<   2014年 10月 ( 18 )   > この月の画像一覧

これまたいい仕事!

オーランド・ジュリウスとザ・ヘリオセントリックスとのコラボ作。
STRUTから発売ですが、ハイチもののコンピといい、
今年もいい仕事していますね。
e0147206_033396.jpg
ザ・ヘリオセントリックスというか、マルコム・カットーは凄い!
クァンティックの≪Tradition in Transition≫で叩いているという事実だけで
個人的にはもう◎なんですけど、やっぱりすごいドラマーですね。
ヘリオセントリックス単体の音だと、あまりにも実験的すぎるというか、
音響的すぎるキライがあったのだけど、このアルバムは違います。

よくあるアフロビートの旨みを抽出して口当たり良くご提供します、
みたいなものとは、濃度と密度が全く違いますね。
ヨルバの精霊を現代に甦らせていて、混じりっ気なしの5倍濃縮された
ピュアでアンカットなナイジェリアン・ソウル・ファンク。
e0147206_0294128.jpg
やはりカット―のドラムが凄い。
最近のアフロビートに一番欠けているのが、ドラムの自由度だと思うのだが、
ここでのカットーはハイハットとスネアとキックが呪文のように絡み合い、
全盛期のトニー・アレンにも迫ろうかという勢いだが、
一方で、スネア裁きに60年代後半のクライド・スタブルフィールドを
感じさせる部分もあって、まあ要するに強烈にカッチョイイということです。
このドラムだけでもご飯が何杯でもお替り出来るというものですね。
e0147206_030425.jpg
オーランド・ジュリウスについては、あまり詳しくない、というか
1枚しか聞いていないので偉そうに語れませんが、
フェラ・クティほど断言力?はないものの、古豪ならではの
声の厚みというか、背後の重みというか、年輪を重ねた男の旨みがあるし、
サックスの吹きっぷりも元気いっぱい。
e0147206_0301950.png
演奏している曲はジュリウスの過去の曲がかなり含まれているのだが、
前述のとおり、ジュリウスの曲はあまり聴いていないので
とりあえず聞き覚えのある曲はJBのカバー“In The Middle”だけ。
勉強不足は否めませんな。
やはりレアものばかりを追いかけていては、見えなくなるものが
各方面に色々散らばっているようですね。

ちなみに噂の“In The Middle”、オリジナルのベースはティム・ドラモンド、
ドラムがスタブルフィールドですが、よりアフロ成分を増殖させた演奏は
オリジナルを超えているのではないですかね。
この曲1曲だけでも買い!だと思いますが、他の曲も軒並み高水準。
演奏が良いのは当たり前だとしても、殺気とか緊張感といった
70年代の音に込められていたもろもろの空気まで再現しているのが凄い。
音質の良さも特筆もの。(カットーが絡んでいるので当たり前ですね)
e0147206_0291099.jpg
全体を通して、単なるレトロというか懐古趣味に留めていないのも好印象。
ダブっぽい音処理、入り乱れるフリーキーなサックス等、
リズムのキメのかっこよさ、単調にならないよう工夫も凝らされている。
サックスは御大ジュリアスのテナーとジェイソン・ヤードのバリトンだが、
そのヤードのバリトンが唸りまくって相当イケテいる!
ブヒーブボブブボブブ、ああいうバ行を連発する暴れ馬的な音、
自分のバンドにも欲しいですよね。
e0147206_0272161.jpg
こちらがヤード氏、ルックスも超イケテル!超好みだ!
e0147206_0275245.jpg

e0147206_0383447.jpg
ギターのエイドリアン・オウス?(読みが分からん)はギル・スコット・ヘロンみたいで、
これまたナイスなルックス!ですが、演奏も理想的なアフロ成分含有率!
e0147206_039758.jpg
ベイスのジェイク・ファガースンはへフナーでその音を出すか!

e0147206_0344782.jpg
でも、やっぱりキモはドラムですね。
クァンティックとの仕事に続く、畢生の大仕事ですが、
この男も底が知れないので、今度更に凄いことになりそうな気もする。
これはメルヴィン・ヴァン・ピープルズとの共演盤も入手しないと
いけない気がしてきましたよ。
もっとも当たり前のベシで買っとけよ!と言われそうですけどね。
e0147206_0315329.jpg
ジャケ、相当キテますね!

ストラットのLPはありがたいことにCDも同封されている。
その分、値段を下げてほしい気もするが、
今回CDのほうは、プリマクさんちにお嫁に行くことに。
こういうシェアする方式は色々と良いかもしれん。
e0147206_0412547.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-31 21:28 | Funkentelechy | Comments(0)

その中毒性たるや

若い頃に食べたモノというのは、特に五感に直結するものほど、
純粋に判断を下すことは難しい。 
就職するまでずっと食べていた味には抗えないのだ。
まさに抵抗は無意味だ。

ということで、ショッパーズから博多のバスセンターに移っている
福岡のお好み焼き屋≪ふきや≫。
関西とも広島とも違う、ふきや、というオリジナル料理ですね。
あれから色々なものを食べて来たのですが、
私には、このお好み焼きはとても美味しいです。
e0147206_1402060.jpg
ショッパーズにあったお店にはオジイサンがいて、カウンターに座ると、
兄ちゃん、大、特大?と聞いてくれて特大!と頼むと、いつもイイ笑顔になり、
お店の若い衆が、これバリデカイですけど大丈夫ですか?と私に聞いてくるほど、
ばかデカイお好み焼きを作ってくれていたものだ。
普通の大きさ、とか答えた若者は、そげなことで男がどうする!と
軽く説教を食らっていたものだ。

10年ぶりぐらいに思いだして行ってみたのですが、
カウンターにいるオジサン達も既に知らない顔ぶれで、
そういえば、西新店にいたおばさんは元気だろうか?と思ったりしつつ、
帰りの会計の時に、おじいさんは元気にしてますか?と聞くと、
社長はもう5,6年前に・・・とのことで、哀しくなりつつも、
多分ギリギリまでカウンターでお好み焼きを焼いていたのだろうな?と
なんとなく、ルックスは違ったけど、JBに対する想いのようなものを感じつつ、
ホテルに帰ったのであります。
間違いなく、博多のソウルフード。
異論は認めません、以上。
e0147206_1403667.jpg
マシーノには悪いけど、ここのマヨネーズが一番上手い!
異論は認めません。
[PR]
by zhimuqing | 2014-10-31 01:41 | Hot Barbeque | Comments(0)

笑えるけど、笑えない

e0147206_1433416.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-30 23:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

その中毒性たるや

私ごときが今更何をぬかすという感が強いのですが、いやぁ、参りました。
e0147206_238698.jpg
某所で聞いたメロウな音が気になって買ってみたのですが、
こういう冒険というのはやっぱり大事ですね。
ご多分に漏れず、中身について猛烈に語りたくなっている自分がいますが、
それは頑張って自重しようと考えております。
今の日本の気分をここまで見事に切り取ったアルバムがあったのかと
大変驚いておりますね。

ゆらゆら帝国も坂本慎太郎についても何も知らない私ですが、
こんなにメッセージを生々しくストレートに伝える人だったのか?とまず驚き、
音作りの巧みさに驚き、音の良さに驚き、歌の吸引力に驚くという、
怒涛の波状攻撃で、完全に参りました。
e0147206_2382616.jpg
冒頭の寓話的な歌からラストまでストレートな社会風刺、批評に驚きますね。
人間が滅びた後の常盤ハワイアンセンターに流れるムード音楽、とのことだが、
人が住めなくなった福島の原発近辺の現状や先日の知事選の結果と
どうしても結びつけてしまいます。
異質なものや曖昧なものを許さなくなってきている今の日本、
分かりやすいものだけを良しとしてしまう風潮、好き放題に振る舞う政府、
閉塞感の中で他者に対する視野が狭くなっている人々。
そういう現在をこのように描いてしまう、その力量はものすごいですね。
手塚治虫の火の鳥を思い出すほど。
(本当はもっとふさわしい漫画やSFがあるのだろうけど、その辺疎いもんで)
e0147206_2384060.jpg
音のほうも凄い。
と言うより、この言葉を支える音に魅力があるからこその名盤。
無駄な力みとか無駄な爆音とか、そういうものはすっぱりと取り除かれた、
淡々とした音から立ち込める情念の深さ。
スチールギターやバンジョー、ヴィブラフォン、コンガやギロのはさみ方、
デッドなドラムの響き、すこぶる快調なギターとベース、
表情のない女性コーラス、やはり耳を惹くロボ声(c SB1さん)、
そして歌詞がくっきり届く歌。
未来的な空気とノスタルジックだが虚脱感も感じさせる感触、
そして何より甘美な中に強烈な毒が秘められているという点では、
カエターノの世界に近いように思いますね。
もちろんあの暴動にも通じるところもたっぷり。
みなさん言うように、恐ろしい歌詞なんだけど、
歌があまりに美しいので、ついつい一緒に口ずさんでしまうし、
何回もリピートしても飽きが来ない。
一日中聴いていても足りないぐらい、中毒性がものすごい。

おそらく今年度一番の作品でしょう。素晴らしい。
ロックの語法から大きく離れているのに、どこから切ってもロックだし、
ロックをブルース、ソウル、ポップス、ジャズ、
どの言葉に置き換えても全く問題ない。
今、これを聴かずに、何を聴くのか、というレベルですね。
みなさん、とっくに聴いていると思うけど、
もし聞いていない人がいたら、是非とも。
ちなみにLPも結構安くてお勧めですが、CDのボーナスディスクのインストも
大いに気になるという、何とも困った状態なのです。
e0147206_2395161.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-28 23:14 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

白昼堂々の犯行

ということで、日曜の真昼間に船橋に降臨させていただきましたよ。
お天道様がどれだけ明るくても、ヴードゥー・スーツを着てしまえば、
もうこちらのものです。
e0147206_2311398.jpg
結成4年目にして初の野外でのステージだった訳ですが、
一部で雨との予報があったものの、そこは我ら6人日頃の行いが良いもんで、
何と想定外の晴れ間が覗く展開になり、10月も終わりなのに、
猛烈に暑くて参ったのですが、立ち位置的に私はまだマシな方だったかな。
e0147206_2324398.jpg
いつものように、演奏はまあ満足いく出来ではなかったのだけど、
演奏終了後に幼稚園?小学1年生?ぐらいの女の子から
カッコ良かったです、とまさかのハイタッチの要請があったり、
更には年配の女性から、2回目はいつやるの?と聞かれたりと、意外な反応も。
下はローティーン未満、上は還暦過ぎ(おっと失礼)まで、
もしかしたら我々VOODOO LOTUS、これまで気が付いていなかっただけで、
全方位、全年齢層、世界中の女性がターゲットなのか?といきたいところですが、
いかんせんサンプル数が少な過ぎて、有意性が一切認められないところが
残念なところです。
e0147206_23322475.jpg
ファンに話しかけられ、相好を崩すケンドリックスと
あまりの出来ごとに驚きを隠せないミスターP。

ということで、ミスター・P・ザ・シェフが加わっての2回目のライブ、
今回も2週間ぐらいこっちに滞在していたのですが、
本格的にこちらに移住!してくるのが11月半ばぐらい?ということで、
いよいよ来月辺りからめくるめく展開が待っているのではないかと思いつつ、
来年のふなばしミュージックストリートにも出演したいよね。
抽選の運気を上げておかないとね。(あまりにヒドイバンドを除いて、抽選しているらしい)
あと、わざわざ遠方からお越しいただいた皆さん、
それと、忘れてはいけないボランティアの皆さん、ありがとうございました!
あと、素晴らしい写真!58兄さんとMark Stonehillさん、ありがとうございました!
e0147206_23372860.jpg


第1回ふなばしミュージックストリート
2014年10月26日(日) 会場④ 西武カーニバル広場 

VOODOO LOTUS:

Kendrix - Lead Vox, Flute, Trombone
Mr. P the Chef – Hypeman, MC, Dancer, Percussions, BG Vox
Preacher - Guitar
Masheeno - Keyboards, Trombone
Ladies Love Cool Bon - Drums
Magonosheen - Bass, BG Vox


1. Here Comes Voodoo Lotus
2. 今そこに…(インコ)
3. 黄色い太陽
4. ピンクのお尻
5. タイクキョーシ
6. Here Comes Voodoo Lotus (Reprise)


e0147206_2325358.jpg
ヴォーカルはケンドリックス!
e0147206_23255026.jpg
ギターはこの人がいなければ始まらない!プリーチャー!
e0147206_23261710.jpg
ミスターPはGET DOWN!
e0147206_2327882.jpg
リハに参加せず、打ち合わせも無しなのに、誰よりもキメるマシーノ!
明日からマレーシアなのに、午前と午後でライブのダブルヘッダー!
それにしても熱そうだ!
e0147206_23281756.jpg
レイディーズ・ラブズ・クール・ボン!
大きな声では言えませんが、早い者勝ちですよ!
(業務連絡:他の写真の方が良かったっすか?)

e0147206_23351110.jpg
ミスターPがヴードゥーの秘術により作成したヴードゥー・スタンド。
実は2代目であることは、知る人ぞ知る。(ね、剛田さん!)
ヴードゥー効果で乳歯も抜けるほど!
e0147206_2337438.jpg
e0147206_0133498.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-26 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

脱帽だ!

前半の流れもいいが、なんといっても後半が凄い!
いいぞ、もっとやれ!最高だ!
e0147206_22502160.jpg
e0147206_2250361.jpg
e0147206_22505086.jpg
e0147206_2251330.jpg
e0147206_22511354.jpg
e0147206_22512250.jpg
e0147206_2252151.jpg
e0147206_22523288.jpg
e0147206_22525437.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-23 22:55 | Change! | Comments(0)

乗りこえる

e0147206_022983.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-23 00:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

さあ、日曜日ですよ!

ということで、強力な新メンバー、ミスターP・ザ・シェフ(仮名)が加わり、
演奏する度に過去最高の気持ち良さを更新している最近のVoodoo Lotus、
最新の来球ツアー(地球ってことね)で遂に船橋に降臨です。
e0147206_1321380.jpg
メンバーそれぞれが宇宙での任務を抱えておりますから、
なかなか全員揃ってのライブが難しい訳ですが、
今回は無事に6名全員の身柄を確保できているという噂がありますよ。
残る問題は低気圧の前線とメンバー各人の睡眠欲のみ。
完全なる新曲はありませんが、大幅に改造を施した曲もありますよ。
改造度合いは、仮面ライダーやハカイダーの比ではありません。
ゴジラに対するメカゴジラ程の変貌ぶりです。
(メカゴジラはゴジラの改造ではないですけどね)
e0147206_1353692.jpg
e0147206_13934100.jpg
e0147206_149056.jpg
ええ、時間ははっきり言って、早いです。驚きの朝10時45分にスタート!
節子、お前さん休みの日はその時間はいつも寝とるやんけ?という時間帯、
果たして6名はヴードゥー・スーツを着て白昼の船橋に現れるのか?
はたまた全員、本当に揃っているのか?等といった疑念を残しつつ、
また一部の噂では演奏時間を過ぎると電源を切られて強制終了との話ですが、
あのジョージ・クリントンだってフジロックで電源切られているのですもの、
私達Voodoo Lotusはゲットダウン!してもいいじゃないか?と
小さな声でこっそり主張してみたい気持ちもあるのですが、
なにぶんシャイで内向的なメンツが揃っておりますので、
運営の皆様にご迷惑をおかけしないよう、サクッと濃厚な演奏を心掛ける次第です。
まあ、お暇な方もそうでない方も是非とも日曜日の朝は船橋まで。
e0147206_1355936.jpg


第1回ふなばしミュージックストリート
2014年10月26日(日) 会場④ 西武カーニバル広場 (西武 船橋店 ロフト側) 
start 10:45 end 11:10
全会場入場無料


VOODOO LOTUS:

Kendrix - Lead Vox, Flute, Trombone
Mr. P the Chef – Hypeman, Dancer, Percussions, BG Vox
Preacher - Guitar
Masheeno - Keyboards, Trombone
Ladies Love Cool Bon - Drums
Magonosheen - Bass, BG Vox

e0147206_1503769.jpg
お待ちしております!
[PR]
by zhimuqing | 2014-10-22 00:28 | Funkentelechy | Comments(0)

ハーコーな流儀で決めてみる

家族で公園に。
e0147206_18181640.jpg
珍しくアスレチックに熱心に取り組むヨウ。
こちらは木工工作に熱心に取り組む姉。
e0147206_18184068.jpg
木工工作にやや似つかわしくないアクセサリーも。
e0147206_18213960.jpg
ブラザGから貰ったネックレスが文字通り、光りますね。
公園にいた人から、おまえはエリックB&ラキムか?と突っ込まれたとかなかったとか。
父としては、エリックBではなく、ラキムであってほしいものですが、さて。
e0147206_1822984.jpg
いやがる弟の顔を無理やり。ハードコアな東海岸のヒップホップの流儀ですな。
e0147206_18225856.jpg
e0147206_18291732.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-19 18:25 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

43年ぶりだな

40数年後に本来の姿を現したアルバム。
e0147206_10553797.jpg
JBはもちろん完全に後追いの世代でレアグルーヴでの再評価の後、
時期としてはフル・フォースとのアルバムの直後から、という
完全に新参者(いいオッサンですが、古参の人々に比べれば)の私ですが、
それでもボックス≪STAR TIME≫に収録された未発表の71年のライブ、
そしてCD≪LOVE POWER PEACE≫が発売された時の大興奮は
今でもはっきり覚えている貴重な体験だったかと。
e0147206_10562032.jpg
内容はお墨付きな訳ですが、このレコードの目玉は
当時のJBのショーが完全に収められていることで、
ボビー・バードとヴィッキー・アンダースンの曲が挟まり、
トータルの流れが分かって楽しいですね。
(バードの2曲はホワイトの編集盤で紹介済み、アンダースンはまあまあ)
e0147206_1057327.jpg
あとは未発表曲ですね。
CDには入っていなかった“Sunny”とか“There Was A Time”、
これまた未収録だったオープニング・テーマ、
そして未発表だったスタジオ録音曲“Who I Am”が入っています。
(“Who”は別のバージョンが後のアルバムに収録されている)
この辺の曲は初めて聴いたので、結構盛り上がります。
e0147206_10573124.jpg
LPは3枚組!で、アラン・リーズが未発表に終わった経緯を
ライナーに書いていて、読み応えがありますね。
(リーズの書いた話は基本面白いと決まっていますね)
録音されたライブの時間が足りなくて、“Who I Am”を録音するも、
なかなか完成せずに、そうこうしているうちにブーツィー達が脱退し、
新しいバンドを鍛えるのにJBが夢中になりライブアルバムは後回しになり、
更にほぼ活動を停止しつつあったキングからポリドールへの移籍、
ポリドールがアポロ劇場でのライブを出すことを決めたこと、
様々な状況の中でパリのライブ盤が未発表になる流れが
当事者の視点で書かれていて、大変興味深い。
e0147206_10575726.jpg
レコード3枚それぞれにLove、Power、Peaceと銘打っているのが
面白いですが、何故かLoveがサイド1と6、Powerがサイド2と5、
Peaceがサイド3と4という、変則的な組み合わせなのが解せないな。
レコードは普通聴き終わったら裏返して聴くものだと思うのですけどね。
初めはプレスミスかと思いましたよ。(プレスミスだったりして)
まあ、そういう強引なところもミスター・ブラウンと納得するのは
やや強引過ぎますかね?
e0147206_10583183.jpg
個人的には満足すぎる3枚組ですが、ただLPの宿命というか、
収録時間の関係で3曲のバラードがブツギリにされているのは
残念というか、勿体ない。
実はこの時のライブ、ファンクばかりが取り上げられますが、
4曲あるバラードの凄さというか特異さやテンションの異様さが
個人的にツボだったりするのでね。
e0147206_10585268.jpg
JBのテンションの高さはここがもしかしたらピークだったのか、
実はもの凄いことになっていることも忘れてはいけません。
スタジオ・バージョンも異様なテンションで突き抜けていた
“ジョージア・オン・マイ・マインド”はここでも素晴らしいし、
“トライ・ミー”も“ビウィルダード”も素晴らしいけど、
やはりここは“マンズ・ワールド”に尽きるでしょう。

曲の半分はJBによるプリーチで、散々焦らしといての歌い出し。
音源で聴いていても失禁しそうになるのに、生で聴いていたらと考えると、
想像を絶する世界ですね。
はっきり言って、この初代JBズはファンキーに比べると、
バラードの演奏が不得手なのだと思いますが、
音量1と100との間での笑えるぐらいのダイナミズム攻撃と
それを軽々と乗りこなすJBのテンション。
途中で唐突に入るフェルプスのブルース風ギターも脈絡がないし、
笑うべきか感動すべきかよく分からなくなりますね。
当たり前だけど、JBはワン&オンリーですね。
こんなバラード表現というのはなかなかありません。
e0147206_1115433.gif
もちろん大傑作揃いのファンク・ナンバーは何を今更というレベル。
やっぱり凄いですねぇ。
ブーツィーの演奏は変幻自在でループ感があまり無く、
ほぼ全編ソロを弾いているようなものだけど、
ソロのためのソロではなくリズム最優先であるところがミソですよね。
まあ、フレッド・ウェズリーにしても、メイシオにしても、フェルプスも
JBの子分はみんな多かれ少なかれ、その感覚が強い訳ですけどね。
混然一体となっている感じはエディ・ヘイゼルにも通じますかね。
ただもう、ひたすらキレキレでかっちょいいとしか言いようがないし。
(フェルプスはフレージングの魅力が薄いかな、やっぱり)
e0147206_112217.jpg
とはいえ、全ての楽器が完全にJBの声と緊密に結び付いていた
60年代中期の名曲群と比べると、この時期の音は、
JBフューチャリング・ブーツィ・コリンズという感じが強く、
ギャラの件でJBとの間で揉めなくても、ブーツィーはいずれ袂を別って
ソロになるのは決定的だったのかな、と思わせますね。
まあ、どちらも地球が宇宙に誇る最高峰のカッコ良さなんですけどね。
e0147206_10591029.jpg
あとはライナーに書かれていたパリでの初日のライブ映像の正式な商品化ですね。
ブートは持っていますが、やっぱりリマスターされたものが欲しいよね。
更に欲を言うと、イタリアでの野外ステージのあの映像もどっかに残っているはず!
[PR]
by zhimuqing | 2014-10-18 10:28 | Funkentelechy | Comments(0)