うーむ

さきほど23時半ごろですが、大阪で会社に借りてもらっている
マンションの裏の細い道を小さな男の子が一人で歩いている。
周りに保護者のような大人もおらず、お化けのようでもない。
が、しかし、むやみに追いかけて声をかけると
こちらが変質者になってしまう。
(その辺については自信がある)

口笛を吹きながら(この時点で十分に怪しいが)、
大人ならではの歩幅で追いついて、
対面を追い越しつつ、大丈夫?困ったことない?
気ぃつけえや等と声をかけるも、首を振るばかり。
ま、夜中に怪しげなオッサンに声かけられて、
まともに取り合う子供もいるはずもないわけで、
あまり暗いところ通ったらあかんで、早よ、家に帰りや!
車にも気を付けや等と声をかけて別れたのですが、
その直後にたまたますぐ近くに交番があるのを発見。
e0147206_1271371.jpg
とりあえず男の子を保護してもらおうと、
中には行ってみたのですが、まあ、なんといいますか、
私の名前や住所やその他もろもろのヒアリングを熱心に実施して
一向に男の子を探しに行ってくれる様子もない。
私の職場、千葉の家の住所その他を延々と聞かれる
アパートの住所も自分の会社の携帯の番号もあやふやだからって
男の子を見かけた場所を何度も聞くなよ。
交番の地図で何度も指差しさせなくてもいいではないか。

挙句の果てに、その場で確保してくれたらよかったのに、とか
その場で電話してくれたらよかったのに、とか。
いいから、早よ、探しに行かんかい!と思うことしばし、
じゃあちょっと探しに行ってみようかな、
よっこらしょという感じで立ち上がるも、
結局私が交番離れても、出動することもなく、
いっそもう一回戻って確保に行こうかと思いつつも、
やっぱ止めて部屋に戻ってきたのですが、
あれは行ったほうが良かったんかな、うーむ。
e0147206_1301232.jpg
こっちのポリスの方が頼りになるね。
真剣な話、少し心配なんですが。うーむ
[PR]
by zhimuqing | 2016-09-28 00:20 | Make Me Wanna Holler | Comments(0)
<< カシーフのベスト3 今年は凄いね! >>