再浮上に感激の件

若い頃に聴いていた音楽は非常に印象が強かったりするのですが、
当時からチョット外れたツボを持つ私が好きだったミュージシャンは
やっぱりあんまり売れずにフェイドアウトしてしまってます。
大御所だったキャメオも消えちゃったし、レバートは亡くなっちゃうし、で
なんだか寂しく思っていたのですが・・・。

録音機材の発達のおかげか、低予算でCDが作れるようになった為、
往年の大スター(注:私の脳内)が続々復活してきているらしい。
キッパー・ジョーンズ、ジョフ・マクブライド、ディアトラ・ヒックス。
皆さん、本当は復活ではなくて、しぶとく活動して再浮上してきたんですけどね。

それにしても、昨日知ったばかりなのですが、
ディアトラ・ヒックスがまだ元気に活動していると聞いて嬉かったな。
昨年に新作CD出してたらしいっす。
e0147206_18194561.jpg
ルックスはあまりお変わりない模様。
スタイルも変わっていないことを希望いたします。


ミュージカル Mama, I want to sing の主役で有名になったシンガー。
ソロアルバムを出した直後の日本ツアーを見たのですが、
いわゆるゴスペル丸出しのシンガー見たのは初めてだったので、
ウエキン少年は完全にノックアウトされたものでした。

『ナイトジャック福岡』というローカルなベストヒットUSAみたいな番組で
チケットをプレゼントすると言うので、兄弟で葉書を書きまくったおかげで
入手できたチケットで見に行ったライブでしたが、席も運良く前のほうに座れて、
パティ・ラベルばりに熱くシャウト&スクリームしまくる歌に大興奮だったんだけど、
終演後にサインが貰えたのが、これまた嬉しくてたまらなかったものだ。
あれがアーティストとかシンガーから始めて貰ったサインでしたねぇ。
(2番目はBoys Choir of Harlem、3番目はBDPのKRS-ワンとミス・メロディ)

その後にはMama, I want to sing パート2で来日したり、
舞台の宣伝でブレイク前の川平慈英と一緒にテレビで歌ったりしていましたが、
その後名前を聞かなくなってしまったのですが、
ミュージカル中心に頑張っていたようです。
ちなみにMama のパート2では、チケット入手をパパイに頼んでいたのだが、
張り切ったウエキンパパイ、チケットぴあで大立ち回り事件を起こしたのであった。
(現場に立ち会っていないので、事の真相は今となっては分からないのだけど)

久しぶりに聞いてみたくなったけど、手元には無いようなので、
おそらく実家にあるのでしょう。
今度帰った時に探してみるとしよう。

e0147206_18202154.jpg
緑色の服、きついメーク、時代を感じるなぁ。
[PR]
by zhimuqing | 2009-02-17 21:18 | Funkentelechy | Comments(2)
Commented by みさわ at 2010-04-21 23:34 x
ディアトラの歌、また聴きたい
Commented by zhimuqing at 2010-04-22 23:46
>> みさわ様

みさわサン、はじめまして!

みさわサンもディアトラ・ヒックスの歌を生で聞いたくちですか?

全力投球で剛速球を投げ続けるあの歌は
今でも本当に素晴らしかったと思いますねぇ。

何かのきっかけで日本に来てくれたら、
私は絶対見に行くのですけどね。
<< 矮小化する奴らに負けるな! コテコテな左手の件 >>