備えが足りなかった私

ムスメとの会話で、遂にこの日が来てしまったことが分かりました。いや、いつか来るとは思っていたのですが、心の準備が出来ていなかったと言いますか。

























パパ、ファンキーって何?









悲嘆に打ちのめされる哀れな父親像を想像した人もいるかと思いますが、残念でした。それはまだのようです(と思いたい)。がしかし、かれこれウン十年、ファンキーだ、ファンクだ、ファンクネスが云々、と人様に言い続けてきたこの私がですよ、そのものズバリを子供の視線で問われたときに、満を持して回答出来ないというのは一体どういうことなのか?ウーンと沈思黙考する私の姿を想像して嬉しそうな表情を浮かべる友人諸兄の顔が目の前に浮かんできますよ。

もちろん様々なもの、映像や写真や音や書籍やなんやらを取り出してゴチャゴチャと頭悪そうに何時間でも説明できますよ、そりゃもちろん。でもね、それってファンキーでもファンクでもないわけですよ。君はそこに濃厚なファンクネスが存在すると断言出来るのか?って話。(子供相手に一晩かけて真剣に説明し続ければ、一周回って濃厚なファンクネスとも言えますけどね)問答無用、言語道断じゃないとダメなわけで、右往左往だとダメなんです。

とりあえず私の部屋に連れていき、「この部屋にあるものが全部ファンクだ」と返すのが精いっぱいの45歳。まだヒップの説明の方が出来るような気がする。ボーシッ(牛糞)の方だと、ずっと自信がある。でもファンク、ファンキー、ファンクネス、ファンクの三段活用、私の人生のタームというかテーマな言葉を問われて、スパーンと返せなくて一体どうするのよ?って。



あるべき姿、理想形は分かっているのだ。やっぱりこれしかない、どう考えても。









パパ、ファンクって何?












私の生き様、すなわち私の中に今この瞬間存在する、この大宇宙のことだよ、ベイビー!



うーん、今の私はどうやってもこう答える資格はない。そこまでの修行を積んでいないことは誰よりも自分が分かっている。ああ、なんと無駄に人生を過ごしてきたのでしょう、私は。猛省に値します。ファンクネスを高める修行があまりにも足りなかったのだ。友人諸氏、笑いたければ笑え。これから真剣に修行します。君たちへの影響も必ずや大きなものとなって君たちの生活をも覆いつくすことになるだろう。ファンクとともに。長寿とファンクを。


【メモ】
同様の状況に陥るかもしれない諸兄のために応急処置を。但しこれはあくまでも応急処置であり、根本的な問題解決には程遠いことを肝に銘ぜられたし。諸兄はよくご承知のことであろうが。

1.簡潔な図案にて容易に咀嚼できるであろう概念を説明する
 (参考図案Aを参照の頃)

2.ファンクの概念と宇宙との親和性について講義する
 (今回は状況を鑑み、特別に図案Bと構造物Ⅽを使用した)

3.部屋に無秩序のように見えて秩序だって保管されている各種音盤、楽器、書籍、映像等を指ししめし、これらはファンクすなわち宇宙と繋がるために日々苦心して蒐集しているものであり、無駄遣いのなれの果てや物欲に突き動かされた無残な姿ではないことを説明する。




図案A プラシーボシンドロームとその治療法解説図(民明書房刊)

e0147206_1145757.gif



図案B-1,2 さる惑星間航空システム上級クルー近影
 
e0147206_1173210.jpg

e0147206_1224627.jpg


構造物C 幼少期以降、異星人の元で成長した地球人を模した構造物

e0147206_1214570.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2017-01-22 23:28 | Funkentelechy | Comments(2)
Commented by sawa at 2017-01-23 23:18 x
どーも! 今年もよろしくです.

なかなかウケるエントリでした.

「ファンキーってなに?」,問われたならば,ワタシなら「こーゆー雰囲気だよ」と言って,このアルバムジャケットを引っ張りだしますかね.
『Brothers Johnson / Look Out for #1』(1976)
Commented by zhimuqing at 2017-01-24 00:15
>> sawaさん こんばんわ!

この辺はみなさん独自色が出て面白いですねえ。これだという一枚、私は結局Pファンクでしたが、今となってはむしろエリカ・バドゥの姿がベストだったかと思ったり、いやローランドカークでしょと思ったり、今この時点でも揺れ動く40台まった只中のおっさんです。

見た目のファンキーより内面的な話にまで突っ込んで行きたくなる性分でよりややこしくなってしまうんですね。研究を重ねます!
<< これまた待望の バルバドスの至宝 >>