カテゴリ:U GOTTA FRIEND( 134 )

ある土曜日

前の週に台風直撃で延期になったヨウの運動会が無事開催。
ヨウは昨年に比べ、成長していることがよく分かり、親としては満足したので、
父兄参加の競技で頑張って男ぶりを上げてみせようと張り切っていたのだが、
残念ながらゆるーい競技になってしまい、見せ場を作ることは出来ず。
うーむ、来年に持ち越しか。
e0147206_7305150.jpg

その後、夕方からは新宿2丁目にて、今回もわざわざ上京したミスターPと一緒に
先日ライブに参加したもらったW親分のライブにゲストで参加。
普段弾きなれていないファンク・ロック的な曲調に苦戦しつつ、
世間でひそかに盛り上がっている初代JB'S、つまりブーツィー/フェルプス時代のノリで
ブチかまそうとするも、私はブーツィーでないので、あえなく撃沈。
まあ、撃沈するのはいつものことですけど。
e0147206_7295126.jpg

それにしても、ミスターPとライブをやるのは今年3回目。
しかも福岡時代はドラマーとしてのミスターPとライブしたことがないことに気が付いて、
何とも不思議な感じを受けますねぇ。
そのミスターPは遂に本格進出が決まりそうだとのことで、
いやもうこうなったら、行けるところまで行こうではないか!という感じで、
気温が下がってきているのですが、服なんか着てられません、
パンツなんか穿いていられません、と盛り上がってきているのですが、
とりあえずは26日のライブでどう爆発するか?がポイントですね。
うーむ、楽しみだ。
[PR]
by zhimuqing | 2014-10-11 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

無事終了!

聖地JIROKICHIでのライブ、仲間や友人にも恵まれ、無事終了。
e0147206_0462351.jpg
演奏自体は正直言ってドタバタしてしまったのですが、
まあ楽しかったのでOKでしょう。
何と言っても、ミスターPの乗船が一番効きましたね。
バンドに欠けていた最後のワンピースと誰もが(本人すら)感じた、
そのあまりにも驚きのハマり具合。
しかも全員が更なるバンドの伸びしろを感じてしまうという幸せ。
全員一致で問答無用の新規加入との噂?もありますが、
果たして一体どうなることやら?
e0147206_050181.jpg
この写真は凄腕カメラマンK氏によるもの。カッチョいい!
たんまり撮っていただき、凄く気持ち良かった。
レースクイーンになりたくなったぞ。
e0147206_1175926.jpg


強引に対バンを持ちかけたLos Amigo Panchosの皆さん、
色々ありがとうございました。
楽しい仲間と一緒にライブがやれるのは、大変ありがたいことです。
また、是非ともお願いしたいと思う訳ですね!
e0147206_0453869.jpg
やはり女性がいると華やかですね!
が、しかしK氏に比べると、カメラマンが下手すぎる、私のことだが。

それにしても次郎吉、やっぱり音が素晴らしい。
楽器の音それぞれがしっかりと聴こえてきて、
何よりも、演奏している我々の気分がイイ!
ヘタクソでも上手に聞こえてしまうのが不思議なもんです。
PAの方はメインの名物PAのWさんではなかった(当り前だ)ですが、
それでも我々にとっては過分のセッティングでした。
やはり憧れの地です。もちっと精進してまたお伺いさせていただきます!
e0147206_0525669.jpg
あっという間にセッティングが終了し、
余裕をぶちかますマシーノ先生。
長い付き合いだが、こんな風景、初めて見た。
e0147206_0535845.jpg
ミスターPはやっぱりセンス抜群。
ウータン・クランには名物シェフ、レイクウォン・ザ・シェフがいますが、
我々にもバンドの旨みを引き出す魔法のシェフ、オイスター・P・ザ・シェフがいる!
本当はうちのバンドにはもう一人いるのだが・・・。
e0147206_0562887.jpg
聖地の楽屋にも大コーフン!
e0147206_0571232.jpg
今回、モギリ嬢はこの人にお願いした。

2014年9月15日(祝)高円寺 JIROKICHI
【Return of Astro Black Ⅲ】

【出演】
VOODOO LOTUS
Los Amigos Panchos

Voodoo Lotus
Kendrix - Lead Vox, Flute, Trombone
Preacher - Guitar
Masheeno - Keyboards, Trombone
Ladies Love Cool Bon - Drums, BG Vox
Oyster P the Chef aka Mr. P – Dancer, Percussions, BG Vox
Magonosheen - Bass, BG Vox

1. Here Comes Voodoo Lotus
2. 限界
3. パンツ
4. 光る糸
5. いまさら
6. 黄色い太陽
7. ピンクのお尻
8. タイクキョーシ
9. Here Comes Voodoo Lotus (Reprise)
Enc. ブラウス

e0147206_058391.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-09-16 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

いよいよ明日!

「憧れの地へ」は私の憧れのバンド、ボ・ガンボスの名曲ですが、
我々の憧れのライブハウスの筆頭が高円寺JIROKICHIなわけで、
いよいよ明日のお昼にJIROKICHIに登場です。

ここ3年ぐらい、この時期にワンマンをやっているのですが、
今年はロス・アミーゴス・パンチョスさんとのツーマン。
一緒に演って頂ける仲間がいるというのは、大変ありがたいことですね。
ちなみに、今回は特別ゲストとしてはるばる惑星エロトピアから
ミスターPが乗船してくれる予定で、いかなる化学反応が起きるか?
その辺は見てのお楽しみ、というか私が凄く楽しみなのだ!

ということで、お暇な方、人生に行き詰っている方、
忙しいけど息抜きをしたい方、自分を追い込んで切羽詰まりたい方、
どのような方も是非高円寺まで足を運んでくださいませ!
新曲も2曲あるよ!

2014年9月15日(祝)高円寺 次郎吉
【RETURN OF ASTRO BLACK Ⅲ】
Voodoo Lotus meets Los Amigos Panchos
前売り/当日¥1000 open 13:00 start 13:30

e0147206_1640837.jpg
VOODOO LOTUS:

Kendrix - Lead Vox, Flute, Trombone
Preacher-Guitar
Masheeno-Keyboards, Trombone
Ladies Love Cool Bon- Drums
Magonosheen- Bass, BG Vox

with Special Guest

Mr. P aka Caligula P Oyster – Dancer, Percussions, BG Vox
e0147206_163892.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-09-14 16:40 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

さて、いよいよですよ!

ということで、いよいよ迫ってきましたよ、ライブの日が。
VOODOO LOTUS としては約5ヶ月ぶりになる久しぶりのライブです。
別にサボっていた訳でないのですけどね。
新宿から少し西へ移動いたしまして、バンドのメッカ(ですよね)高円寺。
老舗中の老舗、Jirokichi(次郎吉)ということで、
憧れの地、ライブハウスですから、これはもう興奮している訳ですね。
e0147206_2242030.jpg
とまあ、そんな訳で、毎年秋恒例となりましたライブですが、
今回はロス・アミーゴ・パンチョスをお迎えして、
9月15日にツーマンでのライブをお届します。

2014年9月15日(祝)高円寺 次郎吉
【RETURN OF ASTRO BLACK Ⅲ】
Voodoo Lotus meets Los Amigos Panchos
前売り/当日¥1000 open 13:00 start 13:30

Voodoo Lotus:

Vo, Tb:ケンドリックス
Gu:プリーチャー
Key, Tb, Vo:マシーノ
Ba, Vo:マゴノシーン
Ds, Vo:L. L. クール・ボン


9月15日と言えば、敬老の日で有名ですが、ひじきの日だったり、
国際民主主義デーだったりする訳ですが、
86年前にはキャノンボール・アダレイが産まれたり、
114年前にはアガサ・クリスティーが産まれたりと、
なかなか由緒正しい日でもあり、
まあこの人類の歴史に我々も取り敢えずは何かを刻む訳です。

179年前にはビーグル号がガラパゴス諸島に到達した日でもあり、
そう考えると、我々も、そして見に来られる方も
何か新しいもの(美しいか、おぞましいかは分かりませんが)に
出会える可能性があるかもしれない、とのことで、
お暇な方は是非とも。ゲストの乱入もあるかも。
e0147206_2251853.jpg
事前にご連絡いただけると、ナニをナニして、
皆様に負担をかけないようにしますので、
その辺何卒お含みおきを!
e0147206_36229.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-09-04 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

たしかにミラクルパンチだ!

「アジアのミラクルパンチ」
本屋に山積みされている、よくある日本人妻ものでもなく、
海外の危険な生活を自慢するものでも当然ない。
e0147206_3281981.jpg
ネットはもちろんのこと、電話さえも引かれていない
20年前のインドネシアの下町に飛び込むというだけで、
ある意味、玉砕的な体当たりだし、実際は相当苦労したのは
間違いないはずだが、おおらかでさりげない書きっぷりからは
その人柄がよく伝わってきますね。
それにしても、ネシアの下町で出産するというのは、
相当に根性が座っていないと出来ないですよね。
ま、本人もそうだけど、それを許す両親も凄いとも思いますが。

全体を通して書き綴られた文からは、著者の細胞がどのように感じたかが
溢れ出していて、20年たった今でも大層瑞々しい。
ダウン・トゥ・アースと言う言葉も思い出しますね。
文体のフットワークも抜群でリズミックで若い生命力を感じさせますね。
一貫して、結婚相手のンマ(祖母)への尊敬の念が滲みだすところもいい。

あくまでも自分の身の回りの出来事を内側から見つめているのだけど、
視線がまっすぐなので、モノや情報に溢れる当時の(そして今の)日本を
見透かすパースペクティブな深さまで到達することもあるのが素晴らしい。

苦労を苦労と思わせない愉快な話が続く。
冒頭から洗濯がいかに大変かを切々と説いてみる本はあまりないし、
お手伝いさんが来てくれたために、やることがなくなり悶々としてみる話も
海外駐在の奥様方とは別の次元の話で面白い。

個人的に、興味深く読んだのはやはりゼンコウのあたりかな。
私には謎の、そして出来たら敬遠したい、物凄く臭い料理の話。
作り方まで丁寧に書かれてあるし。

料理の作り方といえば、素材にこだわった美味しい唐揚げの作り方で
いきなり鶏を市場から買ってきてしめるところからスタートするのも
なかなか愉快ですね。
あとはイスラムでの風習で羊なんかを生贄にする話も
内側から素直な視線で観ていて面白い。
あと、一夫多妻制の話とかね。

白黒で写っている写真が綺麗みたいなので、
鮮明なカラーで見てみたかった気もしますが、
これは文庫本オリジナルなんで、仕方ないっすね。

ちなみに著者の今井千香子さんは実はバンド仲間。
58 Specialのフロントでドスを効かせてシャウトしている人ですね。
e0147206_331136.jpg
こちらは20年後の姿!
付き合いはもうすぐ3年近くなるけど、
こんな本を出していることは全く知らなかったのです、はい。
知り合いの著作でも良くないと思ったものは薦めません。
残念ながら絶版なんですが、アマゾンで廉価で手に入るので、是非とも。
[PR]
by zhimuqing | 2014-08-31 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

こんなところに

相変わらず可愛いモネイちゃん、インタビューの内容も興味深いわけですが、
個人的にはもう一人の方、こちらに注目すべき。
私に随分近しい人とクリソツというか、同一人物にしか見えない。
我が家では大爆笑ですよ。
君、英語上手くなったな。



身内ネタすまん。
[PR]
by zhimuqing | 2014-08-23 17:36 | U GOTTA FRIEND | Comments(4)

人間到る処青山あり

仕事で知り合った人が、52歳にて一家でカナダに移住するとのことで、
急遽送別会を。
出張に2回一緒に行っただけの間柄だが、
人間関係というのは、長さより密度ですね。
e0147206_018466.jpg
上海生まれ、27歳で日本に来て、52歳でカナダへ。
子供二人の将来を考えての移住だとのこと。
奥さんのお姉さんがカナダに住んでいるので、全く縁も縁も無いわけではないが、
上場企業の職を擲っての決断。
なんと身軽なフットワーク。
したり顔で、文化の違いと言う人も多いだろうけど、
その突破力はやはり一人の人間として凄いエネルギーだと思うのだ。

人間到る処青山あり。
勇敢な人は航海ごとに故郷ができる。
君に幸あれ!私も頑張る!また会おう!

旅立ちに送る歌はやはり凛とした歌が良い。
80年代最高の歌い手による艶やかな歌を送りましょう。
e0147206_016442.jpg


トロントから車で30分ぐらいのところに住むということで、
ということは、デトロイトの近くではないか!
これは羨ましいぞ!
e0147206_021365.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-08-02 00:22 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

これは、目白押しかも!

プリマクさんからプレゼントをいただきましたよ!
e0147206_043832.jpg
ジョーディ・ラ=フォージ!
U.S.S.エンタープライズDの機関部長。

しかし頂き物に対して、全く失礼ではあるのだけど、
ラ=フォージは優秀な科学者ではあるものの、
スタートレックの主要登場人物の中でもイケていない度では随一。
これは私個人の意見でもあるが、漫画「ブーンドッグス」の中でも
ネタにされているぐらいなので、まあ世界共通の認識であると言っても
過言ではないでしょう。
プリマクさんからの何らかのメッセージがあるのかもしれない。
e0147206_051093.jpg
こうやって見ると、人工冬眠処置を施されているようにも見えるな。

映画「ジェネレイションズ」のグッズなので、
他にもこのメンバーのものがある模様。
e0147206_052942.jpg
ヨメと私との間では、ガイナンがいいなぁということで意見が一致。
もしくはクリンゴンかな、やっぱり。
e0147206_054541.jpg
ガイナンの出来はかなりキュートな感じですな。
e0147206_061482.jpg
デュラス姉妹も捨てがたい!

ということで、イケていないジョーディの様な私ですが、
来月からは立て続けにライブがありますよ。
イケてない外見と中身を補って余りある演奏力の低さで
皆様へ脱力と緩和(つまり笑いですね)をお届けいたします。
最近仕事がうまくいっていない方、恋人や家族とうまくいっていない方、
自分にどうも自信が持てない方、頭髪が最近薄くなった気がする方、
カード会社から引き落としが出来なかったと連絡があった方、etc etc、
そのような人生の岐路に立たれている方にお勧めです。

執務中にお腹がゆるくなってしまう方や顔がアオブダイに似ている方は
あまり歓迎したくない気分ですが、ここは未曾有(みぞうゆう)の度量の広さも
見せる先人の偉業を踏襲(ふしゅう)しておきましょう。
事前に連絡いただければ、お代は頂きませんし。

8月16日 錦糸町 ニシキ屋 15:00-15:40
58 Special

Vo:らんち
Vo:Sumie
Gt:林和夫
Dr:A太郎
Ba:マゴノシーン

e0147206_714299.jpg
今年も出ます!すみだストリートジャズフェスティバル!
昨年は気温も暑かったが、観に来ているお客さんの熱気も凄かった。
今年は一体どうなることやら。
ちなみに翌日のジャズバスにも乱入するとの噂も。


9月15日(祝) 高円寺 次郎吉 13:00~16:00 
Voodoo Lotus

Vo、Fl:ケンドリックス
Gt:プリーチャー
Key、Tb:マシーノ
Dr:クール・ボン
Ba:マゴノシーン

e0147206_781927.jpg
9月には、なんと、憧れの聖地、高円寺の次郎吉ですよ!
まあ正規のルートではないのですが、それでも楽しみすぎます。
新曲たくさん作っていますけど、練習があまり出来ないこのバンド、
果たして何曲間に合うのか?

ちなみに、当日一緒にぶちかますのは、最近仲良くさせていただいている
Los Amigos Panchos、通称アミ・パンさんです。
これもまた楽しみですな。お見知りおきを!



10月12日(日) 新宿2丁目 スモーキン・ブギ 時間未定
Maqumva Arkestra

Gt:プリーチャー・マクンヴァ
Key、Tb:マシーノ・マクンヴァ?
Ba:マゴノシーン・マクンヴァ
Ds:モヤーン・マクンヴァ

業務連絡:参加できるメンバーは私に連絡ください。
マシーノは勝手に登録済みです。

e0147206_794318.jpg
10月には、久しぶりのマクンヴァ・アーケストラです。
前回ライブをやったのが、2008年9月のことですから、なんと6年ぶり!
6年も経っていることに驚くというより、6年経っても私個人としては、
何ら進歩していないことに驚くわけですが、
本質的には何も変わっていない情けなさを
全開にして皆様へお届けしたいと思います。

参加メンバーも今の時点でよく判っていませんので、
当然のことながら何の曲をやるかも全く不透明な状態という、
スリリングな展開になりそうです。
ちなみに、アミ・パンさんのライブに乱入する形になる予定です。
[PR]
by zhimuqing | 2014-07-14 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

みんなでトランスワープは9月15日

スポーツの中継に芸能人は要らん、呼ばんでいい!と
毎回思うのだけど、今日のもひどかった。
それはさておき、イランも頑張ったが、
やはりメッシ、最後に決める男。
e0147206_485440.jpg
体調不良が伝えられて心配していたけど、本物は違う!

さて、ムスメが大人気のアナと雪のなんとかの映画を観に行ったので、
我が家の男性陣2名は家でお留守番。
そうだ、スペース・グラスをバンド用に買っておかなければ!ということで、
ヨウタロウと一緒に散歩がてらに買い出しに船橋某所まで行ったのですが、
何と売り切れということで、結局遠方まで探しに行く羽目に。
でも桟橋で父子水入らずで遊べて良かったのかも。
e0147206_473843.jpg
最近得意のアルパカの踊り。ジョジョ風でもある。
上の写真の20番セルヒオ・アグエロのポーズのようでもある。
e0147206_475264.jpg
鳩を全力で追いかける。
万が一捕まえてしまうと、父として息子を褒めるべきか、
それともきっちり広東料理にしたてて食べさせるべきか、迷うところだ。

足を延ばしてスペース・グラスを大量にゲット。
これで一安心。
バンドの練習で早速みんなに配ってみる。(とはいえ2名欠席だが)
e0147206_464969.jpg
スペース・グラスのおかげか、心なしか腕の振りおろしがシャープなボン氏。
e0147206_47865.jpg
マシーノ氏は一呼吸で空気中からファンク成分を8000マーヨ取り込み、
鍵盤に振りおろす両手のエネルギーとして3000マーヨ消費するらしい。
e0147206_463127.jpg
一呼吸で取り込んだ8000マーヨのうち残り5000マーヨは
大切に保管していることは一応秘密です。

アーケストラが来るということで、マシーノ氏とプリーチャー氏は
歓迎と感謝の気持ちを示す新曲を演奏。
e0147206_46980.jpg
曲名は“ワープ10はデンジャラス、カエルになっちゃうよ”。
いつかどこかで宇宙に向けて公開したい。

とりあえず4人でのトランスワープの記録として。
e0147206_455167.jpg

当然のことだが、ロノブー兄さんとケンドリックス君の分も確保しておりますよ。
e0147206_48296.jpg
次回はみんなでトランスワープは9月15日です。
[PR]
by zhimuqing | 2014-06-22 03:00 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

調教されたり、窒息しそうになったり

職場のディグ氏とは相変わらず昼休みに社内秘密組織の活動の一環として
ソウルやR&Bの情報交換を行っていて、秘密資料?を融通しあっているのですが、
ディグ氏の守備範囲にあうブツともなると、私もややネタ切れの感が。
なもんで、アレサの未発表曲とかOuttasightのノーザン編集盤に加えて、
アルトン・エリスとか古豪のサンバものなんかを混ぜている今日この頃です。

逆にMr.Dさんのほうは、余裕綽綽ですね。
私がこれまで手を伸ばす余裕がなかった50年代のR&Bものを
これでどうだ!とばかり、繰り広げてくるので全く困ったものです。
まあ、実際問題大変ありがたいのですけどね。

ということで、先日JBの初期録音の素晴らしさについて語り合った流れで
貸してもらったブツがこんな感じ。
ファイブ・ロイヤルズ、ハンク・バラードの初期録音、そしてプラターズ。
e0147206_0371920.jpg
ファイブ・ロイヤルズやハンク・バラードは勿論知ってはいるのだけど、
人気絶頂期をあえてはずした初期やその少し後の録音をあえて持ってくるのが
まったく悔しいところですね。
ファイブ・ロイヤルズのこのCDなんかはPヴァインの限定品で
今では手に入らないというより、いったい誰が買うんだという代物なのだが、
ディグ氏の流石の選球眼、はずしませんね。
実にカッコいいものが多い。脱帽ですね。
e0147206_0413667.jpg
ミッドナイターズの前身のロイヤルズ。
なかなか歌えそうな面構えのメンツだが、特に右から4番目の男がイイ!
見よ!この面構えを!
e0147206_0425537.jpg

ファイブ・ロイヤルズは割と普通のグル―プだと思っていたが、
当時としてはかなり愉快なグループだった模様。
リーダー格はロウマン・ボウリング(ギターも弾く)だが、
インナーの写真を見ると、かなり愉快な人だったことが分かる。
e0147206_0504232.jpg
流石はJBがカバーした"Think"のオリジネイターだけのことはある。

もっとびっくりしたのが、まさかのプラターズ。
自分ではまず選ぶことがないモノ
完全に甘いオールディーズかと思いきや、まっとうにソウルフルな歌と音。
表情豊かなリード、リードを見事に引き立てる巧みなコーラス、
キャッチーでひっかかるメロ、実に素晴らしい。

ポップと言えばポップなんだけど、味を薄めたというよりも
濃厚なエキスの上澄みを丁寧に抽出したという感じですね。
1曲1曲に色々な試みが施されていて、大変面白くて唸らされることも。
なかにはニュー・オリンズ風味のピアノを濃厚にまぶしているものもあり、驚きます。
当時ファッツ・ドミノやスマイリー・ルイスが流行っていたことを考えると、
まあ不思議でない感じもありますが、出会い頭の一発にはやられます。
歌えそうな顔といえば、プラターズ、やはり著名グループだけに頭抜けているかも。
e0147206_0514713.jpg
多くは語るまい。

ちなみにディグ氏がこれは買わないといけないと力説していたのがこちら。
e0147206_125092.jpg
スウィート・インスピレイションズのアトランティックのコンプ盤。
58スペシャルの為にも私も持っておかないといけない気もする。

とまあ、そんな感じで、先達に調教されている最中なのですが、
全く油断も隙もないことに、そんな私も追い討ちをかけるかのように、
ここにも時々登場していただいているhide兄さんよりDVDが大量に届く事態が。
e0147206_0522677.jpg
私の持っていないものを見繕って頂いたようなのですが、
これまた流石の選球眼。ツボをピンポイントでついてきますねぇ、
キース・スウェットとかアンヴォーグとかパティ・ラベールとか
Pファンクのブートとかスレイブとか、その他もろもろ。
うれしくて窒息しそうです。
うーむ、仕事、2週間ぐらい休ませてくれないだろうか?
[PR]
by zhimuqing | 2014-06-20 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)