ファンク対応ボディに進化

風邪がひどくなってきているにも関わらず、
やめとけばって言うヨメさんに「病は気から」って言い張って、
雨の中、下北沢まで。

そうです、数年ぶりに生存が確認された珍獣ヤマドリノが現れたのです。

流石に一般社会でヘンタイであることをカミングアウトしていないのか、
都心で本性を隠す必要があるのか、見事にオッサンスタイルで登場。
カオはそんなに変わっていませんでしたが、
腹部の馥郁たる変容は隠しても隠し切れないファンクネスを表現、
以前の彼との比較をP-ファンク本体で分かりやすく例えると、
グレッグボイヤーに会いに行ったらフレッドになっていたって感じかな。

曲を知らない中での演奏具合は控えめでしたが、流石にセンス抜群。
次回はトロンバップガンボーンは持ってきてね。

宇宙からの電波を集めるために集中力を高める男。
e0147206_1022535.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2007-10-20 21:39 | U GOTTA FRIEND | Comments(0)
<< 10ヶ月遅れ ブライト・モーメント >>