振り返ってみると

一昨日ぐらいから舌が痛いんですよ!
なんか先っぽと右端のほうが痛くて、
しゃべる気にもなりませんねぇ。

明日ライブがあるのにこんなテンションではいかんばい、
どうやって気合を入れようかと思った時に
思い出しました、我らがマイケル・ムーアのことを。
そうだそうだSiCKOを見なければ、と。
ベロも痛いし医療問題見るのは最高のタイミングです。
e0147206_15391599.jpg

テーマがテーマだけに辛い場面が続きますが、
ムーア節も健在で、上げては落とされての連続で
グイグイ引きこまれるのはいつもの通り。

保険が下りなくて困っている女性がキューバの安い薬を見て
絶句して涙しているのを見ると流石に泣けます。
(同じ薬がアメリカだと120ドル、キューバだと6ドル)
今回は特定の悪者を作らず、みんなに行動しようと
訴えかけているのは、とても良いと思います。
(ヘストン邸に行って写真置いて来るので終わるんでは
根本的な解決にならないと思うのです。)

映画見終わって、ああアメリカ人でなくて良かった、
ウチには大してお金ないもんね、と思う反面、
振り返ってみると、聖域なき構造改革とかいって
どこかの国で進められている医療改革ってどうなのよ?と
思うのですよ。
だって純ちゃんとか平蔵君とかが進めてきたこれまでの流れって
ぜ~んぶアメリカスタンダードにしまっせ、ってことでしょ?

なんだか重いもの見ちゃった感じが強いですね。
映画の最後で『行動起こせ』って言ってるムーアたんの
言葉がなんだかのしかかってきますね。
[PR]
by zhimuqing | 2007-08-27 20:09 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< 夏の終わりに(アーチャン風) BOP GUN >>