<   2017年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

1曲あれば当たりともいえるのだが

エリック・ベネイの新作(とはいっても16年作)。店頭で流れているのを聴いて、居ても立てもいられなくなり購入。
e0147206_2126052.jpg
前々作ががっかりの日本エクスクルーシブで、「80年代のポップロックを歌う」という企画ものだったので、もう買わなくていいわいと思ったのですが、この人は超名曲を忘れたころにぶち込んでくる人でした。忘れていましたね。数年前、存在自体を忘れかけていた時の“Sometimes I Cry”とか。

で今回は“Sunshine”。ま、これを聴いて触手が動かないスウィートソウル好きというのは真正の70年代至上主義のマニアぐらいしかいないかな、と思うのですが、案の定私も心を鷲掴みされ、レジ横のNow PlayingのところにあるCD見て、やはりベネイの仕業か!と思う暇もなく、レジでお金を払ってしまったわけですね。メロウなギターに合わせてセンシティブに始まり、プリンスばりのシャウトを聴かせる、ここ最近のベネイの黄金の必殺技。
e0147206_2126257.jpg
アルバムはその名も≪Eric Benét≫。期待に胸を躍らせて家に帰り、CDトレイに乗せて聴くわけです。1曲目はベネイらしいポップ・ソウル。ま、オープニングとしては悪くない。2曲目は必殺の“Sunshine”。グォーと盛り上がり、これやがなこれやがなベネイゆうたらこれやがな、を連発、何度もリピートしそうになるのをグッと我慢して、次の“Insane”へ。ベネイという過去の世代がみんな影響を受けているプリンス風味(でもポップな)で、これもなかなか。お次の“Cold Trigger”も80年代の味わいがあって、小粒だけど悪くない。
e0147206_2137305.jpg
ただね、この後が良くない。MOR全開な“Home”、 リズムが単調でバネが効いていない“Hold On”と続く流れがなかなかに退屈。中道路線を歩むのが悪いとは言わないけど、曲自体に魅力がない。その後、メロウな“Fun & Games”、マックスウェルの近作を思い出す“Floating thru Time”、 “Broken Beat & Busted”で持ち直すものの、途中でだれてしまった流れはなかなか取り戻せない。ベネイが好きなサルサ調の“Run to Me”も悪くないのだけど印象に残らないし。おまけに終盤の“That Day”、“Never be the Same”でまた王道ポップスに行ってしまい、不完全燃焼でアルバムが終わってしまう。

クレジットを眺めると、昔からの仲間のデモンテ・ポージーがこのアルバムの制作のメインのようで、これまた昔からの相棒の従兄弟のジョージ・ナッシュの名前がないのが目を引く。やはり名ギタリストでもあるジョージ・ナッシュ・Jrが作るオーガニックな音作りの上で軽やかな身のこなしを魅せるベネイが私は好きなのだな、と。ポップな曲で大ヒットを飛ばせ、というレコード会社の意向もあるだろうし、ベネイ本人も元々そういう体質の人だから、仕方ないのだけど、やはり≪Lost in Time≫でとことんこだわってみせた(魅せた)ソウル歌唱こそがファンが求めているものだと思うのだけどねぇ。
e0147206_2128919.jpg
ベネイの従兄弟ということですが、ナッシュさん、非常に親近感がわくルックスであります。

普通アルバムに1曲でも大名曲があれば、買いだとも言えるし、平均を超える曲もはいっているだけど、本来の実力からすると物足りないのもたしか。思えば12年の"The One"も前半の素晴らしさが後半で失速するアルバムでした。ルックスと歌双方でポップスでも突き抜ける実力を持った人だから
狙いたくなるのは分かるのですが、日本のレコード会社もトトとかのカバーでアルバム作らせるぐらいだから、そっちの需要の方が大きくて、私の好みの方が大幅にずれているだけなのかな。うーむ。
e0147206_21285742.jpg
シングルの12インチだけでも良かったかなと思ったり。ベネイを購入するのはなかなか難しい。



実に美しい二人のコーラス女性が気になりますが、この辺のチョイスは流石ベネイですね。伊達に元奥さんがハル・ベリーじゃない。が、この曲、実はコーラスは全てベネイ本人。その辺も伊達に現奥さんがプリンスの元妻ではないな。と。

とはいえ、ベネイのベストはやっぱりこれですね。


[PR]
by zhimuqing | 2017-02-24 21:28 | Funkentelechy | Comments(0)

忍耐力がすごい



堪え性の無い私には、ここまで作り上げる忍耐力を見せられると、ただもう尊敬しかないという感じ。
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-24 18:28 | BOP GUN | Comments(0)

一回生で観たいものだ


[PR]
by zhimuqing | 2017-02-24 12:51 | BOP GUN | Comments(0)

スノーデン

映画「スノーデン」。早めに上映が終了しそうなので、レイトショーにて。
e0147206_18524037.jpg
オリバー・ストーンが監督しているだけあって、実に見ごたえのある作品。スノーデンが一連の暴露に至るまでの経緯を「わかりやすく」描いてあり、見ているこちらも随分感情移入してしまう。映画の是非、というかスノーデンの行動については見る人によってさまざまなグラデーションが出てきそうだけど、監視社会に対して無防備な我々、湾岸戦争以降の痛みに対して想像力を失った社会に対する警鐘を鳴らすオリバー・ストーンの姿勢には共感を覚えます。内容に多少の誇張や虚偽が含まれているとはいえ。
e0147206_18525841.jpg
映画を見ている時に通奏低音として感じられて、背筋がゾワゾワするのは、それでも自浄作用がある(と思われる、というか思いたい)アメリカと今の日本を対比してしまうから。法治主義ではなく、人治主義であることが剝き出しになりつつある今の日本、例えば共謀罪、例えば一連の安全保障関連法案、そういうものが成立してしまいつつある今の日本での状況を考えた時の歯止めの効かなさ、これこそが恐ろしい。映画の中でもジョージ・ウォーレルの1984を意識した描写がありますが、1984で描かれた世界より日本はずっと先鋭化してしまいそうで。不謹慎な譬えかもしれないが、南スーダンで自衛隊員が殺されてしまったらマスコミも世論も多分一色に染まってしまい、歯止めが利かなくなるのではなかろうか、と。おりしもトランプと安倍壺三の最悪の組み合わせもあり、考えると恐ろしくなってしまうのでありますね。スノーデンの暴露を受けた官房長官のコメントは「米国内の問題なので、米国内で処理されることだ」という体たらくだったしねぇ。
e0147206_1853187.jpg
さて、映画に話を戻すと、序盤にサイラーaka Mr.スポック(若いころ)のザカリー・クイントやスノーデンのクールな友人役のキース・スタンフィールド(カッチョいい!)で個人的に盛り上がりますが、やはり主役のジョセフ・ゴードン=レヴィットの抑えの効いた演技に尽きるでしょう。そうそう、スノーデンの恋人リンジーを演じるシャイリーン・ウッドリーもなかなか。監督に自分から売り込んだだけのことはあります。素晴らしいカップルの愛情ものとして観ることもできますが、題材が題材なんで、ちと厳しいか。
e0147206_1854185.jpg
上映期間が短い模様。映画の中でスノーデンが日本のインフラにマルウェアが仕掛けられていると暴露したのがその理由だとの噂もありますが、その真偽は不明、というか明らかになることはウィキリークスが動かない限り無理でしょうね。ということで、上映しているうちにお早めに!



e0147206_18585611.jpg
ロシアに住まざるを得ないリバタリアン(ですよね)のスノーデンは大統領がトランプに変わったとたん、強制送還されそうとの噂も。なかなか悲哀を感じますね。
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-23 00:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

応援し続ける

デマーカス・カズンズ、ペリカンズにトレード。
e0147206_1522890.jpg
NBAだってビジネスだから、いくら中心選手だと言っても、いくら本人がそのチームが好きだといっても、トレードをやらなければいけない時があるのは理解できる。でもね、ビジネスなのであればそのトレードにきちんと見合ったものであるか、が最重要であることは言うまでもないわけ。今回のトレードはそういう意味ではトレードと呼べるようなものではない。ファンの思い(ほんとうはこれが大事だと思う)を押し切ってトレードするのであれば、そのファンの思いを上回る内容があるトレードでなくては話にならないし、ましてや長年弱小チームを支え続けてきたエースに対して、これはないんじゃない?
e0147206_15224160.jpg
フリーだった中ではベストのコーチを招聘し、ドアマットかつローカルチームの厳しい懐事情の中、地味だけどディフェンス力のある選手を迎え、カズンズは更なる成長(センターとしては異次元のプレイですよね)を見せ、苦労しながらも今年はもしかしたらプレーオフ行けるかも!と期待を持たせたオールスター前までの展開で、このトレード。今年のチームに対する思い入れと期待が大きくなったこのタイミングで。しかも、ガッツ溢れるプレイで私の心をわしづかみしていたマット・バーンズまで解雇って、なんやねん。
e0147206_15242666.jpg
ブギーはニュー・オリンズでデイヴィスとの最強ツインタワーを結成。是が非でもリングを取ってほしいですね。深く沈んだまま浮かぼうとする意思が感じられないチームで頑張るにはカズンズの能力はもったいなさすぎる。2001年からキングスを応援してきたわけですが、そろそろ考え直したほうがいいのかも。
e0147206_15243433.jpg
素行の面では優等生ではない荒ぶる男、ブギー。審判のジャッジに対するテクニカル・ファウルも多かったし。でも、アリーナの外で子供が売っているターキーを全部買い上げてあげたり、実は心優しい男。ずっと応援する。応援し続ける。キングスをぶちのめしてくれ。
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-21 00:28 | All The Kings Men | Comments(0)

総統閣下はお怒りです


[PR]
by zhimuqing | 2017-02-20 03:11 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

感謝の念しかありません

e0147206_1355894.jpg
世界で一番サンプリングされたとか、数々の肩書はあるのだけど、その格好良さに純粋に痺れるしかないというクライド。今この時代に生きている人が耳にするポピュラー音楽は濃度の多寡はあれ、この人が編み出したリズムの影響を受けているわけで、そこには本当に感謝の念しかありません。
e0147206_1361413.jpg
ありきたりですが、私が好きなクライドがドラムを叩いている曲。

◎Cold Sweat
◎I Got the Feelin'
◎Give it up and Turn it Loose
◎Mother Popcorn (You Got To Have A Mother For Me)
◎Ain't Funky Now
◎Get Up, Get Into It, Get Involved

ほとんどの人と同じでしょうが、やっぱりこのへんですよね。
あとはこの人の代名詞Funky Drummerでしょうね。

実はクライドが気になって、JBのもとを去った後の参加作(ベン・シドランとか)も聴いてみたのですが、やっぱりJB時代には及ぶべくもない。ま、当たり前なのでしょうけど、JBとクライドの才能が爆発するピークが重なったとのことの幸運を私たちはもっとかみしめる必要があると思いますね、ありがとうとしか言う言葉が見つかりません。ありがとうございました!
e0147206_136455.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-02-19 08:28 | Funkentelechy | Comments(0)

記念小学校

e0147206_1714286.jpg
https://mobile.twitter.com/kinokuniyanet/status/832323001144127489より
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-17 17:03 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

Ah, the name is Junie

昨年の今頃、後期パーラメントの凄さを改めて再認識したため、1年ぐらい70年代後半のパーラメントやファンカデリックを随分と聴きこんでいるのですが、そこで飛び込んできたジューニーの訃報。
e0147206_1404686.jpg
「天才」と紹介されることが多いジュニー、確かに天才以外の何物でもないのですが、この可愛くて変態チックなセンスは鬼才異才がたくさんいるファンクの世界でも突き抜けて特異的な個性。後期ファンカのあの妙な人懐っこさは勿論クリントンの存在もあるのだろうけど、ジューニーのセンスあってこそだと思いますね。そうそう、マルチプレイヤーという意味ではスライとプリンスの間をつなぐミッシングリンク的な存在でもありますね。
e0147206_141590.jpg
本人のインタビューを読むと、本人にはオハイオプレイヤーズを抜けたという意識もPファンク軍団に加入したという認識も無いようですが、どのグループと一緒に音楽を作ってもかならず自分の色と匂いを染みださせてしまう体質、今聴いても、いや今だからこそ味わいが増しているように思います。5枚の未発表曲集に収められているPファンクでの未発表曲はずっと一回まとめて聞かんといかん、とおもってずっとサボっておりました。反省しかありません。あとは、あれだな、離脱後にセッションしたというオハイオプレイヤーズとの録音、これをどこかが発表してくれたらなぁ。
e0147206_1412043.jpg
よく見ると、食パン。なんとも不思議な光景ですね。
e0147206_143818.jpg
この気持ちはよく分かる(ような気がする)

それにしても、Pファンク軍団、最近毎年星になっていくのが寂しすぎますね。
e0147206_14222214.jpg
私の大好きなT.A.P.O.A.F.O.M.の内ジャケに書かれた軍団の絵。シャイダー、ブギー、バーニー、レイ・デイヴィス、ベリータ、キャットフィッシュ、そしてジューニー。寂しい限りですね。
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-17 03:11 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

もうセンスの塊

e0147206_13565080.jpg
レコーディングの話ですっかり頭がいっぱいになっていたのですが、その前に観たOKI x 沼澤尚x 内田直之はやっぱり凄かった。
e0147206_13544739.jpg
e0147206_13543360.jpg
トンコリの演奏を生で聴くのは初めてだったのですが、ミニマムな演奏にはコラのような感触がたしかにあり、しかも沼澤尚の無駄な力みがないリズムと相まってアフロ成分が濃厚で涎が滴り落ちてしまうような音。(実際に涎が垂れてはいなかったと思いますが)
e0147206_13551883.jpg
そこに重なるのが日本が世界に誇る名手、内田直之の生なダブミックス。その辺の練習スタジオにあるものよりもずっと安そうなPA卓で構築してしまう音像。やろうと思えば、宇宙の果てまで飛んでいけそうなのですが、演者の世界を壊すことはなく、演奏に含まれる世界というかイマジネーションを更に押し広げるミックス。より鮮やかな色彩として提示する。もうセンスの塊としか感じられない神業。本当に良いものを見せてもらいました。
e0147206_13554198.jpg
e0147206_13555425.jpg
内田直之さんと。あまりの美しすぎるセンスにガンマ宇宙域の近くまで行ってしまった私。
e0147206_1356207.jpg
写真は58兄さん!いろいろとありがとうございました!
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-16 00:28 | Open the gate | Comments(0)