ボックスセット

e0147206_13212513.jpg
ソウルマニアの間で話題沸騰のO.V.ライトのボックスセット復刻ですが、
まだ聞き比べてないので、リマスター具合はまだ確認出来ていません。
ブックレットの解説の内容は、「日々是好収集」のsoundbeatさんが言われる通り、
バージョン違いとかの説明に終始していて、一見さんには不親切ですね。

O.V.のバックビート音源集=70年代サザンソウルの金字塔ですから、
ただもう素晴らしいというより他は無い訳ですが、
発売方法がもう少しどうにかならないですかね。

限定5枚組ボックスにしてマニアの購買意欲を掻き立てるのも
商売のスタイルとしてはスマートなやり方なのでしょうけど、
価格も価格ですから購入層も非常に狭くなってくるわけで、
ソウルをかじりかけの人とかロック・ブルース経由でソウルに入ってきた人には
届きにくくなってしまうわけです。
少なくとも大名盤A nickel & a nail と Memphis Underground の2枚は
単体で販売するべきでしょう。

それにしてもOV怒涛のボックスセット。10代の頃に大枚はたいて私は購入しましたよ。
濃すぎますね。相当背伸びしてましたね。もてない系驀進ですね。

そしてもう一個はDusty Grooveから再発されたあまり騒がれていないデルズの1枚。
黄金のカデット/チェッス時代の70年代のアルバムがほとんど再発されていないので、
個人的には大興奮の1枚ですね。
いまいち話題になっていない理由としては、バートバカラック曲集なのだからでしょう。
でもね、72年のデルズでプロデュースがチャールズ・ステップニーですよ。
マーヴィン・ジュニアも吼えるし、ジョニーカーターも冴え渡るし、
ソウル史上3本の指に入るコーラスグループの濃厚なコクが楽しめますよ。
(シカゴなんで、こそっとアップチャーチおじさんも参加です。)
それにしても先程書いたこととは相反するかもしれないけど、
デルズのカデット時代のボックスセット、どこか出してくれないかな?
日本だけでなく世界中で求められていると思うけどね。
e0147206_13214037.jpg
3本の指と言いましたが、デルズとテンプスに続くグループが決まらない。
オージェイズかドラマティックスかフォートップスか、うーん。
[PR]
by zhimuqing | 2007-12-27 12:09 | Funkentelechy | Comments(0)
<< 熟成 クリスマスというのに >>