<   2008年 06月 ( 10 )   > この月の画像一覧

バグース

ということで、明日(というか今日)からインドなのですけど、
こっそり興奮して眠れない!

アルセニオ・ロドリゲスとシコ・ブアルキとレイチャールズとミンガスを
大量にiPODに仕込むのも完了したし、
ガルシア・マルケスの本も鞄に入れたので、
片道9時間のフライトもこれで恐くない。
あとは向こうで仕事頑張るだけだ!

e0147206_111112.jpg


アルセニオ、全盛期のRCA音盤!
これを機会に聞き込んで、
マンボマスターになるのだ!




ヨガ行者、見つけることが出来たらいいのだが!
(仕事とは関係ないけどさ)
地面に体を埋める修行をしている人がいたら、
マゴットブレインを聞かせてあげようではないか!

ということで、ナマステ!
e0147206_1124495.jpg

このような人がいてもおかしくないはず。
こんな人が絶対にいるはず、インド亜大陸には。
e0147206_1125876.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2008-06-30 01:10 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

リュウゼツラン

深海のYrrですが、一昨日無事に読了しました。
ということで、現在はブコウスキーの詩人と女たちを読み始めたわけですが、
電車通勤、座れないおかげで本が読めてて、思ってたほど悪くないかもね。

この深海のYrrですが、映画化も決まっているそうですが、
ウーン、上手く出来るかな?
大パニックを特撮で徹底再現→立ち向かう男女→感動しました!!みたいな
ありふれた「超大作」になったら困るなあ。
いっそアメリカのTVドラマなんかで脚本にお金をかけまくって、
フランク・シェッツィングの世界をじっくり描いて欲しいものです。

シェッツングの本が読みたくて他の翻訳本を探してみたら、
今のところ他に2冊出ているようです。
一冊は「知られざる宇宙―海の中のタイムトラベル」というノンフィクションで
これはなかなか面白そうですけど、いかんせん3980円は手が出しにくい!
で、もう一冊は「グルメ刑事キュッパー」?
これまた手を出しにくいなぁ。
他の本、早く邦訳してください。

そんなことはさておき、我が家に新しい仲間が出来ましたよ。
その名はサンスベリア・バキュラス!

家族ぐるみでお付き合いさせて頂いているというか、もはや家族同然?との噂もある
あのK子姐さんから恐れ多くも引越祝いとして頂きましたよ。
まったくありがたいことです。
e0147206_1265133.jpg

おかげさまで、一気に我が家のリビングが引き締まりましたよ。
なんでも我が家のムスメが舐めたり食べたりしないような形状を
選んでくださったそうで、嬉しいなったら嬉しいな。
なんといってもリュウゼツランの種類ですからねって
リュウゼツランが何かいまいち良く分かっていないけど、
その語感もやたらカッコイイではないか!

マイナスイオンを多く出すと一時期話題になった植物でもあるらしい。
私はその疑似科学っぽい物質のことはいまいち信用していないけど、
でも、少なくともとても嬉しいというか優しいというか
そんな気持ちになったのは間違いないのだ。 e0147206_127295.jpg




















疑似科学→プラシーボ効果→ファンケンテレキー
バップガンとフラッシュライトばかりにスポットライト?が当たるけど、
2曲目サーノウズが一番カッコイイ、と思う今日この頃。
[PR]
by zhimuqing | 2008-06-27 23:19 | La Sombra Del Viento | Comments(0)

YRR(イール)

来月のスウィンギン バッパーズのライブのチケットが
無事ゲットできて、大変喜ばしい今日この頃です。

野音で行われるスカパラとのジョイントライブですが、
このチケット入手した皆さんはスカパラ目当てなんでしょうね?
吾妻さん目当てに来る人はどのくらいいるのでしょうか?
どんどんバッパーズのファンが増えていくなぁ。
ところで昨年鶯谷で撮影したライブのDVDはいつ出るのでしょうか?

さて最近の近況は?といいますと、本屋で偶然見つけた
フランク・シェッチングの小説「深海のYRR」にハマっておりますよ。

e0147206_23484937.jpg



            
















これが大変面白い。
簡単にいうと、海洋生物が人間を攻撃してくる話なのですが、
海洋生物学なんかもきちんと検証されているし、
上中下の全3巻でしめて1500ページ強、一気に読ませてくれます。
荒唐無稽といえばその通りだし、
作品中の「日本」の扱いには笑ってしまいますけどね。
あと、トレッキーの方には分かるだろうけど、
イール、ちょっとだけボーグのあり方に近いのが、これまた良いです。
(知らない人には意味不明ですね。)

土曜日に読み始めて、水曜日現在、下巻の半分くらいまで進行しています。
電車降りてホームを歩きながら読みそうになったり、
バスの中で読んでて乗り過ごしたり、と
半ば中毒のような状態になっています。

おかげでベースの練習が出来なくて、大いに問題あるんですけどね。
ここ数日の帰宅後の行動も下記のような感じです。

①本を読みながら着替える。(服を片付けずに怒られる)
     ↓
②娘と遊びながら、チラチラ読む。
     ↓
③ご飯食べながら我慢できずにチラチラ読んで、ヨメサンに注意される。
     ↓
④娘を風呂に入れながら、頭の中で復習する。
     ↓
⑤娘を寝かしつけながら、寝転んで本を読んで注意される。
     ↓
⑥娘より先に落ちている。
ヨメサンになんだか注意されているようだが、
 意識が不明瞭なまま気がついたら朝を迎える。

いけませんね、このままでは。
今日からベースの練習再開しますよ、もうすぐ読み終わりますからね。
ではでは。

e0147206_23501421.jpg

こちらはボーグ。抵抗は無意味だ!
YRRとは全く関係ありませんけど、私には関係あるなぁ(反省)
[PR]
by zhimuqing | 2008-06-25 23:46 | BOP GUN | Comments(0)

大作戦その1

ヨメサンの友人からフルートを売りたい、という話があったらしい。
なんでもアルトフルートというフルートのビッグブラザー(シスター?)だそうで、
あんまり売っていない(買う人も少ない)ものらしい。
サックスにアルトとかソプラノがあるのは勿論知っていたが、
フルートにも同じような兄弟がいるとは知らなかった。

ヨメサン曰く、なんでもコントラバスフルート?等という珍品もあるそうで、
これはあまりに長すぎて人間では手が届かないので、
フルートなのにグニャグニャに曲がりくねっているらしい。

話を聞いた時には、チューバのように顔の周りを細い管がグルグル回っている
ジオン軍のモビルスーツのような感じを想像したのだが、
写真を見ると、残念ながらそこまでの変化球ではなかった。
e0147206_23562695.jpg

しかし見れば見るほど、なかなか趣き深い。
知らずにこの楽器を見た人がこれをフルートと思うだろうか?
特にダブルコントラバスフルートというのは、もう名前の時点で訳が分からないが、
そのルックスも楽器というより もはや測量機の1種にしか見えない。
e0147206_23505234.jpg
こちらがそのダブルコントラバスフルート!
良く見ると専用の台までついているようだ。

もちろんそのまま運べないだろうから、分解して運ぶのだろうけど、
組み立てるのも非常に面倒臭そうだ。
某氏のように練習でスタジオに入っても組み立て終わるころには1時間経ってたり、
組み立てが終わった後になぜかパーツが余ってたりするのでしょうねぇ。

コントラバスフルートはトロンボーンの、ダブルのほうはチューバの音域だそうで、
それだったらその楽器を使えばいいではないか、という意見は野暮というものだ。
何があってもフルートなのだ!!という心意気が大事だし、ファンキーなのだ。

見た目だけでも楽勝で合格!なので、是非ともバンドに導入したいですね。
ということで、お値段の方は?といいますと、安いものでも 200万!? ということで
某氏の奥方の名言「欲しけりゃ、自分で作りなさい」価格でしたよ。
さすがにこれは手が届かないっす。(当たり前です)

上述のアルトフルートは推定60%の確率で我が家に来ることになりそうなのですが、
そうなったら、我が家にフルートが複数存在することになりますね。
ということは、新しい流れが生まれるのは必然的なのではないか?

【フルート1本フリー】
     ↓
【一人がもう一人に教える】
     ↓
【声混ぜ吹きの探求】
     ↓
【縦笛も鼻に入れて吹いてみよう】
     ↓
【首からいっぱい楽器をぶら下げてみよう】

うーん、なんだか楽しくなってきましたね。

~続編に続く のか?~

フルートの巨匠といえば、やはりカーク艦長を挙げないわけには行かない。
しかしこうなるには、首の筋肉を頑張って鍛える必要がありそうだ。
e0147206_016712.jpg


そしてカークさんが認めたマルチリード奏者、ユーセフさん。
この人はフルートもサックスも凄いが、オーボエがこれまた凄まじい。
CD聞いていると、オーボエの練習もしたくなるのは、困ったことだ。
e0147206_0194475.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2008-06-20 23:50 | On The Corner | Comments(0)

今期終了&火星人襲来

第6戦にてようやくファイナルの試合が見れると
仕事から帰って喜び勇んでテレビをつけたのですが、
前半終了時点で点差が20点以上ついてて、
ギリギリするような緊張感が無いまま、
今期のNBAは終了してしましたね。

でも優勝したセルティックスも負けたレイカーズも
生え抜きの選手だけでここまで来たのではなくて、
オールスター選手をよそから引き抜いて強くなったチームなので、
正直ハートにガツンと来ませんでしたね。

それでも弱小チームを一人で支え続けたピアースが頂点に立って
インタビューで号泣している姿にはグッと来ましたよ。
ネズミ男みたいだ、なんて言ってた私が間違えてましたよ。
昨日の貴方はかっこよかったッス。
e0147206_23565563.jpg


でテレビを見ながらの感想。

あまりNBAの興味の無いヨメサンなのでしたが、
以前テレビで教えてあげた火星人キャセールには
流石に深い印象を受けていたようで、火星人がテレビに映ると
即座に発見し私に通報してくれました。 e0147206_23571436.jpg





写真は宇宙と更新しているキャセールさん







やはりヅラと宇宙人はコツさえ掴めば簡単に見破れますね。
というか私と結婚していることでも分かるように、若干マニアックなウチのヨメサンは
このキャセールがひそかに気になっている節があるとか無いとか?
e0147206_23575133.jpg
本当はいい選手なのに世界各国でネタにされてて少し気の毒なのですが、
本人は意外と喜んでいるとの噂も。


宇宙人といえばガーネットもその疑惑が囁かれる選手であるが、
意外にも藤城清治のコビトにも似ていることを発見。
コビトと言っても身長211㎝もあるんですけどね。 e0147206_003527.jpg








あの時買っておけばよかったフィギュア、どこに売ってることやら




元キングスのポラードさん、優勝おめでとう。
控えの選手なんだけど、いつも美味しいポジションにいるな。
でも、それも才能だね。
e0147206_032289.jpg
キングス時代のポラード!揉み上げがスーパーファイン!

昨年最下位だったセルティックスが優勝できたのだから、
来年はキングスの年になる可能性があるのでは
いやキングスの年になると断言しようではないか!

[PR]
by zhimuqing | 2008-06-19 23:35 | All The Kings Men | Comments(0)

マ、マジっすか?

スライ・ストーンが9月来日らしい。
e0147206_017279.jpg









ネタじゃないですよ!

9月に来日して、ブルーノート東京と東京ジャズに出るそうだ。
祝:初来日!



本当に来るのか?
本物が来るのか?
本人が来るのか?
何分やるのか?
入国できるのか?

ちなみにブルーノートのHPでは、

スライ・ストーン(ヴォーカル、キーボード)

他メンバー未定 となっているけど、そこはどうでもいい。
チケット15000超ですけど、そこもどうでもいい。
モアとかネッシーとかゴモラの域に達している本人を目撃できるのだ!
(本当に来るかどうか分からないけど)

さあチケット争奪戦の始まりだ!
なんとしても手に入れてやるぞ!

詳しくはこちらまで。

ああ、もうジャンプするしかないではないか!
フレッッッシュ!
e0147206_020835.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2008-06-16 23:15 | Funkentelechy | Comments(0)

サランラップなマルコビッチ

ブラザGに日記サボりすぎと言われてしまいましたが、
その通りですね、すいません。

父の日と関係あるかどうか分かりませんが、
お食事券を使ってE比寿のWホテルで豪勢な会席料理を
ウエキンパパママと5人で食べて、大満足です。
豪華な昼ごはん食べた後には、ブラザGも合流したのですが、
なんと父の日のプレゼントを持って現れるという前代未聞の行動に
家族一同驚愕です。
残る問題はあの骸骨ネクタイをウエキンパパが着こなせるかどうかですね。

約1ヶ月ぶりの対面となったアンクルGとレイたんですが、
先日前髪を切ったレイたんを見て、第一声が「まるこ見たい」ですって。
ウエキンママも「サランラップの子みたい」と言っていましたが、
残念ながら両方とも不正解です。

正解はですねえ、「ロミュラン星に潜入するバルカン人のスパイ」風でした。
来年公開予定の「スタートレック」新作映画に向けて、
惑星連邦に我が家もそろそろ準備を始めないといけないのでね。
もっとロミュラン風に切りたかったのですが、やはり髪の毛切るのは難しいですね。
e0147206_445175.jpg
理想形はこれ!「長寿と繁栄を!」なのだが、
e0147206_492632.jpg
地球人が切ると、なかなかうまくいかないのだ!
e0147206_4111236.jpg
特に風呂上りに油断すると、もういけない。
これでは潜入捜査が出来ないではないか!
今度切る時は岡山在住のMK嬢に切ってもらわないといかんですかね。

そのスタートレック新作ですが、1作目が公開される前に
早くも第2作の製作が決まったようで、これは朗報です。
監督も製作もきまったそうですね。
カーク艦長とスポックの若き日を描いたという新作、早く見たいなあ。
詳しくはこちらまで。
でもって全てやりつくしたとも言われるテレビ版の新作も早く再開してほしいっす。
[PR]
by zhimuqing | 2008-06-14 23:02 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

座長ベンジャミン

さて本日は福岡時代からその名前だけは知っていた本多劇場へ。
お目当ては伊東四郎一座の舞台「俺たちに品格はない」。
e0147206_02487.jpg

恵子姐さんと三宅裕二小倉久寛のSETツートップが出演しているわけですが、
幼稚園の時に電線音頭を踊っていた私としましては、
ベンジャミン伊東が目の前にいることに結構興奮しましたよ。
e0147206_023942.jpg

内容はまだ公演中だし見てない関係者も多いので書きませんけど、
決まった筋立てにそれぞれが自由にセリフを変化させているような、
まあ手連のジャズメンがテーマに沿ってアドリブを出している感じです。
もちろん台本見たわけではないですけどね。
演じている役者さんも楽しそうでしたよ。
個人的にはベンジャミン座長とSETコンビのやり取りが一番面白かったかな。

入場時に他の舞台のチラシたくさん貰えたのですけど、
面白そうだったのは「ハイ!ミラクルズ」と「タイツ羅武」ですね。
ラムネの1と2に出演した野添義弘氏と山西淳氏がそれぞれに出るのですが、
特に「ハイ!ミラクルズ」の方はミラクルズと名乗るだけあって、
チラシがSmokey Robinson & The Miraclesの記念すべきデビュー盤である
「Hi! We're The Miracles」のパロディーになっていてナイス!
ちゃんとクローデットの位置に女性二人を入れてるし。
見に行きたいけど、スケジュール的に難しいだろうなぁ。
近藤芳正さんも出てるのだけどねぇ。
しかしベンジャミンとミラクルズが繋がるなんてモータウン史みたいだなあ。
e0147206_0243556.jpg
e0147206_0251343.jpg
上がスモーキーロビンソンの方ね、念のため。

さて劇を見た後は娘を預けてたウエキンパパママに合流し、
下北沢をブラブラ、遅くなりそうだったのでホーリーに紹介してもらった
TSUNAMIでロコモコ等をガッツリ美味しく頂きました。
美味かったよ、ホーリーありがとう。
ということで明日のガーリックライスの残留芳香が少し気になる夜更けなのだ。
e0147206_0284856.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2008-06-08 23:20 | Popper's Delight | Comments(0)

一勝一敗

盟友ロンマクブリックさんが出張で東京に来たので、
本日御茶ノ水で合流。

なかなか仕事が終わらないようで連絡の電話が来ないので
秋葉原のタワレコにアッシャーの新譜聞きに行ったら
新緑の季節に合わせたのか、なんとアル・グリーンの新譜も出てましたよ。
e0147206_231055.jpg

ジェイムス・ポイザーとクエストラブのコンビが仕切って製作していると聞いてから
首を長くして待っていたので、即レジに直行しようと思ったんですけど、
レジに長い行列があったんで、視聴してみたら、これはもうタマラン。
期待や噂にたがわぬ素晴らしさ、ということで迷わず購入ということはなくて、
何軒かお店回って価格比較の上、レコファンで購入。

桜を愛でるmugiさんの言うように、今年の№1アルバムになる確立も高いし、
アル・グリーンの70年代の数々の名作に比肩するレベルでしょう。
曲も粒揃いで、演奏も良いし、音質も柔らかいし、歌も当然良いし、で
本当に出来る限り早い時期の来日を期待します。
このメンバーで来るのなら万札切りますので、頼みますよ~!

さて御茶ノ水で無事に合流できた我らですが、
当然そのまま楽器屋巡りをする訳ですが、カーティス好きの彼のことですから、
当然テレキャスのシンラインが気になって仕方がないのですが、
某楽器屋にありましたよ、シンラインのオールド。
e0147206_2145333.jpg

初めて近くで音を聞きましたが、素晴らしいっすね。
甘くてメロウで、久々にワタシャ痺れましたよ。
あれだったら本当にエフェクター必要ないです。
美味い蕎麦に薬味やネギなんかいらんわい、ってなもんです。

買え買えって横で喚く店員さんと私でしたが、
【奥様のお怒り】 >> 【音とルックスの良さ+悪魔の囁き+物欲】という
ロンマクさんの頭で成立する方程式を打ち破れず、購入にまで至らず。
ああ、でもあの音身近に欲しいよお。
福岡方面で最近ゲームばっかしてる人や川越方面で家具作ってる人にも
是非一回お試し欲しいなぁ。

e0147206_2105523.jpg




霧島ばりの出し投げ攻撃の店員さん。
それを恐怖心で耐え忍ぶロンマクさん。
見所の多い本日の大一番でしたね。













ということで、奥様をいかに説得するかという難題を抱えた我々は
作戦を練るために浦安のPORTO VENERE で晩御飯。
相変わらずトニオのパールジャムは絶好調で、
前菜のカルパチョから最後のドルチェまでまたもや信じ難い完成度。
しかし我々の作戦は料理ほど上手くまとまらず、
なんだか気分は一勝一敗の6月の夜でした。
[PR]
by zhimuqing | 2008-06-07 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

再始動&再開

ええ、皆様ご無沙汰しております。
先月23日に引越しは完了していたわけですが、
本日ようやくネットが開通しました。
で、この間の感想を少々。

①予想以上に増殖していたCDや本の整理して棚に片付けるのに悪戦苦闘。
 ムスメも私が片付けたCDや本を棚から取り出すのに悪戦苦闘。

②昔の手紙等の諸々の思い出の品が出てきて、予想以上に面白かった。
 大昔の自分が書いた手紙は当然相手に送っているので手元に無く、
 赤面せずに済んだのは幸いでした。

③新居で、なんと一部屋を私専用の部屋に出来た。
 これで存分にCDや本に埋もれて過ごせるのが嬉しいやら恐ろしいやら。
 ちなみに噂のマイロンですが、無事芽瑠璃堂で購入しましたが、
 同時購入のプリマクさんレコメンのハーレムエクスペリメントが
 予想以上に素晴らしく、コレばかりを聞いてマス。
e0147206_22585211.jpg


④私の応援→敗退のセオリー通り、私が応援していたNBAのチームは
 とっくにプレーオフから姿を消してしまい、
 レイカーズとセルティックスの2チームが決勝に。
 一体どちらを応援したらよいのだ。
 魁皇900勝は嬉しかったし、朝青龍をブン投げた取り組みは本当に興奮した。
 あとオバマ頑張れ!(負けないように私は応援しない方がいいのかな?)

⑤無事に転職完了し、2日から新しい職場に。
 仕事内容も上司や同僚もかなりレベルが高いので、
 久し振りにビフォア5が充実してきたのだ。
 でも早速出張の嵐で月末にはインド人なのだ。
e0147206_22553424.jpg
久々に発掘された「週間夕日」とスパイク・リー映画のバッジ。
「週間夕日」は当時高校生だったG氏が一人で手がけた週刊誌。
週刊の予定が編集長の気まぐれで創刊号が最終号になったようだ。
中身も公開したいけど、諸事情で自粛。
バッジはそのG編集長とロンマクさんとで ソラリアで2回続けてDo the right thingを
見た時に購入したもので、個人的には驚きの発掘品。    
映画鑑賞後、私を除く2人の間で突如do the right thing踊りが開発され、
ソラリアプラザの前でお二人により一般公開される運びとなり、
18年前の私はかなり恥ずかしい思いをしたものだ。
[PR]
by zhimuqing | 2008-06-05 23:00 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)