<   2007年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

アナザーテンプス

e0147206_10593519.jpg
出張で行けなくなったアナザーテンプスですが、
ウエキンパパイとウエキンママイは楽しんだようです。
年齢層の高い観客だったそうですが、なかでもおじいさん方が元気で、
イスの上に立って踊るおじいさんも現れたそうで、
ステージも客席も見どころ満点だったそうな。

ウエキンパパは先週からの出張で体調を崩したとかで、
ライブに行くまでは梅干しか食べられない状況だったにも関わらず、
ライブに行くや元気になって、ゴハンもモリモリ、
ライブの後半には立ち上がって元気に踊っていたそうで、
「いいライブを見ると元気になる」「元気があれば何でも出来る」
「派手なネエチャンいると元気になれるのお」
「うちの孫が大人になったら、あんなもんじゃないぞ」
「おい、あそこのじいさんの頭はヘルメットじゃないのか?」等と
言ったとか言わないとか。(一部脚色有り)
[PR]
by zhimuqing | 2007-11-25 18:16 | Funkentelechy | Comments(0)

久しぶりの上海

22ヶ月ぶりの上海はあんまり変わっていませんね。
お客さんのアテンドなんで、行きたい所にいけませんが、
小籠包上海蟹法式鵞肝、食べたいものはしっかり食べる食欲の秋なのだ。

e0147206_10512866.jpg




行列に並びつつ、
割り込んでくるオバサン軍団と
喧嘩しつつ小籠包。












e0147206_10514929.jpg   







 モクズガニの一種








e0147206_10515876.jpg

何故かフォワグラinChina
 
[PR]
by zhimuqing | 2007-11-24 10:12 | Hot Barbeque | Comments(0)

反転

昨晩は東京二大次郎の高円寺次郎吉にてライブを見ましたよ。
(もう一つの次郎は話題の三つ星の数寄屋橋次郎ね。)
某SNM氏と一回ゆっくり飯を食べようということで、
どうせならライブを見ながら話そうではないかということで、
それなら外山和尚を見といた方がいいんではないかいということで、
ライブハウス内で待ち合わせしてたのですけど、
結局「風邪をひいちゃってさぁ」との電話があっったりして
一人で見ることになりましたよ。

まあ付き合いも長い私としては、当然このような事態も予測している訳で、
待ち時間の間に田中森一の自伝「反転―闇社会の守護神と呼ばれて」を読了。
極貧の家庭に育った検察のエースがヤクザやバブル紳士の弁護士になって
最後に逮捕されるって流れなんですけど、下手な小説よりもずっと面白い。
e0147206_1046912.jpg

政治家の話も一杯出てくるけど、そのほとんどが過去の人なのが残念ですが、
考えてみれば現役バリバリの人の話を書いたらヤラれちゃいますよね。
裏稼業の人に気持ちを入れすぎてたり、自分を正当化しすぎてたりして、
読後感はかならずしも良くないけど、いろいろ考えさせられるところもあって
やっぱり面白いと思いますね。

あ、あと昨日のライブDIDGERIDOO MAGICはかなりスペイシーでした。
外山和尚と上村師匠も結構暴れていましたけど、
4月に国立でマルハウス見たときのほうがもっと暴れていたかな。
渋谷毅氏のチープなオルガンはかなりアーケストラって感じで、
渋谷毅オーケストラ、今度見に行こうと思いました。
[PR]
by zhimuqing | 2007-11-21 09:40 | On The Corner | Comments(0)

連勝

一気に寒くなってきた今日この頃ですが、
怒涛の再発CDラッシュもとどまる事を知らないようで、
気温も懐も一気に寒くなってきそうですねぇ。

故ロジャー・プロデュースで全盛期のザップ・サウンドてんこもりの
コーラスグループのヒューマンボディの1stがようやく再発ですよ。
とはいっても、このアルバム持っていないんですよね。
17年前のある冬の日、心斎橋の某Aレコードでこのアルバムを発見した私は
あまりの値段に買うべきかどうか迷っていたのですが、
店のアンチャンから「買わんのやったら、店出てってや」と言われ、
大喧嘩しながら「LP持ったまま走って逃げようかな」と真剣に考えた
あの日が懐かしいですね。
(ちなみに某Aレコードはその後無くなっちゃいましたね。)

これでロジャー関係主要作でまだ未CD化なのは、
ニューホライズンの2枚(編集盤はあるけど)とディック・スミスと
シュガーフットのソロアルバムですね。
e0147206_10425690.jpg

そういえば数年前、中国の本屋で「人体」っていう写真集が売っているのを見たなぁ。
学術本の括りだったけど、その正体はヌード写真集だったと思う。

さてさて我らがサクラメント・キングスですが、今期初の連勝ですよ。
しかも昨日の相手は中部地区首位のピストンズ。
先発全員を含む6人が二桁得点でバランスもいいし、
アシスト・リバウンド・スティール・ファール・T/O全て良し。
スパーズからやってきたウードリック、予想以上に活躍してます。
移籍してきた時に「ダレそれ?」って言ってゴメンナサイ。
さあ明日はサンズを撃破するぞ!
e0147206_10424464.jpg

キングスのケビン・マーティンさん。
あなたの成長を見守ることが私の喜びです。
[PR]
by zhimuqing | 2007-11-20 10:21 | All The Kings Men | Comments(0)

急げ急げ

ビクターから今年の頭に出た1000JAZZシリーズですが、
どうやら廃盤というか、メーカー在庫が無くなったようです。
で、タワーレコードではなんと20%オフの800円で販売しているとの
緊急情報がワタクシの元に入ってきました。

プレスティッジ関係が多いので、ソウルジャズ系も結構入っているので、
なかなか魅力的なラインアップです。
このシリーズ、実は昔発売して売れ残った在庫品?のCDの帯を変えて
1000円にして再販売というエコロジー重視?なシリーズなのです。
これが食品だったら、白い赤福コロッケ問題になるところですけどね。

ということで、再度廉価で販売される可能性もありますけど、
800円はお買い得なので、早めに探しに行きましょう。
私もフレディ・ローチとキング・カーティス探しに行かねば!

個人的にオススメはこの辺っすね。

e0147206_1035918.jpgジャック・マクダフのホットバーベキュー






e0147206_10352663.jpgジョニー・ハモンド・スミスのスティンガー







e0147206_10353662.jpgリチャード・グルーブ・ホームズのリヴィング・ソウル






いずれも問答無用のソウルジャズ超名盤!!!
ジャケットもいかすけど、内容はもっと良い。
数年前2200円で買ったのに、新品でたったの800円(泣)
[PR]
by zhimuqing | 2007-11-16 10:20 | On The Corner | Comments(0)

女王の秘法

家に帰ったらアメリカから届いていましたよ。
ライノ・ハンドメイドからリリースされたアレサのCD2種類!
e0147206_102851100.jpg

1枚目は10月に日本でも発売されているアトランティック時代の
未発表+デモ曲+シングルB面集2枚組ですね。
60~70年代の脂の乗り切った(女性に対して失礼な表現ですね)時代の
女王の歌が存分に楽しめるでしょう。
去年?に出たアトランティック・ソウル系の未発表曲集の中でも
アレサの「My Way」がダントツに光ってましたからね。
e0147206_102931.jpg

2枚目の方は、これまた全盛期の72年のライブ盤。
アレサのライブと言えば71年のフィルモアですけど、
2年前にライノハンドメイドから完全盤4枚組が出ましたが、
全世界5000枚限定で即完売と言うことで、入手困難だそうですね。
(ワタシ?当然持ってますよ。はっきり言って自慢です)
で、その翌年のライブですから、これまた期待できますね。
ちなみに今回は7500枚限定だそうです、はい。

「楽しめるでしょう」とか「期待できますね」というコメントから分かるように
ワタクシ、実はまだ聞いていません。
なにせ盆と正月とクリスマスが一度にやってきたようなようなもんですから、
ジックリ丁寧に爆音で聞きたいのでね。
今週末あたりかな、開封するのは。

個人的には早くカーティスプロデュースのAlmighty Fireとか
アトランティック時代の後期作品を再発して欲しいんですけどねぇ。
なかなか難しいのでしょうか?

今回はライノハンドメイドの通販で購入しましたが、
2種類あわせて32ドル+送料が9ドル、4500~4700円くらいかな。
でもって、某XィスクXXオンは一般流通前の特別入荷分だからって、
ライブ盤が4500円、未発表曲集が2615円、合計7115円!!!
ちょっとアコギ過ぎるんじゃないかい!?

http://www.rhino.com/store/ProductDetail.lasso?Number=7757

これは私のスーパーお気に入りの1セット、フィルモア完全盤
e0147206_10311376.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2007-11-05 09:56 | Funkentelechy | Comments(0)