真髄その2

ということで、舞台に激しく興奮した私はその勢いのまま、
丸の内のコットンクラブへ、裏テンプスのテンプテーションレビューへ突撃!

お目当ては先日も書いたようにアリオリの代役のG.C.キャメロン!
個人的に一番好きなのはアリオリなんですけどね。
やっぱり生のGC、見てみたいからねぇ。
デニスは声で無いだろうけど、デイヴィッド・シーもいるし。

などと考えていたのですが、実際にメンバーが入ってくると
デニス・エドワーズの姿を見たら、大興奮してしまいましたよ。
鳥の刷り込みではないが、始めて見た動くテンプスはモータウン25のLDだったんで、
動くテンプスとなると、やはりデニス・エドワーズの印象が強いのです。
マイクの位置を調節する動きなんかも昔と同じで、それだけでも嬉しい。
予想以上に体型が変わっているが、予想以上に声も出ている!!!

長きに亘ってテンプスの顔だった男をナメていました。
ミスター・エドワーズ、申し訳ございません。
剛速球しかないのは変わらないけど、やはりいい声、でかい声。
コミカルな動きも含めて、これまたプロのお姿拝見いたしました。

デニスメインの1曲目のStanding On The Top (!)でもう危なかったのだが、
3曲目のAin’t Too Proud To Beg、4曲目のLady Soul で
アラバマ州バーミンガムから来た男、デイヴィド・シーが爆烈歌唱を炸裂させるので、
私の涙腺はノックアウト!
この歳で一日に二度も涙腺が危うくなるとは思わなかった。

さてお目当てのGCですが、あれ?何処に居るの?って感じです。
それはそうだ、私の知っているGCは70年代のGC。
30年以上前の顔しか知らないからね。
他の3人を見ると、1人だけ振り付けが出来ていない人が。
あの人がピンチヒッターだ。

往年のマッチョなお姿とは大分変わってしまったが、
だが、しかし歌の実力は一切のかげりなし!
Some Enchanted Evening でリードを取ったが、これがまた素晴らしい。
シャウト、ファルセットを織り交ぜつつ丁寧に心の襞をなでるような歌。
ハートストリングスをグィっと押されまくりに触れまくりです。
e0147206_3191619.jpg
大ファンだ、ということをアピールしまくりの私です。
「おお、スピナーズなんか持って来とるばい、この人」って言ったましたよ。


しかし5人ともリードが取れるグループは凄いね。
分厚いハーモニーもさることながら、随時入ってくる合いの手がまた良い。
しかも息つく暇のない名曲の連打!
ソウルヴォーカルの真髄を味わいましたよ。
ありがたやありがたや。

バックバンドは堅実なプレイで歌を支えますが、
管を4人も連れてくる所に老舗出身のこだわりが見て取れますね。
しかもキーボードはあのアール・ヴァンダイク!!!!!の息子さん!
顔は確かに似ていたが、横幅はアールの2.5倍はありそうでしたよ。

しかし今回のライブは本当に音が良かった。
コットンクラブは六本木のあの店にアーティスト押さえられて
なかなか大物や目玉を呼ぶことが出来ていないようですが、
個人的にはビルボードよりもブルーノートよりも音はいいし、
接客も良いし、内装も好みだし、なんとか盛り返して欲しいですねぇ。

ということで、最高の状態で37歳に突入だ!!!!

e0147206_3143455.jpge0147206_3145676.jpg







ニコニコGCさんとアラバマ男。歌はいずれもマッチョだけど、ルックスは対照的!
暗すぎてよく見えないのが、本当に悔やまれる。
[PR]
by zhimuqing | 2008-12-27 23:58 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 444ヶ月目のハードボイルド 真髄その1 >>