№1も大変だ

e0147206_2175374.jpg
「ロイヤルホストクラブ」の開店に伴い、光が丘のIMAホールまで。
個人的になじみの深い気がする街の名前ですが、
当然のことながら初めて。
大江戸線の端っこまで結構距離があるのに驚きました。
会場のIMAホールは光が丘5丁目ということで
さらになじみ深い感じです。
e0147206_275857.jpg
さて、ミュージカル座の「ロイヤルホストクラブ」、
主演の№1ホストの役名は『白金 豪』というそうで、
当然のことながら舞台中、お姉さん方は「ゴウ」と呼び、
子分の若いホストの方々は「ゴウさん」と呼ぶわけですが、
演じるのが自分の弟、しかも名前が同じとなると、
これはもう相当に違和感があり、面白いのだけど、
身につまされるというか、何とも言えない感じです。
ホスト役ですからね、お姉さま方といろいろ問題もあるわけで、
「ゴウゥゥゥゥゥ」とお姉さんが叫んで暗転なんて場面もあるし。
e0147206_2224469.jpg
あと、どうしても舞台がホストクラブなので、
好きなホストを№1にするためにお金をつぎ込む女性たち、
つぎ込ませるために全力を尽くすホスト達という構図に
感情移入できない自分もいたのですけどね。
女性陣も結構たくさん出演していて、
私はてっきり一人二役三役をやっているのだろうと思いこみ、
これは凄い早業の衣装変え、メイクの変更はどうしているのだろう?
これは凄いなあ、舞台裏は大変だろう!と感心していたのですが、
ラストの全員登場シーンでそれぞれ別人だったことが分かり、
そりゃそうだと納得した次第。
あと、女性陣のコーラスが実に耳に心地よい感じでしたね。

そうそう、一応主役ではあるのですが、
若手のホストの成長を描いた話なので、
主役という感じではなかったかな。
が、そのほうが舞台的にはおいしいわけで、
ラストでバシッと白金豪が№1ホストの貫録を見せつけて
きっちりとしめてくれました。
隣に座っていた女性(知らない人)は涙していましたよ。
ああいう演技がきちんと出来るようになったのは
人知れず様々な積み重ねがあったのだろうと、
愚兄としては誇らしい限りです。
e0147206_217241.jpg
ヒロム君はなんと№2の役!
途中、№1とぶつかるシーンがあり新鮮でしたが、
終演後楽屋で二人に話を聞いたところ、
ヒロムに文句言われると腹が立つという意見もあり、
ゴウさん近寄ってくるからビビるという話もあり(笑)。

さて、日曜に迫ったVOODOO LOTUSのライブは
充実した演技を見せたヒロム君がゲストで登場ということで、
果たして一体どういうことになるのでしょうか?
楽しみですね。

楽屋で初めてお会いした画家の腹黒ピカソさん。
なかなかファンキーな絵だと思います。
一度ゆっくりお話ししたいもんだ。
e0147206_220827.jpg

[PR]
by zhimuqing | 2016-11-21 02:28 | Popper's Delight | Comments(0)
<< George Benson a... ソロモンの偽証 >>