<   2009年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

今こそ解放するのだ!

BADというアルバムのテープを友人にダビングしてもらったのだ。
すべて素晴らしい曲ばかりで、あっという間に体に浸透していったのだが、
好きになればなるほど、その背景が気になってくる。
e0147206_17183.jpg


5曲目で一緒に歌っている声はスティービー・ワンダー。
1曲目はある男とのデュエットを想定して書かれた曲と聞いたが、
そのミュージシャンはプリンスという名前だった。
翌88年にチューブを咥えながら歌を歌うロジャーという風変りなシンガーがいたが、
彼の名前も何故かBADのブックレットのスペシャル・サンクス欄に名を連ねていた。

e0147206_174255.jpg
大ブレイクのきっかけになったモータウン25というイベントがあると聞き、
お年玉を握りしめて天神のベスト電器でレーザーディスクを購入した。
そこで見たBillie Jean やJackson 5(正確には6)のステージは期待以上だったが、
一緒に出ていたマーヴィン・ゲイの宙から何かを掴みだそうとする姿や
スモーキー・ロビンソンのセンシティブ極まる節回しや
テンプスとフォートップスのダンディズム溢れる歌ぢからにノックアウトされたのだ。

同じ頃入手したヒストリーもののLDにはデビュー前の練習風景の映像があり、
そこでジェームス・ブラウンが歌うI Feel Goodという曲を初めて知ったし、
変身してスーパーカーやロボットになった挙句、最後に宇宙船になる映画を見て、
ファンキーとかスペイシーとかそういうものを大切にする小学3年生の
気持ちを取り戻したのだ。

こうやって改めて振り返ると、やはり私にとっての全ての始まり、ビッグバンだな。
その導きで、得難い友人を作ることもできたのだ。


e0147206_192698.jpg
アマゾンやタワレコ、HMVでは軒並みCDやDVDが売り切れているらしい。
今回の件があって初めて聴くの?と言いたくない。
やはり出来るだけ多くの人に聞いて欲しい、というのが正直な気持ちなのだ。
(もっともすでに世界中の人に届いているわけですけど。)
そこから色々な道が広がっているのだ。

溌剌した可愛さを求めてジャクソン5を聞くのも良い。
そこにはジェマーソンのグルーヴィーなベースがあったり、
デイヴィッドTの揺蕩うようなギターがちりばめられているのだ。

最新作のInvincibleを聞いても良い。
Butterflies での凄まじいばかりに飛翔する歌を堪能してほしい。
このアルバムはアップよりもミディアムやスローのナンバーが素晴らしく、
この路線を突き詰めると新しい世界が広がるはずだったのだ。
スライとネオソウルを掌中に収めた世界が。

Off The Wall での瑞々しい歌と演奏を楽しむのも一興だ。
スティービーが書き下ろしたI Can't Help Itの絶妙なテンションコードは
少年が青年へと成長していく一瞬を見事に音像の中にとどめている。
軽快なIt's the Falling in Love は私の結婚式のBGMの1曲目だ。

Badのセカンドヴァースに入るギターのカッティングも絶妙だが、
その直後に入るジミー・スミスのアドリブとマイケルの声の相性は抜群。
Speed Demonのリズム感は本当に信じがたいものだ。

Dangerous で完成したニュージャックスウィングを浴びるのも良い。
彼なりのゴスペルはMan In The Mirrorを経て、Keep The Faith で完成したのだ。
メローなRemenber the Time、セクシーなIn the Closet、
全方位で広がるだけの奥行きを持っている。

キャブ、ルイ・ジョーダン、ニコラス・ブラザーズ、ジェイムス・ブラウンと
綿々と繋がる黒い音楽と芸能の真髄を、
多少味わいやすいようにオブラートをかけてはいるが、
時間をかけて抽出して精製させた至極のエッセンス。
そこには紛れもない黒いアフロアメリカンとしての美学の結晶があるのだ。
一人の男が自分の声と体で完璧に表現した、その部分を私は評価してほしいのだ。
スキャンダルやゴシップはもう必要ないだろう?
今こそマイケル・ジャクソンを解放しろ。
e0147206_1104414.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-06-29 23:21 | Funkentelechy | Comments(2)

あの日から人生が変わったのだ!

e0147206_214775.jpg
ブルーノートにラファエル・サディークを見に行ったのである。
行くのはやめようかとも考えたのだけど、
たぶん部屋で思い出を噛みしめるより、外で音楽を聴くことのほうが、
22年前に音楽の楽しみや喜びを教えてくれた人にふさわしいと思い、
この日はこの人でなければならない、弟と一緒に見に行ったのだ。

電話で話をすると、言葉が詰まりそうになるので、
一生懸命気持ちを抑えて、悟られないようにした。
ばれてるのは分かっていたけど。

早めに表参道に着いたので、裏道の路地をブラブラしていると、
これまでの様々な場面での思い出がいろいろ浮かんでくる。

e0147206_221670.jpg

白地に黒い服を着た男のレコードが街のレコード屋の全面に並んでいたこと。
ムーンウォークをするには特別仕様な靴がいる夢を見たと報告した弟。
ジャマイカで葉っぱのディーラーがYou are not aloneを口ずさんでいたこと。
テレビで初めて見たライブで汗だくになって歌っていた姿が本当に奇麗だったこと。
でも、Thrillerの時にテレビ局が変な画像処理をして、家族で憤慨したこと。
ジャネットとのビデオが凄まじくカッコイイ、とわざわざ電話してきた母。
Man in the mirror がテレビで流れた時に、その悪口を言った級友を蹴り上げたこと。

e0147206_224056.jpg
ある日学校から家に帰ると、特別な靴無しで月の上を歩けるようになっていた弟。
Remenber the Time のPVを家族で固唾を呑んで見たあの時。
遠賀川のほとりで父がBillie Jean の振り付けを真似しようとしたが、
まったく違ってて、家族で大笑いした夕方。
従姉弟の家でThriller のビデオ借りて、深夜に見ようとしたけど、
ビデオの操作方法に大苦戦した夏。
ワープロで打った歌詞カードをクリアケースに入れていたら、
英語のテストでカンニングしていると疑われたあの日。

e0147206_225583.jpg
カーステレオの音量を爆音に上げて聞いていた母。
わざわざ大阪から福岡まで大挙押し掛けてきた弟とその友人。
コンサートの帰りに興奮したみんなでラーメンを食べに行ったこと。
人生で初めて話したアフロアメリカンと、その人の素晴らしさについて語り合った夏。
The way you make me feel での走り方を真似してたH君。
新作が出た日、弟が帰ってくるまでCD聞くの我慢して、
一緒にドキドキしながら開封した夕方。
JAMのPVの内容を電話で知らせてくれたN君
グラミー賞でのパフォーマンスに度肝を抜かれた夜。
e0147206_2293448.jpg


立ち止まると溢れてしまうのが分かっているので、歩き続けていたのだが、
携帯に届いたメールを見ると、もう駄目だった。

「悲しいね。亡くなったね。慶と豪の青春の1ページ、
私の子育ての時期の楽しい1ページだった。」

e0147206_2294973.jpg
テレビの追悼番組でコメント取りがあるから、遅れるかもしれないといった弟は
無事に時間前に青山に到着できた。
お互いあまり多くを語らないが、会話は自然とその話になる。
私たちお互いにとって、すべての始まりだったのだ。
私たちのように、彼に救われた人は世界中にどれぐらいいるのだろう。

ラファエル・サディークのステージはI Want You Back でスタート。
たぶん初めから予定していた曲ではなかったと思う。
この夜はこの曲しかない。青山だけでなく世界中で演奏されていたのではないだろうか。
一流のミュージシャンがお客を楽しませようと全力を尽くしているその姿に
今日、ここに二人できたのは正解だったと思った。
e0147206_2302978.jpg


ステージ後半で、ラファエルはあの人の音楽が自分の基礎、始まりなのだ、と語り、
おそらくこれも急遽決めたのだろうが、Who's loving you を歌った。
バンドに細かい指示を出しながら、最後はアカペラで締めて
ラファエルならではの仁義の切り方を見せてくれたのだった。

e0147206_230981.jpg
お客さんに即席のサイン会をしているラファエルと握手した後、
恵子姐さんと合流したのだが、戸田さんの弟への温かい心遣いには本当に感謝。
夜中遅くまで色々話をして、それから弟の家に行き、寝る準備をしていたのだが、
話が止まらなくて、結局夜が明けるまでずっと話し続けたのだった。
e0147206_231842.jpg


すべてはあの日が始まりだったのだ。
心の底からマイケルに感謝の気持ちをささげます。
ありがとうございました。
e0147206_23336.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-06-28 02:04 | Popper's Delight | Comments(4)

大変悲しいことです。言葉になりません。

e0147206_1305575.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-06-26 13:01 | Make Me Wanna Holler | Comments(2)

ああ

ああ、言葉にならない。
誤報でありますように。
[PR]
by zhimuqing | 2009-06-26 08:58 | Make Me Wanna Holler | Comments(1)

8年ぶりの邂逅

PLUTOが完結したと思ったら、
BILLY BATの単行本が発売されていましたよ。
e0147206_231515.jpg

いつもながらワクワクさせる導入部。
連載第1回目だけ読んで、ン!?アメコミ?と
勘違いしていた私をあざ笑うような展開。
浦沢直樹+長崎尚志のコンビはなかなか私を自由にしてくれません。

さて猛烈に忙しくなってきた仕事の合間を縫って
欲しかったCDを購入したりしているのです。
NAT KING COLE:Re Gerenations とか SA-RAの新作とか。
まだ聞き込んでいないので、コメントはまだしませんが、
どちらも大変ファンキーでよろしい。
今年の愛聴盤決定です。
e0147206_225970.jpg


で、その前に部屋の在庫から再発見?したのが、
FEMI KUTI の2001年作『Fight to Win』。
はっきり言って、素晴らしい。
なんでホッタラカシにしていたのでしょう、8年前の私は?
e0147206_223856.jpg


親父さんとはまた違ったカッコよさが全編に漲っててナイス!
特にソウルクォリアンズ絡みの5曲①②⑥⑫⑬が良いのですが、
2000年前後のジェイムス・ポイザーやクエストラブは
神懸かり的にキレていましたね。

個人的にはやはりピノ・パラディーノが参加している4曲が目玉。
ブラックネスとかファンクネスのカロリーオフみたいなルックスしてて、
どこまでも黒い音を紡ぎだす男ですね。
ロック界に舞い戻っている今日この頃ですが、
早くこちらの世界に戻ってきてくださいよ。

それにしても、このアルバムの後に世界同時多発的に
アフロビートをやるバンドが出現してきていますが、
このアルバムに肩を並べるのは、RED HOT+RIOT ぐらいでしょ?
もちろん、その辺の音、全部聞いていないんで、断言できないけど。
フェミがこの後に出したアルバムの音が気になるなぁ。

こうなったら、やっぱり生の音が浴びたくなるわけで、
日本に来てくれないですかね?
5年ぐらい前はよく来てたような覚えがあるのですけど、
仕事が忙しくて、見に行けなかったですもんね。
ああ、生で見たいなぁ。(出来たらパラディーノ込みで)
だれか呼んでください!
e0147206_254766.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-06-25 23:41 | Funkentelechy | Comments(0)

剛球で真っ向勝負!

色々文句を言いつつも、ミュージックマガジンを買っているのは、
やはり石田昌隆の連載『音楽の発火点』が読みたい(見たい)から!
名著「黒いグルーヴ」から待つこと10年!
個人的には待望の石田昌隆の新著が出版!
e0147206_2331472.jpg
それにしても表紙がLKJだとは分からなかった。
眼鏡と帽子をつけさせずに写真を撮るとは!


これが期待を大きく上回る出来栄え!
ミュージックマガジン社の最高傑作であるだけでなく、
色々ある音楽の本の中でも最上級に位置すると断言します!
!マークも連発してしまうってなもんだ!

手に取ってみると、ズシリと重い413ページ!
前半1/3が写真、以降が文章なのだが、
この文章部が読み応え満点で素晴らしい。
ギュッと密度が詰まって、もはや白色矮星だ。
10数年前にマガジンのモニターやった時に、
単行本化してください、と熱情込めたお願いを書いたあの時の
私に読ませると、鼻血出して卒倒してたでしょう。

石田昌隆はなんといっても現場主義。
興味をひく音楽があれば、カメラを持って現場直行。
自分の体で感じたものを写真と言葉に刻んでいるので、
思わせぶりな言葉とかクリシェの羅列とは縁が無いのだ。
独特のリズムというか躍動感があって、グルーヴィー。
自分の触角で感じた音楽を現場まで追求していく姿勢は
音楽を楽しむ人間として、一つの理想系ですね。

写真に対する氏の考え方は、webDICEのHPのインタビューに詳しいです。
含蓄の深い言葉が色々並んでいます。
下手に引用すると、旨みが減ってしまうので、
興味のある人はHPを読んでください。
あとは本人のHPもお勧めだ。
それにしても、写真展を3月にやっていたとは!
またしても大失敗だ!

今回の「オルタナティブ・ミュージック」、
ミュージシャンの豪華さは物凄い事になってます。
JB、Pファンク、フェラ・クティ、NWA、リー・ペリー、カエターノ、ルイ・ヴェガ、
ヌスラット、ザ・ルーツ、サリフ・ケイタ、ADF、LKJ、ローリン・ヒル、PE。
ああ、もうどれもこれも私の大好物。
(世間的にはニルヴァーナとかイギーポップとかU2なんでしょうけど)
石田氏が活動を始めた70年代後半以降に限定すると、
ここに足りないのはザッパとパルミエリぐらいかな。

本の題名は「王道」でなくて、「オルタナティブ」。
後書きにありますが、私にとっても副題「Musicians in the same era」のほうが
なんだかしっくりくる感じです。
たしかにオルタナティブと言われるミュージシャンが多く取り上げられているが、
音楽の(に限らないけど)改革は辺境から発生するものなので、
そういう意味では「王道ど真ん中」でもあるのでしょう。

それにしても良い本だ。
Pファンク、スタートレックに続く子どもたちへの最高の教材だ!
現時点での今年一番の収穫だ!

e0147206_2342368.jpg
ちょうど10年前に出た名著「黒いグルーヴ」!
入手困難になっているようなので、復刻してほしいものだ。

e0147206_23343240.jpg
本の中でも、インタビューでも影響を受けたと言ってるブルース・ダヴィッドソンの写真集。
非常に興味をそそられるが、いかんせん高い!
何とかならないものだろうか?
[PR]
by zhimuqing | 2009-06-23 23:18 | Funkentelechy | Comments(4)

完結してしまった。

中身の表示間違えてたカニクリームコロッケですが、
なんと2000万円分、全部廃棄したそうですね。

「ベニズワイガニをズワイガニと表示してはいけない」という法律が
出来る前から作っていた商品らしいのですね。
表示を作り直さなかったのは確かに良くないというか、悪いのですが、
私にとっては、食べ物、しかも中身は別に食べても問題ない食品、を
2000万円分も捨ててしまうことの方が絶対に悪いと思いますね。
捨てるのだったら、我が家に送ってくれればよかったのに。

マスコミの報道もなんだか煽情的。
北陸の浜で揚がる越前ガニ・松葉ガニとベニズワイガニの価格差を比べて
10倍も値段が違う!なんて報道していますが、
コロッケに使うカニに松葉ガニなんて使いません。
輸入物のズワイガニのフレークとベニズワイのフレークだと、
価格差は1.5倍もないはず。
まあ、マスコミの報道なんて、いつも同じような感じですけどね。

さて、手塚治虫X浦沢直樹のPLUTO、完結しましたね。
雑誌の連載ではとっくに終わってたのかもしれませんが、
そちらは読んでいないので、今回の豪華版出版で私の中では完結です。
e0147206_15473526.jpg


小学生だった当時のブラザG曰く、
「アトムはこのシリーズだけ読んでれば良い」と言ってたぐらい(?)、
原作も大名作なのですが、この浦沢・長崎バージョンもかなり良いですね。
登場人物の人物像(ロボット像?)の肉付けにグッと来ます。
特に天馬博士やゲジヒトあたりですかね。
それだけの解釈を施せる深度を持った原作が凄いとも言えるのですが。
いずれにしても、20世紀少年やモンスターよりもずっと面白いと思いました。
e0147206_15352336.jpg



浦沢直樹の最高傑作はなんといってもマスター・キートンですが、
原作者との間で揉めているみたいで、
絶版?廃版?状態なのが残念です。
幸い売れてた作品なので、中古でいくらでも買えますけどね。
映画化なんかも一番作りやすそうな感じがしますけど、
そんな感じでなかなか難しいのでしょうね。
おいしい究極で至高の食べ物が好きなKさん、そろそろ鉾をおさめましょうよ。
e0147206_15355383.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-06-21 15:48 | BOP GUN | Comments(0)

Go for broke, Jesse! 大五郎!

近所を営業で回っていた某布団メーカーの人が
何故か布団を道路に置きっ放しにしていたのです。
小学生の私とヤッチャン(友人)は、これは良いものを見つけた、と
秘密基地に運び込もうとしたのですが、
なにせ子供にはモノが大きすぎて、うまく運べず、
近くに隠そうとしていたのだが、見事に見つかって、
母親に大目玉を喰らったものでありました。

その布団メーカーの宣伝をしていた東関親方aka元高見山が
このたび引退?定年?を迎えましたね。
実はワタクシ、高見山に結構接近したことがあるのです。
e0147206_1835149.jpg

1回目は多分幼稚園くらいの時。
九州場所で福岡に来ていた高見山にダッコしてもらったのですが、
自慢の揉み上げを引っ張ったそうだ。
サービス精神満点の高見山は大袈裟に痛がってくれて、
調子に乗った幼稚園生は大喜びだったらしい。(本人は覚えていない)
写真でもあったら良かったんですけどね。

2回目は大学生の頃。
九州場所の時に東関部屋が毎年近くに来てて、
朝稽古でも覗いて見るか、曙もいるだろうし、と見に行った時。
若い衆が「中に入ってください」と声をかけてくれて、
何故か一人ポツンと幕下の若い人たちの稽古を見学していたら、
親方が部屋に入ってきて、私の横に座ったのでした。

はっきり言って、相撲の稽古は見ていて楽しいものでなくし、
せめて顔を知っている関取がいれば良かったのですが、
そんな人もいない。(今思うと、高見盛はいたんでしょうけど)
曙は一瞬姿を見せたものの、そのまま出稽古にいってしまうしで、
2時間ばかり何とも言えない時間を過ごしたのでありました。

普段のサービス精神タップリの高見山の姿はそこに無く
厳しい表情で弟子を叱咤激励する親方の姿が。
ここは戦う男の職場だ、と感心したのでありました。

モンゴル勢が幅を利かせている角界ですが、
それも高見山のたゆまざる努力で作った道があってこそ。
「目から汗」を出して、チャンコにケチャップをかけて食べていたのだ。
高見山あっての小錦であり、朝青龍であり、琴欧州で把瑠都なのだ。
幕内在位97場所、20年の実績はただただ素晴らしいの一言だし、
親方として、曙を見事に横綱に育て上げてもいる。
45年!の相撲人生、本当にお疲れ様でした。
e0147206_1834387.jpg
小錦はまごうことなくファンクだが、高見山はサザンソウルの香りがする。
[PR]
by zhimuqing | 2009-06-19 21:33 | All The Kings Men | Comments(0)

イランのデモの件

イランの大統領選挙の結果を巡って
デモが激化しているニュースが伝わってきています。
「核開発問題」なんかでアメリカから随分敵視されていますが、
アメリカと仲の良いエジプトやサウジなんかよりも
実は民主化が進んでいる国なんですけどね。

政府は選挙結果を捏造したのは間違いないと思うし、
それを正すことを求める民衆も正しいと思うのだけど、
どこか引っかかる感じを受けるのは、
東欧で起きた一連の「革命」の雰囲気を感じるからでしょう。
e0147206_011538.jpg


ムサビ候補が「グリーン革命」を標榜しているのも
グルジアの「バラ革命」やウクライナの「オレンジ革命」とかの
00年代の東欧「色革命」とそっくりだ。
色革命はアメリカやイギリスが仕掛けた「革命」だったことが
今では公然の秘密ですもんね。
さすがに中東ではあんなにうまく工作できないでしょうけど。
いずれにしても、一般の市民に危害が及ばないで欲しいものです。
e0147206_0104921.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-06-18 23:53 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

即効薬ではないだろうが、応援したくなる件

それにしても火曜日のNHKは素晴らしい。
プロフェッショナル→アーカイブ→爆問学問と続く流れは完璧だ。
中村征夫の「空にして写真を撮る」話も、
永平寺の宮崎奕保の「無」に関する話も、
なんだか身の回りの色々な出来事に繋がる話であったが、
東大の池上高志の話はそれら全部を内包する話で非常に興奮しました。

さて、本日、職場の近くで売っていたビッグイシューを買ってみた。
以前から気にはなっていたのだが、
なかなか購入するチャンスというかきっかけが無かったのだ。
e0147206_23494817.jpg

雨が降っているので、いつも歩いているコースを変更して、
最寄の駅経由で帰ったのだが、駅の入口で販売している人を発見。
ついに購入するに至ったわけです。

最新号とその前の号をまとめて読んでみたのだが、
ケイト・ウィンスレット、鶴瓶のインタビュー、海洋微生物の話、
スコットランドでゲリラ(?)農園を進める人々の取組などなど、
肩肘張らずに硬軟織り交ぜた構成はいいですね。
雨宮処凛の連載もあるし、ケニア在住の獣医さんの連載も面白そうだ。
定価300円でのコストパフォーマンスは良好だと思う。
ただし、音楽欄は正直いまいちです、はい。

この雑誌、もともとイギリスでホームレスの自立支援、社会復帰に
貢献する為に始められた雑誌で、
日本でも販売しているのはホームレスの人々。
日本版だと300円のうち160円が販売している人の収入になるそうだ。

この事業がホームレスの自立に即、繋がるかどうかは分からないですが、
草の根レベルでの試みには強く共感を覚えます。
微々たる収入かもしれないが、何かの足がかりになるかもしれないし。
秋葉原事件から1年経って、当時マスコミで話題になっていた
格差とか派遣等の問題がなんだか尻すぼみになっている訳ですが、
そういう流行?よりも、こういう地道な取組こそが大事なのだと思う。
毎号買うことは無いと思うけど、これから気が向いたら買うことにしよう。

次号は腹ペコあおむしのエリック・カールのインタビューということで、
これも大変楽しみだ。
e0147206_2352887.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-06-16 23:30 | Make Me Wanna Holler | Comments(2)