<   2016年 06月 ( 22 )   > この月の画像一覧

66:07

“We miss him dearly. But tonight the BET Awards will celebrate the rich legacy of this remarkable genius that we are all so proud of.”

BET AWARDは毎年色々見ものがあるのですが、
今年はプリンスのトリビュートもあり、実に素晴らしかった。昔の姿からは良い意味で結構離れたところまで飛んで行っている
ビヨンセのラマーとのコンビによるオープニングもさすがの出来ですが、
今年の目玉は何といってもプリンスのトリビュート。
e0147206_15373076.jpg
マドンナを起用したビルボードアワードに対して、
角の立つツイッターをつぶやいて話題になっていたBET。
デイヴ・シャペル、ザ・ルーツwithエリカ・バドゥ&ビラル、
スティービー、ジェニファー・ハドスン、マックスウェル、
モネイちゃん(ここだけちゃん付け)、トリがシーラEwithマイテ。
このラインアップを揃えるというところにプライドを感じますね。
e0147206_15474639.jpg
モネイちゃんのこの衣装、プリンス愛、溢れまくってます。(右側の方ね)
おそらくは地肌ではないと思いますが、それでも会場にいたかったかも。

曲の選び方、メドレーのつなげ方、それぞれの個性が際立つわけですが、
モネイちゃんは思い入れが深いあまり、気合がやや空回りだったり、
スティービーが少し地味目に流れてしまって勿体なかったり等、
100点満点ではないものの、単なるお祭り騒ぎにせずに
しっかりとプリンスに対する敬意が感じられるのには好感が持てます。
(客席には温度差があったけどね)
シーラEをあえてトリに、しかもマイテまで呼ぶというとは!
キャットやロージーも呼んでくれたら100点満点の10000点だったのですが、
それは贅沢を言いすぎってなもんでしょう。

思わず拳を握りしめてしまうジェニファー・ハドスンによる
パープルレインの劇唱には熱くならざるを得ないですが、
バックで妙というか変な(カッコよすぎる)ギターを弾いていたのは、
ハドスンのすぐ後ろにいたギタリストなのか、
ラストのソロの時に飛び出してくるルーツのキャプテン・カークなのか、
この辺は今日現在最高に興味がある謎なのであります。

e0147206_1548525.png
オープニングはザ・ルーツをバックにしたエリカ・バドゥですが、
プリンスが作った中でも屈指のファンク、しかし一般受けしないであろう
“Dorothy Parker”をあえてオープニングにチョイスするバドゥの渋さ。
やはりこの人はファンクのツボを隅々まで熟知しています。
(この曲が入るのと入らないのとではイメージがかなり変わりますよね)
ザ・ルーツの演奏も実に的確。
e0147206_15485923.jpg


パーマネントに活動しているバンドをバックにしていた人のほうが
総じて良かったのですが、そういう意味では自分のバンドをバックに、
新曲に続けて、“Nothing Compares To You”を披露した
マックスウェルはやはりカッコよかった。
e0147206_15562966.jpg
歌詞を少しだけ変えて、あの4月21日からの日数を歌うの小技も含め、
この人は本当に感情の襞を丁寧に押してくる感じが絶妙すぎる。
ジェイミー・フォックスの感極まった表情も良かった。
仕事に昼休みにこういうのを見てはいけませんね。
挙動不審のオッサンになってしまいます。
8月の来日が本当に楽しみです、はい。

が、しかしこのトリビュートのハイライトはビラル。
ラマーとの共闘を含め、注目度が上がっているとはいえ、
この中では知名度が圧倒的に低いかと思うのですが、
間違いなく男を上げましたね。
期待に違わぬ変態っぷりが全開。
e0147206_1535693.jpg
選曲(Beautiful Ones)も絶妙だったけど、
胸ボタンをはずしてからの暴発ぶりが素晴らしい。
たっぷり魅せたキャプテン・カークのギター、
再現度の高すぎるクエストとナックルズの太鼓と
バックのザ・ルーツのバッキングも完璧で、
プリンスへの思いのたけを見事に披露、
一部の観客、置いてけぼり!いやぁ、良かった。
e0147206_15544185.jpg


トリのシーラE with マイテ‼は
パフォーマンス自体は最高ではなかったかもしれませんが、
割とマニアのツボを突く選曲の良さ、
やや気負いすぎのパフォーマンスは殿下への思いの深さだったし、
なによりラストのクラウドギターを掲げる姿で締められると、
誰をも納得ということで、よかったなぁと。
e0147206_15332661.jpg
e0147206_15354614.jpg


BETは権利管理が生前の殿下のようにしっかりとしていて、
Youtubeにアップされた映像はことごとく消されてしまうのですが、
BETのHPでしっかり映像、見ることが出来ますので、
時間があまりないよという方はビラルだけでも、
少ししかない方は加えてマックスウェルとバドゥとハドソンを、
もう少しある人はとりあえずアップされているものは全て
見てほしいなと思う次第であります。
今年一押しのAnderson .paakもありますよってことで。
e0147206_15545230.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-06-29 19:28 | Funkentelechy | Comments(0)

仕事ができる二人とそうでもない一人

私が現在所属している会社は小さな会社。
業務を拡大していることもあり、
最近、といっても私が入社したのもついこの前なのだが、
新しい人が結構入ってきているのですね。
で、東京の事務所にも女性が二名入社したのですが、
この二人はなかなか仕事も出来るうえ、人柄もよいという、
なかなか得難い人材なのですね。

で、その女性2名がですね、雑談していたわけですよ。
いわく、自己啓発本を熱心に読む人がいるが、
そんな本読んでも役に立たないのでは?とか、
面白い小説を読んだほうがずっとためになる、とか。
私も全く同意見だということで、耳を傾けていると、
そうそう、宮部みゆきを読んだほうがずっと勉強になる!等と。

宮部みゆきと聞くと、私ももう黙って聞いてはいられない。
早速話に割り込み、宮部みゆきの中では何がいい?と聞くと、
口をそろえて「火車」かな、「理由」もいいけど、と。
しかも一人は「ペテロの葬列」の結末が最悪だというし、
もう一人は宮部みゆきは大好きだけど、ファンタジー物は苦手だという。
仕事のできる人は読む本も違う‼ もう100点ですね。
e0147206_23242075.jpg
せやねんせやねん、ペテロの葬列はタイのホテルに捨ててきてん、
ファンタジー物はずっと避けてんねん、と鼻を膨らませながら
語ったわけですが、そうそうあれも好きなのですよ、
お財布が主人公のミステリー、本の名前は何だっけ?
そうそう「長い長い殺人」、そうそうあの本も面白いですよね、と言われるも、
わたしゃそんな本は知りまへん、さっそく帰りに古本屋で買ってみようと。
e0147206_23232441.jpg
さっそく帰りに購入して読み始めたわけですが、
初期の作品で脂がのる前ではありますが、
脂がのる前だからこその若鮎のようなピチピチした文体が
実にリズミカル。
模倣犯の元となったような題材ですが、それもまた新鮮。
翌朝は始発の新幹線で出張だというのに、
延々と読みふけってしまい、翌朝死にそうな思いで
電車に乗り込むのでありました。
もしかしたら、宮部みゆき、まだ読んでいない名作が隠れているのかな?
[PR]
by zhimuqing | 2016-06-28 00:28 | La Sombra Del Viento | Comments(0)

三宅洋平 16年6月25日渋谷




[PR]
by zhimuqing | 2016-06-27 00:28 | Change! | Comments(0)

6月26日

e0147206_1845883.jpg
e0147206_18452221.jpg
e0147206_18454132.jpg
e0147206_18455664.jpg
e0147206_18462174.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-06-26 18:46 | Funkentelechy | Comments(0)

Ahh The Name is Bernie

e0147206_1301115.jpg
e0147206_12581169.jpg

Pファンクといえば、ファンキーかつゴスペルのような歌だったり、
水中のフォースのようなブーツィーのベースだったり、
ナスティとファニーを極めたコーラスだったり、
暴れ馬を乗りこなすようなエディ・ヘイゼルのギターだったり
人それぞれだと思うのですが、
はじめてPファンクというか、Mothership Connectionを聴いた時に
一番印象に残ったのは他でもないビヨビヨしたシンセだったのですね。
e0147206_12583694.jpg
宇宙中に広がるフォースを表現したかのようなストリングス、
30mの巨大両生類が太古の湖底を泳ぎ回るかのようなシンセベース、
クラビでのファンキーなカッティングはどのギタリストよりも上だし、
オルガンで一気に宇宙の果てまで連れて行ってくれるし、
ピアニカ一つで世界の悲哀と喜びを表現してもくれる。
e0147206_12585178.jpg
e0147206_1304931.jpg
なにせ音楽的な知性の高さでは世界でもトップレベルなので、
元気だったらまだまだいろいろな活動ができたと思うのですよね。
復活後のディアンジェロとはうまくやっていけそうだし、
クァンティックのプロジェクトなんかとの相性も抜群の予感がしたし、
ジャネル・モネイのバックでトランス状態になるバーニーも見たかったし、
ケンドリック・ラマーやカマシ・ワシントンのバックで
グネグネやるバーニーも見たかった。
やっぱりあまりにも早すぎます。
永らく癌と闘病していたとは聞いていても、
いつか復活してくれるのだろうと願っていたのですが。
e0147206_12593287.jpg
それにしてもシャイダー、ブギー、ベリータ、バーニー。
私が目の前で親しんできたPファンクの面々がどんどん星になっていくのは
本当に寂しいことですね。
それにしても今年は最悪な一年ですね。
e0147206_12594223.jpg
e0147206_12595883.jpg
e0147206_1362580.jpg
e0147206_1311431.jpg
ステージの右端に陣取るバーニーの姿を
もう見ることができないとは。
e0147206_12591295.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-06-25 13:02 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

ここ数日間のトピック

なかなか忙しくてブログを更新する暇がないので、
ここ数日のトピックを。

土曜日
6年ぶりのUA野音にムスメとプリマク氏と。
会場に58兄さんも発見。
素晴らしかったライブ(UAなので当たり前でもあります)。
情熱とミルクティー、新作のBEAM YOU とKUBANUYUが
聴けて満足だとムスメが宣う。
帰りに二人で回転ずしを。綺麗なお月さま。
e0147206_1644884.jpg


日曜日
とっとテレビの最終回を見て激しく感動する。
今年の映像作品では最高傑作なのでは。
e0147206_15553493.jpg
バンドの練習にて、この喜びを伝えるも、
ミスターP以外はノーマークだったようで、
期待していた反応が得られず、残念な思い。
e0147206_1554461.jpg
マックスウェルのチケットを無事入手出来、ほっと安堵する!
整理番号はなんと60番台!

月曜日
始発から2本目の新幹線で大阪に。
途中、アントン・イェルチンが亡くなったとのニュースを見て落胆。
仕事終了後、速攻で寝て、夜中のNBAファイナルに備えるも、
どちらかというと応援していたウォリアーズの前に
レブロンが立ちはだかり、落胆。
がしかし、レブロンの男泣きを見て、軽く感動する。
個人的にはキングスに優勝してもらい男泣きさせてほしいものです。
e0147206_15581030.jpg
おめでとう、レブロン!
クリーブランドといえばオージェイズとウーマックにラリー・ハンコック、
オークランドと言えばサディーク、シーラE、ジョン・リー・フッカー、アンヴォーグに
スライとフレディとラリー。
やっぱリ個人的には、オークランドの勝ちですな。
e0147206_1641041.jpg
新作早よ!

火曜日
大いに寝不足のなか、ロンマクが来阪。
夜中の11時過ぎに私の大阪の部屋に襲来、
さんざん二人で音楽を聴いたのち、3時に帰るという謎の行動。
がしかし、私の勧める音について大いに賛同が得られたので、
大いに満足する。
e0147206_1662129.jpg


水曜日
昼から(自腹を切らずに)高級なウナギを食べることが出来、
大いに満足する。
e0147206_1672337.jpg
e0147206_1664328.jpg
夕方、バンドのメンバーにスマホに残した写真を送り
さんざん自慢するも、電車の中でスマホを取り出す際に、
ポケットに入れておいた乗車券を紛失してしまい、
大阪市内→船橋間の乗車券8960円を買いなおす羽目に陥り、
大いに落胆する。
(特急券はなぜかポケットに残っていたのだ)

木曜日
一日中、仕事に追われる。
なぜか58兄さんからファンキーな写真を送るようにとの指示を受け、
さんざん悩むなあげく、写真を2枚送る。
一体何に使われるのか?
e0147206_15451546.jpg
e0147206_154534.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-06-24 08:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

Visarute Angkatavanich

e0147206_13351084.jpg
Visarute Angkatavanichの写真はすごい。
本物を凌駕しそうな勢いだ。
e0147206_13352836.jpg
e0147206_13353885.jpg
e0147206_13393052.jpg
e0147206_13394089.png
e0147206_13395566.jpg
e0147206_1340463.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-06-22 08:28 | A Felicidade | Comments(0)

RIP Young Chekov

e0147206_6501921.jpg
リブートのスタトレックもなかなか魅力的な俳優が多いのですが、
アントン・イェルチン演じるチェコフはOTSの俳優よりも魅力的なのではないかと
考えておりました。
e0147206_6504384.jpg
27歳、若すぎる。悲しいね。
e0147206_6505952.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-06-20 06:51 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

土曜が楽しみだ!



エリカ・バドゥとジル・スコットの共演を思い出しますね。
個人的にはUAの歌に身がよじれます。
JaPoも最高だし、土曜日が楽しみだ!
[PR]
by zhimuqing | 2016-06-17 01:29 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

美味い美味い

タイの謎のスイーツ。
e0147206_21201058.jpg
こちらの会社にいるおばさ、いや間違えたお姉さんが
あんた食べなさい!と、強引に押し付けてきたもの。
ちまきか何かと思って開けてみると、
e0147206_21205286.jpg
中にはプルンとした乳白色のゲル状の物体。
e0147206_21211445.jpg
ココナツベースの中に何かの餡が入っていて意外にいける!
e0147206_21213281.jpg
ここで、レシピなんかをしっかり聞いておけばよかったのだが
いかんせん言葉が通じないので、聞き出せない。
ま、この辺がサラームさんとの違いですね。

こちらはアパートの近くにあるお店
e0147206_1018732.jpg
。Cを抜いているので、間違いなくLAのブラッズの支配下にあるのかと推測。
(なぜか赤ではなく黄色だけど)
アイスTやスヌープ、ウォーレンGは立ち入り禁止なのか?
青い服を着て店に入ると撃たれるのか?
店員は皆ジェリーカールにしているのか?等等、
様々な妄想や疑問が沸き起こりますな。
そうなるとDJ Quikが聴きたくなるのですが、
肝心のiPodに入っていないという失態。
早く日本に帰って聞きたいところであります。
e0147206_10191338.jpg
お店に入店する時はラジカセを担いでいないとだめらしい。
[PR]
by zhimuqing | 2016-06-15 21:30 | Hot Barbeque | Comments(0)