<   2015年 08月 ( 23 )   > この月の画像一覧

タイご飯その3

e0147206_8362213.jpg
オーセンティックなタイ料理。
ボサノヴァ風のギタ―弾き語り(でも何かが違う)を聞かせるお兄さんがいたりと
なかなかオサレな感じ。
当日はなんでも地元の電力会社がパーティーやってたみたいで、
席がほとんどないほど、大繁盛!
e0147206_8363765.jpg
三猿というモチーフはエジプトが起源という説があり、
こういうのを見ると、世界って繋がってるもんだなと感じますね。
e0147206_8365135.jpg
これはなんなんでしょう?
ファンクとかヴードゥーなんかと近縁なるものという感じはしますなぁ。
e0147206_837538.jpg
e0147206_8371510.jpg
料理は真っ向勝負なタイ料理。すこぶる美味い。
e0147206_8372914.jpg
ただし南部なんでかなりパンチの効いた辛い料理もあります。
このスープなんかは、スプーンにすくって飲むと
酸味をメインで感じるのですが、
器からじかに飲むと吃逆が出るくらい辛いという、
タイ料理のマジック?が味わえますね。
e0147206_8374531.jpg
レモンのシャーベット的な飲料は辛いスープとも
なかなかのマッチングで、お酒が飲めない私にはなかなかの一品。
e0147206_8383552.jpg
お店の売りの冷凍ケーキ、これは正直もう一つ。
やっぱりなんだか野暮ったいのだ。
e0147206_8391127.jpg
まあ、その辺の野暮ったさもまたいい感じなのですけどね。
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-31 08:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

e0147206_2340531.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-08-30 23:40 | Change! | Comments(2)

近所のお店

アパートの近くのいい感じのお店。
e0147206_20192750.jpg
華僑系ですな
e0147206_201945100.jpg
名物はこの麺。でも普通かな。
せっかくのタイだからもっとパンチがほしいかも。
e0147206_2020784.jpg
チープな食器は悪くない。
e0147206_20202794.jpg

近所の夜店で発見した服。
ダシキみたいなので、飛びついて購入するも
完全に女性向けサイズ。
e0147206_20204362.jpg

無理に着れないこともないですが、ここはタイ。
いろいろ誤解を招きそうなのでヨメへのお土産にすることに。
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-27 00:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

今年も襲来します!

e0147206_13552587.jpg
もうあれから2週間近く経ちましたが、タイに滞在していても、
いまだに先日のスミジャズやD様の余韻が冷めやらないわけですが、
もうすぐ秋ですよね、日本も結構涼しくなっているらしい、ということで、
先日内示というのかな、審査パスとの連絡が入ったので、
そろそろオープンにしてもいいのでしょう。
我等がVOODOO LOTUS、第2回ふなばしミュージックストリートに
無事出演することとなりました。パチパチパチ。
e0147206_13472522.jpg
今年の募集のHPにも我々の雄姿?が‼‼

昨年は総武線をバックに気分よく野外で演奏できたわけですが、
今年は応募用紙に会場の希望を書く欄がなく、
今日の時点で会場がどこになったか定かではありません、はい。
その辺は今後のミーティングなんかではっきりするでしょうから、
おいおいご報告ということで!
(でも去年と同じ場所だと嬉しいのですが)
e0147206_13504318.jpg
これは散々使いまわしている去年の写真ですな。

そんなこんなで、編成もどうするか?も不明ですが、
スミジャズに向けて、ずっと半分アコースティック編成で来てたので、
そろそろドラムを据えたバンドセットで行きたいっすね。
あと、棚上げになっている新曲も完成させねば。
ということで、10月11日はJR船橋駅近辺までどうぞ!
e0147206_1353617.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-08-26 19:28 | Funkentelechy | Comments(0)

これは失禁レベルっすね

e0147206_1173369.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-08-25 08:28 | Funkentelechy | Comments(0)

面白い

あの世界的に著名なミュージシャン、ジム・オルーク、
矢切の渡しの歌唱指導を受ける。



とりあえず演歌ではないと思うけど、ブルージーであることは
間違いないですね。
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-24 23:28 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

散歩

e0147206_474443.jpg
e0147206_492660.jpg
e0147206_412586.jpg
e0147206_4133086.jpg
e0147206_4143963.jpg
e0147206_415109.jpg
iPhoneは割とどこでもさっと撮影できるのでいいのですが、
ピントのうまい合わせ方がまだ把握できていない。
とはいえ、甘い(甘すぎる)ピント、嫌いじゃないのですけどね(笑)。
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-24 04:15 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

青春は恋と革命よ!

若い人たちの前で、「青春は恋と革命」と言ったら、
みんなわーっと盛り上がりましたよ。
いい戦争はない。絶対にない。聖戦とかね。
e0147206_1054722.jpg
なんとかっこいい93歳!
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-23 17:28 | Change! | Comments(0)

なかなか新鮮だ!

e0147206_07427.jpg
ということでタイにいるのですね。
バンコクでのテロ云々の話もありますが、田舎の方はいたって平和。
e0147206_23304512.jpg
よく見ると、なかなか愉快な顔をしている飛行機。
目が少し怖いぞ!

これまで海外での仕事といえば、ほとんど中国だったので、
タイで仕事をするというのは実に新鮮なもので、
まず言葉がまったく通じないというのが面白い。
基本的に目が合うと皆さん会釈するのが気持ち良い。
そして、パンチの効いた料理が心地よい。
これで家族とバンド仲間がいるんだったら、移住してもいいぞ!
ということで、しばらくはマイペンライな男になりたいと思います!
e0147206_23425339.jpg
これは実にタイらしいですね。
日本で乗ってみたい。

今回からは比較的長期(でもないな、昔に比べると)の出張が多くなるので、
ホテルでなく、街中のアパートに住んでいるのですが、
近所にコンビニもあるし、ショッピングモール的なものもあるしで、
基本何も不自由はしないのですが、やはり南の国は水回りがチト厳しいかもね。
私は結構平気だったりするのですが。
e0147206_23504470.jpg
何にもない部屋ではあります。
楽器がなにかほしいところだ。
e0147206_0503538.jpg
アパートの非常口の案内板。何やら意味深にも見える。
タイの文字に慣れていないので、相当かっこよく見えますな。

e0147206_23401100.jpg
これはスーパーで見つけたチョコレート。
タイ人のセンス恐るべしと思ったのだが、どうやらドイツの製品のようだ。
スーパーでこっそり激写したので、ジェイクがほとんど写っていない。失敗だ。
e0147206_061918.jpg
この春雨的なインスタント麺は安くてなかなか旨い。でも辛い。
e0147206_0111427.jpg
ジュゴンを見て辺野古を思い出す。


[PR]
by zhimuqing | 2015-08-22 23:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

魂を抜かれる

e0147206_2221960.jpg
個人的には近年まれにみるほど予習していたつもりだったのですね。

昔と違い今はネットで探せば、いくらでも映像や音源が転がっているわけで、
復活以降のDの同行は逐一追ってきていた私。
当然現在進行中のツアーでのセットリストや曲の展開はもちろん、
Ðの身振り手振りまで頭に叩き込んでいったつもりだったし、
素晴らしいものになることも分かっているつもりだったのだ。
そんな諸々の「つもり」を軽々と飛び越えていくÐ。
あまりに素晴らしいステージに完全に魂を抜かれました。
e0147206_224080.jpg
PAがあまり良くなく、低音がボワボワしていて
D達の繊細な歌やピノのベースの旨みが損なわれていたとか、
細かい注文はあるのだけど、そんな細かいことはどうでもいい。
あれから数日経ち、南タイに滞在している今日にいたっても
私の魂がゼップ東京でゆらゆらしているような、そんな気持ちですな。
e0147206_1501965.jpg
ファンク (広義においても、狭義においても)の正当な継承者だとは
信じて疑わなかった私ですが、やはり本物のファンカティアー、
それも全盛期の凄まじい肉体のダイナミズムを目の当たりにすると、
ただただもう圧倒されるだけ。まさにぶっちぎり。
e0147206_1275748.jpg
JBの掌握力と瞬発力、スライの連帯感とシニカルな視点、
ファンカデリックのドラッギーな肌艶と高揚感、カーティスの慈愛、
プリンスの愛嬌と躍動感、フィッシュボーンの心意気、
そういう偉人の遺産をしっかりと引き継いだうえで、
ダブ革命以降ならではのボトムの太さや音像や
サンプリング世代ならではのリズムの撚れまで飲み込む咀嚼力で
徹底的に2015年現在、いやもっと未来までのファンクを
見(魅)せつけてくれた、というのが一番しっくりくるかな。
e0147206_1513192.jpg
例えば全盛期のMJやプリンスのように完璧にコントロールされた
ボディ・ムーヴを魅せるわけではないが、
逆に作りこまれすぎない、その動きから生々しいファンクネスが
滴り落ちていると思う。
JBのようにバンドメンバーを鉄の規律でまとめ上げるのでもないが、
バンドメンバーというよりも、むしろバンドの一員というスタンスには
ヒップホップ世代ならではの集団感覚もあるだろうし、
生前のジミが求めてやまなかったものを掌中にした喜びを感じる。
ジミやクリントンのようにライブの演奏で大幅に逸脱するわけでもないが、
ものすごい演奏を繰り広げつつ、Dの一挙手一投足に集中するメンバーの
緊張感漲る様子からは同種の自由度をまた感じさせる。
e0147206_1525957.jpg
豪勢なバンドメンバーも本当に豪勢としか言いようがない。
初めから判っていたが、見るべきところ、見たい人が多すぎて、
困ってしまう。
まさかのジョイ・ギリアムの見事な歌と振付(もっとじっくり見たかった)、
敬愛するピノ・パラディーノのリズムのノリ(もっとじっくり見たかった)、
リズムの新たな地平を開拓するクリス・デイヴ(もっとじっくり見たかった)、
いなたいチキンスクラッチとほろ苦甘なギターを共存させる
アイザイア・シャーキー(もっとじっくり見たかった)、
良い感じで枯れてかっこよくなったジェシ(もっと…以下略)。
e0147206_1584629.jpg
どこから見ても弱点がないどころか、ほぼ全面的に強力なメンツが
揃っているバンドというのも過去にあまり類を見ない。
ヴードゥー・ツアーでのソウルトロニックスは多分過去最高の
ファンクバンドだったが、今回のヴァンガードも負けていない。
この人材をきっちりピックアップしてくるÐのセンスもさることながら
逆に、いくらでも仕事があるだろうこの人材を引き付けるÐの魅力を
生で見ることで改めて感じ取れたようにも思いますね。
e0147206_157977.jpg
e0147206_243145.jpg
それにしても、このメンツをバックにしながら、
観客の視線と聴覚を自分一人に集中させるÐの力たるや。
眩いばかりの光を放ちつつ、観客からの反射光を全て吸い込み
更にその輝きを増す永久機関のような、
無尽蔵の底無し沼のように尽きることがないファンクネス。
こればかりはやはり生で見ないと分からない。
生で見て初めて実体が捉えられた気もするが、
実際には何も捉えることが出来ていないというのは、
まったく禅僧の問答のようなものでもありますな。
ライブ終了直後ですら、夢心地というか、
夢でも見たのではないか?という心持ちですからね。
e0147206_263642.jpg
Ðが復活してくれたことに世の中の諸々に感謝し続けていた私、
この歳になってライブを見ながらあんなに大声を上げ続けるというのも
正直予想していなかったわけですが、ラストの“Untitled”で涙腺決壊。
ホーリーゴーストが世に出される1stヴァースの終わり頃。
でもね、周りも結構みなさん、決壊してましたね。
特に私の真後ろで全編歌っていたお兄さんも
一人横で見ていた小柄なお姉さんも、みんなね。

やっぱり1回だけじゃ物足りないね。
最低でも3回は続けてみないとね。
本人達もかなり満足してもらえたように思いますが、
出来る限り早く帰ってきてほしいなぁ。
Thank you Japan for being a part of these 3 incredible shows.
Hope to see you again soon.

単純王の私はこの言葉、本気で信じているぞ!
来月でもいいぞ!毎月でもいいぞ!
e0147206_272160.jpg
さあ、問題です、私はどこにいるでしょう!
e0147206_273995.jpg
こっちはもっと難しいぞ!

D’Angelo & The Vanguard
Zepp Tokyo, Aug.18, 2015

① Ain't That Easy
② Vanguard Theme
③ Betray My Heart
④ Spanish Joint
⑤ Really Love
⑥ The Charade
⑦ Brown Sugar
⑧ Sugah Daddy
⑨ Left & Right
⑩ Chicken Grease
⑪ Untitled


おまけ
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-19 02:23 | Funkentelechy | Comments(2)