シンシン

大阪に行くのはいいけど、人身事故は勘弁ね。
「只今負傷者の手当てをしております」って駅のアナウンスですけど、
1時間半電車が止まったし、なんだか鉄道業界の隠語っぽいなあ。

それはさておき関東も梅雨明けだということで熱くなってきますと
これはもうコテコテの音楽を聴いて汗を流すしかないわけで、
かつて夏の日のある夜に見たパルミエーリ師匠なんかが最適なわけです。

もう70歳を超えていたわけですが、もともと熱すぎる(暑すぎる?)男は、
おじいさんになってもまだまだ十分に熱くてかっちょいいんで、
オサレで優雅な一時を楽しみに来ているお客さんの肌にも
うまいこと暑苦しいオーラがまとわりついてた訳です。

もちろん70年代のパルミエーリの凄みというか殺気はないですが、
70代の一人の男としては十分でしたよ。
あんなオジイサンになりたいねえ。
e0147206_134626.jpg

ライブ@シンシンのCDにサインしてもらった時に、
「これは世界でもっともファンキーな音楽だと思います」と
マエストロに向かって勢い余って伝えましたが、
誉め言葉として受け取ってもらったかどうかは
後になって疑問が残る今日この頃です。
でも「暴動」とか「マザーシップ」を肩を並べるよ、まじで。
有象無象のライブ盤の中でも1,2を争う熱気ですよ。

マエストロにムーチャスグラシアスですね。
[PR]
by zhimuqing | 2007-08-02 12:17 | Funkentelechy | Comments(0)
<< ウー@渋谷 ハナアルキ >>