暑苦しく簡単な決意表明

キングスのシーズンが終わりました。
38勝44敗、昨シーズンに引き続きプレーオフに進出できませんでした。
でも若手が順調に育ってきているし、来シーズンは少し期待出来そうです。
e0147206_2241640.jpg

さて、スポーツを描いた漫画は星の数ほどありますし、
漫画を読んだ人の数だけ名作や傑作もあるのでしょう。
私もバスケと言えばスラムダンク、サッカーと言えばキャプテン翼、
という世代の私ですが、スポーツ漫画を一つだけ選ぶとしたら、
それは「ああ播磨灘」です。
e0147206_21503266.gif

さだやす圭の作品はどれもそうですが、非常に熱い漫画です。
主人公はいうまでもなく、脇役陣も最高に暑苦しく、
鬼神のように強い播磨にぶつかっていく漢達の姿は他では味わえません。
読んでるとフツフツと力が湧いてくるようです。
正式な題名「読むと強くなる横綱漫画 ああ播磨灘」に偽りなし。

暑苦しい漫画ですから、まったく受け付けない人も多い訳ですが、
でもね、この熱気は生きていく上で結構大事なものだと思うのですよ。
クールに生きることで得るものも多いのでしょうけど、
失うものはもっと多いのではないか?と感じるのです。

この漫画の中では熱い男の生き様が満載です。
「人間いたるところ青山あり」と言い残し角界を去る富嶽、
「男ひとり生きていくのに畳一畳あれば十分」と言い放つ三ツ岩、
私一人のココロに火をつけるのに十二分な熱量です。

ということで、本日会社に辞表を提出しました。

今の会社で このままダラダラと仕事をしていると、
私がこよなく敬愛するジョージ・クリントンが歌うところの
「骸骨を箪笥にしまいこんだまま、決してシャウトしない男」に
なってしまいそうだから。

泥臭く、粘り強く行かねば。
アフター5だけでなく、ビフォー5も充実させないと
人生がもったいないのだ。
このまま一緒に沈んでいくわけにはいかない!
家族と一緒に歩きつづけないといけないのだ。

e0147206_21532894.jpg

ワイルドなブリッジ(サビのところ)でキメたりしない
リズム&ブルーズの骸骨(本質)は物置に入れてある
歌って演奏するけど,シャウト(叫び)はしない
もしそれをしたら,あれを人前に出してしまうことになるから
リズム&ブルーズの骸骨は物置に入れてある

あいつはクロスオーヴァーしたけど
まぎれもなく橋の下の出身さ
以前はあそこでキメてたもんだよ
おれたち,昔よく歌った歌を歌わなくなったね
昔よくしたことをしなくなったね

パーティはとっくに始まってるのに
フロアーで踊る人はいない
昔ながらの,クラシックなリズム&ブルーズを物置から出してこようよ
ジェームズ・ブラウンの「セックス・マシン」
ファンカデリックが足もとへ投げだす音波
パーティはそうやって始めるもんだよ,しらないのかい?

訳:中河伸俊さん
[PR]
by zhimuqing | 2008-04-16 21:56 | Hot Barbeque | Comments(0)
<< アフロニーズ public enemy #1 >>