<   2011年 07月 ( 12 )   > この月の画像一覧

緻密で有機的な仕事に興奮する

出張で鹿児島に行ったのだけど、大隈半島を南下したり、
我がルーツの一つである川内の近辺まで北上したりで、
移動距離も長くて疲れましたが、鹿児島は緑も深いし、
農畜水産物は豊富だし、ご飯も美味い。
川内にある原発は「運転手の資格無し©プリマクさん」の九電だけど、
今のところは大事故もおきていないし、放射線量は低い(関東よりも)。
雨が降っても、あまり気にしなくても良いし。
今すぐ移住したくなるのだけど、仕事が無さそうなところと、
バンド人口が少なそうなところがネックかな?うーむ。

さて、ここ1ヶ月ほど、ずっとリー・ペリー関係を漁っていたわけですが、
旅館の部屋で聴いたマイロンの3枚目がズドーンと沁みてきて
この3日ばかりマイロン&ザ・ワークスをエンドレスで聴いている私です。
メンバーはマイロンの(歌、g)、ンデゲオチェロ(b)、
ロバート・グラスパー(el-p)、チャールズ・ヘインズ(d)。
e0147206_1757558.jpg
もともとミシェル・ンデゲオチェロのベース目当てで購入したこともあり、
これまでベース:マイロン:ドラム=85:10:5の割合(当社比)で聴いていたが、
出張時に使っているiPod用の簡易スピーカーで改めて聞くと、
ロバート・グラスパーのエレピの凄さが際立つかな?
e0147206_17555671.jpg
このアルバムは凄く良さそうだ。

音のスペースを活かすことで、より雄弁な表現を産む、という
黒い音楽の系譜の中で綿々と引き継がれてきた流儀の最新鋭。
以前は細かく叩きすぎかな?と考えていたヘインズのドラムスは
実はグラスパー、ンデゲオチェロ、そしてマイロン自身のギターと
メンバー間の阿吽の呼吸の中で化学反応を起こしながら、
有機的に反応した結果であることが良く分かります。
e0147206_17582298.jpg
演奏者の自由度という部分で、果てしなくジャズに近いと言えるし、
メンバー間の阿吽の呼吸の中で、グルーヴを紡ぎだすという意味では
紛れもないファンクでもある。
しかも、そういう演奏でありながら、あくまでもマイロンの歌を
中心に据えているところが、これまたポイントが高くなりますね。
メジャーで発売されなかった(日本ではPヴァイン)こともあり、
ごく一部でしか話題になっていない(いなかった)のが、
なんとも残念なところ。(とはいえ、逆に愛着が涌く部分もあるけど)
e0147206_1759314.jpg
ちなみに、こちらが海外盤。

やはり目立ってしまうのは、D様のVoodooの路線を推し進めた
猛烈なファンクで、ンデゲオチェロのベースが隙間だらけのリズムに
絡みつく様はやはり圧巻。
しなやかにこのグルーヴに絡み付いていくマイロンの歌も◎。
ンデゲオチェロはサディーク、パラディーノと並んで
現在のファンクなベーシストの最高峰であることは間違いないですが、
音空間の解釈やリズムに対する自由なフレーズの組み立てでは
この人が頭3つ分ぐらい抜け出ていますよね。

一方、フォーキーでポップな曲も多く含まれているが、
3年前には結構違和感があったこの辺の曲も今ではバッチリ。
アレンジがよりフォーキーになっているが、元の楽曲としては
以外に2枚目に入っている曲に近いかも。
一聴ポップスっぽいのだけど、じっくり聴きこんでみると、
バンドの演奏が非常に緻密に構築されており、
これまた凄腕の仕事だと、ため息が出るばかりですね。
この辺の楽曲は巷?ではニューソウル風ということで、
スティーヴィーとかハザウェイと比べられているようですが、
先入観無しで聴いてみたほうが、良さが分かりやすいように思います。

それにしても、この素晴らしいアルバムを発表した後、
もしかしたら来日するのかな?と期待していたのだが、
結局特に音沙汰もないまま、3年が経っている。
マイロン、今どうしているのだろう?
またこのメンツで新作を出して欲しいのですけどね。
あと、ンデゲオチェロは早くこの路線に戻ってきて欲しいものだ。
e0147206_1801465.jpg
誰もが認めるスーパー・ベーシストなんだけど、
攻める姿勢が旺盛すぎるのが玉に瑕ですね。
e0147206_1814837.jpg
少しせせこましい印象があったヘインズだけど、
写真を見ると、音がバカでかいのではないかと思う私は単細胞。
[PR]
by zhimuqing | 2011-07-27 20:28 | Funkentelechy | Comments(0)

セクシーな女とのフォトセッション

台風6号マーゴンが来る中、富士山山麓まで出張に来たのだが、
マーゴンって何だか非常に親近感が湧く名前なんですが
誰が決めたのでしょうかね?
6号みたいな番号よりも、一つ一つ名前が付いているほうが
私は好きなんですけど。

さて、そういうわけで、ここに泊りがけで来ると
必ず泊まるホテルというか宿があるのですが、
ここの露天風呂、人も少ないし、毎回ほぼ独占出来て嬉しいのですけど、
今回は思わぬ珍客が!
この風呂は混浴ではないはずだけど
最初は脅かさないよう遠巻きに見ていたのだが、
案外平気な様子で、こちらに蠱惑的な流し目をくれやがる。
こちらの目はあまりにセクシーな肢体にもう釘付け。

こうなっては、こちらはもう辛抱タマラン。
写真撮ってもいいですか?等と口にするのは野暮の骨頂、
そそくさと浴衣を羽織って部屋までかけ登り、
デジカメをひっつかみ、再び露天風呂に再突入。

幸いまだ風呂を楽しんでいる様子。
撮る方も撮られる方も産まれたままの姿で撮影会がスタートしたのだ。

シャーデー・アデュよりも滑らかな肌、
全盛期のダイアナ・ロスを上回るコケティッシュ、
瑞々しさはソロデビュー直後のローリン・ヒルを凌駕し、
太股の張りは90年頃のアンヴォーグ4人をかけ合わせた程。

物憂げで夢見心地なのに勝ち気な性格がかいま見える瞳は
ハル・ベリーのよう。
艶やかな曲線美はンデゲオチェロの爪弾くベースほど滑らか
小柄な身体にみなぎる気力はジャネル・モネイ、
そんなパーツをファンクネスの域まで磨きあげているその様は
エリカ・バドゥを超えている。
うはぁー、ほんまにええ女でっせ!




ということで、撮影会の成果をここに発表!
タダで発表するのは勿体ない気もするし、
ネット上で発表して良いものか迷うのだが。









e0147206_12421259.jpg
見よ!この艶やかな肌合いを!
e0147206_12422681.jpg
こちらを威圧するほど挑発的な眼差し
e0147206_12365863.jpg

e0147206_12372058.jpg
うっかり誘い込まれそうになるのは私だけではないはずだ!
e0147206_12372759.jpg
見よ!この指先に溢れるファンクネスを!
e0147206_12373784.jpg
そんな軽い女ではないのよ、と軽くいなされる私
e0147206_12362454.jpg

写真を撮った時は、モリアオガエルか!と色めき立ったのだが、
鼻から目にかけて黒い線があるし、
白目?の部分が赤みがかっていないので、
正式名称:ニホンアマガエル サイズはかなりでかかったので、
メスだと思われます。
[PR]
by zhimuqing | 2011-07-23 12:28 | Funkentelechy | Comments(4)

ラディカルで、火を噴くような

私が初めてミュージックマガジンを読んだ(買った)のは、
17か18の頃だったのだけど、
毎号一番楽しみにしていたのが、中村とうようの『とうようズ トーク』。
ラディカルで火を噴くようなとうよう節は激しいのだけど、
それでいて(だからこそ?) 極上のエンターテインメント
e0147206_2315548.jpg
多分この号のチャックD vs とうよう に惹かれて購入したのだと思う。

ブルーズとかマイケルとかヒップホップとかに対する捉え方は私と異なるし、
女性の好みのセンスにも正直首をかしげるところがあったし、
おおむね同意出来たとはいえ、政治の話でも?なところがあったけど、
そんな些細なことなんかどうでもよいことで、
世の中に対する姿勢とか、揺らぎない信念とか、
大きな部分で私自身が意識しているよりも影響を受けている気がします。

ネット時代になって、音楽評論家という職業を疑問視する向きもあるけど、
その他大勢の自称評論家と中村とうようを同列に並べて評価することには
無理があることだけは声を大にして言いたいのだ。
そこいらの業界ゴロや提灯持ちなんかと一緒にされてはかなわない。

世界のポピュラー音楽の研究家であり、真の意味での評論家でもあり、
そして、なによりも音楽の愛好家であった中村とうようがいたからこそ、
カルトーラとかフェラ・クティとかアルセニオ・ロドリゲスとか、
ヌスラットとかスリム・ゲイラードなんかが、
日本の普通のレコード屋でも買えるのだ、ということも
ここで強調したい。
ネット時代になったからといって、誰でも好きに音楽が聴けるという人には、
この人が提示した道標がなければ、どれほど遠回りしなければならなかったか、
もう一度考えてもらいたいものだ。

あれだけの意志を持った人だから、自分で道を選んだのだろうから、
安易に追悼はしない。
ただ、この人に教えてもらった素晴らしい音楽は
今後も大切に聴き続けていこうと決心しました。
月並みだが、ありがとうございました、と感謝の言葉を送ります。
e0147206_23145173.jpg
下世話なブルースや80年代以降の米黒人音楽に対して
この人の評価が厳しかったのは、ダンスの為の音楽という視点が
乏しかったからではないかと、最近思うようになった。
本人にお会いする機会はなかったが、踊りは得意じゃなかったんではないかな?
一体どうだったんだろう?
やはり一度本人に会ってみたかったなぁ。

それにしても、今のMM誌の体たらく!最悪だ。
読む価値のあるページが数ページしかない。
高橋修は今すぐ退陣しろ!
とうようの作り上げたものをどこまで崩したら気が済むのだ!
[PR]
by zhimuqing | 2011-07-21 23:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

魁皇!

千代の富士よりも、霧島よりも、熱く応援させていただきました。
多分一番応援したスポーツ選手であり、
これ以上力を入れて応援する力士は、
多分もう出てこないでしょう。
e0147206_23531183.jpg
あわよくば1100勝、そうでなくても九州場所まで!と思っていたのですけど、
でも、満身創痍のなか、良くここまで頑張れたものだ。
お疲れさまという以外に言葉は出てこないかな。
これもまた、見事な土俵の去り際でしょう。
記録にも、そして記憶にも残る名力士。
e0147206_23532510.jpg
ありがとうございました。
弟子の育成にも期待しています。
e0147206_23533976.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-07-19 23:28 | All The Kings Men | Comments(0)

ストンと落ちるのが悔しい

ここ数日、夜の月が大変きれいなのだが、
今晩の月は物凄く美しく、外を歩いていると、
街灯等の人工的な光は本当に邪魔だな、と感じてしまうのであります。

さて震災後、ずっと読もうと持っていた高村薫の名著「神の火」、
通算何回目か、もう分からないけど、読み返してみましたよ。
やはり名作、今でも(だからこそ)新鮮な読み応えがありますね。
e0147206_038172.jpg
何と言っても驚いた?のが、主人公の島田と気が付いたら、
私が同じ歳になっていたことでしょうか?
うーん、初めて読んだ時は、高塚良と同じ歳ぐらいだったと思うのだけど、

それ以上に、この本で描かれている原発の話が
腹にストンと落ちて来るようになってしまった今の日本の状況に
変わってしまっていることに、今更ながら驚くと共に、
心から残念だと思ってしまいますね。
なんといっても、良が原発に興味を抱くようになった心境が
より身近に感じてしまうというか。

まあ、そんな訳で、どうしても原発の話に引きつけられてしまいますが、
それとは別個に島田や日野、江口の人物の心象を描きっぷりに
改めて感服しました。
やはり大変飛距離の長い作品ですね。

先日高村薫は東京新聞に震災に関する記事を書いていて、
その内容も膝を打つものでしたが、
07年~09年のAERAの連載をまとめた「閑人生生」の内容も
なかなか良い。
08年9月の事故米事件に関するコメントは以下サンプリング。(p194)

それにしても、本当に重大な事件は往々にして小さな姿をして現れることや、
意図的に詳細が隠される場合があることを、久々に考えさせられた。
そういうとき、おかみが必ず持ち出すのは、
事実が多くの知るところになれば無用の混乱を招く、という理屈であるが、
それがほんとうに現実的な対処と言えるケースは、
たぶん地球上に巨大隕石がおちてくるときぐらいだろう。
多くは当事者たちの責任逃れと、対処の難しさを隠すための方便であり、
被害を少しでも減らそうとする人間的な意思は働かないのが、
国や行政というものだ。
かつての水俣病も、近年の血液製剤による薬害も、アスベスト被害も、
みなそうして拡大し、気がついたときには、助かるはずの命が多く失われてきた。


先日の牛肉の問題なんかも、きちんと事態が把握しようと動いていれば、
決して起こり得なかった問題と言える訳で、
結局歴史が繰り返しているのを、また見せられているというのが
なんとも残念というか、怒りを覚えるところです。
e0147206_0375385.jpg
実によくまとまった本で、大変勉強になる。
地球温暖化等、私と意見が異なるところももちろん何点かあります。
一番意見が違うのは、マイケルに関する意見の違いかな?(笑)
早いところ、震災以降の評論をまとめた本も出してほしい。

月が綺麗な夜に高村薫の小説を読むその時、
部屋でかけるべき音楽は、ナット・キング・コールに限るのでは?
研ぎ澄まされた精密機械の様な歌と演奏は美しいのだけど、
完璧すぎて逆に切れ味が良すぎるというか、
狂気をはらむ余地があるというか。
高村薫の小説の登場人物にピッタリの趣向だと思うのだけど、
e0147206_0352440.jpg
この盤は、中国で以前入手したものだけど、
ケースやブックレットが残っておらず、盤面だけ。
何故かスペイン語の曲2曲から始まる変なアルバム。
超有名曲も入っているけど、そのスペイン語曲が気に入っている私。
しかし、納琴高、このまま北京語読みされても、
多分誰もナット・キング・コールとは気付けまい。
[PR]
by zhimuqing | 2011-07-17 00:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(2)

一歩ずつ歩んでいくのだ

e0147206_22462962.jpg
2011年7月14日現在、
生涯戦歴 :140場所 1046勝695敗158休
幕内戦歴 :107場所 878勝576敗141休
e0147206_22464668.jpg
自分のブログを検索して見ると、ほぼ4年前に通算873勝、
1年半前に、幕内通算807勝(通算975勝)とある。
こうやって見ると、本当にコツコツと積み上げていったことが分かり、
凄い力士だなと、感心することしきり。
e0147206_22465998.jpg
本日、人類未踏の記録に踏み出した訳ですが、
まだまだ通過点ですよね。
また一歩ずつ歩んでいくのだ!
e0147206_22471117.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-07-14 22:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

父さんは海亀だ

e0147206_22444781.jpg

☆☆☆☆☆

自閉症の息子と余命3カ月の父親。
私にとって大変馴染み深い青島が舞台。
e0147206_22451988.jpg
李連傑(ジェット・リー)の抑制の効いた演技、
クリストファー・ドイルの撮影、久石譲の音楽、
そして李連傑が読んでノーギャラで出演を決めた脚本、
そのすべてが素晴らしい。
e0147206_2245533.jpg



[PR]
by zhimuqing | 2011-07-13 22:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

滑らかなボトムに身を任せましょう

あまりニュースになっていないのだが、アルフォンソ・マイゼル(ミゼル)が
亡くなったらしい。
e0147206_0393570.jpg
アルフォンソ(フォンス)・マイゼルの仕事といえば、
まずはやはりThe Corporation名義でのモータウンでの仕事。
泣く子も踊るジャクソン5の名曲の数々。
「I Want You Back」、「ABC」、「The Love You Save」の3連発に加えて、
「Mama's Pearl」とか「Maybe Tomorrow」。

ゴーディー親方率いる覆面4人組の仕事なので、
ゴーディー、フォンス、フレディー・ペレンやディーク・リチャードが
それぞれ、どの曲でどういう役割を果たしたか、よく分からないが、
チームとして、この名曲群の1曲を残しただけでも、
後世に残る仕事であることは間違いない。
e0147206_0395838.jpg
後列右端がフォンスさん。左から2番目がゴーディー。
前列は言うまでもない。

と、これだけでも凄いのだが、やはりマイゼルといえば、
ラリーとフォンスのマイゼル兄弟によるスカイ・ハイ・プロダクション。
ちょうどザ・コーポレーションが活動停止した頃に動き始め、
ドナルド・バードの72年発表の「Blackbyrd」が多分一番初め(だと思う)。
以降、80年頃までプロダクションとして活動を続けたのだけど、
個人的には、ドナルド・バードの75年作「Places and Spaces」あたりまで
その音作りと同じように軽やかに上昇して行った印象がありますね。

基本的にいつも同じメンツで製作しているので、
音の勢いは別にすると、悪く言うと金太郎飴ではあるけど、
柔らかにうねる精密な寄せ木細工のようなリズム隊をバックに
バードのトランペットが軽やかに滑空する様は
いつ聴いても耳が奪われてしまうのだ。

このLA時代のバードのアルバムは正直言って甲乙つけがたく、
その中からベスト作を選ぶ=好きな曲が多いアルバムになりますね。
この1曲と言われれば、多分Think Twice と答える私ですが、
アルバム単位でいうと、やはり「Places and Spaces」かな。
タイトルナムバーにDominoes、You and Musicと続き、
テムプスのJust My Imaginationで締めるという構成も素晴らしい。
e0147206_0391988.jpg
一聴、ヤワなフュージョンのように聞こえる音像ではあるが、
バネの効いた瞬発力と寛いだ雰囲気を併せ持つボトムは滑らか極まりなく、
凡百のクロス・オーヴァーとは一線を画す黒みを付け加えている。
まあ、メイソンとレイニー、デイヴィッドTと来ると、
それだけで保障されているようなもんですけど。
(個人的にはこの時期のLAだったら、ハンフリーに叩いてほしかったが)

さて、一連のドナルド・バードのアルバムのクレジットを見ると、
フォンスは勿論プロデューサーとされているのは当然として、
トランペットともクレジットされており、主役のバードがいるのに?と
なんだか良く分かりませんが、まあ、そんなこともどうでもいいのだ。
今日はこの滑らかなビートに身を任せましょう。
フォンス・マイゼルに感謝の気持ちを捧げましょう。
ありがとうございました。
これからも大切に聴かせて頂きます。

マイゼル兄弟のお仕事はこの辺のアルバムで聴けます。
でも個人的にはドナルド・バードのアルバムの方がお勧めかな。
e0147206_0413238.jpg
e0147206_0405240.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-07-12 23:28 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

隣の緑地帯はバカにできないかも

新居のすぐ横に緑地帯があることもあり、
この時期色々な虫が来るのだが、
先日ついに昆虫の王様がご来場。
e0147206_223127100.jpg
王様呼ばわりするには、随分小振りではありますが。
初めて見たときは私の知らない大型のコガネムシかと思ったほど。
子供の時分、熱心に採りに行っていた頃のカブトムシは
たしかにこの2倍はあったと思うのだけど、
私の体重が何倍にも膨張していくにつれ、
カブトムシのサイズは小さく変化してきているのか?

朝イチでカブトムシを見た我がムスメは予想外なハイテンション。
とはいえ、我が家には既にムスメが幼稚園から貰ってきた
サクラちゃんとリボンちゃんというドジョウが2匹おり、
簡易プラケースの空きもないので、
渋るムスメを説得し、近所の同級生の元に。

進呈する前に名前だけ付けておこうと言ったところ、
「男だからパパが名前付けて」とのリクエストに応え、
アルトンとかボブとかバニーとかピーターとかグレゴリーとか
シュガーとかロメオとかタビーとかホレスとかブジュ等の名前を提案するも、
敢えなく却下され、ようやくフレディー案で了承が下りたのでありました。
e0147206_22315617.jpg
フレディー君とツーショット!

それにしても気にかかるのは、隣の緑地帯の状況である。
秋にはドングリがかなり落ちていると言うことは、
植生的にカブトムシやらクワガタが結構いるのではないか?
近所のガキンチョどもに、私が実は経験豊かな立派な男であることを
知らしめるためにも、夜の雑木林ツアー開催するべきではないのか?と
嫁に提案するも、あそこには最近スズメバチがいるからダメと、
これまた敢えなく却下。

まあ、冷静に考えると、東葛6市ほどではないが、
船橋市は鎌ヶ谷市の南隣でもあるし、
緑地帯の蓄積されたセシウム量も低くはなさそうなので、
そういう方面からも子供達をわざわざ汚染源に近付ける必要もなさそうだ。

であれば、単独行で決行するほかはない。
昆虫ゼリーでも仕掛けに行くとするか?
でも、でかいクワガタが見つかったら、
人にあげるのが悔しくなりそうな私は
子供と暮らしていくと、どんどん子供帰りしてしまいそうで、
でもまあ、それでも良いではないか?と思う今日この頃。
汚染のことを考えずに済む環境に戻してくれ、と思う今日この頃。
e0147206_22331812.jpg
通常よりもかなり小さな個体だからか、
指で掴むと脚の棘が大変痛い。
多量の放射線を浴びて、突然変異したのか?

ちなみに、こちらは先日、遂に新居で出たか!と一瞬驚いたブツ。
e0147206_22444198.jpg
その正体はドロンジョ様のマント。
引越し前までみんな五体満足で揃っていた3人組ですが、
今日現在、トンズラーの腕が消えてしまったほか、
ドロンジョ様も髪とマントを残して失踪してしまっている模様。
怪獣に食べられたという説も。
e0147206_22451320.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-07-11 22:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(2)

3回廻ってワンというのだが

江沢民が死去したかも、というニュースで一時期盛り上がりましたが、
私個人としては、姚明が引退という方がでかいニュースかな。
類稀な素質、真面目な性格、意外な器用さ、
誰もが大ブレイクを待ち構えていたんだけど、
結局怪我のせいで、本来到達できるレベルまで届かなかったのが残念ですね。
e0147206_155014.jpg
NBAのシーズンだけでなく、オフシーズンもナショナルチームで
こき使われていたのが、怪我の遠因だと思うけど、
それもまた姚明の生真面目さの裏返しですね。
でも、私はまだ諦めていないのだ。
姚明229㎝と奥さん葉莉190㎝との間に産まれるであろう子供達に
NBA制覇の夢は引き継がれるのだ。
(その時はキングスに所属していて欲しいものだ。)
e0147206_1551188.jpg
こういうファンクネス溢れる写真を生産する素質も
子供たちに受け継いで頂きたいものだ。

さて、仕事が忙しい中、相変わらずリー・ペリーものばかり聴いているのだけど、
これまた持っていたはずなのに、どこかに行ってしまっていた
ヘプトーンズの「Party Time」、最近SHM-CDで割と安く再発されていたので、
少し迷いながら購入。
なんと、これまた名盤の「Night Food」との2イン1での再発。
e0147206_1502730.jpg
ウェイラーズはまあ別格として、リー・ペリーの世界観を一番体現していたのは
アルバム「Heart of the Congos」でブラックアークの音に幽玄極まりない
ファルセットを乗せたコンゴスだったと思うのだけど、
一方で、ヘプトーンズのソウルフルな苦みもやはり捨てがたいものがありますね。
特に、リードを取るリロイ・シブルズのソウルフルな歌が良い!
コクと苦みを持ち合わせた、なんて書くと、ビールの宣伝文のようだけど、
下戸の私がそういう表現をしたくなるほど、味わい深い歌ですね。

その歌の後ろでミュートロンのバイフェイズがシュワシュワ鳴るので、
私なんかはもうパブロフの犬状態になってしまいますね。
バイフェイズは随所にかまされていて、ホーンやらパーカッションやら
ギターのカッティングにバシバシ入っているのだけど、
本当に濃厚な世界が展開されている。
それにしても、私はこのBi-Phaze、もちろん触ったことすらないのだけど、
これを噛ましただけで、もちろんペリー様の音が出来るとは思ってないけど、
一度、バンドで使って、どんな感じになるのか試してみたいなぁ。
e0147206_1482375.jpg
ということで、早速e-Bayで検索して見ると、1台だけ発見したのだが、
724ドルということで、日本で買うと10万超えるので、意外に安い訳ですけど、
いずれにしても、今の私の手の届く値段では当然ありません。
身近な友人、誰か買ってくれないかなぁ?
使わせてくれるのだったら、3回まわってワン、ぐらい言いますけれど。

e0147206_148022.jpg
とはいえ、私が本当に欲しいのは、同じミュートロン製だったら、
ラリー・グレアムが使っているオクターヴ・ディバイダー!
少し安いと言えども、でも599ドル!
ああ、お金持ちになりたいものだ!
[PR]
by zhimuqing | 2011-07-09 23:28 | Open the gate | Comments(0)