<   2014年 05月 ( 17 )   > この月の画像一覧

突き抜けるにも程がある!

そのLPを買ったのはミナミのフォレバー・レコードだったと思うのだが、
家に帰って開封してみると、ヨーク様のデカいポスターが入っていて、
そのあまりにパンチの効いたお写真、ややお化粧も施して、に
別の意味でのガッツポーズが出たような気がする。
(久しぶりに取り出してみても、パンチの聴き具合は変わらない)
e0147206_00107.jpg
ダレ得という、普段使わない言葉を思い出す。

ということで、その筋、甘茶ソウル街道では非常に評価が高いDr.York。
あのドレイが憧れて、自分の名前にもDr.を付けたというのは、
私がたった今でっち上げたデマ情報ですが、
機械化が進み柔らかさを失っていた80年代半ばのソウルの歌ものとしては
圧倒的とは言わないけれど、確かにイケる甘めの音作りと歌いっぷりで
当時(一部で)かなりの人気を博したというのも頷けますね。
e0147206_005033.jpg
プレミアがついているので、セカンドやサードは未聴・未入手ですが、
私の持っているこの1stアルバムは、打ち込みのドラムの音も控えめな
鼓膜に優しい音質になっており、生楽器ともあまり違和感がないのが◎。
85年にしては打ち込みがほぼドラムのみなのは、
おそらく予算上の都合だと思うけど、それがかえって効果があったという感じ。

こもった曇りガラスのような音質もチープではあるが、
それが味わい深さやくどすぎない甘さに繋がっていて、
まあカネをかければよいという物でもないという見本になるものですね。
もっともセカンドやサードでは結構打ち込み臭がきついらしく、
こういう天然の味わいはやはり天然でしか産出しえないものなのでしょう。

歌にしても超絶技巧でなく、力強く歌い込んだり、
ファルセットを敷き詰めたりすることも無いが、
ソフトに滑らかに迫る歌い口には独特な旨みがあり、
90年代以降のナヨっとした歌手の先駆けとも言えるもの。
リズムナンバーもいいけど、やっぱりバラードですかね。
スタイリスティックスの"You're My Everything"は名曲なので当然良いが、
ベストは冒頭とラストを飾る"It's Only A Dream"がベストだな。
メロウなギターの乗せ方も素晴らしいし、むせび泣くサックスも良く、
この人のクリエイターとしての才能を感じさせますな。

67以上の別名を持つ男、Dr.ヨークはかなりヘンテコな経歴の人。
母親はアメリカ人のようだが、本人の生まれはエジプトの南部ヌビア地方。
子供の頃にアメリカに戻り、ミュージシャンになったのだが、
エジプトで神学なんかの博士号を取る等、かなり変わった経歴。
(おそらく母親譲りなのだと思われるのだが)

それだけだったら、もう一歩進めばサンラーとかクリントンに接近!なのだが、
流石にルックスを見るだけで分かるように、ヨーク博士はタダものではなく、
もう一歩どころか、完全に突き抜けて、ヌワビアン・ネイションという教団を結成。
ブラック・ムスリムの流れを組んでいる教団等と言われているのだが、
古代エジプトとかピラミッドとかUFOとか陰謀論をごった煮にした教義で
一緒に考えるのはお互い?にとって良くない気がする。
e0147206_015574.jpg
e0147206_024393.jpg
うーむ、本人と側近は少なくとも楽しそうだが。
ちなみにブラック・ムスリムというか5%ネイションについては、こちらが詳しい!
凄すぎるブログです。

スコーンと突き抜けたヨーク博士、信徒には徹底した禁欲を言いつけ、
本人は“I do not live under your law”と好き放題楽しんでいたのはいいが、
100人を超える児童虐待の罪に問われ、懲役135年の刑に服しているそう。
(まあ、禁欲とか道徳とか愛国心を語るヤツにはこういう人が多いのは有名な話だが)
そのパワーをファンクの方に向けていたら良かったのに、と思いつつ、
流石にこのような状態では廃盤の再発はアスカのCD再発より難しかろうと
思ったりもするのですね。勿体ないですな。
e0147206_035853.jpg
ライブでのセッティングだったら、相当愉快な図なんだけどね。

ということで、明日から大阪に出張。
ミナミに行く時間が作れるかどうか分かりませんが、
フォレバー・レコードはじめ、あの辺りのレコード屋がどうなったか?
見に行ってみることにしましょう。
e0147206_045580.jpg
こちらは本日我が家に来た宇宙からの使者。
カワイイ!
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-28 23:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

親子ともども大コーフン

先日ムスメと一緒に写真に写っていただいて、
ムスメがコーフンしていたキュアサニーの田野アサミさんだが、
なんと!ご本人のブログにそのツーショットが紹介されていて、
更にムスメを大コーフンさせている訳ですが、
いやあ、まさにセヴン・オブ・ナイン、じゃなかったセブン・ライツですね。
全くもってありがたいことです。

ちなみに田野アサミさんは最近まで知らなかったのだが、
NHKKKのBSでやっている子供向けの番組ワラッチャオ!で
主役級のドックンの声も担当しているのですね。
ワラッチャオ!は単なる子供向けの番組を超えて、
独自の路線を走る要注目の番組なのですね。
e0147206_20501041.jpg
おねえさん役の女子アナへの無茶ぶりを含め、
ありそうでなかなか無い番組、しかもNHKKK。
特に大人向けに番組を再編成した『夜のワラッチャオ!』は面白い!
皆さんの予想通り、私が好きなのはオナライダーです、はい。

さて、待望のシャーロック第3部が土曜日に放送されたのだが、
ベネディクト・カンバーバッチ、気が付くと大スターなのですが、
スタートレックでのカーンもいいが、やはりシャーロックこそが最大の当たり役。
一番グッと来ますね。
e0147206_20435515.jpg
シーズン3の第1話は前回の衝撃のラストの続きを描いているが、
基本的にはワトスンとのやり取りがメインの回。
でもこのスタイリッシュでスピード感あふれる映像は魅力的だし、
脚本の出来はやっぱり文句なし。
マイクロフトが結構登場し、ホームズとの兄弟推理対決なんかもあって、
この辺はかなり盛り上がる部分で、私としては大変ありがたいっす。
e0147206_20443568.jpg
カンバーバッヂさん、バルカンサインをしているぞ!

ということで、来週再来週の放送も本当に楽しみだ。
シーズン1と2も我が家のHD内に入っているが、カンバーバッチ自身の声の方が
はるかに良いとも言うし、土曜日まで待ち遠しいので、DVD借りに行ってみるか。
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-27 19:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

曲順変えると、もっと良かったのかも

クァンティックの新作であるが、これはなかなか一筋縄でいかないですね。
コンボ・バルバロやフラワリング・インフェルノを率いたバンド形式でなく、
クァンティック単体、つまりウィル・ホランドの個人名義での作品なので、
脳内に産まれた音をそのまま素に近い形で提示したシンプルな音像。
e0147206_18224181.jpg
なもんで、コンボ・バルバロでの濃密で優雅な熟成された音に
魅せられている私には、初めのうちはやや物足りない気がしていたのも事実。
特にアルバム前半、LPでいうと1枚目は悪くはないのだが、
コクに欠けていて、あっさりしすぎているという印象は変わりませんね。
ただ、その感触はアルバム全体を通して聴いていると随分と変わり、
単純に曲がもう一つ好みから外れているだけかもしれないけど。
ただ、中盤以降に盛り上がります。
聴き終わった頃にはああ良かった良かったという、そういう感じかな。
e0147206_18231457.jpg


前半でもバラフォンを模した音やアコーディオンをエレクトロに置き換えた試み等
目新しい要素も色々加わっているのだけど、軽やかさやエレガンスが足りない。
これまでホランドがDJで紹介していたエチオピア音楽を取り込んだ"Arada"も、
フルコとサルミエントをゲストに招いた"Descarga"もどこかグッと来ない感じ。
なかでは、ホランド自身が弾くバンジョーとアコーディオンが効いた
"You Will Return"でのアリス・ラッセルのもてなしぶりが一番かな。
ミゲル・アットウッド・ファーガスンのオーケストレーションは
期待していたほどの空気感を出してはいないけど。

ただ中盤以降、ニディア・ゴンゴーラが登場する“La Plata”からは良いですよ。
やはり歌が圧倒的に良いことと蕩けるような演奏、この2点が重要ですよね。
ゴンゴーラとの双頭アルバムを待ち続けている私としては、文句無しです。
e0147206_18211864.jpg
この声こそがクァンティックを構成する音の中で最も大事な要素だと思う。

まだ活動していたの?と驚きのシャインヘッド登場の“Spark It”もいい。
ダンスホール・レゲエをクァンティック流に捌いた曲だが、
前半の曲と比べ、聴くものを曲にのめり込ませる力が違う。
イアーラ・レンノ(と読むのか?)とのメロウなサンバヘギ“Caruru”は、
レンノの可憐さにマッチするグニャグニャしたダブ処理に加え、
随所で加わるメロウなホーン・セクション。本当に良い曲だ。
e0147206_18194032.jpg
レンノ嬢はきっかけ次第で大ブレイクしそう!

伝説のアコーディオン奏者アニーバル・ヴェラスケスをフューチャーした
“La Callejera”も目玉曲の一つ。
リズムのプログラミング自体は割と平板なんだけど、
ホランドのギターとベースが躍動感を与え、そこに中南米のオジイサンのもつ
深みと独特のやさぐれ感をもったヴェラスケスの声が加わるわけで、
悪いはずがないではないか。
e0147206_1819166.jpg
若き日のアニーバルさん、男前だ。

ゴンゴーラが再登場する“Muevelo Negro”はバラフォンの音?をループさせた上で、
コーラスとゴンゴーラが対話する曲で、構造はシンプルだけど長ければ長いほど
気持ち良くなるタイプの曲ですね。
“Aguas de Sorongo”は“Caruru”と並び、もっとも一般受けしそうな曲。
我が家のムスメが気に入るぐらいですからね。抜群の遠投力と浸透力。
e0147206_18233595.jpg
前半の曲がやや弱く、あまりに素晴らしすぎた近作4枚には敵わないが、
やはり今年のベスト10には入ってくるアルバムでしょう。
中盤以降に良い曲が固められているのが少し勿体ない気も。
曲順(CDとLPの曲順も少し違う)を工夫すると、印象も変わった気もしますけどね。
まあ、私としては、ゴンゴーラとのデュオ作を早く!ということと、
早めの来日公演をお願い!という毎度毎度同じことを述べたところで。
まあ、お勧め度合いとしては8.5点で、買って損はさせませんが、
コンボ・バルバロとのCDを持っていないのだったら、やっぱりそっちを先に
購入することを強くお勧めします!
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-26 21:28 | Rumba DE Manbo! | Comments(0)

更に置き去りに

我が家のすぐ下にある公園は雑木林と湿地帯が組み合わさっていて、
ザリガニ捕りに励む男の子がたくさんいたり、
家のベランダにカブトムシが飛んできたりするのですが、
もう1ヶ月ぐらい前のことになるのだが、
公園を夜歩いていると、ノラネコよりも気持ち小さいのだが、
明らかにネコではない動物がいるではないか!

いかり肩で歩くネコとは明らかに動きが違って、
尖った鼻先を地面に近づけながらヒョコヒョコと歩いている。
暗くて模様までははっきり見えなかったが、
尻尾はひょろ細く、これはハクビシンだと認定。
関東には結構生息していると聞いていたのだが、
家のすぐ横に住んでいるとは思わなかった。
e0147206_020593.jpg
新宿区のHPより拝借。
というか、新宿区にも住んでいるのですね。

その昔、中国南部でSARSが流行っていた時に、
このハクビシンを食べた人がSARSの感染源だという噂が流れたのだが、
その時以来のハクビシンとの邂逅。
ちなみに、SARSの流行が落ち着いてから出張で福建省に行った際に
「今日はハクビシンが食べたいなぁ」と冗談で言ったところ、
向こうの人に、あんた、我々のところで何回か食べてるよ、と言われ、
のけぞった想い出が蘇りますねぇ。
(なお、SARSの自然宿主はキクガシラコウモリです、はい)

それはさておき、このハクビシン、写真に収めてやろうと思っているのだが、
一回それらしき動物を見つけたのだが、すぐに逃げられて
なかなか撮影どころか、観察するチャンスが無いのが残念。
その昔、同類を食べてしまっていたことが、相手にばれてしまっているのかな。
知らずに食べたとはいえ。
ちなみにムスメには、狙って探しに行くから見つからないのよ、と
禅僧のようなお言葉をいただきました。
7歳でもオンナはオンナ、40過ぎてもオトコはガキンチョということか?

さて、そんな正体不明のハクビシンはさておき、
我が家、正確には隣の、火災避難訓練でごく一部で人気を博している銀さんの家に
何と珍客が飛来していたので、私なんかは大興奮。
福岡に住んでいた頃は一度も見たことが無かったんだけどねえ。
e0147206_0251554.jpg
オナガミズアオ!
ゆっくりじっくり観察したので、オオミズアオではないと思いますね。
止まり方、触覚の形状、翅頂の尖り具合、たぶんオナガミズアオでしょう。
子供の頃、図鑑で観たときには結構苦手だったのですが、
実物はやっぱり妖しくて美しい。
昆虫があまり得意でないムスメも、ああキレイ!と同意。
模様的にも(当然時期的にも)春型ですね。
やはり近所の雑木林の効果ですよね。
e0147206_0261774.jpg
接近戦に挑む。
e0147206_0272150.jpg
夜に更なる接近戦。

実は昨日の夜中に発見したのですが、24時間近く経つ今の時点でも
まだ止まっていますね。気温が低めだからなのかな?
この蛾はカイコ等と同じように、成虫になると口が退化してしまい、
飲むことも食べることもしないというのはなかなか不思議な感じですが、
ホタルも水を飲むだけだし、カゲロウなんかも摂食しないそうなんで、
昆虫界では別に珍しくないのですね。
うーむ、生殖のためだけの成虫。色々それも大変そうだ。
e0147206_0294088.jpg
触角はウミシダのようでもありますね。

まあ、私がこの虫を見て思い出したのは、まあ自分で言うのも何なのだが、
ハートキャッチ・プリキュアのキュア・ムーンライトだったりもするのですが、
まあ、分からない人には全く???な話ですし、
分かって貰おうとも思わないのですが、基本的にチョウの様になるプリキュアで
ムーンライトとパッションは完全に蛾だなと思っているのですが、
まあ、これも分かって貰おうとも思わない話ですな。
流石にプリキュアの画像を張るのも気がひけますしね。
それにしても、今日の話は更に皆さんを置き去りにしそうな感じだな。
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-25 00:36 | Starship Troopers | Comments(0)

こいつは信じられん!

これ!本物とは俄かには信じられない!
なんとかして人生で一度観ることは出来ないものか?
1万匹のイトマキエイ!



なんで集まっているか分からないところ、突然バラバラになるのもクールすぎる!
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-23 22:54 | A Felicidade | Comments(2)

バチストさん、お呼びですか?

春先にStrutレーベルから出たオムニバス盤"Haiti Direct"は、
ハイチの70年代の音源をまとめたもので、なかなかの内容だと評判なのですね。
私は資金不足?で買いそびれていたので、某所に探しに行ったのですが、
ミニ・オール・スターズの最高傑作の呼び声高い3作目"Pure Gold"の中古CDを発見。
e0147206_22565891.jpg
二昔前にPヴァインが熱心にヘイシャンものをリリースしていた時期があり、
間違いなく収支は赤だったと思うのだが、ミニ・オール・スターズだけでなく、
タブーコンボとかその辺のレコードが軒並みCD化されていた時期があったのですね。
思えばとても素晴らしい時代だ。

で、ブームが落ち着いた後、ハイチものは中古屋に捨て値で転がっていたのだが、
そうなると、いつでも買えるわい!と、どうしても放置してしまうのが人の性、
結局7作目と8作目を2in1にした“南京豆売り”を買っただけで、
気がつけばあまり見かけなくなってしまっていたのだ。
(“南京豆売り”が相当良い出来なので、そこで満足したということもあったと思う。)
e0147206_22554479.jpg
思えば、このCDを購入したのは就職活動で大阪に面接に行った時だったな、と
遠い目になってしまう私。
場所はミナミの電気街のJoshinの中のCD屋だったはず。

ミニ・オール・スターズはミニ・レコードに所属しているミュージシャンから
精鋭を選りすぐったオールスターもので、まあファニアに習ったものでしょうが、
さすがに精鋭部隊だけに演奏もキレキレで、しかも優雅というか優美というか、
よく聴く込むと、しぶとくもあるのだけど、軽やかで、大変美しいものですね。
e0147206_22575839.jpg
オールスターズというだけあり、味わい深いルックスがずらり。

大昔に買った“南京豆売り”も優雅で気持ちよいのだけど、
“ピュア・ゴールド”のほうがサルサ等の他の地域の直接的な影響が少なく、
テンポもミディアムに統一されていて、夢見心地でふわふわと体が勝手に動きます。
ハイチといえばヴードゥーの本場なわけですが、この音楽をかけられると
ゾンビも命じられるがままに動いてしまうだろうし、
もしかしたら、ああ見えてゾンビも内面はこういう多幸感に溢れているのかも。

このアルバムはCDだと2枚組みですがLPだと3枚組の大作で、
ヌムール・ジャン・バチストに捧げたものだそうですが、
ハイチについて全く詳しくないので、バチストの偉業についても、
自分としてのコメントも出来ないわけですが、
モダンなハイチ音楽の基礎を作った人だそうですね。
言ってみると、エリントンとJBを合体させたような感じなのかな?

なんといっても、アコーディオンの効き具合が最高です。
輪郭がぼんやりしていて、音がパツーンと頭から出てこない音が
じつにまろやかで気持ちよい。(気持ちよいという語彙しかでない私)
ヴィンテージなクンビアやブラジル北東部の音楽、アメリカ南部のザディコといい、
汎カリブ海の黒い音楽の根っこにはアコーディオンが大きく関係してそうで、
この辺りは私が知らないだけで、多分色々研究している人もいそうだな。

ホーンセクションはフレーズが実に練り込まれていて、
その構成を追っているだけで良い気分になるのだけど、
なんといっても、色気がこぼれおちるサックスが凄い。
メロウに迫るのだけど、ギリギリのところで踏みとどまるのは
フランス語圏だからなのかどうかは、よく分かりませんが。

ギターは前面に出てこないけど、2本の絡みが見事。
片っ方は単音ピッキング等、クールにリズムを刻み、
もう片っ方はピャラリピャラリと煌びやかな反復フレーズで攻めると思わせといて、
アコーディオンに鋭く反応してみたり。
音像の中で結構キモになっていると思いますね。
アフロの含有濃度を濃くしているという意味でもね。
カッティングのキレにアフリカ70を思い出したり、ナイル・ロジャースを思い出したり、
JBの偉大さを思い出したり、アルセニオまで思いを馳せたり。

ベースはシンプルな四分音符系ながら、音価の取り方に
実は結構レゲエと相似する成分も聴きとれる。
もっとも、カリプソだってジャメイカ音楽と関係が深いのだし、
81年という時点ではレゲエが世界を席巻した後だし、
なによりハイチとジャメイカは距離的にも近いし、相互に影響を与えているのは
ごくごく自然なことですしね。
(ミニ・レコード自体とメンバーはNYメインなんですけどね)

ということで、当然のことながらまだ完全には消化出来ていないのだが、
このCDを入手したのが19日、西半球では18日になるのですが
なんとバチストさんの29回目の命日だったということで、
これはもう偶然の出来事ではないでしょう?
ヌムールとヴードゥー(ヴドゥン)の神々が呼んでいるとしか思えない。
e0147206_22592015.jpg
よく考えると、仕事の時はゾンビみたいな状態が常態とも言えるし。
ヌムールだのドゥルゾーだのウェベールだのハイチ人の名前は
大変覚えにくいけど、この状態だとなんとか脳みそも
何とかついてきてくれるような気もするしね。
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-21 21:28 | Rumba DE Manbo! | Comments(0)

またも名言

e0147206_1452786.jpg
髪の毛が後退しているのではない。 私が前進しているのである。
これは、孫正義が以前残した名言であるが、
また素晴らしい名言が!
e0147206_1461292.jpg
我が家は従兄の関係で律義にauと契約しているのだが、
こういうの見ると心が動きそうになるな。
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-20 01:47 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

捕食者なき世界

週末はムスメの小学校の運動会があり、
日焼け防止のために長袖を着ていたのだが、
首元の防御を忘れ、気がつくと首周りが真っ赤かに。
ツキノワグマ的な何かのようで、全く情けない限りです。
おかげでベースを肩にかけると悶絶する羽目に。

さてツキノワグマはさておき、先日本屋で見つけた「捕食者なき世界」、
これは期待以上の面白さで、週末はこれを一気読みする羽目に。
e0147206_2024396.jpg
食物連鎖では最上位に位置する大型捕食動物の影響が大きく、
その系の大型捕食動物の数が減ってしまうと致命的な影響が
生態圏に起こってしまうということを様々なデータを元に説明していく。
ヒトデ、ラッコ、シャチ、ハナグマ、ホエザル、ハキリアリ、
そしてメインディッシュとなるシカとオオカミ。
出てくる事例は様々だが、その研究方法もそれぞれユニークで興味深い。
ただなんとなく動物が好きだからと、合格しそうな大学に進学した私だが、
中高生の多感な時期にこの本を読んでいると、
物凄い影響を受けていた可能性がある、というか、間違いないでしょうね。
e0147206_20125663.jpg
ティタニス、本物が観てみたかった!

生態系の話とはいえ、決して堅い話になることはなく、
随所に挟まれる過去や現在の動物の生態も面白いが、
(絶滅した哺乳類や鳥類の話は大好物なのだ)
フィールドワークに関わる研究者が先ず魅力的。
話の語り口が実に魅力的だし、翻訳者の言葉も平易で
ぐいぐいと引き込まれますね。素晴らしい。
e0147206_20102081.jpg
本の中で紹介していたバイソンの頭骨の山!

面白い話は目白押しなのだが、特に印象に残るのは、
南米のダムに取り残された小島でのサルの悲しい顛末や
アウストラロピテクスが猛禽類に襲われていたという学説、
その大昔の記憶が人間をオオカミ等の大型捕食生物を絶滅させる方向へ
導いていると示唆するあたりかな、やっぱり。
あとは、捕食動物の存在によって下位の動物の行動が変わる話や
(読者を意識してか、やや控えめにだが触れられている)、
野良猫が生態系のバランスを変えてしまう話にも
色々考えさせられますね。

ということで、色々と興奮してしまうこの本なのだが、
このトップダウン方式で生態系を考えた場合、その人の立場によって
様々な解釈が成り立ちそうなので、その辺は注意が必要ですかね。
シャチとクジラとラッコをめぐる争論と混乱のくだりには、
そういう危うさが見え隠れしているかな。
ま、それはともかく相当面白いので、生態学が好きな人にはお勧めですね。
もうとっくに読んでいる人のほうが多そうだけど。
ちなみに来月続編的な『ネズミに支配された島』が出版されるらしく、
これもまた楽しみです、はい!
e0147206_20144018.jpg


e0147206_20164518.jpg
ステラーカイギュウは絶滅して(させて)しまったが、
それだけにジュゴンは大事にしなければいけないと思うのだ。
[PR]
by zhimuqing | 2014-05-19 20:28 | La Sombra Del Viento | Comments(0)

にくいしくつう うつくしいくに

e0147206_115136.jpg
e0147206_1152443.jpg
e0147206_1153526.jpg
e0147206_1154764.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-05-16 01:15 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

濃厚な味わいだ

コールドスウェットなリズムを発展させながら叩きまくるスティーヴィー!
初めて見た。悶絶しますね!


[PR]
by zhimuqing | 2014-05-15 00:26 | Funkentelechy | Comments(0)