カテゴリ:Mickey's Monkey Job( 66 )

揉み返しが来そうで、やや怖い

出張で久々の岡山。4年ぶりかな?

なかなか良いホテル!
e0147206_0342471.jpg
部屋にマッサージチェアがあるのだが、
これがものすごい機能で驚いてしまう。
狂ったように何回も試しているので、明日あたり体が痛くなるかも。
最近人気が爆発気味の空気清浄機もそうだが、
こういう取り組みというか開発こそが、大事なのだと思うのだ。
e0147206_034322.jpg
人気店だという、ホテル近所のカツ丼屋。
昨日健康診断終わるや否や、この食生活、このありさま。
意思の弱さは4年前と変わらない私。
因みに、カツ丼自体は割とふつうの味。
[PR]
by zhimuqing | 2013-03-01 00:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

いい言葉満載でいい気分

山下達郎の音楽をキチンと聞いたことはない。
就職して研修している時分に先輩に貰ったMDを聴いたぐらいか。
とはいえ、インタビュー等の記事を読んだりした際のその言葉の説得力は
物凄いものを感じていて、日本のミュージシャンの中でも群を抜いて素晴らしいな、と
遠くから富士山を見るような気分で眺めていたのですね。

特にラジオに関しては、日本のベスト3に入るでしょう。
山下達郎のサンデーソングブック、ピーター・バラカンのウィークエンド・サンシャイン、
そして丸屋九兵衛のモンゴリアン・デスロック。

e0147206_0411027.jpg
最近ベスト盤を出したようで、それを受けてのインタビューを読んだが、
実にいい言葉が満載で、そうだそうだと首を縦に振りすぎて
筋肉痛になりそうです、はい。
あと、インタビュアーも良い仕事をしている。

読んでもらった方が早いが、以下、抜粋。

一番重要なのは編曲なんです。
どんなにいい曲でもアレンジが迎合的だと歴史の試練に耐えられない。
アレンジがその曲の耐用年数を決めるんです。

ロックンロールっていうのは基本的に全力疾走の音楽です。
特にライブでは、遊んでるヤツがいてはいけない。
全員が100%駆動してギリギリのところで汗を流しながらやるのが
ロックンロールなんです。

本来ライブでやるのがすごい難しい曲でも、
僕のバンドのメンバーは演奏力があるからある程度再現できるんですよ。
でも、それは常にギリギリのところで成立させているので、
そのギリギリ感が逆に演奏上のエネルギーとなって、
ライブの質を向上させることにもなっていくわけで。

シンガーソングライターだから人のカバーもあんまりやりたくないし。
今の安直なカバーブームっていうのは曲が書けないからなのか、
わからないけど、だけど新しい曲を作るパッションがまだあるうちは、
自分で書いた曲を歌いたいと思ってます。


新譜に感動できるっていうか、人の作ったものに感動できるうちは
大丈夫だなって思いますね。

大昔食えなかった頃には、人のためのアレンジとかコーラスとか、
できる仕事はなんでもやってたんだけど、中にはクソみたいな仕事もあるわけ。
だけどどんなにクソみたいな曲でも、自分がやったアレンジだけは
良かったって言われるようにしようとか、
あのコーラスだけは良かったって言われるようにしようって思ってやってた。


e0147206_0413916.jpg
こんなに良い言葉重ねられたら、ひとつCD聴いてみようか、という気分になりますね。
素晴らしい。勉強になります。
[PR]
by zhimuqing | 2012-10-03 00:18 | Mickey's Monkey Job | Comments(7)

そろそろ出発だ

バンコクのオネエさんが別嬪なのは、よく分かった。
うまいこと局所を後ろに回しこんでいることも分かった。
はるなAが優勝したのは八百長以外ないものでもない、という主張もよく分かった。
トイレは女性用を使用することが確認できて良かった。

ファンクといえばファンクだけど、
でも、私の興味はその辺にないので、あしからず。
とはいえ、彼女達?の生き様にはやや興味はあるけど、
そういうの聞くのは野暮なんだろうし。

ということで、ホテルからそろそろ出発だ。
e0147206_12534068.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2012-08-05 12:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

ああ、帰りたくない

e0147206_1195838.jpg
ということで、ひきつづき南タイ滞在。
深南部ではないので、テロ等の問題はあまり無い模様。
とはいえ、赤シャツ黄シャツだなんだと選挙では熱くなるお国柄、
選挙用のポスターも町中にベタベタである。
e0147206_19378.jpg
『2×』のマークは離婚暦2回を示している。
簡単に言えば、選挙相手に対するネガティブキャンペーン。
タクシン派と王室派、さらにはムスリムを巻き込んだ政争は
こんな田舎まで(田舎だからこそ)影響を与えている。

談話:民明書房 「タイ南部の闇と私の金儲け」 著者 両子寺聖司 氏



ここ数日は仏陀生誕日ということで、レストランやバーでは
アルコールを出してはいけないということだったが、
酒を飲まない(飲めない)私にはまったくダメージなし。
むしろ夕食が早めに終わるのがありがたい。
(ちなみに罰金は30000バーツ、日本円で80000円強らしい)
e0147206_1191373.jpg
熱心な仏教国なので、今週は仏具のお店も元気一杯。
蓮をあしらったグッズもたくさんあり、買って帰るか、迷うことしばし。

ちなみにこの仏具店の3軒ぐらい隣にあった服屋が大変興味深い。
e0147206_1215742.jpg
ブラジルのカルナヴァルの衣装以外の用途はないのでは?
e0147206_1234244.jpg
タイにもシンクレティズムがあるのか?
タイはバイーア、ペルナンブーコに通じているのか?
エシェ、エレグアに祈りをささげなくては!
奥にあるマネキンもただならぬ雰囲気。
e0147206_1263250.jpg
写真禁止との張り紙があるので、通りすがりを装いながら、激写。
黒い紳士向けの衣装はイデケン君向けに買って帰るべきだったと、
今現在後悔しています。

街は昼も夜も安全というか、怪しげな気配はないし、
ゴミもあまり落ちておらず、変な臭いもあまりない。
総じて中国やベトナムよりもキレイだという印象ですね。
e0147206_129183.jpg
ベンツやBMWは昔のデザインのほうがはるかにかっこいいと再確認。

とはいえ、熱帯の国、深夜にもなると、猛獣が出てくるので、気をつけないといけない。
e0147206_1321196.jpg
e0147206_1335353.jpg
油断すると、ガブリとやられてしまう。
更に油断していると、通りすがりのタイ人に小馬鹿にされた笑みを投げられてしまうので、
注意が必要だ。

ということで、楽しかった南タイとも今日でお別れ。
バンコクに向かうのでありました。
ああ、帰りたくない。家族とバンド仲間を引き連れて移住したいなぁ。
e0147206_136332.jpg
e0147206_1372525.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2012-08-05 00:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(1)

生憎の豪雨が残念だ

鹿児島にせっかく来ているのですが、生憎の豪雨。
昨日は夕方時間があってので、吹上浜でこっそり海で遊ぼうと思っていたのに、
これまた大雨。
本日は夕方フェリーで錦江湾を渡ったのに、
桜島は雲で隠れていて、頂上がまったく見えず。
うーむ、日頃の行いが悪すぎるのか?
e0147206_22504433.jpg
個人的には、富士山よりも好きな桜島。
4分の1、鹿児島の人間であるので、仕方がない。
上のほうの雲が黒いのは、噴煙と雲が入り混じっているから?

九州南部にやってくると、町並みや自然や空気が
私の好きな音楽と絶妙にマッチしてくる気がする。
クァンティックなんか特にそういう感じがするのだけど、
そういう意味では、ニューオリンズ関係もバッチリだ。
ということで、本日はドクター・ジョンの最新作が非常にしっくり来るのだけど、
仕事をしないといけないので、レビューはまた今度!
e0147206_22495288.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2012-07-11 22:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

躍動し、光り、色彩豊かな空間

1年に1回ぐらい腰痛をこじらせてしまうのだが、
今年もまた痛くなってしまいましたね。
おそらく、ぎっくり腰の一種だと思うのだが、いきなり来るのではなく、
だんだん痛くなってきて、動きが鈍くなってしまうという感じ。

土曜日はまだ調子が悪くなかったので、淵野辺まで車で遠征して、
アフリカン・ヘリテイジ・フェスティバルを見に行ったのだが、
あいにくの天気、小雨がぱらつき、寒い寒い。
ステージでのバンド演奏も、ジェンベのワークショップもほぼ中止状態。
腰にも悪かったのだろうか、日曜の本日はほとんど寝て過ごす羽目に。
週末の横浜開催の方にしておけばよかったかな?

さて、腰が悪くなる前に見に行っていたのが、
銀座で開催されていたロトチェンコ展。
e0147206_0413274.jpg
ロシア革命前後から10年ぐらいの間活躍していた
グラフィックデザイナーの作品展ですね。
パンフレットには、ロシア構成主義の芸術家とか
ロシア・アヴァンギャルドの寵児、なんて書かれていますが、
まあ、そういう小難しい話とは縁のない私でも、
そのインパクトでもって十分に楽しめました。

ロシア革命後の商業広告を主に手掛けているのだけど、
一番有名なのが、「書籍」の広告ポスターのこれですね。
e0147206_0395694.jpg
このポスターを借用したCDのジャケットなんかもありますね。

専門家が見るとまた違うのだろうけど、
字体や構図は素人が見ても新鮮で、カッコいい。
革命の時代のロシアにこんなヒップなデザイナーがいたとは!
写真のコラージュもまた凄い!
e0147206_0424415.jpg


私が一番惹かれるのは、色遣いかな。
経年変化もあるのだろうけど、ややくすんだ色使いが
キリル文字と組み合わり、何とも言えない魅力を醸し出している。
広告の中には、ライターが書いた宣伝文が書かれているものもあるが、
その文もキレが良くて、私好みですね。
バンドの告知チラシもこんな感じで作ってみたいなぁと
思ってみたりするのでした。
e0147206_0401521.jpg
これに優るおしゃぶりは昔も今も無い、
年を取るまで喜んでしゃぶるよ

うーむ、イラスト、構図、宣伝文に至るまでヒップすぎる。
e0147206_041420.jpg
航空会社の宣伝ポスターも大変いい感じだ。

e0147206_0382034.jpg
私が驚いたのは、クッキーやキャンディの包み紙のデザイン。
これがいちいちカッコいいのも凄いのだけど、
当時のロシアでこういう商品の細部にまで気を配っていたということが、
無骨で機能性のみ重視という、この時代に対する私のイメージと
うまく合致しないのですね。
また、いわゆる「社会主義」下での仕事のあり方のイメージとも
上手く合致しないのですね。
(ふた昔前の中国のデザインに関してはイメージが合うのだが)
e0147206_0384490.jpg
90年前のこういう包み紙がきちんと保存されていることも驚きだが。

パンフレット(我慢できずに購入した)を読むと、
ロトチェンコ達の活動は政治的に後押しされていたようなのだが、
トロツキーとの権力闘争に勝ったスターリンの時代が来ると同時に、
ロトチェンコ達の後ろ盾も失脚してしまい、
結果として、この動きも宙づり状態になってしまったらしい。

政治と芸術の関係ということで、良くある構図なのかもしれないが、
それでもなかなか考えさせられる流れですね。
ロトチェンコ達の流れがそのまま当時のロシアに息づき、
発展していたら、とそんなことを考えてしまいますね。
e0147206_0434231.jpg


ロトチェンコ。非芸術的性質の構成作業の注文を募集中。
躍動し、光り、色彩豊かな空間広告。
ポスター、プログラム、看板、映画のポスターと看板、表紙。
販売及び製造マーク、ラベル、包装紙。
フォトモンタージュ、フォト・イラストレーション。広告戦略。
正確、明確、明るく、はっきりと、美しく、丁寧で独創的な仕事ぶり。

解説に載っていたロトチェンコの自己宣伝文より
[PR]
by zhimuqing | 2012-03-26 00:51 | Mickey's Monkey Job | Comments(2)

思い入れと愛情のない仕事

K子姐さんが出演していた昨日放送していた石巻日々新聞のドラマ、
割と予算が限られた状態で作られたような感じで、
合成された画面の処理等は雑ではあったのだけど、
淡々とした表現が逆に説得力を生んでいた。
こういうのは、大作にせずに仰々しくしない方が良いのだろう。
e0147206_1152179.jpg


驚いたのが、放送にかかわる編集。
CMの入れ方が極めてパンクというか、アヴァンギャルドというか、
暴力的で、物凄かった。
流れや余韻をぶった切るなんてもんじゃない。
演技の途中で脈絡なく突然CMがカットイン。

視聴者だけでなく、製作に携わった人の気持ちを全く考えない、新しい手法。
社内のルール通りにCMを入れたのだろうが、かえって逆効果だろう。
担当者の編集のセンス自体が大いに欠落しているのだろうけど、
センスが無くても、自分の仕事の対象に思い入れがあれば、
ああいうことにはならない。
ドラマで描かれた新聞社の人々の仕事への思い入れと対照的だ。
思い入れや愛情のない仕事は、他者から見ると凄い破壊力を持っているなと、
改めて実感させられました。
仕事はもちろん、何事においても、共通する話なのだろう。
私も気をつけることにしよう。


e0147206_11514167.jpg
愛情溢れる良い仕事といえば、ボブ・パワー様。
トニーズ、D、ATCQ、バドゥ、ンデゲオチェロ、ザ・ルーツ、コモン、
90年代以降の私の好きな音楽の半数以上でミックスやレコーディングに
携わっている、世界の最重要人物ですね。
ATCQの2枚目と3枚目、ディアンジェロのデビュー作での音質が
世界の音楽に与えた影響ははかりしれない。
e0147206_11515640.jpg
最近セリーナ・ジョンソンの名盤メジャー・デビュー作は
ボブ・パワーが全面的にプロデュースしていることを知って驚くと同時に、
激しく納得した私です。
[PR]
by zhimuqing | 2012-03-07 08:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

ネット見てると寝る暇無し

エリカ・バドゥ、才能もそうだが、
周りの人の選び方が物凄い。

マーク・ロンソン、モス・デフ、トローンボーン・ショーティー
そしてジガブー・モデリステ!!!
曲名は〈A La Modeliste〉、泣かせるじゃないか!



それにしても、デイヴィッド・レターマンの番組、凄すぎる。
DVD化してもらわないと困る。



何が偉いって、この≪RE:GENERATION≫はヒュンダイの企画なのだが、
音源がただで、しかもアドレスなんかの登録無しでダウンロード出来るところ。
他の曲でも、ファンク・ブラザーズとマーサ・リーヴズ!!!とか
引っ張り出しているし。
どうせやるのだったら、ここまでやるべしという、単なる仕事の枠を超えた
素晴らしい企画ですね。
[PR]
by zhimuqing | 2012-03-04 06:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

砂丘で考えさせられる

本日は出張での仕事の最終日、予定より1時間早く終わったので、
最近中国で有名になっているというビーチまで観光に。

なんでも数年前に始めたサンドアートが有名になっているということで、
入口には出ました、みんな大好きネズミ君!
e0147206_0585785.jpg
若干微妙な造形が若干香ばしいが、かなりでかい本格派。
本国の許可を取っているのか?なんてゴチャゴチャ考えるのは
野暮天の極みってなもんだ。

オネエサンを横に鼻を伸ばしているオッサンは、
傍から見ると、こんなにみっともなくなりますので、
注意が必要です。
e0147206_110443.jpg


で、傍から見ている人はこんな顔で馬鹿にしてますよ。
e0147206_1234588.jpg


魔法がかかっていない時のシンデレラはさほど別嬪でなかった、という事実を
冷徹に観察するジャーナリスティックな目。
たしかに靴を履かせないと、本人かどうか分からないぐらいだった訳だし。
e0147206_130168.jpg


となると、「大して美人でもないくせに!!」という、
義理の姉妹の嫉妬に溢れた表情も納得できるというものだ。
e0147206_1335423.jpg


プリンセスからの逆襲を恐れる継母の心境がよく理解できる。
白雪姫にも見えるが、この表情から他人の空似であることが理解できよう。
e0147206_26439.jpg


人気の熊にいたっては、完全に見物客を小馬鹿にしている。
蜂蜜を一日中舐めるだけの簡単な仕事についている勝ち組の彼が
我々庶民を思わず上から目線で見てしまうのは仕方ないかもしれない。
名前もプーだし。
e0147206_2174650.jpg
このプー氏の仕事よりも簡単なお仕事は、思いつく中では、
財務官僚の言うとおりに発言するだけの簡単なお仕事ぐらいか。
ただし限定1名だけど。

海辺に黄昏るカップル発見。
e0147206_2282734.jpg
うーん、正直誰なのかぜんぜん分からない。
ディズニーは原作:渡辺淳一の映画を製作しているのか?
とてつもなく薄っぺらい映画になってしまうぞ
男性の髪型は中国と私の共通の敵である小鼠純一郎に似ているか?
e0147206_2343144.jpg


一応、お城とかの出来は凄く良くて、見た甲斐はありました。
ただね、主催者に教えてあげたいのだけど、
製作開始時期:8月、完成:10月ってのは、どう考えても良く分からない。
7月の夏休みの前に完成させなくてどうするの?
3000年の歴史はやはり奥深いのだ。
e0147206_2414154.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-10-21 23:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

一歩ずつ歩んでいくのだ

e0147206_22462962.jpg
2011年7月14日現在、
生涯戦歴 :140場所 1046勝695敗158休
幕内戦歴 :107場所 878勝576敗141休
e0147206_22464668.jpg
自分のブログを検索して見ると、ほぼ4年前に通算873勝、
1年半前に、幕内通算807勝(通算975勝)とある。
こうやって見ると、本当にコツコツと積み上げていったことが分かり、
凄い力士だなと、感心することしきり。
e0147206_22465998.jpg
本日、人類未踏の記録に踏み出した訳ですが、
まだまだ通過点ですよね。
また一歩ずつ歩んでいくのだ!
e0147206_22471117.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2011-07-14 22:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)