<   2016年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

ようやく思いつく

お世話になっているタイの工場№3の女性、
私より少し年上で独身(それはあまり関係ないですな)。
とても優秀な人で、仕事で色々助けられているのですが、
初めて見たときから随分親近感を感じる人なのですね。
なぜだろう?と思い続けて半年、昨日ようやく理由が分かりましたよ、
私の敬愛するあの人に大変似ていたのですな。



その人の名は‼‼





e0147206_1916074.jpg
リーヴァイ・スタブス!Four Tops!
右から2番目の人ですね。

ソウル界広しといえど、リーヴァイほどその歌に説得力がある男は
大変珍しいわけで、道理で親近感とともに安心感も覚えるわけだ。
仕事のできる人はみなさん同じような面構えになっていくのでしょうか?
年を経るにしたがって人間、顔に出てくると言いますが、
まさにその通り。私ももう少し頑張らないといけないですね。
子供に早く会いたいとぼやいてばかりはいられません。
e0147206_19184525.jpg
デトロイトが誇る名グループ。
e0147206_19185646.jpg
それにしても見れば見る程、似ているなぁ。
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-29 07:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

JaPo

e0147206_15342552.jpg
e0147206_15344149.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-02-29 05:11 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

L.J.のような喉越し

今回タイで発見した(というほど偉そうでないのだが)のが
生姜の粉末をお湯に溶かして作るお茶というか飲み物。
(タイ人に貰ったのだ)
生姜好きの私にはたまらない一品です。
e0147206_19193289.jpg
各種スーパーで小袋入りの状態で売っているのですが、
色々な種類があるようですね。
粉末蜂蜜入り、蜂蜜や砂糖が入ったもの、砂糖控えめなもの等、
様々なものがある模様。
ただね、いかんせんタイ人好みとなると甘すぎる。
甘みの度合としては、カエターノの歌うスタンダードどころでなく、
デルフォニックスか、はたまたテリー・ハフか?
といった感じで、私にはちょっと甘すぎる。

ということで、色々探してみたところ、ありましたね、
生姜100%のハードボイルドなブツ。
e0147206_19183562.jpg
これをですね、適宜リズラに巻いてバフッと吸うと、
いや、間違えました、そのまま糖分を入れずに飲む。
もう見事なまで濃厚なジンジャー感(当たり前ですね)で、
これやねん、これ!と思わず関西弁になりますな。
先ほどのものがブルー・マジックのテッド・ミルズだとすると、
こちらはドラマティックスのL.J. レイノルズのよう。
ギリギリと絞り上げるような歌いっぷり、じゃなかった喉越し。
いいですね。大量に買って帰国することにしよう!
e0147206_19175927.jpg
ちなみに箱で買ったのですが、なぜかガラスのカップが付いている。
全く不要なんで、希望の方がいれば差し上げます。
希望する人がいなければ、先日結婚した人の家に押し付けましょう。

e0147206_19204162.jpg
タイの夜更けに聴くドラマティックスの“Dramatic Jackpot”。
スカやロックステディ、60年代ノーザンソウルばかりを聴いている
今の私の耳にも実にしっくりくる音。
ビリー・ポールのカバーで有名な通算5枚目のアルバムですが、
トニー・ヘスターやポール・ライザー絡みの曲がやはり濃厚で良い。

LJとロン・バンクスのデュアル・ヴォーカル、
痒い所に手が届きまくるコーラスの分厚さ。
75年のこのタイミングでのソウルコーラスグループの最高峰は、
テムプスでもオージェイズでもデルズでもブルーノーツでもなく、
ドラマティックスだったことを証明する1枚です。
e0147206_1924046.jpg
ウィージー時代が好きな人が多いようだが、
ドラマティックスはやっぱL.J.とロンのツインリードがあってこそ!
異論は認めません!
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-26 21:16 | Hot Barbeque | Comments(0)

別嬪さん現る

e0147206_2059525.jpg
タイに来て4日目。
お客さんが帰ってようやく静かな日々になったのですが、
落ち着いて過ごせると思いきや、アパートに出るのですね、アレが。
部屋に戻って電気をつけた瞬間に視界の端で何かが動くのを感じるのです。
それにしても初日に大型1、二日目に小型、
昨日に至っては大型と小型のセット?での登場。

私は節足動物に対しては全く苦手意識がなく、
アロマノカリスを一度食べてみたいと思っているぐらいですが、
やはりアレは苦手というか、嫌なんですね。
ただ、嫌だと言ってもそのまま部屋で放し飼い?にするわけにもいかず、
見つけた瞬間に即座に対決モードに入るのですが、
なんですな、南の人はノンビリしているとよく言いますが、
南国の節足動物もやはりのんびりしているのでしょうか?
大型のアレは動きが極めて緩慢で、今まで仕留め損ねたことがないのが
救いといえば救いなのですが、でもやっぱり嫌なもんです。
今日もアパートに帰るといるのかな?

さて、気を取り直して、こちらは昨晩のレストラン。
e0147206_119326.jpg
こんな話題の後に写真を出すのは不適切な気もしますが、
全く悪意はありません。
あまり上手でないアコギの弾き語りの音量がややデカすぎるけど、
味のほうはなかなか。
e0147206_1195464.jpg
e0147206_11101559.jpg
e0147206_11103138.jpg


さて、相席を申し込んできたのがこの御令嬢。
e0147206_1118919.jpg
うーむ、別嬪ですね。
e0147206_11111760.jpg
e0147206_11115428.jpg
すみません、近すぎです!あまり近づかないで・・・。
e0147206_11121186.jpg
わ、わたしには日本に妻も子供も友人も・・・。
友人は関係ないか。
e0147206_1112337.jpg
泣いたっていいんなら・・・決めてやるぅ、今夜っ!なジュリーの気持ちです

それにしても、なんという人たらし。
アパートに連れて帰りたくなるぞ。
お姉さんはアレは結構平気なほうですか?
いや、私は苦手なんですけどね。
e0147206_11132985.jpg
ちなみに肉球を触られるのは苦手なようでした。残念!
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-25 08:28 | Starship Troopers | Comments(2)

出張前に選ぶ5冊

木曜夜にバンドのリハをして、
金曜日に大分入りして、夜リハをやって、
土曜日に素晴らしい式に出てポンコツな演奏を披露して、
夜の10時過ぎに福岡に到着してラーメン屋を探しまくって歩き回り、
翌朝の5時に起きて船橋に戻り、24時の飛行機でタイへ行くという
怒涛のスケジュールですが、楽しい事だらけなので、
ストレスフリーで出張に行くというのは大変ありがたいことです。
e0147206_19315395.jpg
今回の出張は少しだけ長めなんで、トランクに入れる本も多めに準備。
モヤーン、プリマク両氏の推薦本をしっかり紛れ込ませました。
あぁ、楽しみだ!(出張中で読む本が)
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-21 19:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

笑って笑って笑って泣いて

e0147206_026361.jpg
笑って笑って泣いて笑って。
e0147206_032366.jpg
笑って泣いて笑って笑って。
e0147206_0295954.jpg
実にいい式でした!
e0147206_0325316.jpg
朝わざわざ新郎が取りに行った魚が凄かった!
e0147206_0333673.jpg
ドラムソロも凄かった!
e0147206_0341450.jpg
新婦のお父さんのスピーチも面白かったが、
モヤーンのスピーチに胸が震えたぞ!
新婦にも萌えたぞ!というのは秘密です、はい。
末永くお幸せに。カプラ!

おまけ)注:マニア向け
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-21 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

準備完了

e0147206_14333260.jpg
盟友モヤーン氏のファンクの儀ですが、
前日入りして、準備完了。
が、しかし、マレーシアから夜行便で飛んでくるマシーノ氏、
いまだ到着せず。
果たして本番に間に合うのかっ!

e0147206_14232138.jpg
昨日のリハ。
部室的なスタジオで懐かしい気分になるも、
新郎は色々な準備に余念がない模様。
e0147206_14245450.jpg
独身最後の晩餐を!と思ったが、
新郎万全を期して帰宅にて、政治や社会や音楽や子供の話をしつつ、
プリマク氏とホルモンを喰いまくる。
e0147206_14341955.jpg


e0147206_1435274.jpg
さっき軽く叩いてみたが、実にいい音。
さあ、本番が楽しみだっっ!
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-20 10:30 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

素晴らしい。

グラミーでのケンドリック・ラマーのパフォーマンスは
ヒップホップの歴史の中でも特筆すべきというか、おそらく最高のもの。
ラマーの時代ですな、完全に。



変な処理をしていない映像が出ると、それと入れ替える予定。
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-17 00:28 | On The Corner | Comments(0)

Vanity 6

e0147206_9275455.jpg
e0147206_9281078.jpg
e0147206_929278.jpg
e0147206_9301264.jpg
e0147206_9293616.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-02-16 08:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

ヴァレンタイン

ヴァレンタイン・デー

朝いちばんのプレゼントはまさかの東京新聞より。
一面にジョージ・タケイが登場!
第二次世界大戦中の日系人収容所を舞台に描いたミュージカルを
ジョージの叔父貴が書いたのにちなんだ記事。
e0147206_20442935.jpg
e0147206_20444628.jpg
戦争放棄を定めた日本国憲法第九条を改めることは、
戦前の考え方に逆戻りすることのように思える。
民主主義は間違いも犯すが、ただす力もある。
それは国民が自由や平等、平和などの理想を大切にできるかどうかだ。


たしかにスールーの言う通り!

さて、こちらも嬉しいプレゼント。
ムスメからのチョコを使ったケーキ。
e0147206_2044936.jpg
ちなみに最近のヴァレンタインは友チョコと言って、
友人の女の子と自作のチョコを配る日らしく、
昔とはだいぶ違うなぁと思いつつ、
遠い過去を懐かしむ(そんなにいい思い出はないけど)のでありますね。

e0147206_20431139.png
さて、ヴァレンタインにちなむ曲、真っ先に思い浮かぶのは
アンドレ3000の名曲、“Happy Valentine’s Day”ですね。
e0147206_20424246.png
Pファンクのファンク・ジャム直系。
ハン・ソロまで登場するへんてこなリリックはクリントン的だし、
サビのヴォーカルはドットソン~ブラックモンのあれだし、
ジョイのコーラスはブライズみたいだし。
ラップするバックでジャジーなピアノをサラッと加えるのは
プリンス的ともいえるけど、むしろアンプ・フィドラーが
ミスター・フィドラーでやろうとしていたことに近いかな。
発売から10年以上経つけど、やっぱり素晴らしい。
新作をいい加減出してほしいものだ。
e0147206_20434732.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-02-14 23:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)