カテゴリ:U GOTTA FRIEND( 134 )

柏は熱かった!

猛暑の中、人生初の柏へ出撃。
我々はライブに演りに行ったのですが、本日は柏祭り、
当たり前ですが、物凄い人出。
交通規制もビシバシ入っていて、駐車場を探すのに難儀しました、はい。
e0147206_0372570.jpg
このバンド、初のセミアコ仕様でのライブ。
私はシールドが不調だったようで、いきなり音が抜けるという
ナチュラル・ボーン・ダブ仕様。
右肩下がりに体を傾けると音が途切れるという不思議な現象でしたが、
まあ、なんとかスリラーナイト、無事に終えることが出来ました。
e0147206_0415053.jpg
e0147206_043564.jpg
うんうんスリラーナイトだ。

アウェイ感の強い柏ですが、会場のDining Cafe AZITOの皆さんも
暖かく迎えて頂き、こちらも楽しく出来ました。ありがとうございました。
出番を終えたところで、すし職人さんの作ったお寿司を
ピラニア?ハイエナ?のごとく食べまくりました、はい。
あと個人的なところでは、渡米間近のHiさんとご友人とお話しできたのも
嬉しかったのでありますね。
(いいなあ、マイアミ、行ってみたいっす。住んでみたいっす。)

ということで、またAZITOさんにはお世話になりそうな予感も
多いに漂わせつつ、次回は遂に8月16日のすみジャズ。
大黒湯とジャズバス、両方のバスでお待ちしております!
e0147206_0421485.jpg


VOODOO LOTUS
柏まつり スペシャルアフターパーティ
Dining Cafe AZITO 2015年7月25日 (土)

VOODOO LOTUS are
Kendrix - Lead Vox, Flute, Trombone
Mr. P the Chef - Hypeman, MC, Dancer, Percussions, BG Vox
Preacher - Guitar
Masheeno - Pianica, Trombone
Ladies Love Cool Bon - Cajon, BG Vox
Magonosheen - Bass, BG Vox


セットリストはスミジャズも控えているので、一部伏せ字にて。
こうやってみると、結構がっつり演奏したかも。

1. Intro Jam ~ Here Comes Voodoo Lotus
2. ドント シンク フィール
3. I xxxx
4. いまさら
5. La xx xxxx x xxxx xxx
6. 黄色い太陽
7. ピンクの尻尾
8. Txxxxxxr
9. Here Comes Voodoo Lotus (Reprise)
Enc. タイクキョーシ


お祭りやけん、焼きソバばい、との名言を頂きました。
e0147206_0481934.jpg


...
[PR]
by zhimuqing | 2015-07-25 23:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

男冥利に尽きるというもんだ

7年間担当させてもらっていたクライアントさんでの最後のコンサル。
わざわざ送別会を開きたいので、コンサルに来てくれとの依頼での訪問。
私も月曜から中国に出張で全く時間が無かったのだけど、もちろん喜んで訪問。
いい男揃いのいい会社に呼ばれると、多少無理しても行くしかない!
大事な友人がたくさん出来て、男冥利に尽きると言うもんだ!

その会社で一番中が良かったM川さんは実はサックス吹き(アルト)。
コレは前から知っていましたが、その部下のK島さんはなんとテナー吹き。
いいんじゃない?これはいけるんじゃないかな!?
本人曰く、猛リハビリが必要だとの事ですが、なんとか引きずり込みたいものだ!

ちなみにM川さんは技術屋。仕事も凄いがプライベートも凄い!
ボロボロの車を買って、3年かけて自分でレストア。
凄いっすね。尊敬するなぁ。
e0147206_23334570.jpg
e0147206_23335783.jpg
e0147206_23341140.jpg
e0147206_2335059.jpg
e0147206_23343521.jpg
これだけの能力があるとなると、リハビリも問題なくいけるんではないか?
[PR]
by zhimuqing | 2015-07-13 06:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(4)

CharoskaとFlambo

さて、7月8月のライブに向けて着々と練習が進んでおりますが、
ブラザGのデザインによるVOODOO LOTUSのキャラクター、
CharoskaとFlamboですが、この度ステッカーになりましたよ。
e0147206_22282037.jpg
Babs Gonzalesが名盤≪Tales Of Manhattan≫の3曲目の
“You Need Connections”で歌っているように、
吾妻さんとバッパーズがそのカバーで“コネが無きゃ”と歌っているように
デザインからプリントまで全てバンド内のコネを辿って出来た訳で、
皆さんに感謝するしかありませんな。
それにしてもバンドのステッカー作ったのは初めてですが、
こういうのってなかなか楽しいもんですね。
e0147206_22284293.jpg


用途は様々です。生活の様々な場面でお使いいただけます。
ある日突然襲い掛かって来たゾンビの額に張り付けて
動きを封じ込めるも良し。
e0147206_2312946.jpg
封じ込めた直後のゾンビの様子。すぐに近寄るのは避けた方が賢明です。
e0147206_232116.jpg
こちらは封じ込めて10分後のゾンビ。
おとなしくなっている様子が伺えます。

もしくは、不実な恋人や配偶者の頬をステッカーと一緒に
思いっきり叩きつけてみるのも良いでしょう。
e0147206_2325115.jpg
その他有効は活用方法を思いついた方はご一報を!

ということで、数に限りはありますが、欲しい方は是非ご一報を。
あと、自称関係者の方にもお配りしますので、私は関係者だという方は勿論、
友人の兄弟の知り合いのご近所の人が多分関係者だったはずだという方を
ご存じの方も是非ともこれまたご一報を!

7月25日土曜日 
柏まつり スペシャルアフターパーティ
Dining Cafe AZITO Open 18:00~(登場時間は未定)
男性3500円/女性3000円(ビュッフェスタイルフリーフード付き) 
※予約無しの場合500円増しです

8月16日日曜日
すみだストリートジャズフェスティバル
@ 大黒湯 12:50~13:20  無料
@ ジャズバス 16:30~17:10 無料


VOODOO LOTUS
 ケンドリックス:Lead Vox, Flute, Trombone
 オイスター・P・ザ・シェフ:Dancer, Percussions, 2nd Vox
 プリーチャー:Guitar
 マシーノ:Keyboards, Trombone
 クール・ボン:Cajón, BG Vox
 マゴノシーン:Bass, BG Vox

[PR]
by zhimuqing | 2015-06-28 22:31 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

ライブのお知らせをいくつか

7月
25日土曜日 柏まつり スペシャルアフターパーティ
VOODOO LOTUS @Dining Cafe AZITO Open 18:00 Start 19:00
e0147206_2271760.jpg
うーむ、オサレだ!
 
8月
15日土曜日 すみだストリートジャズフェスティバル
58 Special @ ジャズバス 14:00~14:40
e0147206_2283118.jpg
スミジャズ初日はまだ他にもあるかも、との噂。 

e0147206_236256.jpg
16日日曜日 すみだストリートジャズフェスティバル
VOODOO LOTUS @ 大黒湯 12:50~13:20
58 Special @ ニシキ屋 15:00~15:40 
VOODOO LOTUS @ ジャズバス 16:30 ~ 17:10

VOODOO LOTUS
 ケンドリックス:Lead Vox, Flute, Trombone
 オイスター・P・ザ・シェフ:Dancer, Percussions, 2nd Vox
 プリーチャー:Guitar
 マシーノ:Keyboards, Trombone
 クール・ボン:Cajón, BG Vox
 マゴノシーン:Bass, BG Vox
e0147206_2331731.jpg


58 Special
 林 和夫:Guitars, Lap Steel, Banjo, Mandolin
 今井千香子:Vocal
 平山純枝:Vocal
 英太郎:Drums
 マゴノシーン:Bass
e0147206_2291728.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-06-21 02:40 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

なかなか成長と言うのも難しい

e0147206_028161.jpg
盟友モヤーン氏、永年?の苦闘を経て、
ドクター・モヤーンとして遂に本日復活。
仕事を抱えている中で一つのことを成し遂げるということは
簡単なようで、なかなか難しいものです。
というか、意志の弱い私から見ると特にね。
復活ついでに色々嬉しい報告もあるようで、
私もなんだか素晴らしく愉快な心持ちです。
いやあ、おめでとうございます!

ドクターといっても色々ありますからね。
e0147206_0204151.png
おっと、これは絶対違いますね、失礼失礼。
むしろこっちの方が実情に近いかも?
e0147206_021757.jpg
NOが宇宙に誇るドクターはこの人だな!
e0147206_0215087.jpg
ヴォイジャーが誇るドクター。
e0147206_0221363.jpg
Emergency Medical Hologramですね。

さて、一方で体脂肪以外は何の成長を見せない私ですが、
先日ムスメが図書館で借りて来た本『コワイほどあたる最強心理テスト』が
気に入っている様子で、早速私に「心理テスト、やってみようよ」と。
e0147206_0341616.jpg
私はクリンゴンではないですが、子供の挑戦に対して逃げる訳にはいきません。
父親の威厳をかけて、真っ向勝負です。
e0147206_0344151.jpg
テストその4 イエス・ノーテスト
これから、キミをてってい的にチェックする質問をするぞ。
イエスかノーで答えて、矢印の先にある番号の質問にすすむのだ!
e0147206_035626.jpg

ムスメによると、どうやら私はAタイプの模様。
どれどれAタイプは?

e0147206_0355688.jpg
Aタイプのキミはまだまだガキンチョ

うすうす気が付いてはいましたよ。
気がついてはいましたが、子供向けの本でガキンチョと言われると、
なんというかグーの音も出ませんな。
いくつになっても色々考えさせられることは出て来るものです、はい。

おまけ
[PR]
by zhimuqing | 2015-06-13 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

5月の58 Special

福岡は西新のLIVE HOUSE JA-JAが昨日閉店したとのことで、
個人的にも大変お世話になった、というか鍛えられた場所だけに、
なんとも寂しい限りですね。
当時のスタッフは誰も残っていなかったようですが、
もう一度ここで演奏してみたかったな。
営業が終わった後での深夜の特訓もなかなか楽しかったのだ。
e0147206_1045465.jpg
それにしてもプリマクさんとマシーノ先生、そしてミスターPと
当時ここで演奏していた仲間と今も一緒にバンドやれているのは
とてもありがたい話ですな。
ちなみに、私と弟が共演?を果たしたライブは3回しかないのですが、
そのうちの2回はこのJA-JAなんですね、はい。

ということで、気を取り直して、いよいよ今年の58 Special開幕です!
恐ろしいことにこれを書いている今現在に至るまで、
今年まだ一度も音合わせをしていないのですが、
そこは集中力とデタトコ勝負力で乗り切るしかない!
e0147206_1041920.jpg
五月晴れのようなスコーンと抜けた歌を聴きたい方、
五月の夕方のそよ風のような乾いたギターを聴きたい方、
五月に羽化した蝶々のようにヒラヒラ飛ぶ打楽器が聴きたい方は
是非とも代々木まで。
ちなみに特典としては、5月の爽やかな空気を吹き飛ばすが如く、
五月雨式にコールドスウェットをまき散らすオッサン(私)も目撃できます。
五月蠅い音にならないように気を付けます。

58Special
Live@ Cafe Lumba Lumba 自家焙煎カフェ ルンバルンバ
5月1日金曜日 19時30分スタート 投銭ライブ

唄:ランチとスミエ
6弦(と5弦かな?):58△
鳴物:A太郎
低音:マゴノシーン

[PR]
by zhimuqing | 2015-04-30 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

打ち合わせ

某日某所にて某フェス用の映像を収録し、
某所にてバンドのミーティング。
まずはしっかり腹に収めないとね、タンパク質。
e0147206_21364833.jpg
注文前の緊迫の瞬間。
曲作り、練習、ライブ、バンドのどんな活動の時よりも
真剣な面持ちの面々。
e0147206_21372054.jpg
カンピロバクターの食中毒なんかは一切気にしない。
e0147206_21374691.jpg
火力強めだが、あっという間に焼き網から肉が消え去ってしまうのは何故?
e0147206_2138258.jpg
本気呑みを見せる人も約1名!
e0147206_21382433.jpg


結局、焼肉屋ではミーティングにならず、
24時間営業のマクドにて今後1年のライブや演奏形態、
練習方法、レコーディングについて活動方針を取り決める。
深夜のマクドにいた皆さん、うるさくてスミマセン。
e0147206_21402748.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-04-05 21:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

我選的快適音楽

333枚選ばれていた『快適音楽』を読んで、そこに選ばれていなかった
アーティストやアルバムを選びたくなってしまう、どうしようもない性。
CDの棚からさくっと抜き出してみました。所要時間10分ぐらい。
e0147206_1185113.jpg
333枚の1/10で33枚のつもりが35枚になっちゃった。
並べている順番は特に意味はないです。

レビューを書くと結構な量になるので、今回はパス。
あくまで快適音楽に従い、あまりにも剥き出しの音は入れてはいませんが、
でも、よくよく聴きこんでみると、思いっきり色々な業が剥き出しになってたりもしますね。
e0147206_119968.jpg
e0147206_119397.jpg
e0147206_1205565.jpg


上段左から順番に

Quatro Grandes Do Samba
Los Amigos Invisible ≪The Venezuelan Zinga Son Vol. 1≫
Alton Elis ≪Sings Rock & Soul≫
Johnny Alf ≪Ele E≫
Joao Donato ≪Quem e’ Quem≫
Quantic & Alice Russell With The Combo Barbaro
 ≪Look Around The Corner≫
Orlandivo
Maze Featuring Frankie Beverly ≪Live in Los Angeles≫
Tito Rodriguez ≪Three Loves Have I≫
Kako ≪Live It Up≫
Mini All Stars ≪Pure Gold≫
Cortijo & Ismael Rivera ≪Con Todos Los Hierros≫
Jill Scott ≪Beautifully Human: Words & Sounds 2≫
Duke Ellington ≪Indigos≫
Baden Powell ≪A Vontade≫
Cab Calloway
Al Green ≪Lay It Down≫
Andy & The Bey Sisters ≪Round Midnight≫
A Tribe Called Quest ≪The Low End Theory≫
David T. Walker
Tito Puente And His Orchestra ≪Cuban Carnival≫
Congos ≪The Heart Of The Congos≫
Myron & The Works
Nuyorican Soul
Ella Fitzgerald & Count Basie ≪Ella & Basie!≫
Sylvia Telles ≪Amor em Hi-Fi≫
The Cannonball Adderley ≪Sextet In New York≫
Gladys Knight ≪Before Me≫
The Heptones ≪Night food≫
Gal Costa ≪Cantar≫
George Benson ≪Breezin’≫
Donald Byrd ≪Stepping Into Tomorrow≫
Alain Jean-Marie ≪PIANO BIGUINES≫
Leroy Hutson
Johnny Lytle ≪The Loop / New And Groovy≫

他選的快適音楽
[PR]
by zhimuqing | 2015-02-17 00:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)

快適音楽

先日hide兄さんから知る人ぞ知る幻のレアチーズケーキを頂いたのですが、
(ものすごく美味しくて、家族で争奪戦になりました。非常感謝!)
一緒に送って頂いたのが渡辺亨の「音楽の架け橋 快適音楽ディスクガイド」。
「快適音楽」を333枚まとめて並べてしまおうというガイドブック。
e0147206_23263839.jpg
渡辺亨の選ぶ音楽はセンスが良いというか、お洒落と言うか、
いやお洒落すぎるというか、そういう印象を持っているのですが、
こうやって333枚まとめてディスクを並べると、
選者(いやキュレーターといった方がいいのか)独自の色がよりくっきりと出て、
色々な発見、再発見があって、面白いですね。
もちろん渡辺亨ですので、汗臭い音や色々なモノをむき出しにしている
音楽はほとんど含まれていないけど、それをあえて外すのが
この人のセンスですしね。

色だったり、静寂や独りだったりのキーワードで章立てを作っての選盤ですが、
私の持っているものはそのほとんどがフェラ・クティのトリビュート盤で
始まる「赤の時代」に圧倒的に集中、「青の時代」がチラホラ、
それ以外の章には本当にパラパラとしか見当たらないのが、
私が普段如何に暑苦しいものしか聴いていないか、冷静に指摘されているようで、
かなり面白い。
e0147206_2425934.jpg
軽く集合!

イギリスやアメリカのSSWモノの率が多いので、
私には全く馴染みのないものが多い訳ですが、
MM誌で熱心にプッシュしてきた人だけに、カエターノ含有率は相当高いかな。
まあ私も大好きなんですけどね。
300字強でまとめられたアルバム評は流石に見事で、
結構ミュージシャンの名が入っているのもいいですよね。
知らないアルバムで結構聴いてみたいな、という気にさせるモノも複数。

アンディ・ニューマークとウィリー・ウィークスのコンビ入りだという、
スティーヴ・ウィンウッドの77年のアルバムとか、
パーディやゴードンの入ったホール&オーツの73年のアルバム、
リッキー・リー・ジョーンズの03年の反ブッシュの歌なんかは
今すぐでも聴いてみたいかも。
知らなかったシンガーではオードラ・マクドナルドやエセル・エニス、
これまで疎遠だったところではランバート、ヘンドリックス&ロスに
興味が湧いております、はい。
e0147206_2453814.jpg
ウィークス様!服も絶妙にカッコイイ!

個人的にはモネイちゃんが凄く褒められているだけで、
はいっ合格!てなもんですが。
あと、ローラ・ニーロやセルジュ・ゲンズブールについて書かれた部分が、
もしかするとこちらが本編かもしれないですが、とても良かった。
そうそう、ナチュラル・フォーのアルバム評でクイントン・ジョセフが
プロデュースや演奏に携わっていると書いてあり、改めて聴き直すと、
これが最高にいまの私の耳に心地よく響くので驚きました。
それだけでも(もちろん、それだけではないですが)大変意義のあった1冊。
hide兄さん、ありがとうございます!
e0147206_2581037.jpg
祝!Wonderland Records、Epicとのディール成功!
[PR]
by zhimuqing | 2015-02-14 23:27 | U GOTTA FRIEND | Comments(2)

専属エンジニア候補発見

社内でも頭が切れることで指折りのSさん(41歳、独身)は
不幸にも昨年4月から私の横の席になってしまい、
無理矢理坂本慎太郎や吾妻光良を聴かされる等、
様々な被害を日々蒙ってきているのですが、
そのパソコンのスキルと頼まれるとNoと言えない人柄を良いことに
先日入手した秘密映像の編集を行っている今日この頃なのです。
e0147206_1382336.jpg
なにやら怪しい画面ですな。
アップで見ると、こんな感じ。
e0147206_1392872.jpg
この人達はあれじゃないのか?

ブツ切れになった映像をくっつけて、曲毎にチャプターを入れ、
更に画面を一部トリミングするという地道な作業。
しかも私がお願したチャプターを入れる場所というか時間がおかしく、
一つ一つ聴いて確かめてくれるという、たいへん丁寧なお仕事。
やっぱり持つべきは友人、感謝の言葉しかないです。
しかしSさんは私に言われるまで、赤い服がケンドリックスと気付かないのでありました。

e0147206_141582.jpg
一方、その間、私は来るべき日に備え、バンドのバイオグラフィーを作るという、
まあ宇宙からいつの日か降ってくる隕石に備える的な、かなり無駄な作業を。
でも、こういうのもなかなか楽しいものなんですね。
e0147206_147625.jpg
こちらはSさんに貰ったルートビア。
ルートビアはスパイスとかハーブだけでなく、木の皮や根っこも入っているそうで、
そういう意味では極めてヴードゥー成分が高いと思われますね。
やはり私には縁がある人の様だ。
Sさんには専属エンジニアになっていただこうかしらん。
[PR]
by zhimuqing | 2015-01-30 22:28 | U GOTTA FRIEND | Comments(1)