<   2009年 04月 ( 21 )   > この月の画像一覧

やりたいことだけやればいい!

森巣博の「無境界家族」、出張の帰りに読み終わりました。
「日本人論」を小気味良く論破しながら、
碩学なイギリス人の奥さんと天才の息子との日々を綴る本。
e0147206_19163515.jpg


家族との会話がなかなか興味深い。
引きこもりになった小学生の息子に対する言葉は、
「したいことだけをしなさい。やりたくないことはやらなくてもよろしい」!
イギリスからオーストラリアへ移住して来るときの奥さんの言葉は、
「個人に対する国家の重みとか管理とかでは、オーストラリアが一番軽そうね」

15歳で豪州の有名大学を主席で卒業し、19歳でケンブリッジ大学大学院入学、
20歳でカリフォルニア大学バークレー校の教員になってしまう息子さんの
天才ぶりには驚かされるばかりですが、
世界的に有名な奥さんのその時々の言動が一番面白いです。
(この辺は読んでのお楽しみとしよう。)
オーストラリアの教育関係者の柔軟な対応振りにも感動します。

でも「日本人論」をぶち上げる『碩学』に対する攻撃が一番面白い。
梅原猛、江藤淳、河合隼雄、川勝平太、佐伯啓思、西尾幹二、西部邁、渡部昇一
後書きで、みんな逃げてしまって反論してこなかった、と書いていますが、
逃げたままにしておくのは勿体無いな。
誰か対決の場を設けてくれる酔狂な人や会社はいないのかな?
「英語が喋れない英語教師」渡部昇一との英語での論争は
お金払っても見てみたいぞ!

さて、そんな感じで盛り上がっていたのですが、
iPODをシャッフルにして聞いてた時にかかった
アヴェレージ・ホワイト・バンドのドラムに驚きました。
結構カッコイイではないか!
e0147206_19165690.jpg


昔バンドでコピーさせられて、O塚さんに散々しごかれた
Cut the Cake と Pick up the Pieces が全く違って聞こえる。
真っ黒ではないけど、白くファンキーに躍動していて、
ファンクとは思わないけど、ポップでいいですね。
それにしても、こういう驚きがあるというのは
音楽も人間も同じで面白いっすね。
こういうことがあるので、色々聞いてみることは大事だと痛感します。

帰って調べてみると、ドラムはPick up がロビー・マッキントッシュ、
Cut the Cakeはスティーブ・ファローン、ということで、
アメリカのソウル系のドラマー以外は詳しくない私は初耳ですが、
スティーブ・ファローンはドラマー界のビッグネームらしいです。
ちょっと聞いただけだと、小技が効いている(効きすぎている)フェローンより、
マッキントッシュのほうが好みかな?
いずれにせよ、まだまだ勉強不足だと実感する今日この頃です。
e0147206_19171777.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-04-30 20:33 | Funkentelechy | Comments(0)

預言書のような小説「蜂起」

出張先のホテルで森巣博の小説「蜂起」を一気に読んでみた。
e0147206_232312100.jpg


第1部で登場人物がホームレスに落ちていく様を、
第2部でその後の動きを描いた小説なのですが、
ホームレスが皇居前の公園に退去して押し寄せたり、
広告代理店の人が職を失ったり、と
ここ半年強の日本の取材して書いたかのような
設定が非常に面白いです。
2003年に連載されていたものとは思えない。
著者が自画自賛するのも頷ける話だ。

性描写でややきつい部分もあるので(しかも長い!)
連載中は一部の読者から不評だったりしたそうですが、
そこはご愛嬌ですね。
森巣博の新書でこれまで触れられてきた
日本社会の矛盾点が随所にちりばめられて
ストーリーに色合いを付加します。
話が途中でやや脱線気味になるところは
井上ひさしを思い起こさせます。
(タイプは全然違いますが)

警官や右翼団体のボスを主役級として
矛盾点を浮き上がらせるために良かった。
ただ、それぞれが結構魅力的に書かれているので、
もう少し後半を詳しく描写してほしかったですね。
なんだかもったいない気がしました。

しかしさすがに本業が博打打ち、
変に甘ったるい感傷がない作風です。
ダシール・ハメットみたいというと、褒めすぎですかね?
マスコミの情報を鵜呑みにする従順な日本人に対する
苛立ちや疑問が前面に押し出されていますが、
しかし、その底に流れるものは、愛情ですね。
安っぽい「愛国心」ではないですけど。
焦点の当てる角度が面白いし、深さも十分。

まだまだ読んでいく価値がありそうだ、と思ってたら、
帰りの駅の本屋で森巣博の「無境界家族」を発見したので、
またまた購入してしまった私なのであった。
当分森巣ワールドに浸ることになりそうだ。
e0147206_23242194.jpg
この次は傑作の誉れ高い「越境者たち」かな?
[PR]
by zhimuqing | 2009-04-29 23:23 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

ソウルフルにさせてしまう体質

5月30日はスタートレックの新作封切の翌日なのであるが、
なんとタワレコの渋谷5階で、あのアラン・トゥーサンが
ミニライブ&サイン会を行うらしい。
これは嬉しいっすね。
何にサインしてもらうか、なかなか悩むところですが、
やっぱり超名盤サザン・ナイツに落ち着きますかね。
e0147206_19113314.jpg

アラン・トゥーサンは言わずと知れたニューオリンズの至宝ですが、
その音楽は様々な音楽のエッセンスが入ってて、
そこがまたタマラナイ魅力なのですが、
50年代のレイ・チャールズにも結構影響受けてるな、と
先日iPOD聞いてて思いましたよ。

それにしてもアトランティック時代のレイ・チャールズは
本当に味わい深いというか、噛めば噛むほど味が出るというか、
何から何まで素晴らしいですね。
What'd I Say やHallelujah, I Love Her So といったソウルは勿論、
ブルースやジャズのナンバーもたまらなく良い。

あえてここで書くまでもないが、やはり声が凄い。
シナトラのことを「The Voice」と呼ぶそうですが、
その称号はレイ・チャールズにこそ相応しい。
映画「RAY」にあったように、ドラッグをガンガンやってても
女癖が滅茶苦茶悪くても、スヌークス・イーグリンが暴露したように
少し?嫌味な人であっても、この声さえあれば私はOKです。

そんなレイ・チャールズですが、今回再発見?したのは
アトランティック時代のジャズ・ナンバーの良さ!
ミルト・ジャクソンとのアルバムが2枚ありますが、
これが素晴らしくブルージーで、かっこよいのです。
e0147206_19121723.jpg
LPもほしくなるほど、オサレでかっこいい二人。

ケニー・バレルやパーシー・ヒース、オスカー・ペティフォード等
豪華なメンバーが集結しているのですが、
やはりレイ・チャールズのピアノは聞きモノです。
鍵盤からブルースが零れ落ちてきます。
それと、レイ・チャールズのアルトサックスもなかなかの聞き物。
欲を言えば、もっと聞きたかったな。

あと個人的にポイントが高いのが、
ミルト・ジャクソンのヴァイブ。
ロイ・エアーズ、ジョニー・ライトル、
基本的にヴィブラフォン大好きな私ですが、
やはりミルト・ジャクソンは本当にソウルフルですね。
理知的であまりブルージーでないオスカー・ピーターソンなんかも
ミルトと共演するだけで、ソウルフルになりますもんね。
まさにソウルフル触媒体質。

ちなみにレイ・チャールズのアトランティック時代の音源は
数年前に出たボックス入手しているので、
とりあえず全部持ってます。
CD7枚+DVD1枚、どこから切っても美味しいです。
あとこのボックスが凝りまくってて、大変気分がいいな。
場所を取ってしまいますけどね。

ということで、最近聞くものがない人は是非!

e0147206_19135785.jpg
この大箱をまとめて聞いていると、いたく感動しますが、
レイに影響を受けたという某歌手Wは一体どこに影響を受けたと言いたいのか、
本当に分からなくなってくるのであった。
[PR]
by zhimuqing | 2009-04-28 19:18 | Blues 4 Terapin | Comments(0)

「驚異的に面白い」らしい件

来月29日から公開される「スタートレックXI」ですが、
驚異的に面白い」と評判らしいですよ、奥さん。
e0147206_18192748.jpg


マスコミ向けの試写会が開かれているようなのですが、
旧作を知らない若い世代のマスコミ関係者から
「予想をはるかに上回る面白さ」「驚異的に面白い!」といった
声が上がっているそうです。

「スタートレックを知らない人も楽しめる」ことが
盛んにアピールされているなんとなく微妙な表現ですが、
この映画がきっかけとなって新しいトレッキーを続々誕生させるのが
惑星連邦の密かなミッションだし、まあこの辺は良しとしよう。
興行成績が伴わないと、次も続かないし、
テレビシリーズも復活しないだろうしね。

Star of Tomorrow(明日のスター賞)に選ばれた
クリス・パインを次のブラッド・ピットもしくはトム・ハンクスと
持ち上げる戦略も良しとしようではないか!
(それにしてもブラピとトム・ハンクス、持ち味は全く違うと思うんだが)
e0147206_18195266.jpg


「偉大なる繋がり」じゃないですが、以前書いたように
スタートレック独自の世界観がきちんと継承されているかどうか?が
私にとって一番気になるところなので、
早くその辺の情報が知りたいところですね。

あと、5月12日に開催されるジャパンプレミアム、
ウフーラ役のゾーイ・サルダナが来なくて、
男だらけのプレミアになるらしいのだが、
それでも非常に行きたいぞ!
なんとかして潜入する術はないのだろうか?
e0147206_18201768.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-04-27 21:16 | Funkentelechy | Comments(7)

桜色が全開で、すこし恥ずかしかった件

雨の中、天王洲アイルへ初めて行きましたよ。
目指すはピンクのポスターがなんとも照れくさくなってしまう
「SAKURA cha cha」ですね。
e0147206_1384117.jpg


何も前もってインプットしていなかったので、
予想と全く違う内容に初めは驚きましたが、
いつものブラザGのステージとは若干異なっていて
その辺も面白く見ることができましたよ。

まだ始まったばかりなので詳しく書くことは避けますが、
Gのヒューマン・ビート・ボックスがフューチャーされてましたが、
今回はさらにリスペクト ダグ・E・フレッシュ!なフレーズが
素直にうれしかったですね。
ダギーフレッシュ+タップの組み合わせは
私の好きなジュラシック5の名曲Swing Set を思い出しましたね。

エアーも回数、速度、軌跡のバランスが良くて、
最近見た中では一番でした。
それよりも、やはり全体の流れでの動き、振付がよかったと思います。
最後もおいしいところ持っていったし、
本人も比較的満足だったのではないでしょうか?

さて今回はいつも仕事でお世話になっている
同じ職場の先輩一家と一緒に見に行ったのですが、
前半の比較的抽象的な場面が続いたので、
小さい子供には難しいかな?と思ったのですが、
「とても面白かった」ととびきりの笑顔が帰ってきて
私としても大変うれしい気分です。

終了後、楽屋に訪ねて行ったのですが、
なんと頑張ってファンレターを書いてくれていたみたいで、
ブラザGに照れながら渡している姿が大変キュートでした。
それにしても中身が気になるなぁ。

あと、会場でなんとK子姐さんと遭遇しましたが、
なんと今年初めてなんですね。
連休の六本木ライブは見に行かせていただきますよ。

それにしても星飛馬のようにひっそりと陰から見守りたい私は
意表を突く攻撃でダメージを受けたのであった。
ああ、困ったもんだ。
[PR]
by zhimuqing | 2009-04-25 23:52 | Popper's Delight | Comments(2)

私はそこまで自信がない件

「裸で何が悪い?」ということですが、
他人が見たいと思う裸であるかどうか?という点と
人に見せて恥ずかしくない体かどうか?という点で考えると
私個人としては、そこまでの自信がないので、
やはり遠慮させて頂きたい、というのが正直な気持ちです。

全裸といえば、もう10年以上前のことになりますが、
私が学生の時にフィールドワーク(という名目の遊び)で海に行って
浜辺で休憩というか昼寝をしていると、
突然ドタドタという音がしたので、起き上がってみると、
全裸のオジサンがこちらに向かって走ってくるではないですか!
驚いてフリーズしていると、私のところで立ち止まり、
一言、「君は精神が解放されていない」と言いましたよ。
「えっ?」と聞きなおすと、オジサン(フリ○○)はこう言いました。

精神が解放されていないから、君は水着を着ているのだ!
そんなものは今すぐ取ったほうが良い。


そう言い残して、全裸のオジサンは私にお尻(割れ目)を向けて
海に入ってそのまま沖に消えていくなんてことはなく、
波と戯れながら、志賀島の方へ歩み去っていったのでした。
e0147206_1884922.jpg
オジサンはたしかリー・ペリーに大変似ていた気がするのだ。

そうそう、全裸といえば、もう一つ話があります。(ネタじゃないよ)
昔、会社の後輩K志田君が結婚してマンションを借りたのですが、
土地勘がなかったため、大阪でも指折りの名所?を
選んでしまったのですが、そこはまさにディープ大阪ど真ん中。

東南アジア担当だった彼にピッタリな、なかなか愉快な場所で、
夜中の国道沿いでタオルで何かを合図するオジサンが立ってたりするので、
興味半分に様子を見に行ったりしてたらしいのですが、
ある日曜日、突然全裸の男がマンション中を駆け回り、
ドアを叩きまくって暴れまわった挙句、
お巡りさんに連れられて行った事件があって、
さすがにその後すぐに引っ越したのであった。
お巡りさんは「ヤク中や、ヤク中!」ってこともなげに言って
去っていったようで、大阪はなかなか奥が深いです。

ということで、福岡のオジサンの言葉?教え?に従うのだったら、
東京のど真ん中で酒を飲んで裸で騒いでいたのは
大いに解放されていて結構です。
私はやらないですけど。
それ以外の要因が絡んでいないことを希望します。
微笑ましさがなくなってしまうからね。
どちらにしても、あまり大騒ぎするような話ではないと思うし、
個人的には放っておいてあげようよ、と思うけど、甘いですか?
e0147206_1891676.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-04-23 21:05 | U GOTTA FRIEND | Comments(3)

感謝

私の心を暖かくしてくれたことを
心から感謝いたします。
時間の長さは関係ないと本当に感じます。
あなたの分も頑張ります。
上を向いて歩こう。
ありがとう。

e0147206_23203979.jpg
富士山の麓に咲いていた花。
[PR]
by zhimuqing | 2009-04-22 23:20 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

越境者的ニッポン

先日クーリエ・ジャポンをけなしたのですが、
それでも森巣博の連載があるので、
毎月楽しみでたまらないのですが、
このたび、ようやく連載をまとめた本が出ましたよ!
「越境者的ニッポン」(講談社現代新書)
e0147206_19224075.jpg


なかなか面白い人生を送ってきた人で、
現在オーストラリア在住の作家にして博打打ちなんだが、
アウトサイダーなんでしょうけど、
その視点は真ん中を付く大直球ですね。
読んでいると、そうだ!その通り!と
はたと膝を打ちまくって、膝が赤くなります。

「愛国心」への疑問、あるべき学校教育の姿、
ドラッグの話、死刑問題、今回の経済危機の本質、
様々な問題に触れていますが、
それらに賛成するかどうかは人それぞれなのでしょうが、
物凄く説得力があるのは間違いないです。
山本モナ問題をこんな風に書いた人はいないです。(多分)

毎月連載を読むのも楽しかったのですが、
まとめて読むと、もっと面白い。
森巣博の実力のほどを存分に味わいましたよ。
これまでも姜尚中や森達也との対談集は読んでいたのですが、
いろいろ小説も書いているようだし、
これから森巣博の世界に踏み込んでみることにしようではないか!
e0147206_1923254.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-04-21 19:24 | Change! | Comments(0)

真ん中のモニターに爆笑した件

昨晩の「松嶋×町山 未公開映画を観るTV」ですが、
グローバル化に逆らうお笑いテロリストのドキュメンタリー映画、
「THE YES MEN」の紹介だったのですが、
期待以上の素晴らしい内容に脱帽だ!
e0147206_2350824.jpg

WTOが進める経済のグローバル化が発展途上国を助けるどころか、
先進国による収奪を増長させる構図になっていることを
イエスメンの二人がWTOのスタッフに成りすまして告発してまわる、という、
ドキュメンタリーなのだが、二人とそのサポート陣の活動振りが
徹底していて、とにかく大爆笑だ。
(もちろん日本に住む自分達自身も見つめ直さないといけないのだが)
e0147206_23532544.jpg
イエスメンのお二人!

昨夜はその前半、ニセWTOスタッフに扮した二人が
わざわざフィンランドまで講演会に出かけて、
ヘンテコリンな演説をぶちかますばかりでなく、
最後に従業員を監視するモニターを紹介するところまで。

まず、南北戦争と奴隷制について触れながら、
現在のグローバル化の真の構図を明らかにしてしまう講演が
非常に秀逸!(喋り方があまり上手くないのはご愛嬌)
ものすごく際どいというか、完全にアウトな内容を話しているのに、
偽者と気づかずに真剣に聞いている聴衆の姿や
翌日の新聞記事がこれがまた笑える。

なにより最高なのは、経営者がバカンスを取りながらでも
労働者の仕事振りをモニターするためのスーツのデザイン。
金色のタイツで、真ん中の巨大な棒!の先に監視用モニター!
このセンスはフランク・ザッパとかジョージ・クリントンに通じますね。
e0147206_23545624.jpg
光り輝くその先にモニターが付いているが、こちらからはよく見えないので残念だ!

マイケル・ムーアよりも徹底しているこの諧謔精神は素晴らしい。
一歩間違えば逮捕されてもおかしくないシチュエーションでの
覚悟を決めた行動に感服いたしました。
一見すると「進め!電波少年」と同じ手法、同じものに見えるのに
全く違うものになっているのは、自分が従うべき思想や信念を
しっかりと持っているからなのでしょう。
日本だとクソまじめに受け止められそうなので、
なかなか受け入れられないような気もしますが、
少なくとも自分の子供にはこういうスタンスが好きになって欲しいものだ。

で、番組なのですが、町山さんはシャープだし、コワモテ感もあるので、
文章やラジオなんかよりテレビのほうが向いている気がしますね。
いたずらっ子がそのまま大きくなったような表情が良い。
背景の説明も簡単で的確で、分かりやすい。

それにしても、やはりポイントは松嶋尚美ですね。
的を外しているようで、ど真ん中をついてくる。
これが太田光だったら、柔軟さが無くなってしまう。
10年後、20年後には松嶋尚美の隠れた代表作になっていると確信します。

一つだけ欠点を言うと、間に挟まるCMが鬱陶しいのですが、
これだけ良質な番組を提供してもらっているのだから、
まあそこは我慢するとしようではないか。

本当に素晴らしい番組、関東以外の人にも是非見ていただきたいなぁ。
難しいと思いますが、なんとかDVD化を進めていくよう激しくお願いしたい。

e0147206_2356159.jpg
【松嶋×町山 未公開映画を観るTV】
TOKYO MX、毎週日曜23:00~24:00。
来週はこの続きだそうだ!
e0147206_23553861.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-04-20 23:41 | Change! | Comments(0)

鯉マスクの複製

e0147206_1323353.jpg
音楽は友達だ、なんて言うと、キャプテン翼みたいですが、
久しぶりに聞いてみると、印象が変わってたりすることもあって、
その辺もまた音楽を聴く楽しみであったりします。

本日ロック界の極北であらせられるキャプテン・ビーフハートが
私の部屋のCD山脈から発掘されたのです。
ロック雑誌の名盤として、小さな枠で紹介される、
「トラウト・マスク・レプリカ」!
e0147206_1315251.jpg

このマスクはトラウトではなくて鯉でしょ?と
モヤーン氏から突っ込み入ること間違いなしだな!


このCD、会社の新人研修で全国を放浪させられていた時に
仙台の中古CD屋で発見して購入したのですが、
あまりの暴虐ぶりにどうして対応してよいか分からなくなったものです。

完全につまらないと思ったら、即座に売り払ったのでしょうけど、
得体のしれないエネルギーが漲っていることだけはよく分かったので、
とりあえず封印してみることにしたのでした。
ああそうだ、8年ぐらい前にプリマクさんが遊びに来た時に
試しに封印解いて一緒に聞いてみたのですが、
「このまま封印しておいたほうが良い」という結論に達したのだったな。

で、久しぶりに聞いてみると、まあ相当変な音楽ではあるが、
思っていたほど、アヴァンギャルドでないような感じを受け、
これは自分が変わったのか?と感慨深くもなったのですが、
もしかしたら、封印中にCDの中身が変わったのかもしれないな。
ビーフハート隊長だったら、それくらい出来そうだし。

で、じっくり聞いてみようと音量を大きくしてみると、
それまで爆睡していた息子(7ヶ月)は突然大泣きを始めるし、
眠そうにしていた娘(2歳3ヶ月)の目はランランでギンギンになるし、で
ビーフハートこと、ドン・ヴァン・ヴリートさんの音楽は
やはり人間の動物としての本能に訴えかけるもののようだ、ということで、
子供が大きくなるまで、またも「封印」されることになりそうなのであった。



意外に初期の頃の音楽はロックなブルースで聞きやすい!
[PR]
by zhimuqing | 2009-04-19 01:13 | Blues 4 Terapin | Comments(2)