ネエサン!?

e0147206_17403668.jpg

ビルボードでのシェリル・リンのライブですが、
なんとバックバンドでファンクマスターの
ケネス・クロウチとワーワーが来てたそうですよ。
ワーワー見たかったですねえ。
クロウチさんも実は相当なスキモノですからね。
ああ、湯水のように使えるお金があればねえ。



さて雨のなか新宿に行ってまいりましたよ。
雨の中のベビーカーは大変、大江戸線の地下鉄も不便。
こういうことは当事者にならないと気付かないもんですね。
駅とか施設作る時に例えば車椅子乗ってる人に意見聞いたりしてるのかな?

気を取り直して、ラムネパート2ですが、未就学児は入場できないので、
レイレイは会場前でグランパグランマに預けて夫婦でゆっくり観劇したのですが、
体重増えすぎなのかな?パイプ椅子でお尻痛いっす。

前回の舞台に引き続いて出演するのは我らがブラザGだけなのですが、
会場は歌舞伎町ということで、これはもうその道の方々のメッカとされるわけで、
今回のGさんの役柄は、なんとオカマサンなのですね。

ええ、これはもうオイシイ役の一言に尽きるわけですが、
なかなかの快演というか怪演だったのではないでしょうか?

Gさんの女装している写真は見たことがあるけど、
実際の姿を見たのは初めてです。
ヨメサンは「綺麗だったんじゃない?」等と言っておりましたが、
ちょっとごつすぎるんじゃないかい?
でもまあ、私が女装したら数倍ごつくなってしまうでしょうけど。

あとメチャメチャ細かい(細かすぎる)話ですが、
カウンターのセットに置かれていたレコードが途中で変わっていましたね。
初め気が付いたときにはマイルスとロリンズだったのに、
途中気が付いたら、ウェスとコルトレーンに変わっていましたよ。
舞台さんの細かいこだわりですけど、気がつく人いるのかな?

前回の山西惇氏に変わって、今回は野添義弘氏が熱演。
麻生かほ里さんと一緒に舞台を引き締めていましたよ。
あのような面白くて実力のある役者さんと仕事が出来るのはありがたいことです。
今後も良い先輩と仕事が出来るといいですね。

舞台の後、レイレイはGオバサン?と久しぶりのご対面。
ですが、寝起きで機嫌が悪くて、あまり皆を相手にしないツレナイ1歳のお嬢さんでした。
e0147206_182739.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2008-03-21 17:46 | Popper's Delight | Comments(0)
<< グランプリ!? 鳥のように自由に >>