<   2013年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

うん、ゴツゴツや

初期のファンク・ブラーザーズに所属していたことでも知られる
ギタリストのデイヴ・ハミルトンはヴァイブも達者な人だが、
デトロイトでしぶとい活動を続けてきた人でもある。
近年、といってもちょっと前だが、ローカルなファンクやノーザン・ソウルの
再評価に伴い、イギリスを中心にその仕事振りが見直されているのだが、
モータウンの網からもれた実力派を中心としたその音源は
さすがの吸引力で、当然のごとく私もメロメロなのです。
e0147206_21323497.jpg
時代の変遷に従い、生粋のノーザン・ナムバー中心からファンクへ
その音作りも変わっていくのだが、本人が優秀なミュージシャンである上、
歌手を選ぶ耳もたしかだったのか、どの時代も説得力抜群。
もっとも当時デトロイトにいた歌手のレベル自体が
信じられないほど高かったこともあるのだろうけど。

ということで、このところ聴きこんでいるのは、このアルバム。
≪The Detroit Funk Vaults≫
69年以降のシングル曲を集めたアルバムだが、
ゴツゴツしたファンクが目白押し。
とはいえ、少し前に流行ったディープ・ファンクのコンピに比べると、
しっかりした曲と歌と演奏が多く、長く愛聴出来そうなのがうれしい。
e0147206_21321170.jpg
もちろんファンク45で発掘された曲も多い。
ビリー・ガーナーの"Brand New Girl"のインストなんかがその代表だが、
やはりハミルトン絡みとなると、目玉はO C TolbertとBarrino Brothersですよね。

O C Tolbertは2曲入っているが、"Love Bandit"のほうは
デモ的なややチープな演奏がもったいないが、歌は流石にディープ。
サザン・ソウルなマナーが全開する後半はもの凄い。
が、やはり"Hard Times"のほうが一枚上手かな。
いなたい、というかローカル臭満載のファンクなバックに
これぞ、デトロイト・ディープの見本とも言うべき歌いっぷり。
べらぼうに素晴らしい。
e0147206_2133273.jpg
バリノ・ブラザーズも2曲。これも素晴らしいのは当たり前。
歌い始めの力の込め方、リズムの凹凸に合わせた節回し、文句なし。
インヴィクタスでの録音がもちろん最高傑作であると認めるのは
やぶさかではないが、ハミルトンのゴツゴツした音作りのほうが
この歌い方にはあっている気がするのは私だけ。

この二組の実力が圧倒的だが、それ以外の中堅どころも悪くない。
実力こそOCなんかに負けるが、背伸びしてシャウトせずにいられない男気!
声のヴァリエーションがあるのも、うれしいところだ。
グループ名義だと、一つのグループにリードを取れる人が大体複数いるのもいい。
なかでは、熱い歌を聞かせるProphet & His Disciplesがお気に入り。
この人たちは他の曲ももっと聴いてみたい。

一方、女性陣は相対的に弱いかな。キュートにもハードにもなりきれていない。
(とはいえ、そういう立ち居地がまた可愛いともいえるのかもしれない)
そんな中では、丁寧にねちっこく歌うJackie Deeあたりがいいかな。
フェイザー効かせすぎたカッティングによく合っている。

ということで、デトロイトの深遠(深淵)は本当に深いのですが、
10年以上前だと完全に幻だったこの辺の音がこうやって簡単に聴けるところは
本当にありがたいことです。
少し前まで完全に謎のグループだったバリノ・ブラザーズのシングルが
こうやって普通に入手して楽しめるのだから、
もう発掘者の皆様には感謝しても仕切れないところですね。

e0147206_21372564.jpg
バリノ・ブラザーズがK-Ci & Jojoの伯父ということはもう有名だが、
ファンテイジアのファミリーネームはBarrinoだということはつい最近知った。
デイヴ・ホイスターやカルヴァン・リチャードソンなんかも血縁らしい。
なんという、濃厚な歌い手の一族!にわかには信じがたい。
[PR]
by zhimuqing | 2013-07-31 21:28 | Funkentelechy | Comments(0)

「くろすけ」にやられまくる

宮部みゆきの『あんじゅう』を読みましたよ。
e0147206_16191843.jpg
『おそろし』は江戸の怪談ものをベースに短編を最後にうまく積み上げて、
最後にスティーヴン・キングのような大団円に持っていく、
宮部みゆきならではの緻密な構成力と力技に圧倒される1冊だったのだが、
この三島屋変調百物語シリーズの第二弾は、短編を集めた構成となっているので、
『おそろし』のようにうねるような読後感というかカタルシスは得られない。

とはいえ、では『あんじゅう』が面白くないかといえば、
そんなことはない、というか、これが大変面白いのだ。

短編としては4話入っているのだが、いずれも長編に立て直しても
名作になりそうな旨みがタップリ詰まった話。
どれも宮部みゆきの想像力の素晴らしさがたんまりと味わえる。
単なる怪奇話ではなく、人の情や業が凝縮して怪奇に変わっていく、
その掘り下げ方が凄い。
e0147206_16193482.jpg
『あんじゅう』に入っている4本はどの角度から見ても素晴らしいが、
なかでも「暗獣」、これはもうたまらん。
この世のものではない「くろすけ」と武家の老夫婦との交流は
心の深いところまで染み渡り、読み終わって何日経っても、
ジンジン来てしまう。
宮部みゆきはこれだから、安心できないのだ。困ったものだ。

残る3短編もいずれも良いが、個人的には「吠える仏」かな?
その後が気になるのは「逃げる水」。
どれも『おそろし』に比べると、話が解決しないままになるものが多く、
その辺、読む人によって好みは別れてしまうかもしれないが、
それは『語って語り捨て、聞いて聞き捨てが決まり』という、
百物語の本来の形に立ち戻ったというだけともいえる。

ということで、個人的には『おそろし』に軍配を上げたいが、
その差は微々たるものだな。
ATCQでの≪The Low End Theory≫と≪Midnight Marauders≫、
キャメオの≪キャメオシス≫と≪魔法の騎士≫ぐらいの差かな?
うーん、分かりにくい?

分かりやすく言い換えると、
ミーターズの≪Look-Ka Py Py≫と≪Struttin'≫、
コモンでいうと≪Be≫と≪Finding Forever≫、
エリック・ベネイだと≪Lost in Time≫と≪The One≫、
この辺の2枚のアルバム程の差は無いということですね。
うん、こっちの方が分かりやすいな。

ということで、文庫本になっていない第3弾『泣き童子』を
買うべきかどうか、大変迷っているところなのですね、はい。
e0147206_16205179.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2013-07-26 23:28 | La Sombra Del Viento | Comments(0)

リベンジならず

ということで、仕事の代休を取って家族で伊豆へ海水浴。
寒くて、子供達の唇が真っ青になった昨年の網代のリベンジ。

網代の海には、もう一つ満足できなかったので、
今年は車で伊豆半島をぐぐっと下って、下田まで。
出発時から天候が悪くなるのは分かっていたのだが、
まあ、行くだけ行ってみて、駄目だったら下田市の温水プールに入って、
水族館に行けばいいではないか!と。

天城山を越える頃には、猛烈に天候が悪くなり、
どんどん景色が暗くなっていく。
「天城越え」でも歌えばいいのではないか、とヨメに提案するも、
二人とも曲名しか知らないので、歌うことも出来ないのであった。
もっとも、誰かに盗られるくらいなら、あなたを殺してもいいですか、と
歌ってしまうと、更に天気も悪くなって、ブルージーな気分になること
間違い無しですね。(家に帰って、調べてみたのだ)

下田に着いて、とりあえず昼ごはんを食べたのだが、
平日の水曜となると、市場休のためか、定休日の店も多く、
入ったハンバーガー屋さんもテンヤワンヤで、
レジの横で食べていた我々も全く落ち着けない。
e0147206_024788.jpg
ちなみにハンバーガーは美味かったが、いかんせん高いぞ!
e0147206_0243092.jpg


さて、昼過ぎになると、晴れ間こそ見えないものの、
雨はやみ、気温も明るさ!も増してきたので、
とりあえずサーファーなんかが少なそうな浜辺を狙うのだが、
寒々しい空模様の中、海の家もまだ空いてなく、海水浴客もまばら、
今回日焼け防止のために買ってみたラッシュガードも何の役にも立たず、
でも、じつはかなり楽しかったぞ。
子供達は貝殻拾いに夢中。
下田まで来ると、砂の感じもわりと福岡の海に近い感じだな。
来年もこそはリベンジだ。
e0147206_0452780.jpg
それにしても寒々しい光景。7月の終わりに見えない!
e0147206_0462410.jpg
採る
e0147206_0472644.jpg
取る
e0147206_047447.jpg
取る
e0147206_0475876.jpg
顔に波飛沫がかかり逃げだす
e0147206_048309.jpg
苦笑い
e0147206_049893.jpg
e0147206_0493331.jpg
これまた採る
e0147206_0495550.jpg
喰う
[PR]
by zhimuqing | 2013-07-25 07:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

夏の一日

朝起きて、子供とトランプして、公園にコンガ叩きに行って、水浴びして、
蕎麦食べて、ロックステディー聴いて、昼寝して、宮部とパーカー読んで、
家族でサイクリングして、水浴びして、選挙に行って、
ピアノ弾いて、プリキュアとフライング・ロータスとブラック・ジャズ借りて、
ご飯食べて、風呂に入って、子供の宿題見て、今に至る。
e0147206_23331020.jpg


最悪な選挙の結果以外はほぼ完璧な一日。
e0147206_23362756.jpg
子供の未来、私には何が出来るのかを考える。
[PR]
by zhimuqing | 2013-07-21 23:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

参院選は日曜日

e0147206_12264169.jpg


参院選挙は日曜日。
自分の考えに一番近い人と政党へ一票を!
[PR]
by zhimuqing | 2013-07-21 20:00 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

名前が分からん

虫の図鑑が欲しい今日この頃。
家に飛んでくる虫の名前が良く分からん。
e0147206_23485967.jpg
この手の虫は羽の透け具合が実に美しいのだが、
目の複雑な色も捨てがたい。
(でも家には持って帰らない、持って帰れない。)
[PR]
by zhimuqing | 2013-07-19 23:28 | Starship Troopers | Comments(0)

夏ですなぁ

やはりこいつを見ないと夏が来た感じがしない。
捕まえてもしようがないと思いつつ、
見つけると家に持って帰ってしまうのだ。
e0147206_23355277.jpg
家の横に緑地帯というか、かつて森だっただろう崖が残っているので、
夏場には色々な虫が飛んでくるのだが、
やはりカブトムシは別格だ。

最近、昆虫が少しずつ触れるようになってきたレイ。
先日もマンションの草取りでシジミチョウを捕まえていたが、
早速朝から今回カブトムシの捕まえ方を伝授。
e0147206_2336176.jpg
といっても、気がつけば、やはりへっぴり腰だけど。
e0147206_23363364.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2013-07-18 08:28 | Starship Troopers | Comments(1)

宮部みゆきとプリキュアと

「おそろし」を読み返し、「あんじゅう」に進む予定なのに、
横に置いていた「あやし」に進んでしまうのが、
我ながら意志の弱いところだが、こんな文章を改めて見つけてしまう。
e0147206_22472759.jpg


「たましいを抜かれると、人は文句を言わなくなる」と、お光は言った。

怠け心もなくなるし、欲張りでもなくなる。遊びたいという子供の心もなくなる。
家が恋しいこともなくなる。ちょっと見には普通の人間のように見えるし、
普通の人間のように振る舞うけど、中身は空っぽなんだ。
木偶人形みたいなものさ。だからこそ、兼子屋の奉公人はみんな、
よそのお店が目を見張るような働き者になることができるんだ。
なにしろ、半分は生き物じゃなくなっているんだからね


宮部みゆき 「あやし」 布団部屋 より抜粋

参院選が近くて、色々考えることが多いのだが、
まさに、その通り!と膝を打つ文章。
江戸時代を描いていたら、「とりもろされた」日本の未来を描いてしまったという、
ある意味SF小説的な展開か。

そういう意味では、ムスメと借りにいった、フレッシュプリキュア!の最終巻も
なかなか同じような内容か!
お光の口を借りて出てきた言葉とラビリンスの総統メビウスの言葉がほぼ同じ!
e0147206_2248714.jpg
全国民を管理しているメビウス(正体はコンピューター)は
「苦しみも悲しみもない世界」を提供すると国民を洗脳し、番号をあてがい、
生活、仕事や結婚、寿命といったあらゆる自由を制限する。
それに立ち向かうのがプリキュアという設定だが、
低学年の子供にはやや難しいかもしれないけど、
なかなかよく出来ている。
e0147206_22482426.jpg
洗脳されたラビリンスの国民達。うーむ。

さて、今週末は参院選。
e0147206_2249037.jpg
私は今出ている改憲論にもTPPにも原発再稼働と原発輸出すべてに反対。
しっかり見極めて投票したいと思います!

本当はこの人に投票したいのだが。
e0147206_2251311.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2013-07-17 22:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

おそろしであやしくあんじゅうだ

宮部みゆきの江戸時代ものはもう100%はずれが無いと断言できるものであるが、
私にとって困ってしまう点が二つだけある。
一つは面白すぎて読むのが止められなくなること、
で、もう一つは平仮名のタイトルが多くて、一回読んだものかどうか
よく分からなくなってしまうことなのですね。

まだ【かまいたち】とか【初ものがたり】なんかだと、区別がつきそうだが、
【ぼんくら】、【あやし】、【おまいさん】、【あかんべえ】、【あんじゅう】、【おそろし】と
あ行のタイトル、しかも4文字前後を並べられると、もうよく分からなくなってしまうのだ。
あまり大きな声では言えないが、1回読んだのに、新しく買ってしまい、
途中まで読んで、おかしいと気がつくことが何回かあるのだ。

ということで、本屋に並んでいる【あんじゅう】も手に取るものの、
用心?してまだ買っていないのだが、幸い【おそろし】の続編と書いてあるので、
家で一回確認しようかと思ったのだが、家に帰る頃には、
その【おそろし】の題名があやふやになって来てしまい、
【あやし】だったような気もするし、【おそろし】だった気もする、
【あかんべえ】ではなかったはずだ、前にもダブって買った本だし、等と
色々悩んでしまう私なのだ。早くもボケてきているのか?
結局、再度本屋で確認する羽目に。
e0147206_0513617.jpg
ただ【あんじゅう】を買う前に、もう一度【おそろし】を読んでおこうということで、
再読したのだが、やはり素晴らしい。物凄く素晴らしい。
BGMにはカサンドラ・ウィルスンの≪Belly of the Sun≫、
クーラーは付けずに、扇風機で涼を取りながら、
夏の夜更けに読む宮部みゆきの江戸時代の怪奇もの、
同時代に生きていることに感謝するしかない。
e0147206_052108.jpg
しかし、この本を読んだ映像の人や舞台の人は、
自身の手で、作品化したくならないのだろうか?
一気に場の空気を変えることが出来る俳優に
この本の登場人物、例えば松太郎とか、おたかとか、お彩の役を
割り振りたくならないのかな?
まあ、下手にやってしまうと、みんなの反感を買うとも思うけど。
うーむ、業界人でなくてよかった。

さて早速、【あんじゅう】を買いに行くとしましょう。
また仕事がはかどらなくなるけど。
e0147206_053228.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2013-07-15 00:28 | La Sombra Del Viento | Comments(0)

今世紀初の遭遇!

旧友ミスターPと今世紀初の遭遇!
最後に会ったのが多分1998年頃だったと思うので、
なんと15年ぶりぐらいの邂逅。まさに今世紀初!
e0147206_2153561.jpg
昔ウルトラメガトンズというバンドで一緒に暴れていたミスター・Pが
東京にやってくるということで、夕方そそくさと仕事を終えて合流、
そのまま近所のインドカレー屋でご飯を食べたあと、
我が家へなだれ込みブレーンバスター!

ということで、遭遇した18時から先ほど深夜2時まで
近況報告から、当時の博多のバンドシーンの裏話の数々まで
ノンストップで滔々と話し込む我々なのだ。
ある意味、もうこれはトークセッションかと。

それにしても、15年ぶりに会っても、体型が大きく変わっていても、
会った瞬間から、この前会った時の話の続きを始めたかのように、
何の違和感も無く、話が出来るところが実に素晴らしい。
面影ラッキーホールのCDのジャケを見せると、
即座にジャケの絵を書いた人を当てることが出来て、
先日hide兄に頂いた横溝CDを見て、怒涛のように猛烈に
蘊蓄を語ることが出来る友人というのは、なかなか得難いものだ。
e0147206_218528.jpg
メガトン剛田に秘密の電話をする変身前のミスターP。
全盛期に比べ、男の度量が20KGほど増量しているらしい。
それにしても、私が一緒にライブをやったことがあるドラマーの皆さん、
初めて会った時に結婚していた人2名(YさんとAさん)以外、
C君1名を除いて、皆さん結婚しないまま今に至る。
Kさん、Pさん、Dさん、Bさん、Mさん、Sさん。(追記:Oさんも)
これは一体どうしたものか?もしかして日本少子化の秘密はここにあるのかも?
[PR]
by zhimuqing | 2013-07-13 01:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(4)