カテゴリ:Mickey's Monkey Job( 64 )

タイと言えば

タイに出張に来ているのですが、
オッサンがタイに来てのお楽しみと言えば、
言わずもがな・・・

タイの子猫ちゃんですね。






あーやって、こーやって、あんなところやこんなところ、全部触りまくってやる!

ということで、行きつけのお店にて、いつものあの娘を!






e0147206_10204642.jpg
相変わらずの別嬪さんです。
e0147206_10212112.jpg
そうか、そこを触ってほしいのか!
e0147206_10215898.jpg
そんなうるんだ瞳でで見つめないで!
e0147206_10241527.jpg
姉さん、私には日本に妻も子も。
そんなに迫られると。
e0147206_10224092.jpg
抱っこしたくなりますね。
e0147206_10233246.jpg
うーむ、それにしてもかわいいのお!
[PR]
by zhimuqing | 2016-08-03 06:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

出張前に選ぶ5冊

木曜夜にバンドのリハをして、
金曜日に大分入りして、夜リハをやって、
土曜日に素晴らしい式に出てポンコツな演奏を披露して、
夜の10時過ぎに福岡に到着してラーメン屋を探しまくって歩き回り、
翌朝の5時に起きて船橋に戻り、24時の飛行機でタイへ行くという
怒涛のスケジュールですが、楽しい事だらけなので、
ストレスフリーで出張に行くというのは大変ありがたいことです。
e0147206_19315395.jpg
今回の出張は少しだけ長めなんで、トランクに入れる本も多めに準備。
モヤーン、プリマク両氏の推薦本をしっかり紛れ込ませました。
あぁ、楽しみだ!(出張中で読む本が)
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-21 19:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

臍を噛む

先日随分前からの東京在住中国人の友人L氏とご飯を食べたのですが、
共通の知人(顔と名前を知っているだけ)の話題になったのですね。

当時の仕事でつながりがあった人の義弟で
10年ぐらい前に大阪に家族旅行で来日した時に私がアテンドした人。
USJとか梅田の阪急とかその辺を案内したのですね。
まあ、本人はかっこつけている人だなぁぐらいの印象しかないですが、
もうびっくりしたのが、私を召使同然にこき使おうとした我儘放題の奥さん。
我聴不懂、聴不明白、聴不清楚、不知道でほぼ全編押し通した私も
まあ当時は若かった訳ですが。

それはさておき、当時香港を拠点にしていたその人(旦那さんのほう)は
10年経った今、北京で大富豪に成り上がり、
上場企業を複数所有しているまでになったとのことで
出張や旅行では全て飛行機をチャーターして移動しているそう。

友人L氏が言うには、あれですね、稼いだ金の使い道を知らない人だ。
デカい飛行機の中に数人で座ってもスペースが余るだけで仕方ないし、
チャーター飛行機が家まで迎えに来てくれるわけでもない。
ファーストクラスにゆったり座りたいというのは分かるけど、
自分には全く理解できない、とのことで、
全くもって我が意を得たり、という感じなのですが、
そういう二人が食べているのは上野の場末の居酒屋、
てっさとてっちりを食べていたけど、全然美味しくない、むしろ不味いというところが
鉄(河豚)を食べているというよりも、臍を噛んでいる感が満載で
店の名は、うーむ、とりあえず伏せときますが、
なんともまあ寂しい限りの夜なのでした。
でも、話は楽しかったからいいのだ!
e0147206_135005.jpg
艶とハリを見事に消し去る匠の技が光る「てっさ」。
乾燥してカピカピに熟成させたてっさは
大量のもみじおろしと合わせて食すと吉!
あっという間にもみじおろしが無くなるので、大声で追加を注文しよう!
e0147206_1352334.jpg
冬の代表的な味覚である「てっちり」の概念を超える新機軸の一品。
身のハリを熟達の技で無くした河豚の身はギリギリまで熟成を進めていますので、
とにかく大量のポン酢を合わせて食することが推奨されます。
[PR]
by zhimuqing | 2016-02-09 00:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

タイの空港にて

タイの空港にて。
e0147206_1954427.jpg
トイレ、外から丸見えやん!
その手の趣味の人にはたまらんね。
(私は違います)

e0147206_19542154.jpg
食べると幻覚起こすやつなのか?
いい感じでテカってますな。
試す気はないですけどね。

【追伸】
さっきから隣にいるインド人(かな?)のカップルが
熱烈ブッチュンコ大会を実施していて、
困惑半分、面白さ半分の状態なのであります。
ちなみに上のキノコとは全く関係ないのであります。
お間違えの無いように。
[PR]
by zhimuqing | 2015-12-17 19:55 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

アフターカーニバル

タイへ出張に来たのですが、夜行便のチケットの予約、
自分でやったのに間違えていて、これはもう大いに焦りました。
本当は月曜の0時20分の便だったのですが、
私が予約してしまっていたのは日曜日の0時20分。
ライブの余韻に浸りきっていた時間帯ですわ、その時間。
気が付いたのは日曜日の20時前ということで、
もうこれは完全にアフターカーニバルですよ。

10ウン万円が吹っ飛んでいってしもうたと意気消沈して
空港に向かったのですが、さすがはタイ航空、素晴らしいです、
変更で2万円かかりますけど良いですか?とのお言葉。
もうカウンターでウサギのように飛び跳ねたい気分でしたが、
ただでさえ情けなさ全開の私、そこはぐっとこらえたのでした。

それにしても、こいつは恥ずかしい格好悪いと思っていたら、
どうやら私と全く同じ間違いをした人がなんと複数名いた模様。
ええ、深夜の便は間違えやすいので、しょっちゅうですよ!と
笑顔で答えてくれる美人のグランドスタッフ。
世の中には粗忽者が随分いるようですな、あはは、とはいかず、
領収書?あ、カッコ悪いから要らないです、と
さわやかに出国審査に向かってみたのですが、
どこからどう見てもかっこ悪いよね?というお話でした、はい。
e0147206_0595846.jpg
こちらはドンムアン空港にいる人。
どこからどうみてもシリアルキラーにしか見えません。
怖い怖い。
e0147206_121495.jpg
とまあ、何とかたどり着いた南タイ、ごはんはとりあえず旨い!
終わり良ければ、全て良し!
あとは2万円に関するヨメとのネゴシエーションを乗り切るだけ!
e0147206_124744.jpg
これは比較的中華に近いですね。
言ってみれば、ケン・ブースのような味付けか?
e0147206_132513.jpg
これはパンチが効きまくっている!
南タイならではの味。
ロックステディのバックでチャックDが吠えている感じ。
e0147206_165337.jpg
タイ風のオムレツ。
リコ・ロドリゲスのような滋味あふれる味。
[PR]
by zhimuqing | 2015-12-08 00:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

散歩

e0147206_474443.jpg
e0147206_492660.jpg
e0147206_412586.jpg
e0147206_4133086.jpg
e0147206_4143963.jpg
e0147206_415109.jpg
iPhoneは割とどこでもさっと撮影できるのでいいのですが、
ピントのうまい合わせ方がまだ把握できていない。
とはいえ、甘い(甘すぎる)ピント、嫌いじゃないのですけどね(笑)。
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-24 04:15 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

忙しいな。

突如2日前に決まったタイ出張。
機中2泊、向こうで1泊なので荷物は少ないが、
この2冊は持って行く。
e0147206_189790.jpg
スミジャズの練習を泣く泣くキャンセル。
関係各位申し訳ないっす。
[PR]
by zhimuqing | 2015-08-08 10:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

財布を振ってもカネは出てこない!

9月のMTV presents SOUL CAMP 2015で
ローリン・ヒル!やコモン!!、ブラックスター!!!が
大挙してくるという話にひそかに盛り上がっていたのですが、
やはりフェスではなかなかじっくりと楽しめないので
単独公演やらないかな?と思っていたところ、
ヒルとコモンは単独での公演あり!ということで、
一気に盛り上がったのですね。
e0147206_2113819.jpg
場所は東京も大阪もビルボードですね。
うーむ、ビルボードか。大阪は知らないけど、
東京の音は悪いからのぉ、しかしやはり見ときたいな、と。
ローリン・ヒル、どれどれお値段は?
4200円か、お手頃ではないか?

・・・


桁が違いますな。42000円。
42000ウォンでなく、42000ジンバブエドルでもなく、42000円。
うーむ。
お金が必要ですもんね、ローリン・ヒル。

HPには特別公演なので2ステージではなく、
1ステージ90分のみだそうですよ。
えーと、42000÷90=466.66円/分。
カジュアルエリアは40000円なんで、分あたり444円。
10分、頑張って20分ぐらいだったら観れそうですね。
小ロットでの入場券の販売が切に望まれるところです。

ちなみにコモンのお値段は16000円/14000円。
ローリン・ヒルのビックリ値段を見ると、
随分安く思えてしまうのが驚きですね。
いや、やっぱり簡単に騙されないレベルですよね。
e0147206_21132993.png
とはいえ、コモンはバンドセットで来るのかしらん?
主役にDJとハイプマン、合わせて3人とかだと
笑えない、いや笑うしかない、という感じですけどね。
流石にどちらも無理ですな。

正直言わせてもらうと、私が見てみたいのは、
実はタリブ・クウェリとモス・デフのブラックスター。
今の耳で聴いて一番カッコいいのは
間違いなくこの二人のはず。
どこかもっと安いところでやってくれないかな。
出来たらビズ・マーキー込みでね。
e0147206_2115833.jpg
モスデフ aka ヤシーン・ベイはでもムーヴィースターでもあるからね。
小さいところはやっぱり無理かな。
となると、期待できるのはやっぱりビズしかないっすね。
e0147206_2117201.jpg
とはいえ、普通に渋谷をビズが歩いていても
本物かどうか、確認する術が無さそうではありますね。

もっとも私にとっての最大の問題は
ディアンジェロを見に行けない事なんですけどね。
うえーん。
[PR]
by zhimuqing | 2015-06-26 21:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

出張雑感

中国への出張から帰ってくると、
何やら事件があったとの事で、船橋が「船橋国」的になっていて
なんだか物騒な感じですが、ある意味サウス・コンプトン的かも。
ということで、遅ればせながら入手したケンドリック・ラマーの新作、
物凄くて簡単にレビュー出来ないので、それはまた後日。

ということで、久しぶりの中国ですが、初めて泰山の近くまで行きましたよ。
思ったほど高くなく、拍子抜けですが、何となく嬉しい。
封禅の儀を執りおこない、皇帝に即位しようかと思いましたが、
革靴しかないし、玉牒も用意していなかったので、今回は見送ることに。
e0147206_18305445.jpg

訪問先の工場の総経理(女性、50代)が徳光和男に激似で驚きました。
髪型もほぼ同じ、来ている服のセンスが微妙に違うこと、
体型が本物よりももう少し丸っこいこと、胸があることを除けば、
ほぼ同一人物。やはり中国は広いな、と。

写真を何とかして撮りたかったのですが、
うまい口実が見つからず断念。これが一番の心残りだな。
ちなみにこの総経理、回教徒で豚肉はNGなのだが、
なぜかビール飲みまくりなのが、個人的には大きな疑問ですね。
盛大にゲップをぶちかますのにも驚きましたが。
e0147206_18401776.jpg
こちらは夜のテレビのバラエティに出ていた楊穎。
やっぱり中国は広いっすね。

あと、初めて噂の新幹線に乗ったのですが、ここでも色々な発見が。
e0147206_18352051.jpg


e0147206_18325184.jpg
駅に自動改札があり、出発時刻の12分前から5分前までの7分間しか、
改札してくれない。

e0147206_1833112.jpg
待ち時間が暇なので、線路側の窓に寄ってホームを見ようとすると、
警備員がすっ飛んできて、窓に近づいて行けないと怒られる。
きちんと封禅していれば、そんな事態にならなかったであろうことを思い、少し後悔する。
(でも、窓の近くに掲示板があって、最新ニュースが張ってるんですけどね)
腹いせに望遠で写真を撮ってみる。

e0147206_18345698.jpg
無事、自動改札を通りホームに行くと、駅員が早く乗れと叫んでいる。
不審に思いながら乗ると、すぐにドアが閉まり、出発。
社内の電光掲示板の時計は9時17分。
この電車の定時は9時20分発。
時空を軽く超えるというか無視するのが素晴らしい。

皆さんも乗る時は気をつけましょうね。
ちなみに中身はほぼ日本の新幹線と一緒(というかパクリ)です、はい。

北京の春は思ったより黄砂も少なく、空気は悪いが、
柳やポプラの種子がフワフワと舞っていて、なかなか趣はありました。
でも、写真には上手く撮れないな。
e0147206_18364050.jpg
NBAは依然として人気の模様。町中にシャックが溢れていました。
[PR]
by zhimuqing | 2015-04-25 17:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)

英語は難しい

電車での通勤時間は音楽か読書に集中する時間なのですが、
(座れると、爆睡できるのですが、そんな僥倖は年に1,2回だけ)
昨日私の目の前に立っていた年配の女性は英語の勉強に打ち込んでいましたよ。
声こそ出さないですが、口も動いていて、一生懸命です。

でもね、ふとした拍子に見えてしまったんですよ、その本の中身が。
疑問詞+on earth の構文を覚えようというページ。
まあ、それは別に問題ないのだけど、例文が面白い。

一体、私をなんだと思っているの?から始まり、
一体、彼とどこで知り合ったの?
一体、私たちはいつ結婚するの?
一体、いつ引っ越してくるの?
と繋がり、
一体、これでどうやりくりするの?でページが終わるという構成。
(斜め前から見ていたので、順番は違うかも)

なにやら世の男性の喉元になにかを突き付けられているような構成。
これはすっかり頭の中に構文が染み渡りそうだ。
ちなみに、この話、職場で話したところ、なんだか悲しくなるという感想を
言った人が複数いたのが、またこれも面白いところです。

さて、こちらは古本屋で108円で買ったピーター・バラカンの本、
猿はマンキ お金はマニ― 日本人のための英語発音ルール。
e0147206_22222450.jpg
ピーター・バラカンが日本で生活してきた中で気になる英語の発音を
出来るだけ分かり易く日本人向けに発音しやすく伝授しようという試み。
読んでみたというか声に出して発音してみた感じでは、
たしかに自分が上手になったような気もしますが、
ただここでバラカンさんが書いているような発音の法則を
我が身のものとするのは難しいと思うし、
発音に関して言えば、耳で聞いたほうがやっぱりいいですよね。

とはいえ、出てくる例が音楽関係が多くて興味深い。
ツェッペリンじゃなくてゼぺリンだとか、モンクではなくマンクだとか、
やっぱり面白いですね。(とはいえ、今更読み方を変えようとは思わないけど)
あと、文体にも人柄が現れるのだな、と。
仮にこの本の著者がデーブ・スペクターだと想像すると、
もうこれは嫌味紛々にしか思えないわけでね。
ということで、ピーター・バラカンのあの穏やかな口調があっての本ですね。
e0147206_13341187.jpg
バラカンの本はやはりこれ!
高校生の時の私がものすごく影響を受けた本。
ばらばらになるまで読みました。
あ、ちなみに新版は買ってないです、すみません。
[PR]
by zhimuqing | 2015-02-03 20:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)