<   2015年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧

求む、拡大版

ユニバーサルから出ているチェスの1000円シリーズ、
ブルースの気分でない今の私にはなかなか手が出にくいのですが、
ブラック・コーカス・コンサート、これは全く別物ですね。
e0147206_2320420.jpg
黒人議員連盟を支援する目的のコンサートの実況アルバム、
クール&ザ・ギャング、ウォー、ジミー・ウィザースプーン、
そしてカーティスとグラディス・ナイトの5組による5曲。
5曲で1000円と思うと割高感もありますが、
が、しかし、74年のカーティスのライブが入っているとなると、
これは6分20秒でも買うだけの価値がありますね。
しかもグラディス・ナイトも入っているともなれば。

新作≪Sweat Exorcist≫が発売されたばかりと
場内でアナウンスされているカーティスですが、
≪Super Fly≫の人気曲“Give me your love”。
メロメロなスタジオ録音に比べ、ここでの演奏は随分ラフでタフ。
2本のギターの絡みがよりワイルドになって、
これは最近のDに直結する音ですね。
e0147206_23205079.jpg
この時期のカーティスはバンドメンバーのクレジットが無く、
もう一つ不明なのが残念。
カーティスのドラム問題、タイロンなのかクイントンなのか、は
スタジオとは違うライブでの演奏でさらに分かりにくいです
ゴーストの入れ方なんかを聴くと、タイロンだと思いますが
ツアー用の全然違うドラマーの可能性もあり、
詳細はすでに竜の吐く霧の向こうでありますね。
ヘイリー・ギブソン不在をカバーするかのごとく
イントロから歌が入るまで叩きまくりですが、
嫌味な感じがなく、素直にかっこいいといえるでしょう。
同年の≪Got To Find A Way≫に直結するリズムでもありますね。
もっとワイルドですが。

ギターがクレイグかどうかは、とりあえず不明ですね。
ギタリスト目線で聴くと判別可能な気がしますが、
私にはそこまでの耳がないので分からない。
というか、カーティスと混然一体になっていて、
聴き分けることが出来ない状態ですね。
まあ、ベースは絶対ラッキー・スコットでしょう。
e0147206_23233990.jpg
これは貴重なバックステージの写真。
ギターはクレイグですね。

あと、オルガンが相当効いていますね。
クレジットはないけど、リッチ・トゥーホ(テュホ)でしょう。
同時期にアレンジに関わっているので。
傍若無人な白玉とこまめに刻むときの落差が魅力です。
カーティスのギターに近い趣もありますが、
ある種、スライが弾くギターっぽくもあるかも。
e0147206_232124100.jpg


グラディスは、これまたカーティスに手になる名曲“On And On”。
実は実力派なのに控えめなピップスの声もしっかりと聞こえますね。
この時期のグラディス・ナイト&ザ・ピップスは
たしかライブ盤を残していないので、これまた貴重。
この時期(に限らず、どの時期も、ですが)のグラディスの歌は
当たり前ですが、絶好調。
e0147206_2324585.jpg
歪んでブイブイいってるベースの音が意外といえば意外。
ファズとかオクターブ・ディヴァイダーをぶちかましていたのか、
それともアンプがいかれていたのか?分かりませんが、
ラリー・グレアム以降の音とも言えますが、
カーティスが2枚目のソロで試していた音のほうが
近いかな。
それにしてもバシッと決まったホーンといい、
間違いなく当時屈指のパフォーマンス。
e0147206_2325352.jpg
ということで、完璧な2組の演奏だけど、
それにしてもだ、1曲のみというのは欲求不満になりますね
LPの趣旨から1アーティスト1曲というのは理解できますが、
カーティスにしろ、グラディスにしろ、1曲だけのステージというのは
ありえないわけで、最低でも30分、もしかすると1時間ぐらいは
演奏していると思うのですね。
ここはですね、拡大版出してほしいなぁ。
e0147206_23253185.jpg
そうそう、他のグループ忘れていたわけではないのですが、
クール&ザ・ギャングは演奏のうまさはよく分かるけど、
カーティスとグラディスに比べると、旨味と面白みに欠けますね。
もっとファンクでぐりぐり攻めてもらいたかったな。
ウォーはさらに中途半端かな。
演奏はやっぱりうまいんだけどね。
ウィザースプーンは特に印象なし。
やっぱりカーティスとグラディスの拡大版だな、私が聴きたいのは。
[PR]
by zhimuqing | 2015-10-29 23:28 | Funkentelechy | Comments(0)

深い余韻に浸りきる

カズオ・イシグロの最新刊「忘れられた巨人」を読了。
e0147206_19463999.jpg
丁寧に読んで、じっくり味わいました。
相変わらず素晴らしい。
現在最高峰の作家の一人だと再確認しました。
10年ぶりの新刊ですからね、と言いたいところですが、
私がカズオ・イシグロのことを知ったのはつい最近、
まあ偉そうなことは言えませんね。
e0147206_1947146.jpg
過去さんざんスタイルを変えてきたカズオ・イシグロ、
ここでは竜や人食い鬼が出てくるファンタジーの形式ですが、
圧巻のラストを含め、人間や社会(というか共同体)の
普遍的なテーマを含め、様々な比喩や問いかけが至るところに
仕掛けられている小説ですね。
新参のファンである私はもちろん10年も待っていませんが、
長い間待たされた人も皆さん満足したことでしょう。
少なくとも私は大満足です。

記憶をマクロ(共同体)とミクロ(夫婦)の双方から捉えて、
普遍的なテーマに落とし込んでいく流れや
薄皮をはがしていくようなこの人独特の展開に引き付けられますが、
竜の吐く息によって過去の記憶をなくしていく人々という設定が
あまりにも見事。
温めていた題材を舞台設定に移すこの設定を考え、
そこに肉付けしていくために10年近くかかったというのも、
この作品を読むと、なるほどよく理解できますね。
e0147206_19472457.jpg
共同体の記憶のあり方とその書き換えと焼失、
宗教の名による暴虐、憎しみの連鎖。
全体を覆う対立の話は間違いなく近年の紛争、
特にボスニア・ヘルツェゴビナやルワンダの悲劇が
執筆の大きな動機になっているように思われますが、
それと同時に現在自分たちが置かれている状況が
照らし出されるような内容でもあります。

ストレートにテーマに踏み込まず、読者のその時点での心境によって
行間に隠れている意味合いが変わっていくような文章は
まさにカズオ・イシグロの真骨頂。
今の私の気持ちでは社会的なテーマが色濃いように思えますが、
恋愛をテーマとした内容としても素晴らしい内容でもあります。
読後に残ると余韻は深くて複雑なものです。
e0147206_19473946.jpg
ということで、この世界に魅せられた読者の一人としては、
こうなると次作はいつになるのか?
それが大いに気になるところですが、いったいどうなることでしょう。
おそらくすぐに映画化されるのでしょうが、
イシグロの世界をうまく映像化できる作家がいるとは思えない。
どうせ映像にするのであればオリジナル作品を、
でも、出来たら可能な限り小説をお願いしたいですね。
短編集でもいいのでね。
e0147206_19523452.jpg
随分前のNHKKKの放送に関する感想はまた後日。
そうそう、土屋政雄の翻訳も素晴らしいです。
[PR]
by zhimuqing | 2015-10-27 19:28 | La Sombra Del Viento | Comments(2)

持つべきは

ブラザGが我が家を来訪。随分久しぶりですね。

久しぶりに関わらず、すっかり意気投合。
叔父と甥のツーショット。
e0147206_1513115.jpg
この後、叔父さんの口に指を入れたり、
手を握ったりしながら、眠りにつきました、はい。

絵のレクチャーを受けるムスメ。
e0147206_1514844.jpg
すっかり父親である私の存在は忘却の彼方へ。
e0147206_1521095.jpg
忘れられた巨人となった私は写真を撮るだけ。
e0147206_1522555.jpg



レクチャーついでにササッと書いていた叔父さんの絵がこちら。
e0147206_152373.jpg
う、上手い、い、いや、ま、まあまあだな。
知らないキャラにいきなり挑戦したにしては。
e0147206_1525125.jpg
同じ兄弟で、なぜこうも能力に差があるのか?
e0147206_153230.jpg
ちなみに私の絵はヘタウマを超えたヘタヘタなのであります。


ということで、気を取り直して、今回のメインを紹介しましょう!
11月のライブのフライヤーを作ってもらったのだ!
パチパチパチ!しかも3種類!
e0147206_154010.jpg
e0147206_1541626.jpg
いやあ、持つべきは出来の良い弟だな、と
出来の悪い兄貴はしみじみと感慨にふけるのでありました。
e0147206_1543075.jpg
どれも甲乙つけがたい!



ブラザG、我が家に来るなり、あれが聴きたいとのことで、
私のCD棚から取り出したりますのは、
Roger最後のソロアルバム≪Bridging The Gap≫。
帰りの車の中でも聴いていたのだが、
ロジャーについて語りだすと、話は尽きないね、やっぱり。
e0147206_1554780.jpg
もう一つ、地味な扱いを受けていますが、
このアルバムもまた大名盤ですね。
[PR]
by zhimuqing | 2015-10-24 00:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(2)

胸キュン(ただしオッサン)

最近、訳あって病院に通院していた私。
先生は実にいい感じで信頼できる感じなのですが、
病院の看護師さん、まあオッサンには若い看護師さんは
ある種の楽しみとも言えるのですが、の中に
絵に描いたようなドジっこ看護師さんがおりまして。

3日連続で点滴の針を刺すのに失敗、先輩に毎回ヘルプを頼んで、
私の腕はなんというか注射跡がいっぱいという、
大阪市N成区でお馴染みな感じになっているのですね。
で、点滴がなかった先日は、お湯を自分の足にこぼして
熱いーと叫んで、診察室の端っこにうずくまっておりましたよ。
私(ただしオッサン)の胸がキュンとなることは勿論ありませんが、
元来がそそっかしい質の私は他人事のように思えず、
ああ、看護師にならなくて良かったと思ったのであります。

そうそう、胸キュン(ただしオッサン)といえば、
あれですよ、先日ふとした時に聴いたコルティーホ。
58年のシングル、“Calypso, Bomba y Plena”!
これはたまらない曲ですな。
アルバム≪Invites You To Dance≫に収録されておりますね。
e0147206_10283750.jpg
私はLPは持っておらず、ボンバから出てたCDで持ってます。



トイピアノのように鄙びた音色のピアノから始まり、
クラーベが重なって、これまた滋味に溢れるホーン。
この時点でグッと来るわけですが、
その直後に入ってくる女性を含むコーラス(コロ)がたまりません。
懐かしさと温かみが滲み出てくるような、そういう感じ。

で、満を持して出てくるのがイスマエル・リベーラ。
大スター登場という感じです。(とはいえ、まだこの頃は駆け出し)
一気に音が華やかになるのは、持って生まれたオーラなのでしょう。
人生の中にある色々な感情をギュっと押し込めたような声。

終始ジコジコとなっているギロ、
後半になるにつれ、ひそかに激しくなる(なりすぎないけど)コンガ。
このコンガとギロとクラベスとベースで織りなすリズムは
シンプルなのにどこまでも豊潤。
バンドのメンバーは皆マエストロなのに主張しすぎず
全体にまとまった時の音のイメージが的確に共有されていて、
ため息しか出ませんね。

この時代のコルティーホ楽団は本当に生命力に溢れていて、
聴いて楽しくなるものが多くて困ってしまう。
同時代のプエンテの華麗で端正な美しさはないかもしれないけど、
例えばメイタルズとかジョルジ・ベンとかカークなんかと同質な
汗をかくことを厭わない全力投球ぶりが美しい。
≪Invites You To Dance≫に収められている大名曲 “El Yoyo”での
見事なコーラスというか掛け声、アホガ、アホガの連呼の素晴らしさ。



それにしてもコルティーホとリベーラのコンビは凄い。
才能も凄いけど、しかも長く続く互いの友情も素晴らしい。
これに匹敵できるのはカエターノとジルぐらいか。
個人的にはラフィンとエディ・ケンも挙げたくなりますが、
安定した関係というところでは少し危ういかな。

プエルトリコのPlaza de los Salseros(サルセーロ公園、ですな)には、
地元が生んだサルサの8偉人の胸像があるそうだが、
もちろんコルティーホもリベーラの胸像もありますね。
並んで立っていてほしいのですが、どうなんでしょう?
いつか見に行っていたいものです。
e0147206_1033151.jpg
e0147206_10335512.jpg
e0147206_10333638.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-10-22 07:28 | Rumba DE Manbo! | Comments(0)

久々のマイブーム

実はこの半年近くでしょうか、私のマイブームはレゲエなのだ。
春先に岡山に行く途中でグレゴリー・アイザックスを聴いてから
今まで続いているわけで、ここまで大きな波は本当に久しぶり。
というか、聴きこみ具合や再生からすると、過去最高かもしれませんね。

過去のマイブームでは、ダブ一辺倒とかアップセッターズ一色とか、
ファミリーマンがベースを弾いている曲だけを聴くという狭い感じだったのに
今回の波は幅広くかつ力強く押し寄せておりますな。
大好物のロック・ステディはもちろんのこと、
ナイヤビンギもスカもジャミーもチャンネルワンも
その辺全部ひっくるめて、もう愛おしいという気持ちが
湧き上がるという、そんな状態です。
昨年の今頃は完全にノーザンソウル一辺倒だったのに、
中年の恋というのは激しく燃え上がるものなのでしょうか。

そんなわけで、グレゴリー・アイザックスですよ。
マーリー以降に四天王と呼ばれた4人のシンガーの一人ですが、
私の中ではアイザックスがやっぱり不動の一番。
80年頃までの作品はすべて名作であるアイザックスですが、
アルヴィン・ラングリンのGGに吹き込んだシングルを集めた
この≪Best of Volume One & Two≫もやはり素晴らしい。
e0147206_10462459.jpg
ただでさえレーベルが乱立しているうえ、
かなりいい加減なリリースが多いレゲエ関連、
どれを買えばよいものか、迷ってしまうことが多いのですね。
このCDも、なかなか手を出す気分にならないというか、
やる気が全く感じられないジャケやタイトルを見ると、
手を出してはいけない感じがプンプンしますが、
いや、しかし、これは実に素晴らしいCDです。
昔、某中古屋さんで300円ぐらいで買ったものですが、
今でも多分同じような値段で転がっているはず。
(あまり詳しくないお店の方が安いはず。ブックオフとか)
e0147206_10495048.jpg
中身はといえば、これは全盛期のアイザックス、完璧です。
絶妙にコントロールされた抑制された節回し、
同じく正確無比なバッキングを評して、
歌が上手過ぎるとか演奏が手堅すぎるという物言いをつけることも
出来ないわけではないですが、それはひねくれた物言いでしょう。
e0147206_1050475.jpg
昔発売されていたLPはマスタリングがひどかったそうですが、
このCDはマスターから音を取っているそうで、
音質も良好です。
今の耳では多少クリアーすぎる気もしますが、
こういうカッチリしたデジタルっぽい音質も
またジャメイカを感じさせるものでもあります。

ジャメイカの音楽はルーズだと思っている人が多そうですが、
一音一音への集中力と密度が濃く、特に演奏面からみると、
むしろタイト極まりない音楽なのですね。
アーティストのルックス、ドレッドヘア、から受ける印象とは
むしろ正反対ですね。
要のベースでは音符一つに対しての音の長さが正確に
コントロールされていて、真似したいけどなかなか出来ないのが
凡人の悔しさなのであります、はい。
ロビー・シェイクスピアは偉大です。
e0147206_1052188.jpg
この画像、ヘフナーのベースが欲しくなりますね。

グレゴリー・アイザックスの歌の素晴らしさについては
もうさんざんブログでも書いてきたので、ここではパス。
でもやっぱりかっちょいいよね。
ルードネスとファンクネスとメロウネスの3ネス?が
入り混じった独自の世界。
この時期のアイザックスはやはり最高です。
中古屋で転がっているのを見たら是非とも!
e0147206_10524965.jpg
この最初期のLPのジャケはかっこいい!
どこかに安く転がっていないかな?
[PR]
by zhimuqing | 2015-10-20 07:28 | Open the gate | Comments(0)

その通り

石川浩司 twitterより
e0147206_17402844.jpg


例えばTPP反対を公約に掲げててそれに賛同したからこそ投票した人は公約が全く逆になっても何の文句も言えず従わなきゃならないの?そんな感じでいいのなら俺も「国民全員に一億円ずつ支給」と選挙出るかな。そして当選したら「国民全員から一億円ずつ徴収」にするの。それでもいいってことだよね。

(続き)ちなみに自民批判では無いです。公明だろうが共産だろうが公約反古は詐欺ということ。公約に向けて進んだけど駄目だったのならまだ分かるけど。例えば「平和な日本」ということなら軍事を強くするのが平和という考え方と軍事を持たないのが平和という議論が出来るけどTPPは具体物だからね。

政治のことほとんど分からない馬鹿なので政治的なツイートは本当はしたくないんだけど(なので頭の良い方はほとんど政治的発言しないよね)それでも「そりゃあまりにもおかしいべ〜」と思わざるを得ない状況。応援してる党は特に無いす。本当はただただくだらねーことだけ延々言って笑っていたいんす。
[PR]
by zhimuqing | 2015-10-19 18:07 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

Return of Astro Black Ⅳ

ブレッカーストリートのビターエンド、
ウエストハリウッドのトルバドール、
無くなってしまいましたが西新Ja-Ja、
世界に名だたるライブハウスがありますが、
日本が誇るライブハウスといえば、やはり高円寺の次郎吉!
e0147206_0383012.jpg
ということで、VOODOO LOTUS、恒例の秋のお祭り、
Return of Astro Black Ⅳ
11月22日(日) のお昼、次郎吉にてライブです。
e0147206_039308.jpg
昨年はゲストにLos Amigos Panchosをお迎えして
楽しい時間を過ごさせていただきましたが、
今年も凄いですよ!
なんと58 Special!!パチパチパチ。
スミエ姐さん&ランチ姐さんの強力ツインリードに
58兄さんのスライド・ギター!!
e0147206_0395269.jpg
なにせ珍獣のように(失礼)まれにしか姿を見せない58 Special、
一つ残念なのは、サーバーニュウニュで忙しいA太郎さんが
スケジュールが合わなくて不参加なことですが、
それでも、この忙しい3人のスケジュールがよく合ったものです。
ドラマーの穴は秘密兵器の投入でなんとか乗り越えるとの噂。
e0147206_0404873.jpg
ということで、歌も喋りも達者な58 Specialを迎えて、
果たしてVOODOO LOTUS、撃沈してしまうのか?
はたまた若者の勢いを見せるのか?
(それほど若くもなく、たいして勢いもない、なんて言わないで)
括目して待て!
というか、私の体力が持つかどうか?それも問題ですけどね。

11月22日(日) 高円寺JIROKICHI
開場13:00 開演13:30予定 
【Return of Astro Black Ⅳ】
58 Special vs VOODOO LOTUS


58 Special
 58△:Guitars, Lap Steel, Banjo, Mandolin
 ランチ:Vocal
 スミエ:Vocal
 (A太郎:Drums)
 マゴノシーン:Bass


VOODOO LOTUS
 ケンドリックス:Lead Vox, Flute, Trombone
 オイスター・P・ザ・シェフ:Dancer, Percussions, 2nd Vox
 プリーチャー:Guitar
 クール・ボン:Cajón, BG Vox
 マゴノシーン:Bass, BG Vox

 マシーノ:Spiritual Forces
[PR]
by zhimuqing | 2015-10-16 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)

望み捨てず

e0147206_19153949.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-10-15 19:16 | Change! | Comments(0)

絶妙っすよ

e0147206_0515572.jpg
アメリゴ・ギャザウェイの新しいマッシュアップが登場。
フェラ・クティとデ・ラ・ソウル、マーヴィンとモス・デフと
組み合わせのチョイスが素晴らしいギャザウェイの新作は
BBキング!に組み合わせるのは、なんとそこに行きましたか!のUGK‼
この組み合わせの妙、絶妙すぎます!
e0147206_05342.jpg
しかーし、絶妙なのは組み合わせよりも、
中身の音楽の方でしょう。
UGKの二人の魅力、グリグリと地面を掘り進むようなBum Bと
ファンクネス溢れるPimp Cのコンビの魅力が
さらに深く味わえるというのが驚きですね。
まあ、UGKはアーシーな輝きが魅力のコンビだったので、
BBの声やギターとの相性が悪いわけはないのですけどね。
e0147206_0545467.jpg
BBに関していうと、声一発、ギター一音だけで
インパクトが強く、爪痕が残るな、と。
当たり前といえばこれほど当たり前のこともないですけどね。
そう考えると、声ネタ、音ネタとしてもっと使われても
おかしくない気がしますが、もう一つ多くない気がするのは
私の気のせいでしょうか?勿体ない。
e0147206_05814.jpg
90年代以降もっとストリートの若い衆と戯れていたほうが、
面白かったのかなと、考えたりもします。
もっとも大御所過ぎて、本人の意思はともかくとして、
ビジネスとしては難しかったのかもしれないですけどね。
(本人は常に新しいテクノロジーに興味があったようなので、
喜んでコラボしていたと思います)

とはいえ、我々はBBに大変感謝しないといけないことがありますな。
過去の偉業だけの話ではありませんよ。
97年のアルバム≪Deuces Wild≫でのDとの共演。
e0147206_17158.jpg
ここで、Dがはじめてパラディーノと邂逅したのですからね。
「俺のジェマースンが遂に見つかった」と言ったDは
このあと、パラディーノとのコンビで名作を作り上げるわけで、
世界中のファンカティアーはこの1曲のセッションだけを取ってみても、
感謝してもしすぎることはないわけですね。

いかんいかん、話が逸れました。
まあ、何はともあれ、BBとUGKの楽しい共演は
ここでメールアドレス登録するだけで、
ただでダウンロード出来るのですから、
とりあえずファンキ―なものが好きな人は是非とも。
気持ちよく楽しめる、いい音楽です。
UGKはかっちょいいし、BBはやっぱり最高です!
e0147206_162363.jpg
次は全盛期のBBを料理して欲しいっす!
[PR]
by zhimuqing | 2015-10-15 09:15 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

ヌスラット70周年

第2回FMSの後、いきなりタイに出張なわけですが、
本日は伝説の歌手、ヌスラト・ファテー・アリー・ハーンの生誕70周年。
e0147206_16574672.jpg
結局ご本人の姿を見ることは適わなかったわけですが、
20世紀最高の歌手の一人であることは間違いないですね。

それにしても本日のグーグルのトップページ、これには驚きました。
ええ、びっくりしましたとも。
e0147206_16564136.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-10-13 23:28 | Blues 4 Terapin | Comments(0)