雑感

某日
ムスメと二人で渋谷まで河鍋暁斎展へ。個人的には動物の曲芸なんかに代表されるカエルとか蝙蝠とか妖怪とか鍾馗とか骸骨の躍動感あふれる可愛い絵を楽しみに行ったのですが、それらの細かな、しかし愛情あふれる描写を堪能しました。あまり興味がなかった宗教画、特に達磨の迫力に感銘を受けました。
e0147206_1144241.jpg
本物を見ることで感じることが出来る何かがあるはずと思い、連れて行ったムスメもわりと熱心に見ていた模様。目録と絵を照合しながら面白いと思った絵のナンバーに印をつけていて、後で見るとほとんどの番号に丸が付けられていましたので、本人も楽しんでもらえたのでしょう。別コーナーに設けられていた春画は当然見ておりませんが、これはもっと大きくなったとしても父娘で鑑賞することは無いでしょうね。アハハ。

某日
タンク&ザ・バンガスの映像に引き付けられ、何度も見返す。
e0147206_11503583.png
刺激に満ち満ちている。タンク・ボールの才能は誰が見ても分かるほど素晴らしいものだが、それをサポートするジェリーも負けず劣らずの才能だと思います。ドラマーがリーダーらしいですが、タンクを引き立てるバックの演奏も丁寧に構築されている。素晴らしい。参りました。フィジカル盤は1枚あるようですが、おそらくは今この瞬間化けつつあるグループ、今この瞬間の姿を味わうにはやはり生で見るしかないのでしょう。
e0147206_11515747.jpg
それにしてもタンク嬢のルックス!相当にボリューミーですが、可愛らしい部分も多々あり、ファンクネスの塊としか言いようがない。
e0147206_1154677.jpg
e0147206_11542251.jpg
e0147206_11543847.jpg
e0147206_11563567.jpg
カッコいいね!

某日
深夜便にてタイに出張。同じ便に今売り出しのお笑い芸人が乗っていて大いに盛り上がる。赤いシャツにリーゼントに決めた彼はテレビでの振る舞いと全く変わらぬ腰が低い大変ナイスガイで、元から非常に高かった好感度が一気に上がりました。今度鷹になる方法を伝授していただきたいものです。早速家族に自慢するも、出川の方がいいと言われる。移動して工場で仕事をした後、夕食に出かけるとテレビでタイ対日本のワールドカップの予選が行われており、観戦することに。
e0147206_14413629.jpg
圧倒的なアウェー感。周り全部が日本の応援だと一歩引きたくなる天邪鬼の私ですが、これだと大丈夫。なのにすでに点差が開いていてどうしようもない。タイが得たPKも川島のファインプレーに阻まれ、意気消沈する皆さんを尻目に美味しくご飯をいただこうと思うも、お店の調理人が変わったのか味が大幅に落ちているうえ、一部で有名になっている美人ネコも現れず、なんとも残念な結果に。

某日
タイで借りているアパートの部屋は風通しが良いというか隙間だらけなので、色々なものがやってくるのですね。ヤモリやカエル(入ってきたことはないが)は大歓迎なのですが、さすがにGブリは嫌なので、部屋中にホウ酸団子を多数設置。結果、全く部屋で目撃されることが無くなったため、すっかり安心していたところ、夜帰宅後、部屋の明かりをつけるとホウ酸団子を食したらしいGブリがよりによって私のベッドのど真ん中であおむけになってご臨終している。さすがに閉口しました。
e0147206_14435089.jpg
これは可愛い来訪者。個人的に大歓迎。

で、最近少し困っていたのは小さいアリの軍団。何を食べているのかは私にも分からないですが、細い行列を作って行進している。血迷ったアリがパソコンとか充電器の中にはいってきているようだし、寝入りばなにチクっとくることもある。アリに恨みはないものの、これは良く無かろうと、アリ退治用の粉を知人F氏から譲り受け、アリのよくいる場所に置いてみたところ、それぞれにもの凄い行列が3列出来てしまい、唖然とする。
e0147206_1573623.jpg
どうも配管やテレビの配線のところに巣を作っているようなのだが、部屋の中(正確に言うと部屋と部屋の間の壁なのかな)に三か所も巣を作られている模様。ほぼ一日かけて毒餌を巣に持ち込んでいたようですが、翌朝は行列が無くなっており、アリの姿が全くなくなり、注意書きが全く読めないこの粉の効用に少し慄く。
e0147206_1575817.jpg
アリさんすまない。

某日
仕事帰りに数年前に出来たシッピングモールに行く。ベースが置いてあるので観てみると、手に取らなくても分かるレベルのネックのそり。恐ろしい。安いキーボードを買うかどうか迷った挙句パスする。
e0147206_1582097.jpg
シネマモールが併設されており、攻殻機動隊やキングコングが上映されているので、観るべきかどうかこれも迷うが、すべてタイ語の吹き替えと聞き、断念する。
e0147206_15843100.jpg
ヨハンソンたん。

某日
もうすぐタイはソンクラーン(水かけ祭り)なので、今時分は夏真っ盛りのはずなのですが、なぜかタイ南部は雨ばかりで気温も高くなく、平日は仕事をしているからよいものの、日曜日は外出も出来ず暇を持て余してしまいます。先日食べたワタリガニの爪が左手の小指に刺さってしまい指が膿んでいて、ベースを弾くのもままならない。日本から持ってきたリョサの『緑の家』も全部読んでしまっている。一日中部屋に一人でいるとメランコリックな気分になり、子供に猛烈に会いたくなり、これではいかんと、結局タイ駐在18年のF氏がなぜか所有しているキン肉マンの38巻~53巻を借りてひたすら読み続ける。やはり7人の悪魔超人の戦いに熱くなる。
e0147206_1514629.jpg
ちょっと前に大叔父であるメネシスとキン肉マンが戦っていたのだが、このシリーズの一番初めにその因縁のキン肉タツノリの言葉が入っているのに初めて気がつく私。昔とは一味違うゆでたまごの構築力に驚く。というか、キン肉マン好きの東大卒の編集者のおかげとの噂もありますけどね。昔よりもはるかに増した絵の力感、堂々たるストーリーの展開、矛盾をものともしない変な爆発力(これは昔から)、実に良いバランスで、今がゆでたまごの全盛期という意見が多いことにも頷けます。中学生のころに、ゆでたまごの絵は上手いと思うと言った私を大いにバカにしたK原君に今のキン肉マンを読ませてみたいものだ。


e0147206_13594545.jpg
雨が多いと、出てくるこいつ。結構でかくて、さすがに触る気にはなれない。



e0147206_1595159.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-04-04 00:28 | Mickey's Monkey Job | Comments(0)
<< 君はTetanusを知っているか? LIGHT IT UP BLUE! >>