ピーター・トッシュ77年の名作             「EQUAL RIGHTS」

e0147206_16454359.jpg
ボブ・マーリーと袂を分かった後のピータートッシュの2枚目のソロアルバム。
歌も演奏もジャケも、そして歌詞も何から何まで素晴らしい。

アルバムの各曲歌詞をつなげると、パレスチナ問題の解説になる。

M① GET UP, STAND UP
起き上がれ 立ち上がれ 権利のために立ち上がれ

M② DOWNPRESSOR MAN
最後の審判の日に お前はどこに行く 抑圧者よ JAHを買収など出来ない

M③ I AM THAT I AM
誰も他人の言いなりになるために生きているわけじゃない

M④ STEPPIN' RAZOR
生きていたいなら 俺を正当に扱ってくれ 俺は歩く剃刀 俺は危険人物だぜ

M⑤ EQUAL RIGHT
誰もが平和を望むけど 正義を望む者は一人もいない
俺は平和などいらない 平等と正義が欲しいだけ
きっと掴み取ってやる 平等と正義を

M⑦ JAH GUIDE
毎日敵に戦いを挑まれても 俺は何も恐れない
敵が罠を仕掛けても 俺は何も恐れない

M⑧ APARTHEID
国境を越えても おまえは子供を撃つ
国境を越えても おまえは女たちを撃つ
国境を越えても お前は彼らの心を奪う
国境を越えても 銃の狙いはたしかだ
だから俺たちは人種差別政策に立ち向かう

M⑤ EQUAL RIGHT
誰もが皆平等と正義を求めて戦っている
パレスチナは平等と正義の為に戦っている。
[PR]
by zhimuqing | 2008-03-07 00:32 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< もちろん大盛況 何故か報道されていないこと。 >>