カテゴリ:Hot Barbeque( 63 )

ベトナムは奥が深い

久しぶりに来たベトナム。ホーチミンにいるのに、お昼ご飯でなぜか餃子の王将に連れて来られたのですが、お店のメニューはなかなか興味深い。

e0147206_17412960.jpg
謎のオムライス的な何か。


その正体はハンバーグふわとろ天津飯。ペンパイナッポーアッポペン的な一品です。なぜ天津飯の上にハンバーグを乗せたのか?なんて考えてはいけない。感じるのだ!
e0147206_17422649.jpg
価格は何と79000ドン!

極めつけはこれ。
e0147206_17441231.jpg
謎の餃子アレンジ品。




その正体は、
e0147206_17455421.jpg
たこ焼きソース水餃子、49,000ドンなり。

味?そうですか、味について聞きたいのですね?ドラミングを表現する時に音の分離が良い!と褒めることがありますが、この逸品も同じような感じ。久しぶりにねじれの位置という言葉を思い出しました。謎のたこ焼きソースと餃子、特に具、とが一切混じりあうことがなく、絡み合うこともなく、共鳴しあうこともなく。オバマやアンゲラ・メルケルと安倍壺三のような関係と言えば、餃子に失礼に当たるかな。やはりベトナムもなかなか奥が深いです。
[PR]
by zhimuqing | 2017-03-14 17:53 | Hot Barbeque | Comments(0)

トンコツ

タイでネットを見ていると、突然こんなものが出てきてびっくり。
e0147206_14534851.jpg
右から二番目のお兄さんが鼻を押さえているのは、トンコツ臭がきつすぎたのでしょうか?

海外に向けてここまでトンコツを推すのか!という謎のサイト。(公社)福岡県観光連盟が作っているサイトなので、変なサイトではないのですが、福岡出身の人間としては、なんかすっきりしないんですよね。豚骨ラーメンに一家言持つ友人が多い私としては、彼らを差し置いてトンコツラーメンを語らせて良いのか?という気持ちになります
e0147206_15373050.jpg
e0147206_15383772.jpg
TENJIN CITYか、うーん。
[PR]
by zhimuqing | 2017-02-07 15:43 | Hot Barbeque | Comments(0)

タイ南部にて

お客さんの希望で急遽工場で天婦羅を作ることになり、慌ててスーパーに天婦羅粉を買い出しに。無事、タイ製の天婦羅粉をゲット。
e0147206_20161160.jpg
商品名「日本の天ぷら打者」。

悩むこと数分。これはあれですね、天婦羅のバッター粉を辞書で調べて野球のバッター、すわなち「打者」に辿り着いたのだな、と私の思考も辿り着いて、実にすっきりしたのであります。

こちらに借りているアパートの近くに出来たレストランで、お勧めの料理は?と聞くと、スープ無しのトムヤンクンの評判が良い!とのことで、さっそく注文。
e0147206_20223667.jpg
たしかに美味そうだし、香りも良い。でもね、トムヤンクンにいっぱい入っているカー(生姜みたいなの)もタクライ(レモングラス)もバイマックル(こぶみかんの葉っぱ)も香りづけが目的の硬くて本来食べるものではないわけで、一皿の中の可食分は極めて少量。3人で魚を一切れずつ、海老は2匹なので譲り合い、イカリングは4つだったかな。見た目で満足させるという謎料理、ダイエット目的には良いのかもね。
[PR]
by zhimuqing | 2017-01-11 20:28 | Hot Barbeque | Comments(2)

鼻ものびるってなもんです

芝大門 洋食 ROCK。
7年間務めた以前の会社のすぐ近くにあったのに
まったく気づかなかったお店ですが、
このお店は実に素晴らしい。
e0147206_184497.jpg
出てくるものがすべて美味しい!
更に値段もお手頃。居心地も良い。
文句のつけようがありません。
あえて注文を付けるとすると、
マスターが一見コワモテに見えることぐらいでしょうか?
とはいえ、マスターの温性の高い接客に
あっという間に訪れたほうは馴染むことが出来て、
ゆったりとご飯が食べられるわけですが。
e0147206_195512.jpg
タラのトマト煮はとにかく美味でした。

縁あって、私がお店を予約したのですが、
同席した3人(前の会社の友人達)も大満足で
鼻が延びる、じゃなかった、それは象だな、
鼻が高いってなもんです。
e0147206_1173180.jpg
赤ワイン煮込みも美味い。友人と取り合いに。

お昼のランチもやっているそうで、これも食べに行きたいけど、
何はともあれ、個人的には夜のアラカルトをゆっくり楽しむのがいいかな。
また早い時期に食べに行きたいっす。
[PR]
by zhimuqing | 2016-11-23 00:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

人生は一期一会

タイの田舎に出来た日本料理屋。
e0147206_19485648.jpg
残念ながらお店の中の様子が見えないので、
お客さんがいるかどうかもわからない。
こういうのを見ると、怖いもの見たさで入りたくなりますね。
で、勇気(と言うしかない)をふり絞って入店!
e0147206_19483493.jpg
やはり不思議空間としか言いようがない。
謎の提灯、謎の鯉、国王の肖像、桜の造花、そして床に座る母子。
実に良い具合にパンチが効いている!

入店を早まったと後悔しては、こちらの負け。
とりあえずラーメンを頼んでみる。
(この時点ですでに敗北感がありますが)

で、こちらが看板メニューのラーメン。
e0147206_19475755.jpg
異国情緒のなせる業か、何か違和感がありますね。
なぜでしょう。

と考えること、3秒。
こいつのせいか。
e0147206_19472291.jpg
確かネズミに耳を齧られて青くなったと思うので、
これは齧られる前かと思いますが、
でも耳がないのはなぜだろう。

え、味はどうかって?
味について四の五の語るのは男らしいとは言えませんね。
グルタミン酸ナトリウムと5´‐イノシン酸二ナトリウムの味しかしない等と
語ってはいけないのだ。
人生は黙って一期一会、この店も一期一会、以上。
[PR]
by zhimuqing | 2016-09-16 20:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

日曜も仕事

出張中は日曜日も当然お仕事。
ま、部屋に一人でいても、やることはベース弾くか、
音楽聴くか、本を読むかで、子供が側にいないことを除くと、
ほとんど変わりないんですけどね。

さて、こちらはコンビニで見つけたカップ麺。
e0147206_17382447.jpg
トムヤンクンうどんスープ丼。
お湯を入れるだけですぐ食べられる即席うどんですが、
スープが美味しいから許すけど、
パッケージと現物、ちょっと違い過ぎない?
e0147206_17385295.jpg
説明文には英語もあるから助かります。
e0147206_17394957.jpg
49バーツ、タイの物価だとちょっと高いかな?
[PR]
by zhimuqing | 2016-08-28 17:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

でもたまにはいいよね?

海に行ったかと思わせといて、仕事で北海道へ。

久しぶりの北海道、テンションが上がるのはなぜでしょう。
でも、前日結構雨が降っていたそうで、肌寒くて驚く。

品行方正な私の楽しみはこれしかありません!
まずお昼はこちら!
e0147206_13821.jpg
定番ですな。

仕事をみっちりやった後、本日の宿へ移動!
予想していなかったので、テンションが上がる!
e0147206_142058.jpg
昔の鰊番屋をそのまま移転した民宿。
晴子情歌をもって来るべきだったと軽く後悔。
e0147206_145028.jpg
e0147206_163984.jpg
e0147206_171159.jpg
e0147206_173880.jpg
足踏みオルガンが超クール。
何を弾いたかは秘密ですが、バンドの新曲を弾いたとの噂も。

夕ご飯が最高でした。
e0147206_184836.jpg
またしてもウニ!昼のウニよりも数段上なのであります。
e0147206_193641.jpg
北寄貝もべらぼうに美味い!
e0147206_1101331.jpg
アカガレイの唐揚げ!
e0147206_1104560.jpg
時鮭の焼き物!
e0147206_1112666.jpg
ウナギの白焼き!これは関西風(なので私の好み!)
e0147206_1121093.jpg
締めはタイのほぐし身といくらの丼。
e0147206_1125534.jpg
ああ、最高です。
観光客向けのお店でないので、値段も実はそんなに高価ではないのが素晴らしい。
これはプライベートでも来たいお店ですね。
e0147206_118507.jpg
最初から最後まで、ああ美味しいと言い続けて食べるということの
何と幸せなことよ。
完全に役得なのですが、でもたまにはいいよね。
e0147206_104183.jpg
朝ごはん、凄い。
この後、仕事が出来そうにない。
[PR]
by zhimuqing | 2016-07-20 00:28 | Hot Barbeque | Comments(0)

美味い美味い

タイの謎のスイーツ。
e0147206_21201058.jpg
こちらの会社にいるおばさ、いや間違えたお姉さんが
あんた食べなさい!と、強引に押し付けてきたもの。
ちまきか何かと思って開けてみると、
e0147206_21205286.jpg
中にはプルンとした乳白色のゲル状の物体。
e0147206_21211445.jpg
ココナツベースの中に何かの餡が入っていて意外にいける!
e0147206_21213281.jpg
ここで、レシピなんかをしっかり聞いておけばよかったのだが
いかんせん言葉が通じないので、聞き出せない。
ま、この辺がサラームさんとの違いですね。

こちらはアパートの近くにあるお店
e0147206_1018732.jpg
。Cを抜いているので、間違いなくLAのブラッズの支配下にあるのかと推測。
(なぜか赤ではなく黄色だけど)
アイスTやスヌープ、ウォーレンGは立ち入り禁止なのか?
青い服を着て店に入ると撃たれるのか?
店員は皆ジェリーカールにしているのか?等等、
様々な妄想や疑問が沸き起こりますな。
そうなるとDJ Quikが聴きたくなるのですが、
肝心のiPodに入っていないという失態。
早く日本に帰って聞きたいところであります。
e0147206_10191338.jpg
お店に入店する時はラジカセを担いでいないとだめらしい。
[PR]
by zhimuqing | 2016-06-15 21:30 | Hot Barbeque | Comments(0)

ドンムアンで朝食を

タイ出張。
毎月のことなので、新鮮味はありませんが、
空港の本屋で見つけたサラーム海上先生の
『イスタンブールで朝食を』のお陰で
フレッシュな気分に。
e0147206_12151512.jpg
そうそう、この本を手に取った私を見ていたお姉様
レジで私の後ろに並んでいたのですが、
片手にはこの本がしっかりと、という
なかなかナイスな事案が発生。
そのため、羽田空港の115ゲート近くの本屋では
在庫がなくなったわけですか、
それもまた良いことだということで。
e0147206_12161032.jpg
一夜明けてドンムアンにて、貪るように読む。
[PR]
by zhimuqing | 2016-06-12 08:57 | Hot Barbeque | Comments(0)

遂に食してみる

昔々、福岡の親不孝通りにインドカレーのお店がありまして、
たしかミスターPに教えてもらったお店だったと思うのだけど、
プリマクさんやロンマクさんと食べに行った時に、
誰かが「木の実のカレー」を頼むと、
インド人(多分)のウエイターさんが真剣な顔で
『やめておいた方がいいです』とアドバイスを。
逆に興味が沸く羽目となるのですけど、
さて、話題はチリマンゴーなのですね。
e0147206_13561077.jpg
以前も書いたことがあるのだけど、
アパートの近くのレストランにあるアイスクリームの中に
チリマンゴー味というものがあり、
これは酸味の効いたアイス?の中に唐辛子の粉末が入っているもの。
チリマンゴーにインスパイアされたアイスクリームなのです。
個人的には結構というかかなり好きなのですが、
注文するとウエイターがこちらを驚いた顔で見返すという一幕が
毎回繰り返されるという一品でもあります。

で、以前から興味があったチリマンゴーを食べてみましたよ。
e0147206_1358915.jpg
成熟しても甘くならずひたすら酸っぱい緑のマンゴーに
色々な粉?等をかけて召し上がるというデザート。
というか、マンゴーには見えないですね、この緑の果実。

こちらは砂糖と塩に唐辛子パウダーを混ぜたもの。
e0147206_13583158.jpg
マンゴーが酸っぱいので、甘味、塩味、酸味、辛味の4つの味が
微妙に混ぜ合わさるというものですね。
苦みを除くと、ほぼ主要な味覚が揃っている味付け、
五味識別検査の検体か?という感じです。
e0147206_13585545.jpg
これはですね、実は私の好みの味なのですね。
隣にいた日本人(男性、30代、ワンピースと女子バレーが好き)は
早々に撤退してしまったので、その分も私が喜んで食しましたよ。
威張ることではないですが、私は妊婦さんもびっくりするほどの
酸っぱいもの好きですからね。
ま、うちのヨメさんをはじめ、酸っぱいものが欲しくなる妊婦さんは
実はそんなにいないとも聞きますけどね。

とはいえ、五味識別検査を行うのであれば、
旨味もなければいかんばい!ということで、
ナンプラー・ベースのつけダレです。
旨味の本家本元、東南アジアの心のよりどころですね。
e0147206_13572736.jpg
ただね、これは、個人的にはノーサンキューかな。
ご飯の付け合わせとして食べるのだったら、ありかもしれませんが、
デザートとしてはちょっといまいちかな、と。
とはいえ、東南アジアのデザート界の底の深さを感じさせる一品とも言えます。

でもまあ、一番美味いのはやっぱりアイスクリームかな?ということで、
何のオチもない話になってしまいますが、
まあ、人生にはそんな日もあるということで。
e0147206_13565098.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-05-12 15:28 | Hot Barbeque | Comments(0)