デーブの言うことほっとけ

ええ、数日前シッコ見に行った話を書きましたが、
凝り性なもんでキリがなくなりそうだから、
パンフレットなんかは買わないように努力している私ですが、
余韻が中々消えないし、会社でもみんなに勧めているし、
記憶をはっきりさせたかったので、パンフ買いに豊洲まで突撃。

内容が詳しく書かれてあるし、
全国保険団体の三浦氏の記事は勉強になったし、
何故か「日本一の突撃男」ヨネスケのシールは付いてるし、で
もうちょっと硬派な記事が欲しかったけど、
ただ一つだけ致命的な欠点が!

デーブスペクター、あんた意味不明ですわよ。
以下一部抜粋(原文ママ)。
e0147206_3283931.jpg

『アメリカの医療技術や製薬技術は世界ナンバーワンなんですよ。
映画ではフランスやキューバの医療が天国みたいに描かれているけど、
ヨーロッパでも中東でも世界のお金持ちはみんなアメリカで手術を
受けたがるんです。』

子供が見たって分かると思うけど、映画のテーマは医療保険制度。
お金の無い人が「世界ナンバーワン」のアメリカの医療や薬の恩恵に
預かれないことを問題にしているの。
保険会社が利益率ばかりを重視して保険を支払わないことで
起き続けている悲劇を取り上げてるの。
金のある人はそんな苦労をしないっつーの。

パンフレットを製作したギャガコミュニケーションズさん。
アンチムーア側のオマヌケぶりをうまく表現しましたね。
まさかと思うけどムーアに否定的な意見を載せることで
内容の「公正さ」「中立性」を取ろうとしたんではないですよね?
誰が見てもバランス取れてないしね。
製作会社はそんなセンスの無いことしないよね。

しかしまあ、吾妻光良大先生のお言葉に誤り無し!が
今回も見事に実証されましたね。
02年の名作「Squeezin' & Blowin'」収録の「バッチグー」を聞くと
♪サムの言うこと聞いとけ、デーブのことならほっとけ♪
♪多分ね それでバッチグー♪

やはり吾妻先生、見事な表現者ですねぇ。
e0147206_3274343.jpg

やはり名作!「嫁の里帰り」「肉を喰おう」「俺のカツ丼」収録
[PR]
by zhimuqing | 2007-09-01 00:52 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< パパさんお誕生日でファンクパワー 極秘映像で光合成 >>