは知る人ぞ知る練習を行わないバンドであるわけでして、ライブをやるときはぶっつけ本番、暗中模索、闇夜のカラス的な感じで迷走してしまうことも多いのですが、永らくレパートリーにしている曲だからなんとかなるのではないか?と思っていたところ、ほぼ全曲新曲で行くとの指令が入り、更には歌姫ランチが生活の場を故郷に移したため事前の練習もほぼ出来ず、さあこれは困ったぞ!ベロベロに酔っぱらったお客さんの前で披露するのであれば兎も角、今回は皆さん房之助さんを楽しみにいらっしゃるお客さんばかりの中で、果たしてどうしたものかと思案を続けているのがまあ今週なわけです。
e0147206_18282.jpg
更に恐ろしいことに、さすが房之助さん、チケットは全て売り切れたとのことで、満員御礼の中、一体全体私なんかが演奏して良いものか?と思ったりもするわけですが、まあそれでも自分の出番さえ終われば、房之助さんの素晴らしい歌とギターが楽しめるわけで、それはもう本当に楽しみなのでありますね。前座を見に来ている人はいないわけですし、私がヘッポコであればあるほど、日本の誇る房之助さんの素晴らしさを存分に楽しめるわけで(前座としては誠に申し訳ないとしか言いようがないのですが)、それもまた人生の通る道としてアリではないかと思うのであります。

そうそう、今回は鍵盤に加藤エレナさん、そしてなんとベースは江口弘史さん、ということで、江口さんは何といっても若くしてシカゴにわたって、あのメイヴィス・ステイプルズ(あの!メイヴィス!)のバンドに参加していたという方!なんとも贅沢な一夜になりそうなのでありますね!うー楽しみだっ!
[PR]
# by zhimuqing | 2017-03-02 01:15 | Blues 4 Terapin | Comments(0)