カテゴリ:Dawn 'n' Shine( 157 )

春ですな

e0147206_12185217.gif

会社の同僚でVOODOO LOTUSの秘密映像班であるS氏へは
最近色々本を貸しているのですが、今のところ全て面白いと言ってくれるので、
紹介するこちらも非常にやる気が出るというか、勧め甲斐がありますね。
e0147206_1227012.jpg
ダン・アリエリー『予想通りに不合理』
ハラルト・シュテュンプケ『鼻行類』
カズオ・イシグロ『わたしを離さないで』
宮部みゆき『火車』


うーん、この並びを気に入ってくれる人は
なかなか見つからないぞ!

その流れで久しぶりに宮部みゆきの『理由』を読んだ訳ですが、
この『理由』と『火車』、そして『模倣犯』は少し古くなっているとはいえ、
宮部みゆきの大傑作。
読んでいるうちにあっという間に明け方の4時。
分かっちゃいるけどナントカというものですね。

宮部みゆきのミステリーは家族について考えさせられるものが多く、
そういう部分では昔に比べ、胸に迫る度合いが大きくなっている気がしますね。
模倣犯の前半なんか、今ちょっと読むのはあまりにもしんどいですもんね。
大傑作であることは間違いないんですけどね。

さて、先日は子供二人とムスメの友人との3人で
都内某所へ行きましたよ。
まあ、花見シーズンでもあったので、物凄い人出。

e0147206_12342982.jpg
入り口付近にて。
e0147206_1234996.jpg
早く中に行きたい男、一人。
中に入ると、カメラ担当はレイ。
e0147206_2231582.jpg
シロクマ(撮影者の自信作らしい)
e0147206_125661.jpg
サイ
e0147206_1252859.jpg
カバ
e0147206_1254857.jpg
昼寝している私の様だ
e0147206_126617.jpg
角を掴む⇒ヤギに怒られる
e0147206_1262314.jpg
耳を掴む⇒ヤギに怒られる
e0147206_1264263.jpg
また角を掴む⇒ヤギに怒られる
e0147206_127184.jpg
ヤギに跨ろうとする⇒私に止められる

e0147206_1274024.jpg
おにぎり

帰る直前にヨウが『とこちゃんはどこ』状態になったので焦るが
無事確保出来て良かった。
e0147206_1282573.jpg
ということで、また行こう!
[PR]
by zhimuqing | 2015-04-05 12:27 | Dawn 'n' Shine | Comments(2)

おせわになりました!

本日、ヨウタロウがついに卒園。
私はどうしても外せない仕事があり、ギリギリまで調整を図っていたのだけど、
やっぱりどうしようもなく、参加できず大変残念な思いをしたのですが、
でも、喜ばしいことには変わりありませんね。
e0147206_2565676.jpg
卒園アルバムはなんと先生達の手作り!
これには感激したっ!

相変わらず頼りないし、世間一般から見るとまだまだなのだけど、
それでも一歩一歩確実に成長していることが良く分かって、
ふとした拍子にとても嬉しい気持ちになりますね。
おまえ、可愛すぎるぞ!
e0147206_254917.jpg
お世話になった先生との写真。(一部諸事情により変更が加えられているかも)
色々な人たちにヨウもヨメさんも私も支えられているのですね。
皆さんには感謝しかありません!

なお小耳に挟んだのですが、このM山先生、
この私のブログの存在を知っている模様。
卒園式の時、「明日パパはライブなんでしょ」とヨメに語りかけたとのことで、
恐るべき地獄耳というか、調査能力なのでありますが、
私の日常の恥ずかしいあれやこれやが、全てバレていたと思うと
顔から火が出そうなのですが、いえいえ明日はライブですから、
全力で火でも何でも出そうではありませんか!
というかM山先生、なんでしたら
明日土曜日のライブ、お越しいただきたいものですね。
是非とも新宿2丁目のスモーキン・ブギまで!
[PR]
by zhimuqing | 2015-03-20 23:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

おめでとう&ありがとう

なんと驚きの生誕8周年!
e0147206_22151971.jpg
8年前のことをいろいろ思い出しますが、
月並みすぎますが、月日の経つのは随分と早いものです。
真夜中、関西に向けて車を飛ばしてのが懐かしいですね。
一晩中モータウン時代のグラディス・ナイト&ザ・ピップスを
ずっと聴きつづけていましたね。
e0147206_22153872.jpg
ということで、ブログに本人の許可なく勝手に写真載せまくれるのも
あと2年ぐらいかな?と思いつつ、誕生日おめでとう!
そして君らがいて私がいる。ありがとう!
e0147206_22155392.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2015-01-31 11:20 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

43回目

そんなことで43回目の生誕記念日でありますが、
今日の我が家のケーキは最高でした!
e0147206_2224217.jpg
これはどう我慢しても食べすぎてしまうなぁ。

さて、昨年度のこの日にはなんとかしてチャック・ジャクスンの渋さをゲットすべし!と
意気込んでいたのですが、まったくそういう渋みをゲットすることもかなわず、
やはり40代の男たるもの、目指すべきはビズ・マーキーだな、と。
e0147206_2228730.jpg
40は不惑だそうですが、相変わらず迷いまくり。
でも、それがイイのだ!
e0147206_22282031.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-12-28 22:27 | Dawn 'n' Shine | Comments(2)

60年後の続編ですな

娘の作品、最新作。
まだ根強い人気のあれですね。
色遣いはなかなかのものだ。
e0147206_23163419.jpg
この冬、各地で大発生しそうなあの人?。
意外にいい感じだ。
e0147206_23185830.jpg
ドアップで見ると、60年後の続編のグッズ的な趣も。
先取り力はなかなかのようですな。
e0147206_23221078.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-11-01 23:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

ハーコーな流儀で決めてみる

家族で公園に。
e0147206_18181640.jpg
珍しくアスレチックに熱心に取り組むヨウ。
こちらは木工工作に熱心に取り組む姉。
e0147206_18184068.jpg
木工工作にやや似つかわしくないアクセサリーも。
e0147206_18213960.jpg
ブラザGから貰ったネックレスが文字通り、光りますね。
公園にいた人から、おまえはエリックB&ラキムか?と突っ込まれたとかなかったとか。
父としては、エリックBではなく、ラキムであってほしいものですが、さて。
e0147206_1822984.jpg
いやがる弟の顔を無理やり。ハードコアな東海岸のヒップホップの流儀ですな。
e0147206_18225856.jpg
e0147206_18291732.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2014-10-19 18:25 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

果たしていつまで?

e0147206_01619100.jpg
伊豆に行く予定だったのだけど、ヨウがまだ熱を出しているので、
少しだけ足を延ばして大きめの市民プールにムスメと一緒にゴー!
e0147206_0132599.jpg
果たしていつまで一緒に行ってくれることやら。
[PR]
by zhimuqing | 2014-08-06 00:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(2)

大仏さん、立ち上がって踏み潰して!

e0147206_9571329.jpg
知人に招待されて鎌倉へ家族で行ってきましたよ。
昨日東京都内では悪天候だったみたいですが、
私の日頃の行いが良いため、鎌倉は曇りのち晴れ。
とはいえ、日差しが強すぎて、それはそれで大変だったのですが。

それにしても鎌倉、実にいい所ですね。
一度住んでみたいものです。
何気ない小道に魅力が潜んでいるところは古都ならでは。
海も山も近くて楽しそうだ。
観光客が多いので、休みの日に車で出かけるのは大変そうですけど。
e0147206_1265978.jpg
江ノ電を見守る!

バスで横にスペイン人母娘が座ったのだけど、
撮っていた写真(ムスメに見せてくれたのだ)は実にハイレベル。
もちろん才能もあるのだろう(それは間違いない)けど、
私が気がつかないジャポニズム的なものをうまく捉えていて、驚きました。
才能がある人が歴史のある場所を訪れると、一発で切り取ることが出来るものが
たくさんあるのかもしれませんね。
才能がない私には何度も訪れても判らないであろうところが残念ですな。

凡人の私は家に帰って寝る前に、マルコス・ヴァーリのことを思い出し、
葛きりを食べるのを忘れたことに気がつきました。
e0147206_9581722.jpg
小品"Mushi Mushi"は鎌倉で食べた葛きりにインスパイアされ
ヴァーリが日本滞在中に作詞作曲を仕上げた一曲。
やっぱり才能ある人は凄いな。

鎌倉といったら、なんといってもこのイケメン!
e0147206_948242.jpg
イケメンを前にご満悦。最近いつもこのポーズ!
e0147206_953294.jpg
イケメンの周りを走り回る!
知人によると、この大仏さん、立ち上がって走ると30分ぐらいで都心に着くらしい。
一走りして、永田町あたりのバカモン達を粉砕してくれないでしょうか?

e0147206_1274271.jpg
こちらは個人的にはずせないロータス。
[PR]
by zhimuqing | 2014-06-30 23:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(4)

亀を放つ

ワールドカップが始まったおかげで、生活のリズムがボロボロになっている訳ですが、
皆様、如何お過ごしでしょうか?
本田のシュートに痺れつたのもつかの間、ガックリきたのですが、、
私は毎回同じように、ブラジルを除く中南米勢とアフリカ勢、
それにスペインは前回優勝したので、ポルトガルなんかを応援している訳ですが、
大会スケジュールをもう一つ把握出来ていないので、
色々慌てている訳ですが、これも毎度同じことなのだ。

さて、先日捕獲してごく一部で話題になったクサガメですが、
やはりカブトムシ用のプラケースで飼うのはあんまりだ!ということで、
捕獲した公園にある池に逃がしに行った訳ですね。

名作短編小説「亀を放す」を書いたのは切石智子ですが、
そこで描かれた亀のMOJO郎は(ミシシッピ)アカミミガメ。
IUCNでは世界の侵略的外来種ワースト100に、
日本では日本生態学会で日本の侵略的外来種ワースト100に指定されており、
当時とは違って今では、そこで捕まえたものだからといって、
のんきに放す訳にいかないのですね。

ということで、その前に観察を行うべし!ということで、
カメメ(という名前が付けられていたのだ、知らないうちに)には申し訳ないが、
子供達と遊んでもらう時間を少々。まずはスケッチから。
画伯の絵はこんな感じ。
e0147206_120570.jpg
やや背甲の模様がサイケかな?
e0147206_1202323.jpg
e0147206_120378.jpg
脚は個人的に良く観察してほしかった部分なのだ。
e0147206_1205565.jpg
こちらの画には、なぜか友達まで登場。

水槽から出して、ベランダに置くと、予想以上に元気あふれる活発なカメメさん。
e0147206_121332.jpg
e0147206_1275997.jpg
昆虫は今一つ苦手のムスメですが、カメは割と平気な模様。
ヨウタロウは基本的に興味を示さず。やはり車と電車の方がいいのか?
e0147206_12822100.jpg
e0147206_1283826.jpg
それにしてもカメを持ってのピースサイン。割と珍しいかも。

ということで、捕獲した公園にある池まで連れていきましたよ。
途中、小学生の女の子にみせてあげるも、恐がって(何を?)逃げていきました。
ということで、お別れの記念撮影。
e0147206_1292179.jpg
さらば、カメメちゃん。
実はこの時、ちょっぴり涙がこぼれそうになっていた女の子が一人。
e0147206_130386.jpg

突然地面に下ろされ、困惑するカメメ。
e0147206_131258.jpg
さあ、池に向かって進むのだ!
e0147206_132341.jpg
意気込みが前脚の辺りに表れていますね。
e0147206_1321949.jpg
カメメらしき亀が水面に顔を出したのを見て、
何かしら納得したのかどうか分かりませんが、
3分後には元気になっていたので良かったのですけどね。
また今度会いに行こう!
[PR]
by zhimuqing | 2014-06-16 01:33 | Dawn 'n' Shine | Comments(0)

相談者 女性 30代 既婚

≪相談≫

30代の女性、既婚者です。

旦那が夜道でカメを捕まえました。


家で飼う気はないとのことですが、子供達に見せようと思ったと言いながら、
意気揚々と家に持って帰ってきてしまいました。
私はあまりのことに呆れ果て、特にコメントを差し控えたのですが、
どうだ、観てみろクサガメだ、アカミミガメでもガメラの赤ちゃんでもないぞ、
もしかすると、大きくなると忍者になるかもな、ハハハ等と
呑気な顔で適当なことを喋りまくっています。

私は素知らぬ顔をして寝たふりをしていたところ、
使っていない水槽を取り出したり、写真を撮ったりとガサガサ動きまくる上、
ベランダに置いた水槽の中でカメも対抗するようにガサガサと動きまくり、
まるでバケツのツガニが二匹いるかのようにうるさく、閉口いたしました。
(九州の一地域では、そのような言い回しをすると義母に聞いたことがあるのです。)

流石に呑気な旦那もこれではまずいと思ったのか、
玄関の外にカメの入った水槽を持って行きましたが、
このままカメが我が家に居付いてしまうのではないか、大変心配です。
カメを元に戻して、ついでに旦那の小児性も矯正する何か良い方法がないかと
今回御相談させていただいた次第でございます。

≪回答≫

困った旦那様をもった奥様にまず心から同情申し上げます。


今回問題となっているクサガメですが、一説によると漢字で書くと、
草亀ではなく臭亀と言う説があるほどで、通常はそんなことはないのですが、
身の危険を感じるとコケの様な臭いを出す上、夜中にガサゴソと動き回ることも多く、
はっきり言って集合住宅には、不向きなペットだと言えます。

こっそりと捨てて逃がしてしまうことも可能ですが、
当人が全く反省しない可能性もあります。
バルカン人のごとく、理論で攻めても無意味です。
ここはフェレンギに対するように、金銭面、もっと分かりやすくいうと
兵糧攻めがもっとも効果的でしょう。

このままカメが居付いてしまうと、月々のお小遣いが減ってしまうこと、
それではライブはおろか、CDや本も買えなくなってしまう可能性があることを
粘り強く伝えていくしかありません。
また、子供さんを使って搦め手から攻めてみるのも効果的かもしれません。

間違えても、こっそり捨てて、カメ?あ、あれは食べたよ!なんて答えをしないように
気をつけましょう。
この手の男性は何かの役に立つとなると、色々ものを収集してしまう方向性が
強化されてしまいます。
この方面で一旦こじらせてしまうと大変です。

私の知人にも、資料集めと称して全く役に立たない新聞の切り抜きを続けるあまり、
部屋が資料と称するゴミで溢れかえり、まるでガサ入れ後の部屋のようになったという、
全てを超越して笑うしかない状態に至っている方もいらっしゃるほどです。

また、なんだ、クサガメかよ、等といった発言も避けるべきNGワードです。
コレクター精神が刺激され、ゴム長をはいて特定外来種であるカミツキガメを
探しに行きかねませんし、おそらく旦那様の友人にも同じ方向性を隠し持った人が
多数いらっしゃるように見受けられますので、一緒に印旛沼まで探しに行くと言いだすと、
被害が広範囲に亘ってしまう可能性も否めません。
またカミツキガメに集中するあまり他のことに集中できなくなり、
財布や携帯を落としてしまうなんてことになると、これもなかなか厄介です。

奥様の現状には同情しますが、劇的に症状を改善することは
なかなか難しいことをまず肝に銘じましょう。
一歩一歩正常な状態に近づけていくことが重要です。
応急的な処方箋としては、イソップ童話の名作中の名作「太陽と北風」に倣い、
さしあたって旦那様のお小遣いを思い切って増やしてみることから
初めてはいかがでしょうか。
身を捨ててこそ浮かぶ瀬もあれ、という諺もあることですし。
e0147206_0283757.jpg
e0147206_028555.jpg
e0147206_0291327.jpg
甲羅に走るキールの三本線はクサガメ特有のもの
e0147206_0292859.jpg
腹甲の色目からもおそらくクサガメでしょう。
[PR]
by zhimuqing | 2014-06-11 00:28 | Dawn 'n' Shine | Comments(5)