<   2017年 12月 ( 21 )   > この月の画像一覧

それではよいお年を!

あっという間に年末ですね。主に熱心に掘るのは昔の音楽ばかりとなり、まあそれはそれで充実しているのでいいのですが、どんどん浮世から離れていく感じもありますね。でも黒光りする音のテクスチャーを追い求めているのは変わりません。ということで、今年2017年のベスト10の発表です!

e0147206_0113548.jpg
1. Hidden Figures: The Album
実は昨年末に購入していたのですが、本格的に聴きはじめたのは素晴らしい映画を観てから。映像が浮かぶと音の深度も深くなるという好例。60年代、70年代の音を取り入れた云々と言われますが、その成分のまぶし方の微妙に新しい部分とオーソドックスな曲の良さのバランスの妙。ファレルの本領発揮ですね。私の耳が閉じておりました。それにしても映画の素晴らしさよ。機内で4回、映画館で1回観ましたが、未公開シーンが満載だというDVDが早く観たいところです。


e0147206_011441.jpg
2. Tribalistas
もうモンチの歌世界に溺れまくったトリバリスタスは今年の後半、よく聴きました。徹底して歌というか声を引き立てるために配置された艶やかな音。完璧な三人のバランス。美しい。モンチの買ってないアルバムを買いに行かねば!

e0147206_0115532.jpg
3. Ondatrópica:Baile Bucanero
まさかのオンダトロピカ2作目。ほとんど話題にならなかったのが不思議ですが、前作を踏襲した音に加え、ここ最近クァンティックが探そうとしていた音も加わり、なかなか強力な布陣?になっていたと思うのですが、どうでしょう。特にアルバム前半の怒涛の展開に痺れました。少し低迷気味だったクァンティックの復活の狼煙。第3作(あるのか?)にも期待したいです。あと、いつも付け加えていますが、このメンツでの来日もお願いします!

e0147206_0122479.jpg
4. Funkadelic:Reworked By Detroiters
ファンカデリックのリミックス。やはり私にはデトロイトの音が一番なのかもしれない。ファンカの濃ゆ~い音を見事に抽出したリミキサーのセンス(とプレッシャーに負けない男気)。これに触発された動きが高まりと面白いのですが。

e0147206_0123554.jpg
5. Quantic & Nidia Góngora:Curao
艶やかな佇まいと美しい歌で私達を存分に魅了したあの嵐の中の来日公演から3年、待望のニディア・ゴンゴーラのソロ。曲の展開に合わせて旨味成分の濃度をめまぐるしく変化させることが出来る歌い手としての特性、色彩が増えて、ぎゅっと空気の密度が濃縮してしまう感じ、をうまく抽出したクァンティックの戦略が見事に功を奏しましたね。

e0147206_0125069.jpg
6. Kendrick Lamar:Damn.
自分の声を活かすために計算しつくされた音。同時にトラックに合わせて完璧に乗せてくる声。それぞれのトラックで見せる(魅せる)バリエーションの多さとその完成度。アルバムでの全体の流れを構築する能力。現在、世界最高峰のMCの実力を存分に見せつけられた3作続けての傑作。

e0147206_0131151.jpg
7. Tone Allen:The Source
バラエティーに富んだ曲調、素晴らしく生々しい録音、そして変幻自在なドラミングが全編楽しめるという、トニー・アレン好きにはたまらないアルバム。フェラ・クティの元を離れて以降では多分一番の傑作だと思います。

e0147206_0132432.jpg
8. João Donato e Donatinho:Sintetizamor
あの合気道の達人のような、重力を自在に操るような鍵盤のカッティングが結局は全てを握っているという、ドナート翁の威力がまたもや発揮されたアルバム。恐るべき若々しさ。まだまだいけますぞ!

e0147206_0133634.jpg
9. Joey Badda$$:All – Amerikkkan Bada$$
聴き手をレイドバックさせる部分と耳をそばだてさせる部分の緩急の付け方が猛烈にカッコイイ。コンシャスなリリックと俺様な部分のバランスも絶妙。まだまだ若いし、本当にYoung Black Godになっちゃうのかも、と思わせるほど。次作にも期待してます!

e0147206_0134748.jpg
10. Tank & the Bangas
音源の発表は無かったものの、タンク&ザ・バンガス、これはなんとしても入れなくては。タイニー・コンサートの予選を通過したことで一躍有名になったグループですが、フロントのタンクとジェリーの二人のコンビネーション、バンドの音の組み立て方。新作を早く出してほしいものです。

あれまあ、年々少なくなるR&B関連、フィジカルは1枚のみの2017年のベスト10。でも先に書いた通り、黒光り度合では負けません。何と戦っているのかはよく分かりませんが。

次点はオノシュンスケのスライ・カバー。音源の発表自体はずいぶん前になりますが、今年遂にLP化。最近では坂本慎太郎との共闘の記憶も新しいオノシュンスケ、楽器の重ね合わせといい、音色の選び方といい、カバーの選曲の妙といい、才能しか感じません。その凄みはディスコってのカバーにも存分に発揮されていましたが、今後の活動が楽しみ。活動量増やしてほしいって思っているのは私だけではないでしょう。その他、新作でよく聞いたのはMATT SOUNDS。

そして年末最後の最後、29日の夜中に出版されていることに気が付いて大いにびっくりしたのがJAMこと細田日出夫のブラック・ミュージック・レビューでの連載をまとめた「Chasin' the 80s Classics」!そう、物凄い情報量で昔から有名だったあの連載。この連載を集めるために連載が乗っている全バックナンバー買いそろえようかと思っていたあの連載。凄すぎて需要が無く、決して単行本化されることはないと勝手に思い込んでいたのですが、これは本当に嬉しい出版です。資料としての価値として考えても世界屈指!大コーフンです。これで年明けも相当楽しめそうです。
e0147206_23381624.jpg

さて、来年はクリス・デイヴの新作からスタートですね。映画スターになったモネイちゃん、それにアンドレ3000の新作は一体いつになったら届くのでしょうか?タンク&ザ・バンガスにも期待してます!

再発モノでは、ここ2,3年続いていたレゲエ方面への集中がひとまず一段落して、一気にソウル方面へシフトした今年後半。イギリスKentには引き続き大変お世話になっていて、The IndependetsとかBilly Butlerの総集盤には大変お世話になりました。この辺のシカゴ系への探求は来年以降も続きそう。そうそう、レゲエ経由で違和感が完全に解消されたこともあり、華麗なフィリーの音も随分聴き直しました。でも、やっぱりブルーノーツとオージェイズがダントツなのですけどね。60年代デトロイトは既に人生のテーマとなりつつあり、年末近くになっても掘り出し物を発見出来て、嬉しいところです。

さて、その他は一気にまとめて。

あまりに目白押しだった昨年に比べると、ライブはあまり観に行ってないけど、内容は充実していたと思います。

ベストライブは何といってもエリカ・バドゥ@ソウルキャンプでした。やっぱり無理してでもビルボードライブに行っておくべきだった気がして、今でも少し心残りなのです。その他では、UA@野音、近藤房之助@Old Scot、Kodama and Dub Station Band@クアトロはもの凄かったですね。Reggaelation Independenceはそら豆も最高でしたが、真夜中の下北も面白かった。その他では、内田コ―ヘイQ@渋谷Roots、Dub Organizer@新宿OPENにも興奮しました。レゲエ界隈のミュージシャンは本当に凄腕が多いですね。
e0147206_015670.jpg


映画は機内で観ているものばかりなのできちんと観たうちに入らないし、更に私は映画に関しては(関しても)ごくごく単純な神経構造をしているので、単純なものばかり。でも、一番はやはりHidden Figures(ドリームとは言いたくない)に尽きますね、しつこいけど。その他では、ローガン・ラッキー、ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー・リミックスあたりの肩の凝らない娯楽作も良かったですが、スノーデンかな、やっぱり。あと、機内上映で時間切れになって見終えることが出来なかった「女神の見えざる手」、この続きが猛烈に観たい今日この頃です。(調べたら、まだ上映しているのね、観に行こう!)

カズオイシグロのノーベル文学賞はなかなか嬉しかったけど、本は例年ほどは読めておらず、これは大いに反省しております。一番印象深かったのは、船戸与一の満州国演技。NHKのインパール作戦等の放送、そして落ちてくるはずもないミサイルで大騒ぎしているこの残念な状況の中で、残念ながらリアリズムを持ってしまうのが厳しいところ。来年はもっと何とかならないものでしょうか?
e0147206_0164576.jpg
でも、実はムスメと宮部みゆきの話が出来るのが一番うれしかったりします。

その他は色々と楽しかったもの。

e0147206_0181714.jpg
JOINTEXHIBITION、暁斎展、不信(最高でした)、キン肉マン60巻、Riddimの石田昌隆さん特集(ですよね)、ハイネケンのCM、ハラヂュクJINGUS、すみジャズ。

カズンズはプレーオフに行ってくれ!キングスはもう少し頑張ってくれ!
e0147206_0194189.jpg


シルヴィア・モイ、クライド、ジューニー、デビー、Pナット、星になる人が多すぎです。そんなに急いで行かないでほしい。

e0147206_0205825.jpg

ケンドリックス、プリーチャー、サンディー、ミスター・P、そしてボンさん、一年ありがとう。58さん、スミエ姐さん、ランチ、はてさて。モヤーン、来年こそ。ノブさんも。ロンマク&コハマク、今後が楽しみだ。ハイさん、またカレーを。MAさん、早く復活を。

ブラザG、君の活躍こそが私の養分。
孫の言いなりの鵜雛&Hはやっぱり元気が何より。
ヨメさん、今年も色々とすまん。
レイとヨウ、君たち二人はいつも私の世界中心。
e0147206_022893.jpg


今年もお世話になりました!それでも皆さん、よいお年を!
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-31 00:00 | Funkentelechy | Comments(2)

10歳ドラマーKハク君

先日ここで書き、ごくごく一部で話題となった旧友の息子、10歳(になったばかり)ドラマーのKハク君と久しぶりにご対面。何年ぶりかな。多分5,6年ぶりになるのではないかな。大きくなっていてびっくり。

あの後、両親の懸念を振り切って、無事地元のジャズバンドに入り見習いの日々のKハク君ですが、大きな声では言えませんが、クラスに好きな娘がいるそう。で、その娘を含む女の子数名を家に遊びに来させることに成功したそうなのですが、なんとその日が入団したばかりのビッグバンドのイベント(地元のコンテスト)とバッティング。両親に懇願しまくってビッグバンドに入ったのに、女の子軍団の訪問に舞い上がる一方のKハク君。とうとうキレたお母さんに怒鳴られます。


あんた、ジャズと女、どっちを取るの!


小学3年生、齢9歳にして、ジャズと女のどちらを取るか迫られるという、なかなか稀有な経験をしているKハク君、迷わず答えます。


女に決まっとるやん!



ジャズマンとしてもファンカティアーとしてもブルースマンとしても満点の答えでしょう。


さて、そんなKハク君が遂に私と相方モヤーン氏と年の瀬にご対面。モヤーン氏にいっちょ揉んでもらおう、という試み。
e0147206_1743199.jpg
そこは小学3年生、リズムキープなんかよりも派手なフィルインがやりたくて仕方ない模様。10歳の男子だもの、それは仕方ないよね。サンバキックの練習(そんなの教えるなよという話もありますが)は地味すぎたのか、あまり乗り気ではありませんでしたが、コールドスウェットの基礎フレーズはなんとか時間内にこなせるようになり、どや顔で決めるところも超かわいいもんです。今度またゆっくり遊んでみたいものです。
e0147206_17432198.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-12-30 16:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

確かに賛否分かれるよね

ということで、誕生日に期待して観にいきましたよ、最後のジェダイ。
e0147206_134852.jpg
賛否両論とは聞いていましたが、たしかに。観ている時は楽しいのですね。息を突かせない展開、きれいな映像、かっちょいい殺陣。標準のレベルは軽くクリアーしているとは思うのです。ローグワン以降の新しい味わいも加えてあるし。でも、ね。家に帰って余韻に浸っていると違和感が結構出てくるのですよね。

残りはこちら
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-29 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)

尊敬の念が深まる

先日色々と難しい決断を迫られ、本当につらい話し合いを行いました。もやもやした気持ちは今も整理することは出来ませんが、一人の人間として大きなものを見せていただいて、尊敬の念が更に深まりました。貴方のような素晴らしい人になりたいと心から思いました。私の大切な友達。46回目の誕生日の今日もそんなことを考えます。
e0147206_2010279.jpg
私も頑張る
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-28 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

乞う、完全版

探していたLPを発見。オリー・マクラフリンのレーベルKeren、Carla、Moiraに残された60年代デトロイト録音集。これまたマニアックな、というところですが、90年代以降Pファンク軍団の大事な声だったベリータ・ウッズの初期録音が3曲入っているということで、探していたのですね。
e0147206_1242361.jpg
これが思いのほか、素晴らしくて驚きました。歌良し、曲良し、演奏良し、録音も良い。一番古い録音は63年ですが、ほとんどが67‐69年、モータウン旋風が吹き荒れた直後のデトロイト。当時のデトロイトには怪獣のようなヴォーカリストやミュージシャンが山ほどいたわけですが、これもまたその状況証拠と言えるものでしょう。マクラフリン自身によるライナーもあるのですが、短いながらも各ミュージシャンへの愛情が溢れていて気持ちの良いもの。

まずはお目当ての3曲あるベリータ・ウッズ!私の知っているベリータよりも若々しいのは当然としても、艶の効いたパンチ力、これぞデトロイトなドラミングに呼応するばねの効いたリズム感、力んだ時に宿る雑味多めな旨味、完璧ですね。90年代のベリータも80年初頭のブレインストームでのベリータももちろん良いのですが、時代もあったし、若さもあったのでしょう、レベルが違います。おそらくはこの頃からクリントンとの交流はあったのでしょうが、初期のファンカに参加していたらと妄想すると止まらなくなります。
e0147206_12491746.jpg


2曲あるFirestonesも最高。マクラフリン自身によるライナーによると、その正体は2代目ファルコンズだったそうですが、ソニー・モンローのリードといい、ファルコンズ名義で出ている曲よりもカッコイイのでは?甲乙つけがたいのですが、ギターの小気味よさで “Buy Now And Pay Later”(なんちゅう曲名!)に軍配があがります。

そうそう、ギターが効いている曲が多いのが特徴。ベリータやファイアーストーンズ、コンパクツは本当にシャキっとしたドラムに絡む煌びやかなギターが耳を引きます。絶妙に歌を盛り立てていて、ムムムと。A面のベリータ、コンパクツと来て、決定的になるのはベティ・ラヴェットの“Hey Love”。あのシグネイチャーな星屑でまぶしたギターが飛び出して、これはもう当時新進気鋭のデヴィ爺さん、いや失礼、この頃ですとデヴィ兄だと確信に至ります。思えば、当時デトロイト周辺で活躍していた人、西海岸に移る前のお仕事なのでしょう。それにしても、この人の持ち味はリズムの切れだという事を改めて再認識させられます。B面ラストのベリータの“That’s when I ‘ll Stop Loving You”なんかも特に。

ポップコーン・ワイリーがプロデュースした曲も4曲。デヴィ兄の痕跡は無いように思いますが、これも負けず劣らずの気持ちの良いデトロイトダンサーが続きます。ジミー・ソウル・クラークは鯔背なダンサーで気持ちが良いのですが、この人はワイリーのレーベルでも録音がありますね。アルバム出せる実力があったと思うのですが。メリハリが効いたバックの演奏が男気溢れる歌とマッチして聴きもの。
e0147206_12504088.jpg
ワイリーはOutta Sightから編集盤も出てますね。エリック&ザ・バイキングスも入ってて、これも必聴かと。

その他では、バックコーラスを付けているのがなんと驚きのデルズというバーバラ・ルイスの曲は63年発売だけあって、やはりこの時期の主流だったしっとり系で派手さはないけど、歌手としての実力はなかなか。兄弟姉妹のグループ、コンパクツはもうちょっと70年代のコーラスグループに近いスタイルだけど、これも甘きに流れないのが良い。ディオン・ジャクスンはこのメンツの中では歌がやや弱いかなと思ったのですが、この人はおそらくスモーキーのフォロワー。それを踏まえて聴くとその絶妙な塩梅が分かります。

このアルバムは実はvol.1と2があり、実は2集の方も合わせて買うことが出来たのですが、いかんせん1集が良すぎて、2枚目まで聴く暇が無いのでありますね。ま、お正月休みの楽しみとしましょう。
e0147206_12512865.jpg
ま、色々な諸先輩がおっしゃっているように、そろそろオリー・マクラフリンのレーベルの全曲を網羅したCD、出してほしいところではありますね。
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-27 07:28 | Funkentelechy | Comments(0)

クリスマスですな

e0147206_1201876.png
クリスマスですな。

今朝起きたらムスメの枕元に置いてあったらしいサンタクロースからのプレゼント。
e0147206_1245177.jpg
なかなか良く出来ていて、私も大変楽しい。というか、可愛い!サンタクロースもなかなか粋なプレゼントを選ぶもんだ。

ヨウタロウへはこちら。
e0147206_1255788.jpg
最近お気に入りの猫バス。が、しかし本日はあまり興味がない模様。目が光るように工夫をする必要があるのかも。

さて、私からのプレゼントは本人たっての希望で、宮沢賢治。
e0147206_1261915.jpg
少し大人ぶって文庫本をチョイス。新潮文庫は渋くて重みがあってこういう時には様になります。ちなみにムスメが最近読んでいるのは宮部みゆきのステップファーザー・ステップ。
e0147206_1273367.jpg
こら、きちんとしおりを入れなさい!成長していくのが嬉しくもあり、寂しくもあり。
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-25 08:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

ああ、みっともない

本日25日はチャップリンが星になって40年。
e0147206_1452964.jpg
大傑作「独裁者」にソファーの高さを競い合う笑えるシーンがありますが、まさか映画公開から70年もたった2017年のこのタイミングで再現されるとはチャップリンも思ってもいなかったことでしょう。
e0147206_1455489.jpg
e0147206_1462765.jpg
百万歩譲って(いや、譲らないけどね)どんな相手に対しても同じソファーで臨むのだったら、まだ理解出来るかもしれない。(いやしないけど)相手によってソファーを取り換えるところが笑えて、また最高にみっともなく、悲しく、そしてどうしようもない憐みの情を覚えてしまうところなのでありますね。
e0147206_147660.jpg
ああ、みっともない。

チャップリンのスピーチを百万回清書して出直せと言いたい。

独裁者での最後のスピーチ
[PR]
by zhimuqing | 2017-12-25 00:00 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

ぬあー

追加公演もゲットならず。
ご協力いただいた皆様、お手数をおかけしました!
うー残念!
e0147206_20515296.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-12-23 10:05 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

導き!

e0147206_8403091.jpg
いつ入手したかは忘れてしまったのだが、ザッパの名曲“Inca Roads”でのザッパのギターソロのみを延々と集めた音源があるのですね。数えきれないライブ音源を使って、延々ザッパのギターソロが2時間2分にわたり、存分に味わえるというもの。

ソロが長ければ長いほどかっこよくなると言えば、エディ・ヘイゼルやジミヘンやプリンス、ロック畑だとガルシアなんかがいますけど、ザッパもやはりそのタイプですね。様々な時期の演奏を継ぎはぎしたものなのですが、一音でザッパと分かる音が素晴らしい。と、同時に様々なアプローチが存在していて、ザッパの永遠に尽きることのない湧き出る想像力に感服いたします。あと、時代をまたいで繋いでも全く違和感のないライブ演奏のバンドの実力にも。

ということで、本日22日(アメリカで21日)はザッパの77回目の誕生日。深夜バンコクへ移動する最中に突然ザッパが聴きたくなったというウソのような本当の話、はザッパのお導きでしょう。今の日本にこそ清志郎が生きていてほしかったように、今のアメリカにこそザッパが必要だったのに。音源が欲しい方はご一報ください。

e0147206_8431210.jpg
いつも行っているタイの工場の運転手さんが履いていたサンダル。ドープ過ぎる。ザッパを感じさせます。というか、これもザッパの導きかと!
e0147206_8432973.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-12-22 08:44 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

シルヴァーズ

初期の3枚が一気に再発されたと聞いて、シルヴァーズのことをものすごく久しぶりに思い出したのです。ベスト盤を買ったのはまだ学生の頃だったはず。久しぶりに聴き直すと、もちろん懐かしいのですが、新しい発見があって楽しいものです。音楽にはこういう楽しみがあるのがいいですね。
e0147206_184985.jpg
兄弟5人姉妹4人のシルヴァーズ一家(年代によって人数変わるけど)、ジャクソン5が開発したバブルガムなファミリーグループの系譜を継ぐグループ。メインでヴォーカルを取るエドムンドはジャーメインをもう少しファンク度増した感じだし、末弟(本当は下から2番目)フォスターの歌いっぷりはもう完全に目指せマイケル。女性の声が入るので、デバージの祖先と思ったほうがいいのかも。
e0147206_1842650.jpg
とは言いつつも、J5からニュー・エディションへ続くボーイズバンドに徹底した流れよりももう少し成熟した響きを感じるのは、シルヴァーズとしてデビューした時点でもうちょっと年齢が上だったこともあるでしょう。上の二人は二十歳超えていたわけだし。

フォスター名義でのポストマイコーで人気のシングル“Misdemeanor”もそうなんですが、長兄レオン・シルヴァーズの曲作りが面白い。ポップなんだけど、少し変な感覚があり、これは何だろうと考えると、レオン自身によるベースラインかな、と。コードに当ててくるフレーズの建付けが同時期のソウル界のベースラインとは異なっていて、曲への収まり具合が妙。しっかりと鳴っているし、ポップで可愛いフレーズなのでコピーしたくなるけど、常套句的なフレーズではなかなか収まらない。個性的です。
e0147206_188138.jpg
ダイナスティー時代のレオンの雄姿!ですよね。全てにおいて良い湯加減、良い塩梅。

世間的にはキャピトルに移籍してフレディー・ペインと組んだ後のヒット曲、“Boogie Fever”や“Cotton Candy”、“High School Dance”が人気なんでしょうけど、個人的にはベースラインが特に目立つのが初期のMGM/Pride時代の曲の方が好きですね。J5の初期の名曲ほど一発の爆発力はありませんが、曲の質の粒を揃えているのはJ5を凌駕するかもしれません。ただ、惜しむらくは映像での華に欠ける部分。ま、比べる対象が悪すぎますけどね。だって、比べる相手はジャクソン5の5人、ではなく天下のマイケルですからね。世の中のほとんどすべての人に勝ち目はありません。



もちろん悪くはないですけどね。

ちなみに今回聴き直して気が付いたのですが、初期の2枚、ギター弾いているのはデイヴィッドT師匠ですね。クレジットには記載されていないけど、誰が聴いても分かるシグネイチャーな演奏。“Through The Love In My Heart”では師匠の演奏がぶつ切り的になっているのがサンプリング風なのが面白いです。





そういえば、初期の2枚はプロデュースが元インプレッションズの初代リード、あのジェリー・バトラー。この人は不思議な人で、あまり知られていないのですが、オーティスの大名曲“I’ve been loving you too long(愛し過ぎて)”の共作者。なんでもツアー先のホテルで一緒になった際に二人で作ったそうで、なんとも気持ちが良い話ですね。シカゴソウルの重鎮にして、サザンソウル屈指の名曲を作り、70年代初頭には西海岸のヤング・ソウルのシルヴァーズをプロデュースするという振れ幅。うーん、やっぱり不思議な人です。
e0147206_17441545.jpg
ちなみにMGM/Prideのバトラーというと、73年にジェリーの弟のビリー・バトラー率いるビリー・バトラー&インフィニティーの名作≪Hung Up On You≫がありますね。これは私の大好きなアルバム。そのうちにきっちりと紹介したいものです、はい。
e0147206_1891594.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-12-20 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)