カテゴリ:Funkentelechy( 632 )

BOP GUN

いやもう相手の思うツボですね。
やつら(パラマウントとかユニヴァーサルとか)はですね、
ピカード艦長とかサーノウズとかを人質に取っては
ワタクシに身代金を出せと言って来るので、全く困ったものです。
でもって文句を言いつつも相手に言いなりになるワタクシは
娘に逆らえない父親みたいな感じで、早くも先が思いやられます。

巷で噂?のパーラメントボックス(リマスター)ですが、
買おうか迷っていたので、とりあえず現物を見てみようと
探してみると意外と見つからない!!

レコファン(渋谷新宿町田吉祥寺下北秋葉)で見つからず、
錦糸町吉祥寺のタワレコには置かれていた形跡すらなく、
秋葉原タワレコではすでに売り切れ!

見つからないとなると、迷ってなんかいられません。
渋谷のタワレコにて無事捕獲完了です。
こんなに東京にはファンカティアーが多いのか?と思いきや、
リリース数がどうも圧倒的に少ないようです。

付属のドクターファンケンシュタインのポスターが欲しくて
大枚はたいて中古盤のアースツアー買った私にとっては
やはりここはオマケグッズの復刻が一番の話題でしょう。

特にファンケンテレキーのサーノウズポスターと
バップガン浴びてファンキーに変身の巻のコミックが大変嬉しいですねえ。
皆さんも拡大コピーして部屋に張らないといかんですばい。
CDの盤面がカサブランカになっているのがポイント高いっす。

あえて文句を付けると
『歌詞だけでなく、対訳をきちんと付けて欲しかった』
『ブックレットにもっとレアな写真が欲しかった』
『価格を迎えて欲しかった』
とこの辺が日本中のファンカティアーの不満でしょう。

個人的には昨年入手したWAXPOETICSの06年8,9月号の
Pファンク特集を見て、大いに喜んでいたので
解説も単なる歴史だけでなく新機軸が欲しかった。
(WPの記事にはペドロベルとかキャッシュワディとかインタビューも載ってるんだもん)

来月出るオハイオのボックスはどうしようかねえ。
また出張に行ってお金作るしかないのか?

e0147206_1535829.jpg
錚々たるCDの数々
e0147206_15351790.jpg
ミニポスターとシール
e0147206_1535271.jpg
コミックとカサブランカデザインのCD盤面
[PR]
by zhimuqing | 2007-08-26 12:32 | Funkentelechy | Comments(0)

もう止まらんばい、どうにも止まらんばい。

我が家のパソコンの電源コードが壊れて(断線?)、
家でパソコン見ることが出来ません。
おまけにHPのコード、電気屋で売ってないとですよ。
お取寄せで1週間ぐらいかかるということで、
失って初めて分かるありがたみってやつですね。
(少し大袈裟ですね、はい)

でもって暑い日が続きますねえ。
普段家で練習する時はアンプにヘッドホンをつなげているのですが、
さすがにヘッドホンつける気にもなりまへん。
おまけに久々にP-ファンクとパルミエリがマイブームなんで、
暑苦しいことこの上なしって感じです。

もう練習なんかせんばい、っと宣言したいところですが、
諸事情により、サボるわけにもいかんとですよ。
ってことで、秘密兵器を久々に取り出すことにしました。
そうです、知る人ぞ知る銘機(名機)「ヤカンアンプ」。
e0147206_1513754.jpg

注ぎ口にホースを繋いでトークボックスにしようと購入したものの、
ホースを買いに行くのが面倒臭くて放置されていたこの逸品を
使う日がようやく訪れたのだ。
使わないんだったらプリマクさんに送ってあげたら?という一部の声を
無視しながら、今日まで頑張ってきた甲斐があったてなもんだ。

もうこうなったら止まりません止まりません。
28日のライブはこのアンプでやることに決めたので、
関係各位の皆さん、そのつもりでヨロシク。

ヤカンアンプ補足を少々。
ヤカンがスピーカー付きのアンプになっとるわけです。
で、注ぎ口から音が出るわけですね、はい。
写真もう一点追加しときます。
e0147206_15133259.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2007-08-10 09:38 | Funkentelechy | Comments(0)

ビルボードライブ

さてさて盆明けに東京大阪福岡にビルボードライブというライブハウス?が
オープンするのですが、見てみたいミュージシャンというか歌手が
目白押しですねえ。
柿落としのSTEELY DAN(ベースはフレディワシントン!!)を皮切りに、
HENRI SALVADOR、MACEO PARKER(ベースはスキート!!!)、
TEDDY RILEYにBABYFACE、KEITH SWEAT、ALLEN TOUSSAINTと来て
とどめはLARRY HARLOW!

ただねえ、チャージが完全に私を馬鹿にしてるとしか思えんとですよ!
安い席(カジュアルエリアと呼ぶらしい)と高い席があって、
安い方の席の値段をチェックしていっても
STEELY DANの19000円に始まりBABYFACE14000円等等、
上に挙げた8組全部見に行ったら、しめて88900円!!!!!
高いほうの席で106900円!!!!! 一桁間違えているとしか思えんばい!
当然その他に飲食代を無理矢理(ですよね?)取られることを
覚悟しないといけない訳で、ああ、こんなところで格差社会の
現実を、壁を実感させることになろうとは!
まあ元々の客設定の段階で私は対象外なのでしょうけど,
この値段設定で本当に音楽が好きな人がどれだけ来れるのか?
きれいなお姉さんはべらせて、今日は経費でOKだべ、みたいな
人が一杯来るのでしょうか?(少し羨ましい)
あーどっかに100万円落ちていないかなあ。
e0147206_1545874.jpg

すっかり貫禄のついてしまっている最近のスキートさん
実はP-ファンクのベーシストで一番のテクニシャン
[PR]
by zhimuqing | 2007-08-07 09:53 | Funkentelechy | Comments(0)

熱闘音楽祭

e0147206_1523940.jpg
ボガンボローザの熱闘音楽祭。
ご存知のようにボガンボスとローザルクセンブルクの合体バンドに、
ゲストがテンコモリで休憩時間/セット変更時間を含めて
4時間ともうお腹一杯。(もうちょっとオカワリしたかったけど)

ドラムが二人いるんで、どうするんだ?と思ったら、
各バンドの曲をそれぞれのドラマーが担当ということだったみたい。
ローザの曲で岡地さんはマラカス持って歌っていたけど、
その姿は有袋類みたいで、ぬいぐるみにしたくなる程可愛いねえ。
私は黒い音楽が好きなので、ボガンボスの曲のほうが好きかな。

正直に言うと、この前京都で見た3/4ガンボスの方が
完成度も高くて、バンドのノリも凄くて好みだったんですけど、
今回のはお祭りですからね、楽しければいいのです。
4時間もやれば色々な曲を演ったわけですが個人的なハイライトは
Dr.Tosh「夢の中」、ピアノ3人でのリクオ「SLEEPIN'」、
そしてうつみようこ(かっちょいい)「憧れの地へ」の3曲ですね。

ゲストで期待していた(勝手に勘違いしていた?)マダムギターの登場は
なかったですが、ゴジラガメラと並ぶ日本の誇る3大怪獣の
吾妻師匠はやっぱりカッチョイイですね。
次回はボガンボスの曲を歌ってくださいな。

で、Dr.Toshのベースはやっぱりかっこいいねえ。
私の考えるベースプレイの理想ですね、はい。
精進あるのみです。
[PR]
by zhimuqing | 2007-08-06 10:49 | Funkentelechy | Comments(0)

ウー@渋谷

仕事放置プレイにて、渋谷タワレコを襲撃。

もちろんお目当てはバーニーなんですが、
急いで乗ったエレベーターにビルラズウェルご一行がいて吃驚。
ミクシィにラズウェルはイマイチと書いた手前、
少し距離を置いて観察しましたが、意外とカッコイイね、ビルさん。
確かに大物オーラ出てますね。

で我らがバーニーですが、本人出てくるまでなんかお兄さんが
カンペ見ながらダラダラとバーニーの経歴をお話になられた訳ですが、
ワザワザ渋谷にバーニー見に集まったファンカティアーは
そんなことみんな知っとるわい。

気を取り直してバーニーのミニミニライブですが、
モーグ+ピアニカでフラッシュライーとかインプロで3曲ぐらい。
ファンク磁力が大きければ大きいほど燃え上がるバーニーには
会場がフィットしないので、もう一つ消化不足かな。
ちょっと体調悪そうだったのが気になったし。
でもタダだしねえ。

サインに並んだんだけど、1枚だけって言われて、
ソロ第1作のウーにしましたが、
師はジャケットのエロ部分を指して曰く、
「こいつは表で見せるもんぢゃないのう」。
でもこれはバーニー師、あなたの作品ですから。

ふむふむそうかそうか
e0147206_1504018.jpg

分かったサインをして進ぜよう。
e0147206_151174.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2007-08-03 23:47 | Funkentelechy | Comments(0)

シンシン

大阪に行くのはいいけど、人身事故は勘弁ね。
「只今負傷者の手当てをしております」って駅のアナウンスですけど、
1時間半電車が止まったし、なんだか鉄道業界の隠語っぽいなあ。

それはさておき関東も梅雨明けだということで熱くなってきますと
これはもうコテコテの音楽を聴いて汗を流すしかないわけで、
かつて夏の日のある夜に見たパルミエーリ師匠なんかが最適なわけです。

もう70歳を超えていたわけですが、もともと熱すぎる(暑すぎる?)男は、
おじいさんになってもまだまだ十分に熱くてかっちょいいんで、
オサレで優雅な一時を楽しみに来ているお客さんの肌にも
うまいこと暑苦しいオーラがまとわりついてた訳です。

もちろん70年代のパルミエーリの凄みというか殺気はないですが、
70代の一人の男としては十分でしたよ。
あんなオジイサンになりたいねえ。
e0147206_134626.jpg

ライブ@シンシンのCDにサインしてもらった時に、
「これは世界でもっともファンキーな音楽だと思います」と
マエストロに向かって勢い余って伝えましたが、
誉め言葉として受け取ってもらったかどうかは
後になって疑問が残る今日この頃です。
でも「暴動」とか「マザーシップ」を肩を並べるよ、まじで。
有象無象のライブ盤の中でも1,2を争う熱気ですよ。

マエストロにムーチャスグラシアスですね。
[PR]
by zhimuqing | 2007-08-02 12:17 | Funkentelechy | Comments(0)

モヤンマクンヴァ来襲

大分から出張と言う名目でモヤンマクンヴァ来襲。

夜スタジヨに入るので、
やっぱり精を付けなイカンということで、
お昼から築地の『ととや』で焼鳥丼(大盛)を食しましたが、
何回行っても本当に美味いっすね。

で夕方合流して我が家で昨年7月の演奏を見て恥ずかしい思いをしつつ、
ボガンボスとマダムギターのDVD見て、
テンション上げ直したところで、スタジヨに突撃。

いきなり濃ゆ~いファンクをぶちかましてきたので、もう大変。
2時間経つ頃には私のバリーホワイトTシャツが
ファンクエキスに染まっていましたねえ。
それにしてもウン万円のハイハット、乾いたいい音してますねえ。

タヌキとアナグマに囲まれて、魚に餌をやるのもいいですけど、
定期的に出張作って東京に来るようにしましょう。
カラ出張でもいいじゃないですか?
でミクシィも再開してくださいなっと。
e0147206_12532532.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2007-07-28 02:27 | Funkentelechy | Comments(0)

和尚は宇宙人なのか?

チンすけ君の彼女の分のチケットを強奪して
UA@リキッドルームに突撃!

泥棒を出した時のツアーに行った時以来ですので、
もうあれからずいぶん経ちますが、あのツアーも良かったなあ。
ツアー前半の神戸を見に行って、こりゃ凄いわい
後半でどのように熟成しとるか見に行かないかんばいと
2ヶ月後ぐらいのヘスチバルホールのチケット取って見に行くと、
お客さんそれ昨日のチケットですよと入口で言われ、
呆然と立ち尽くす遠い昔の私ですが、
あれから体脂肪と顔面皮膚以外は何も成長しとらんな、私も。

個人的に注目のUAvs外山和尚(P先生使わせてもらうよ)ですが、
想像以上のかなり良い組み合わせですねえ。
リズム隊はもちろん、音が抜群に良いホーン陣、
バランスが絶妙なコーラスと見どころ(聞きどころ)は一杯ですが、
音数の少ない時のいつでも点火できるように充填完了済、という感じから、
グニュグニュって密度を濃縮して、一気に放散していく感じは
外山和尚ならではの醍醐味ですねえ。
体の動きもなんだか宇宙人というか昆虫というか、
不思議な感じで、ものすごい好みなんですけど。
バンドの反応も非常に良くて、バビロン5に出てくる
ヴォーロンの有機体宇宙船みたいで
バンドとして一つの理想型ですね。
初期のヒット曲も数倍(数十倍?)カッコよくなってて、
ツアーを重ねる度にまだまだ成長しそうで、
10月の最終公演が待ち遠しいなあ。

肝心の主役のUAのことを書いていませんが、
そんなバンドを率いることの出来る歌手は日本に何人もいないので、
UAについてあえて文章を書く必要もないかな、と。
一回見たほうが早いっすね。
でも眉毛太くて、昔会社の上海事務所にいた孫さん(女性)に
激似していることが新たな発見です。
e0147206_12514160.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2007-07-25 08:51 | Funkentelechy | Comments(0)

バーニー

e0147206_12463539.jpgお姉さんお姉さん
バーニーが渋谷に来ますよ!
8月3日タワー渋谷店。

新作を出すのでしょうか?
何にサインしてもらおうかな?
やぱりALL THE WOO?
アースツアーのLPかな。

と思ってたら、4日に東京で
ライブをするそうです。
でもね、ビル・ラズウェルの
グループなんですよね。
どうしようかなあ。
[PR]
by zhimuqing | 2007-07-23 12:02 | Funkentelechy | Comments(0)

クラーべのリズムで

e0147206_12335394.jpg

行ってきました、磔磔!!
見てきました、3/4GUMBOS!!
音楽の神様ありがとう。

以前プリマク氏よりベースのDR.TOSH?は最高と聞いていたし、
岡地さんのドラムが良いのは分かっていまし、
DR.KYONのピアノが転がりまくるのも知っていましたが、
1+1+1で100になっちゃうのは本当にバンドのマジックですね。
で本当の1+1+1+1だったら10000ぐらいになってたのでしょうか?
完全に後追いの私はCDとDVDで体験するしかないわけですが…。

地面から5㎝ぐらいの高さでふかふかグルングルンと動く
DR.TOSH?のベースは本当に凄まじい。
音を出したり切ったりする絶妙なタイミングは
ベースという楽器の肝のピンポイントをついてて、
しかもそれが自然体で出てくるところは、
ンデゲオチェロとかアシュトンバレットとか
私の大好きなベーシストに共通しますね。

でも、これだけではまだまだ足りないのだ。
8月5日は何があってもクアトロに行かねば。
感謝を放射して感謝を放射して永遠のループに入るのだ。
[PR]
by zhimuqing | 2007-07-13 00:01 | Funkentelechy | Comments(0)