カテゴリ:Make Me Wanna Holler( 256 )

C'mon save my soul tonight

e0147206_14512385.jpg
e0147206_14472516.jpg
e0147206_144835.jpg
e0147206_14482854.jpg
e0147206_14484291.jpg
e0147206_14485152.jpg
e0147206_1449233.jpg
e0147206_14491295.jpg
e0147206_1449238.jpg
e0147206_14501081.jpg
e0147206_14504920.jpg
e0147206_14505743.jpg
Take my hand, it'll be alright
C'mon save my soul tonight
[PR]
by zhimuqing | 2017-04-22 00:00 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

You gently touched my heart somehow

シルヴィア・モイが亡くなったらしい。

60年代モータウンが抱える優秀なソングライターにして、若き日のスティーヴィーの後見人、モータウン発の女性プロヂューサー。まさに才媛という言葉がふさわしい人。声変わりしてヒットが出なくなったスティーヴィーのモータウンでの立場が危うくなった時に、私がスティーヴィーと一緒にヒットを作るから早まるな、とゴーディーに掛け合った人。ということで、世界中の心ある音楽好きが足を向けて眠りことが許されない人でもありますね。
e0147206_20403686.jpg
代表曲は山ほどあるけど、やっぱりスティーヴィー関連が鉄板かな。スティーヴィーとのコラボ作では、“Uptight”、 “I Was Made to Love Her”、“My Cherrie Amour”の3曲が今でもスティーヴィーが歌い続けている超有名曲。個人的にはファンキーな“You Can't Judge A Book By Its Cover”、“Shoo Be Doo Be Doo Da Day”なんかも大好きな曲ですね。

スティーヴィー以外でもどんどん出てきますね。アイズレーの問答無用の大傑作“This Old Heart of Mine”、キム・ウェストンとマーヴィンのデュオ “It Takes Two”、グラディス・ナイトの“Ain't No Sun Since You've Been Gone”や“And This Is Love”、 ショーティー・ロング“Don't Mess With My Weekend”に“Here Comes Fat Albert”、ヴァンデラスの“Honey Chile”、ジュニア・ウォーカーの“Home Cookin'”、“Baby Ain't You Shame”、 エドウィン・スターの“Adios Senorita”、そしてダレル・バンクスの“Angel baby (Don't You Ever Leave Me)”。

こうやって並べてみると、モータウンの中でもアーシーな歌手が多いかな。それが私がシルヴィア・モイが好きな理由。決してルックスがいいからだけではない!と、ここは各方面にアピールしておきたいところです。そんなに派手なソングライターではなかったシルヴィア・モイですが、06年にヘンリー・コスビーとSongwriters Hall Of Fameを受賞しているし、スティーヴィーの名曲3曲のカバー数はもの凄い数だし、きちんと評価されているようで、そういう意味では良かったのかな。
e0147206_20411579.jpg
授賞式にかけつけるスティーヴィー、仁義熱き男!

ヒッツヴィルUSAを訪問する動画。




スティーヴィーの初期の名作≪Down to Earth≫には“Sylvia”という曲がありますね。本人はごまかしていたそうですが、誰がどう考えてもシルヴィア・モイを歌った曲でしょう。この曲を聴いて今日はモイを偲びましょう。




Whoa, oh, oh, yeah Mmm, hmm

Sylvia
You Know you're getting to me now
Mmm, mmm, mmm, Sylvia
You gently touched my heart somehow

Yesterday you made me happy as a child at play
Just like the summer sun that warms my heart
And move on, now you are gone

Whoa, oh, oh, Sylvia
You're everything that I adore
That sweet song, that caught a spark I'm me more, yeah
Tenderly that's how you whisper that you loved me
As if a raindrop kissed my ear and disappeared, now you are gone

Oh, oh, oh, yeah
You know I love my little Sylvia

Sylvia, uh, uh, uh, uh, ah
And yeah, whoa, uh, yeah

And yesterday I feel in love with you all the way
Tenderly you lit a spark in my heart, now you are gone

Mmm, hmm, Sylvia
I gently miss Sylvia
I'm crazy 'bout ya, Sylvia
You know I love my little Sylvia

[PR]
by zhimuqing | 2017-04-17 20:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

But to live outside the law, you must be honest.

e0147206_20582353.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-04-01 00:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

共謀罪の対象となる277の罪

東京新聞に掲載。
21日の閣議で決定が予定されている「テロ等準罪」。
成立したら、今後「違法」になる内容のリスト。
e0147206_2158990.jpg
なんでもありやんけ。
[PR]
by zhimuqing | 2017-03-21 21:58 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

この道をまっすぐに(笑)

e0147206_1081570.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-03-21 10:08 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

今年は多すぎる

e0147206_931985.jpg
P-ナット・ジョンスンはオフステージでも本当にフレンドリーな人で、というか、会場の周りをウロウロしていて、気軽に話に応じてくれる心優しいファンカティアー。1ファンの私にとってはとても印象深い人。
e0147206_9313741.jpg
ステージ上では決して派手なふるまいをする人ではなかったけど、絶妙なバック・コーラスでPファンクの歌の厚みを支えてくれていた人でもあります。全体的に過小評価されすぎていたきらいもありますが、ブーツィーズ・ラバー・バンドでのマッドボーンとのコンビネーションはもっと評価されてもいいはず。
e0147206_9301531.jpg




Rest in eternal peace Robert "P Nut" Johnson.
e0147206_9314898.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-03-13 09:31 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

胸糞悪い

こんなオッサンが視界に入ってしまうと、確実にオッサンを張り倒してしまいそうな自分がいる。


[PR]
by zhimuqing | 2017-03-08 12:25 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

桃李自芳

桃李不言下自成蹊、桃李もの言わず、下自ずから蹊を成す。
e0147206_9552429.jpg
桃も李もものを言わないが、芳香に誘われて人が集まるので、自然に道が出来る。さらに神戸や四国に広がりそうなこの一連の流れで、言葉に新しい意味が付与される瞬間を見ている感じ。
[PR]
by zhimuqing | 2017-03-02 03:11 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

スノーデン

映画「スノーデン」。早めに上映が終了しそうなので、レイトショーにて。
e0147206_18524037.jpg
オリバー・ストーンが監督しているだけあって、実に見ごたえのある作品。スノーデンが一連の暴露に至るまでの経緯を「わかりやすく」描いてあり、見ているこちらも随分感情移入してしまう。映画の是非、というかスノーデンの行動については見る人によってさまざまなグラデーションが出てきそうだけど、監視社会に対して無防備な我々、湾岸戦争以降の痛みに対して想像力を失った社会に対する警鐘を鳴らすオリバー・ストーンの姿勢には共感を覚えます。内容に多少の誇張や虚偽が含まれているとはいえ。
e0147206_18525841.jpg
映画を見ている時に通奏低音として感じられて、背筋がゾワゾワするのは、それでも自浄作用がある(と思われる、というか思いたい)アメリカと今の日本を対比してしまうから。法治主義ではなく、人治主義であることが剝き出しになりつつある今の日本、例えば共謀罪、例えば一連の安全保障関連法案、そういうものが成立してしまいつつある今の日本での状況を考えた時の歯止めの効かなさ、これこそが恐ろしい。映画の中でもジョージ・ウォーレルの1984を意識した描写がありますが、1984で描かれた世界より日本はずっと先鋭化してしまいそうで。不謹慎な譬えかもしれないが、南スーダンで自衛隊員が殺されてしまったらマスコミも世論も多分一色に染まってしまい、歯止めが利かなくなるのではなかろうか、と。おりしもトランプと安倍壺三の最悪の組み合わせもあり、考えると恐ろしくなってしまうのでありますね。スノーデンの暴露を受けた官房長官のコメントは「米国内の問題なので、米国内で処理されることだ」という体たらくだったしねぇ。
e0147206_1853187.jpg
さて、映画に話を戻すと、序盤にサイラーaka Mr.スポック(若いころ)のザカリー・クイントやスノーデンのクールな友人役のキース・スタンフィールド(カッチョいい!)で個人的に盛り上がりますが、やはり主役のジョセフ・ゴードン=レヴィットの抑えの効いた演技に尽きるでしょう。そうそう、スノーデンの恋人リンジーを演じるシャイリーン・ウッドリーもなかなか。監督に自分から売り込んだだけのことはあります。素晴らしいカップルの愛情ものとして観ることもできますが、題材が題材なんで、ちと厳しいか。
e0147206_1854185.jpg
上映期間が短い模様。映画の中でスノーデンが日本のインフラにマルウェアが仕掛けられていると暴露したのがその理由だとの噂もありますが、その真偽は不明、というか明らかになることはウィキリークスが動かない限り無理でしょうね。ということで、上映しているうちにお早めに!



e0147206_18585611.jpg
ロシアに住まざるを得ないリバタリアン(ですよね)のスノーデンは大統領がトランプに変わったとたん、強制送還されそうとの噂も。なかなか悲哀を感じますね。
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-23 00:28 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)

総統閣下はお怒りです


[PR]
by zhimuqing | 2017-02-20 03:11 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)