ガルシアで思い悩む春

先日ベーコンを燻しながら読んでたガブリエル・ガルシア=マルケスの
「コレラ時代の愛」、やはりめちゃくちゃ面白いです。
ガルシア=マルケスは「魔術的リアリズムの旗手」なのだそうですけど、
まさに言いえて妙! これ以上ピッタリな表現は思いつきませんね。
e0147206_23394913.jpg


言葉がグングン重なって、空間が歪んでいく感じ、
カエターノ+リー・ペリーな感じだと以前書いた記憶がありますが、
カエターノほど線が細くはなくて、
むしろ全盛期のエディ・パルミエリのように太いです。
饒舌が饒舌を呼んでデフォルメされていく空気感は
サン・ラ・アーケストラに乱入したローランド・カークのような
そんな感じでもあります。

ジャマイカに遊びに行ったのが大学卒業時の春だったせいか、
個人的に春=カリブ海の図式が強力に刷り込まれているもんで、
やはりこの時期、こういうのを読むと気分が盛り上がってくるのだ。

そんな感じで気分が盛り上がる中で、ふとつけたテレビには
ブラジルのノルジスチの光景が流れてて、
なんだかいても立ってもいられなくなって、
傍らのヨメサンに「正月にキューバに行こう」と提案してみたところ、
「家族では無理なんで、一人で行ってきたら?」との
意外性極まるお言葉が発せられましたよ。

この言葉、一体どのように受け止めたらよいのか?
そのままの意味で受け止めて良いのだろうか?
それとも日本に帰ってきたら、家の中がからっぽになってたりするのだろうか?
あるいは先日の女優の逆バージョンで、国内にいない時に
離婚届が提出・受理されたりするのであろうか?
考えれば考えるほど思い乱れて、頭の中が歪んでいく私なのである。

e0147206_2340783.jpg
ガルシア=マルケスの色は緑色だと思う。
濃密な湿度を感じさせるという意味で、カエルのイメージが強いです。
写真は最近発見されたカエル from ナショナルジオグラフィックス。
e0147206_23405067.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2009-03-30 23:36 | Rumba DE Manbo! | Comments(5)
Commented by Nana at 2009-03-31 00:25 x
早速こちらに♪
うまくコメントできてるんかな…。

マクンバさん、ジャマイカまで行った事があるんですか!?
ひぇぇ、凄い(´д`)
インディージョーンズもビックリです!

ジャマイカ…やっぱり、サンバの国でした(^^)?
Commented by zhimuqing at 2009-03-31 01:15
コメントはばっちりです。

ジャマイカはサンバではなく、レゲエですが、
地元のミュージシャンに混ざってベース弾かせてもらったり、
ヤバ目のお兄さんと仲良くなったり、で
ご飯も美味かったし、大変楽しかったですよ。
ああ、また行きたいなぁ。

あと、ちなみに日本人が歩いていると、
ミスターチンとかランキンタクシーって言われますよ。
チンさんは華僑の名前、ランキンさんは日本の(一部で)著名な
レゲエミュージシャンの名前です、はい。
Commented by ポチゴウ at 2009-03-31 01:43 x
早速来ました!!
奥さんの「家族では無理!1人で!」発言はスリルがあって面白いですね(^^)…ってマクンバさん妄想しすぎですよ(笑)

明日4/1はエイプリルフール★
奥さんやお子さん達が何か計画してたりして(ニヤリ)
Commented by Nana at 2009-03-31 05:07 x
ニャッ!うっかりミスでした(-_-;
レゲエでしたね(笑)♪
私としたことが…トホホ。
Commented by zhimuqing at 2009-03-31 12:19
>> ポチ様

スリル満点で、本人に確認できない状態です。
エイプリルフールですが、ベイビーズはまだ小さいので、
さすがにドッキリを仕掛けるのは無理でしょう。
早く大きくなって欲しいものです。

>> Nana様

イエース、レゲエです。
文中にブラジルやらキューバやらが混在してて
紛らわしくなっているのも、ガルシアマルケスっぽくて
良かったと改めて思いました。
<< 【写真】出動命令に備える専門部隊 棍棒を持ったシャフト >>